じぶん銀行住宅ローンの公式サイト

目黒区の駅ごとの賃貸相場はいくら? 「洗足」「大岡山」「緑が丘」の賃貸が割安傾向!【ベスト5版】

2022年4月9日公開(2022年5月23日更新)
ダイヤモンド不動産研究所

目黒区の駅ごとの賃貸相場はいくら? 目黒区内にある各駅周辺の賃貸物件(アパート、賃貸マンションなど)の平均賃料と、1㎡あたりの賃料(平米単価)を調査し、賃料が安い順にランキングを作成した。目黒区内だと、どの駅の賃料が安いのだろうか?(データ提供:マンション情報サイト『マンションレビュー』

目黒区の特徴は?

碑文谷公園など緑豊かな公園が多い目黒区(出典:PIXTA)
碑文谷公園など緑豊かな公園が多い目黒区(出典:PIXTA)

 目黒区は、世田谷区や品川区と同じ城南エリアに位置している。目黒川や呑川、蛇崩川などの二級河川が5本流れていて、起伏の激しい地形なのも特徴のひとつだ。

 また、自由が丘や中目黒といった人気の街があり、オシャレなイメージが強い。特に、目黒通りは家具通り、インテリア通りと言われるほどインテリアショップが充実している。

 一方、目黒区には豊かな緑も多く見られる。区内には、碑文谷公園や衾町(ふすまちょう)公園、西郷山公園といった自然豊かな公園があり、区民の憩いの場となっている。みどりの条例を制定し、緑化計画に力を入れているのも目黒区ならではの特徴だ。

目黒区で賃料相場が安い駅ランキング

 では、目黒区内で平均賃料が安い駅はどこなのか見ていこう。

墨田区の駅ごとの賃貸相場ランキングベスト5
平均賃料、平均専有面積:2009年から2020年までの賃貸取引データから算出。
 1㎡あたりの賃料:取引のある賃貸物件の平均賃料を平均専有面積で割り出して算出。

 

 1位:洗足駅(平均賃料100,571円)
 2位:大岡山駅(平均賃料105,043円)
 3位:緑が丘駅(平均賃料105,494円)
 4位:祐天寺駅(平均賃料113,545円)
 5位:自由が丘駅(平均賃料120,552円)
 

 東急東横線の祐天寺駅以外は、すべて環状七号線の西側に位置している。そもそも目黒区は23区内でも駅の数が少なく、区内には10駅しかない。そのうち9駅が東急沿線にある。賃料が安めの住居は、環七より西側を中心に探すのがよいだろう。

平均賃料が最も安いのは、洗足駅

木々が生い茂る緑道が続く目黒区(出典:PIXTA)
木々が生い茂る緑道が続く目黒区(出典:PIXTA)

 目黒区で最も賃料が安い駅は、東急目黒線の「洗足」駅となった。平均賃料は100,571円。

 洗足駅にほど近い小山洗足エリアは、日本の資本主義の父といわれる渋沢栄一が開発を計画した田園都市としても知られる。

 品川小山田園都市の名称は残されていないが、品川区小山7丁目や旗の台6丁目などのエリアには、閑静な住宅街が広がっている。

 また、緑豊かな環境も魅力のひとつ。隣駅の武蔵小山駅へは並木が美しい遊歩道でつながっている。駅前からは渋谷方面へ行くバスがあり、交通の便もいい。駅前にはスーパーマーケットやドラッグストアがあり、生活に便利なエリアだ。

㎡単価で割安だったのは、大岡山駅

 ㎡単価の平均賃料が最も安かったのは、東急目黒線・大井町線の「大岡山」駅だ。1㎡あたりの平均賃料は3,203円だった。大岡山駅の所在地は大田区だが、駅構内の一部が目黒区に属している。

 駅の目の前に東京工業大学があるため、学生に多く利用されている駅である。今回、目黒区で最も㎡単価が割安だったのには、学生向けの賃貸物件があるのも関係しているだろう。同校のキャンパスにある桜は、地域の人が花見に訪れるスポットとしても知られている。

 大岡山駅から徒歩15分の場所にある洗足池公園も、春は満開の桜が美しいスポットだ。ボートが楽しめる洗足池は家族連れやカップルでにぎわう。駅周辺には2つの商店街が発達しているほか、複数のスーパーや駅直結の総合病院があるなど、生活利便性がとても高い。

平均賃料が最も高額だったのは、駒場東大前駅

 目黒区の中で最も賃料が高かったのは、京王井の頭線「駒場東大前」駅だった。賃料は158,668円。賃料平均が最も安い洗足駅とは50,000円以上の差が出た。

 駒場東大前駅は、目黒区で唯一の京王線沿線の駅で、駅名の由来となった東京大学駒場キャンパスがある駅だ。渋谷から2駅と都心から近距離にもかかわらず、駅周辺には戸建てを中心とした閑静な住宅街が広がっている。

 目黒区立駒場公園や駒場野公園、目黒川緑道といった緑が豊かな環境で、落ち着いて生活できるのが魅力だ。

  • RSS最新記事
◆駅別の賃貸マンション賃料ランキング
◆駅別の中古マンション価格ランキング
TOP