石川県で人気の高い新築マンションが分かる、「新築マンション人気ランキング(モデルルーム公開前・公開中)」を作成した。金沢、香林坊、広岡、七尾といったエリアが人気だ。長年、全国のマンションを取材してきた住宅評論家の櫻井幸雄氏が、マンションデベロッパー33社に直接ヒアリングした生のデータなので、新築マンション選びの参考にしてほしい。

インバウンド効果と北陸新幹線で注目度を高める金沢
駅西口の地価は近年、急速に上昇

 インバウンド効果と、2015年3月の北陸新幹線開業で観光客が一気に増加しているのが、石川県の県庁所在地、金沢。その金沢で、観光客が集まるのは、北陸地方を代表する繁華街である香林坊のあたり。しかし、それとは別に、金沢市内で2年連続「地価上昇率日本一」となった場所がある。それは、兼六園や香林坊のある「金沢駅東口側」ではなく、金沢駅の西口側。地元の人たちが“駅西”と呼ぶエリアである。

 新幹線開通で新しくなったJR金沢駅は、東口を「兼六園口」、西口を「金沢港口」と名付けている。そこから、西口に“裏口”の印象を受ける人がいるかもしれない。しかし、現在の金沢駅西口側(駅西)には、別の顔がある、それは、開発が進む新しい街区という顔である。

 「金沢港口」側には、2003年に石川県庁が移転。以後、NHK金沢放送局や北國銀行の本店も香林坊から“駅西”に移転し、金沢市の新都心と位置づけられている。駅前には大きな広場が設けられ、小松空港に向かうバスの多くもここから出発。駅からは「50m道路」とも呼ばれる幅広の駅西けやき大通りが金沢港方面に伸びている。

 この駅前広場に面した「広岡一丁目」が、2014年地価公示で地価上昇率15.8%に。翌15年は地価上昇率17.1%となり、2年連続で商業地の地価上昇率日本一となっている。北陸新幹線が開通する金沢で、最も注目を集める場所になったわけだ。

 また、西口側にはスーパーマーケットがいくつもあって、便利だ。そして、地元の人たちが子どもを通わせたいと思う公立の小中学校が“駅西”にある。金沢市内で、注目のエリアになっている。

石川県の新築マンション人気ランキングを掲載

 「新築マンション人気ランキング」は、「モデルルーム公開前」「モデルルーム公開中」の新築マンションについて、「パンフレットなどの資料請求」と、「販売センターでのモデルルーム見学や商談」が、総戸数に比べてどのくらい多いかを「人気倍率」として計算し、ランキングにしたものなので、参考にしよう。

【2019年8月】[石川県]
人気倍率で比較!
新築マンション人気ランキング
※主要売主33社の人気上位物件をランキングしているため、対象物件数の少ないエリアは、1位のみなど掲載物件数の少ない場合があります。人気倍率の計算方法はこちら
【モデルルーム公開中】の人気新築マンション
1位

人気
倍率
1.4倍
◆ザ・レジデンス金沢(モデルルーム公開中)
価格 未定 完成時期 2020年4月下旬(予定)
交通 北陸本線「金沢」駅下車徒歩2分 所在地 石川県金沢市広岡1丁目501番他(地番)
間取り 3LDK 専有面積 70.04~75.16㎡
総戸数 114戸 来場者数 136人
売主 大京 施工会社 竹中工務店
※データは2019年7月20日時点。最新情報は公式サイトをご確認ください。