じぶん銀行住宅ローンの公式サイト

大田区の駅ごとの賃貸相場はいくら? 「昭和島」「天空橋」「穴守稲荷」の賃貸が割安傾向!【ベスト5版】

2022年4月10日公開(2022年5月23日更新)
ダイヤモンド不動産研究所

大田区の駅ごとの賃貸相場はいくら? 大田区内にある各駅周辺の賃貸物件(アパート、賃貸マンションなど)の平均賃料と、1㎡あたりの賃料(平米単価)を調査し、賃料が安い順にランキングを作成した。大田区内だと、どの駅の賃料が安いのだろうか?(データ提供:マンション情報サイト『マンションレビュー』

大田区の賃貸事情、住まいの環境は?

大田区のランドマークとなった羽田空港(出典:PIXTA)
大田区のランドマークとなった羽田空港(出典:PIXTA)

 大田区はかつて東海道の街道筋として人馬の往来でにぎわい、現在もその立地の良さから交通の要路としてその役割を果たしている。

 また、海と川に臨む地形から、工業地帯として栄え、京浜工業地帯の一部を成している。埋め立てが進むと、空港やトラックターミナルなどが次々にでき、日本の物流機能の中核となった。

 鉄道はJR横須賀線、京浜東北線、東海道本線、京急本線、東急池上線・多摩川線が縦横に走る。大田区最大のターミナル駅である蒲田駅は、飲み屋街としても知名度が高い。JR京浜東北線が通り都心へのアクセスが非常に便利で、近年はきれいに整備された便利な街となったが、下町風情の残る温かな雰囲気が魅力だ。

 蒲田駅と人気を二分するのが、同じく京浜東北線の大森駅周辺だ。平和島公園をはじめとする公園が多く、自然に癒やされながら生活できる。子育て世帯も暮らしやすいエリアだろう。

大田区で賃料相場が安い駅ランキング

 では、大田区内で平均賃料が安い駅はどこなのか見ていこう。

大田区の駅ごとの賃貸相場ランキングベスト5
平均賃料、平均専有面積:2009年から2020年までの賃貸取引データから算出。
 1㎡あたりの賃料:取引のある賃貸物件の平均賃料を平均専有面積で割り出して算出。
「流通センター」「整備場」はデータ不足によりランキング対象外。

 

   1位:昭和島駅(平均賃料81,065円)
 2位:天空橋駅(平均賃料82,052円)
 3位:穴守稲荷駅(平均賃料82,308円)
 4位:雑色駅(平均賃料85,888円)
 5位:梅屋敷駅(平均賃料86,622円)

 トップ5は、いずれも大田区の南東エリアに集中している。第5位となった梅屋敷駅は、先述した大田区で人気を二分する大森駅と蒲田駅の間に位置する。大森と蒲田の良いところを取りながら静かに暮らせる穴場スポットといえる。なお、東京モノレールの物流センター駅、整備場駅はデータ不足によりランキング外となった。

平均賃料が最も安いのは、昭和島駅

昭和島を運行する東京モノレール(出典:PIXTA)
昭和島を運行する東京モノレール(出典:PIXTA)

 大田区で平均賃料が最も安いのは、東京モノレールの「昭和島」駅で、81,065円。羽田空港利用時に使うことが多い東京モノレールは、浜松町などへのアクセスが良い。

 昭和島は埋め立てによってできた人工島で、その広範囲で工業用地としての役割を果たしている。

 島内には教育機関や医療機関、スーパーマーケットなどの生活に必要な機能はなく、居住向けの建物もほぼない。昭和島駅を最寄りとする物件は、実質的には大森南町に位置している。駅前には駐輪場があり、通勤や通学で昭和島駅を利用する人たちが大森側から自転車で通っている。

 昭和島にはテニスコートのある昭和島二丁目公園や、野球場のある昭和島運動場もあり、海を見ながらの散歩は良い気晴らしになりそうだ。スポーツを楽しむ人や愛犬を連れて運動しにくる人も少なくない。

㎡単価で割安だったのは、久が原駅

 大田区で1㎡あたりの平均賃料が最も割安だった「昭和島」駅に次いで割安なのが、東急電鉄池上線の「久が原」駅だ。1㎡あたりの平均賃料は2,736円である。

 五反田駅と蒲田駅間の15駅を結ぶ東急電鉄池上線は、走行距離こそ短いが接続線が多く、都心へのアクセスは比較的良い。

 駅を出ると、東西にライラック通り久が原商店街、久が原駅前通りすえひろ商店会が延びる。華やかではないが、生活必需品が一通りそろいそうなスーパーマーケットやドラッグストアが立ち並び、商店街を中心にのどかな住宅街が広がる。

 住宅街には戸建てや中低層階のマンションが並び、日差しを遮るような高い建物は少ない。治安が良いので、ファミリーで住む人も多く、安心して生活ができそうだ。休日には商店街で隠れた名店を探したり、公園で緑と触れ合ったり穏やかに過ごすのもおすすめである。

平均賃料が最も高額だったのは、田園調布駅

 大田区で平均賃料が最も高額なのは、東急東横線・目黒線の「田園調布」駅となった。平均賃料は122,048円と、大田区では圧倒的トップの賃料だ。

 田園調布駅は、渋谷や新宿などの都心へ行くにも横浜方面にも出やすい便利な立地。隣駅は自由が丘駅で、ショッピングに出かけるにも手軽でうれしい。

 田園調布は高級住宅街として、大田区のその他のエリアとは一線を画す存在だ。商店は多くないが、閑静な住宅街が広がり、街全体が美しく整備されている。戸建てや低層階マンションが多く、便利な立地ながら都会の喧騒(けんそう)とは無縁の穏やかな雰囲気である。

  • RSS最新記事
◆駅別の賃貸マンション賃料ランキング
◆駅別の中古マンション価格ランキング
TOP