じぶん銀行住宅ローンの公式サイト
新築マンション比較[2019年]
2019年7月5日公開(2019年9月21日更新)
櫻井幸雄
櫻井幸雄

櫻井幸雄(さくらい・ゆきお)氏:新築マンションに詳しい住宅ジャーナリスト。櫻井幸雄氏が新築マンションの最新の価格動向、人気物件について解説します。

»バックナンバー一覧
バックナンバー

【ブランズタワー豊洲】の価格・スペックは? 
資料請求は早くも7000件超え 新発想のハイスペックマンション!

新築マンション「ブランズタワー豊洲」は東京都江東区の注目物件だが、本当に買いなのか。価格・スペック・立地を徹底的に調査してみた。晴海フラッグなど大規模プロジェクトで盛り上がる湾岸エリア。中でも人気が高いのが江東区の豊洲地区だ。駅徒歩4分という立地の良さに加え、この物件ならではの秀逸な工夫はプロをもうならせるものだった。(住宅評論家・櫻井幸雄)

販売の目安は70㎡で8000万円台
立地の良さを考えれば高いとは言えない

 地上48階建て、総戸数1152戸の超高層・大規模マンションが、「ブランズタワー豊洲」。湾岸エリアで、東京メトロ有楽町線の豊洲駅から徒歩4分に建設されるマンションだ。

 駅に近く、大規模商業施設の「アーバンドックららぽーと豊洲」へは徒歩5分と便利。それだけに注目度は高く、6月半ばですでに7000件を超える資料請求が来ているという。

 7月下旬からモデルルーム公開が始まり、販売開始は今年10月上旬の予定。まだ4ヶ月ほど先の話だが、購入を検討している人の気分はすでにフルスロットルという状況だろう。

 住戸は約43㎡の1LDKから約219㎡の3LDKまで幅広い間取りが設けられ、現時点での予定価格は「未定」。しかしながら、価格の目安を探ると、75㎡程度の3LDKで9000万円前後となりそうだという。70㎡程度の3LDKであれば、8000万円台、約100㎡の住戸で1億2000万円から1億3000万円といったところだろう。

 神奈川県川崎市の武蔵小杉駅や埼玉県の浦和駅、千葉県の津田沼駅に近い超高層マンションでも70㎡程度の3LDKが7000万円を超える現在、びっくりするほど高額というわけではない。

 決して安いわけではないが、順当な価格設定のマンションといえるだろう。

 現在、「ブランズタワー豊洲」に対する評価は、立地の良さと価格の妥当性に関するものが中心だ。いまさら同じ事を書いても仕方がないので、ここでは建物の特徴について解説したい。

 というのも、「ブランズタワー豊洲」の建物には、「他に類を見ない特徴」が複数あるからだ。そのことを知らないのはもったいない、と考えられるので、ここで解説したい。

ブランズタワー豊洲外観完成予想図
ブランズタワー豊洲外観完成予想図

まるでトランクルーム?!
各戸に一つずつ設置された防災備蓄倉庫

各住戸の防災備蓄倉庫
各住戸の防災備蓄倉庫

 東日本大震災以降に建設される新築マンションはほぼ100%防災備蓄倉庫というものを備えている。大災害に備えて、医療品や飲料水、非常食、簡易トイレなどを備えているわけだ。

 高さ60m(階数にしてだいたい20階)以上という基準を持つ超高層マンションの場合、「防災備蓄倉庫が地上に1箇所だけ」では困る。上層階に住む人が使いにくいからだ。そこで、5階おきに防災備蓄倉庫を設ける。いや最近では各階に防災備蓄倉庫がある、というように上階にも防災備蓄倉庫を設ける方式が中心だ。

 これに対し、「ブランズタワー豊洲」の防災備蓄倉庫は、けた外れに数が多い。各フロアに一つよりも多く、「各住戸の玄関そばに、防災備蓄倉庫を設置」している。つまり、1戸に一つずつ防災備蓄倉庫があるわけだ。その大きさは多少の大小があるが、写真のとおり、かなり大きい。そして、玄関錠と同じキーで施錠・解錠ができるので、各住戸ごとに管理する。

 まるでトランクルームのようだが、これは防災備蓄の目的でしか使えないことになっている。というのも、防災備蓄倉庫であることを理由に容積算入外となっているからだ。

 専門的な説明は省くが、現在のマンション開発は、いかに容積に算入しなくてよいものを上手に取り入れるか、で工夫を凝らしている。

 その工夫の見事な成功例がこの「各住戸の防災備蓄倉庫」だ。これは、不動産や建築のプロほど高く評価するポイントである。

 また「ブランズタワー豊洲」は、各戸に防災備蓄倉庫を備えるだけでなく、地震に対する備えが多い地震の揺れを軽減させる効果がより大きいとされる「中間免震構造」を採用し、非常用電源は72時間分を備える。

