武内優宏・弁護士監修者プロフィール

監修者プロフィール

武内優宏(たけうち・ゆうこう)氏:「弁護士法律事務所アルシエン」弁護士

2002年早稲田大学政治経済学部政治学科卒、2007年9月最高裁判所司法研修所修了(旧60期)。小笠原六川国際総合法律事務所を経て、2011年法律事務所アルシエン開設。

終活カウンセラー協会監修・講師、東京都中小企業振興公社法務研修講師、東京弁護士会 高齢者・障害者の権利に関する特別委員会委員などを務める。

遺言・相続、老人ホームなど高齢者に関する問題に精通しており、死後事務委任契約、遺言作成、相続紛争を多く経験。特に、いわゆる「おひとり様」からの相談については、数多く受けている。また、事業再生・倒産案件、中小企業の法務顧問などにも対応する。

【武内氏が監修した「平成31年度 相続法 (民法相続編)の改正のポイント」記事一覧】

「配偶者居住権」のメリットとは?

「特別受益の持ち戻し免除の推定」のメリットと利用時の注意点も解説

自筆証書遺言と公正証書遺言、おすすめはどっち?

遺産分割前の「預貯金の引き出し」新制度のメリットを解説

「相続登記における対抗要件」の変更を解説

「遺留分侵害額請求」について解説!