名古屋市(東エリア=中区、東区、千種区、名東区)で住むべき駅ランキングベスト5は?
リニア&再開発で、丸の内駅、栄駅の中古マンションが大幅上昇!

2020年5月23日公開(2020年5月21日更新)
ダイヤモンド不動産研究所

100年以上の歴史をもつ出版社・ダイヤモンド社が運営する、不動産メディア「ダイヤモンド不動産研究所」の編集部です。徹底した消費者目線で、誰にでも分かりやすく、不動産について分析・解説します。

»バックナンバー一覧
バックナンバー

名古屋市(東エリア=中区、東区、千種区、名東区)に住むなら、マンションを買うべき駅はどこ? こんな疑問に答えるために、中古マンションの騰落率と総合利回りのランキング(全30駅)を元に、ベスト5を作成した。マンション価格の値上がり・値下がり、賃料を含めた総合利回りなどで、魅力ある駅を探し出してみたので、マンション購入時の参考にしよう。(データ提供:マンション情報サイト「マンションレビュー」

騰落率ランキングの上昇率トップは丸の内駅

 まずは、名古屋市(東エリア)における中古マンション価格の騰落率ランキングを見てみよう。

 現在、JR名古屋駅周辺では、2027年のリニア中央新幹線開業に向け、大規模な再開発が進行中だ。名古屋中心部の地価が上がり、中古マンション価格も上昇したと考えられる。また、名古屋市でも東京や大阪などの大都市と同様、共働き世帯や単身者が増加し、より職場の近くに住む「職住近接」ニーズが高まった。これにより、人気物件がより名古屋市中心部へ集まっている。

 以下が、名古屋市(東エリア)の駅別・中古マンション騰落率ランキング(調査対象全30駅)のベスト5だ。

名古屋市(東エリア)の駅別「中古マンション騰落率ランキング」

※「騰落率」は、2014年、2015年、2016年築のマンションについて、新築時分譲価格に対して、直近の中古マンション売り出し価格の騰落率を計算したもの(小数点第2位以下は四捨五入)。駅から徒歩15分以内の物件が対象で、ネット上の公開情報を元にマンション情報サイト「マンションレビュー」が調査した。データは2020年3月時点。

丸の内駅は約18%中古価格が上昇

名古屋市桜通の銀杏並木と名古屋駅ビル群(出典:PIXTA) 

 上昇率1位となったのは、丸の内駅で5年前と比べて中古価格は約18%上昇している。丸の内駅は、市営地下鉄鶴舞線と桜通線の交差する駅で、JR名古屋駅にも直通で2駅と至近にある。駅周辺は、ビジネス街、官庁街となっており、名古屋市随一の繁華街である栄エリアも徒歩圏内。交通利便性、生活利便性の高さが、中古マンション価格上昇の大きな要因となっている。

近隣のフラッグシップマンションとしては、
パークホームズ丸の内ザレジデンス(70㎡換算で5,674万円、丸の内駅徒歩2分)
プレサンスグラン丸の内(70㎡換算で5,187万円、丸の内駅徒歩3分)
ローレルコート丸の内(70㎡換算で4,425万円、丸の内駅徒歩3分)
 などが挙げられる。

総合利回り上位は、丸の内駅、栄駅周辺エリア

 次に名古屋市(東エリア)各駅の中古マンションの「総合利回り」を見ていこう。

 総合利回りは、騰落率だけでなく、現在の賃料利回りも加味している指標で、投資利回りでもある。総合利回りが高いということは、自分で住む人だけでなく、投資家も注目する根強い人気がある駅ということになり、資産価値が高く、値崩れしにくい傾向があるとみていいだろう。

 以下が、名古屋市(東エリア)の駅別「中古マンション総合利回りランキング全30駅」のうち、ベスト5の駅だ。

名古屋市(東エリア)の駅別「中古マンション総合利回りランキング」
※東エリア=中区、東区、千種区、名東区

※賃料利回りは、同じ広さのマンションを借りた場合の利回りを試算。「総合利回り」は、約5年前に購入し、現在の相場で売却し、さらにその間の周辺家賃相場の収入があったとして、実質利回り(年利、投資利回り)を試算したもの(小数点第2位以下は四捨五入)。駅から徒歩15分以内の物件が対象で、ネット上の公開情報を元にマンション情報サイト「マンションレビュー」が調査した。データは2020年3月時点。

注目は、再開発が進む栄駅と周辺エリア

栄駅周辺(出典:PIXTA)

 総合利回りのトップは、騰落率トップと同じく丸の内駅だった。上位は、矢場町駅(名古屋市中区栄)、鶴舞駅(名古屋市中区千代田)、伏見駅(名古屋市中区錦)、久屋大通駅、栄駅など再開発がすすむ市の中心エリアとなっている。

 特に、松坂屋、三越、名古屋PARCOなど多くの商業施設が集まる栄駅周辺では、現在急ピッチで再開発が進んでいる。栄のシンボルともいえる「中日ビル」は、2024年には31階建ての高層ビルに生まれ変わる。また、栄駅から徒歩圏内の「久屋大通公園」でも大規模な再開発が進行中で、注目度の高いショップ、レストランなどの誘致、歩道や広場などの再整備が行われている。今後一層生活利便性の向上が期待できるエリアと言えるだろう。

 また、駅周辺には「プラウドタワー栄」など大規模な新築マンションが登場しており、周辺のマンション価格は上昇の一途をたどっている。

 一方、こうした中心エリアの価格上昇から、注目はその周辺エリアに移りつつある。中心部からやや離れた、千種駅(ちくさ・名古屋市千種区内山)、金山駅(かなやま・名古屋市中区金山)といった地区が人気の高まりをみせている。

 栄駅周辺のフラッグシップマンションとしては、
ザ・パークハウス久屋大通ローレルタワー(70㎡換算で6,161万円、栄駅から徒歩8分)
ザ栄レジデンス(70㎡換算で4,340万円、栄駅から徒歩7分)
プレサンスジェネ栄(70㎡換算で3,896万円、栄駅から徒歩9分)
 などが挙げられる。

 気になる駅はあっただろうか。マンションを購入する際の参考にしてほしい。

注目記事>>新築マンションで気になる「音」のトラブル! 壁や床の遮音性は、厚さと工法を確認
注目記事>>最新の新築マンション最新市況は? 価格動向、人気物件を解説
注目記事>>新築マンションを値引きする会社はどこ?デベロッパーごとに解説

【注目の大規模物件】 【新築マンションの基礎】
SHIROKANE The SKY(白金ザ・スカイ)
ブランズタワー豊洲
パークコート渋谷  ザ  タワー
晴海フラッグ
HARUMI FLAG(晴海フラッグ)VSブランズタワー豊洲
最新の市況と注目物件は?
値引きをする会社はどこ?

壁や床の工法の違い
管理のチェックポイント
住み心地を決める「階高」
◆新築マンション人気ランキング
住宅ローン返済額シミュレーション 借入可能額シミュレーション
TOP