 もともと地震に強い場所として開発された豊洲、東雲、有明エリアの中でも、特に地震に強いマンションになる計画なのだ。

眺望を楽しむ工夫は、横桟のないコーナーサッシに
横桟のあるバルコニーの手すり

 「ブランズタワー豊洲」の建物で、次に注目したいのは、眺望のよさを満喫できるつくりになっていることだ。

 角住戸には、眺望が広がるコーナーサッシを設けているのだが、そのコーナーサッシは床面から立ち上がる。床からサッシがはじまっている形式である。人によっては恐怖を覚えるサッシだが、「超高層の眺めのよさを楽しみたい」という人には、たまらない。

 しかも、このコーナーサッシには横の桟が入っていない。縦桟だけで構成されており、気持ちがよい。横桟を無くすために、設計は苦労したと推測される。

 一方で、バルコニーに設置されるガラスの手すりには、縦桟に加えて横桟が2本入っている。これは、一般的な手すり(高さ120cm)より高い150cmにしているため、風圧に耐えるように桟で補強しているわけだ。

 手すりを高くしているのは、バルコニーに出たときの恐怖心を軽減させるため。これも、眺望を楽しむための工夫といえる。

 ちなみに、先述したコーナーサッシにはバルコニーが設置されないため、桟の多い手すりが視線を遮ることはない。

バルコニーの手すり横桟入り
バルコニーの手すりは横桟入り

 各住戸の防災備蓄倉庫も、横桟のないコーナーサッシも、高さ150cmのガラス手すりも、「立地」「価格」に比べれば、些細な特徴ともいえる。しかし、実際にこのマンションを購入検討している人にとっては結構大きな問題だろう。

 「ブランズタワー豊洲」は、細やかな工夫を凝らしたマンションと評価される。

◆ ブランズタワー豊洲(販売前)
価格

未定

完成時期

2021年10月下旬予定

交通 東京メトロ有楽町線「豊洲」駅から徒歩 4分(高層棟入口まで5分) ゆりかもめ「豊洲」駅から徒歩 4分(高層棟入口まで4分) 所在地 東京都江東区豊洲5丁目2番1の一部他(底地地番)
間取り 1LDK ~ 3LDK(予定) 専有面積 43.41㎡ ~ 219.91㎡(予定)
総戸数 1152戸(事業協力者住戸1戸含む) 来場者数 _
売主 東急不動産株式会社(売主・販売管理)・株式会社NIPPO(売主) 他2社 施工会社 株式会社熊谷組首都圏支店
ブランズタワー豊洲詳細はこちら

【関連記事はこちら】
>> 江東区の「新築マンション人気ランキング」豊洲、有明、東陽町、南砂町、住吉など 注目エリアのおすすめ物件は?【2019年3月版】
>> 「ブランズタワー豊洲」の価格大公開!潜入レポートで分かったメリット・デメリット 平均坪単価は400万円、高層階が狙い目な理由は? 

注目記事>>新築マンションで気になる「音」のトラブル! 壁や床の遮音性は、厚さと工法を確認
注目記事>>最新の新築マンション最新市況は? 価格動向、人気物件を解説
注目記事>>新築マンションを値引きする会社はどこ?デベロッパーごとに解説

【注目の大規模物件】 【新築マンションの基礎】
ブランズタワー豊洲
SINTO CITY
千住ザ・タワー
晴海フラッグ
シティタワーズ東京ベイ
最新の市況と注目物件は?
値引きをする会社はどこ?

壁や床の工法の違い
管理のチェックポイント
住み心地を決める「階高」
◆新築マンション人気ランキング
住宅ローン返済額シミュレーション 住宅ローン最新金利をチェック!主要18銀行からお得な商品を紹介
最短1分で回答! 住宅ローンの借入可能額が分かる
アルヒの「住宅ローンクイック事前審査」
取り扱い住宅ローン ARUHI(アルヒ)フラット35
料金 無料
運営会社 住宅ローン専門金融機関で国内最大手の「アルヒ株式会社」(東証一部上場)
会社設立 2000年
【ポイント】免許証のアップロードと簡単な個人情報入力で、住宅ローン借入可能額を算出。借入金額の目安を知ることで、予算に合った物件探しが可能になる。所要時間は、最短1分(平日9:00~20:30、土日祝日9:00~15:30の場合)。
無料審査に申し込む(公式サイト)
TOP