じぶん銀行住宅ローンの公式サイト
住宅ローン借り換え比較ランキング[2019年]
2019年10月1日公開(2019年12月2日更新)
ダイヤモンド不動産研究所
ダイヤモンド不動産研究所

100年以上の歴史をもつ出版社・ダイヤモンド社が運営する、不動産メディア「ダイヤモンド不動産研究所」の編集部です。徹底した消費者目線で、誰にでも分かりやすく、不動産について分析・解説します。

»バックナンバー一覧
バックナンバー

【住宅ローン「実質金利」ランキング(変動金利)】
借り換えで本当に得する最新商品を発表![2019年12月最新版]

住宅ローン新規借入「実質金利」借り換えランキングはこちら!

 住宅ローンの借り換えを検討している人にとって低金利の「変動金利」は魅力的だが、数ある銀行の中でどの商品が一番お得なのか? こんな疑問に答えるため、借り換えの人向けに「住宅ローン実質金利ランキング(変動金利)」を発表しよう!

 銀行が実際に貸し出す「表面金利」が低いからといっていい商品とは限らない。手数料、保証料といったの諸費用なども考慮した「実質金利」でなければ、本当にお得で、総支払額が少ない商品を見つけることはできない。そこでダイヤモンド不動産研究所では、主要な18銀行、ネット銀行が提供する「変動金利」住宅ローンの「実質金利」をすべて計算。借り換えの人向けの「住宅ローン実質金利ランキング(変動金利)」を作成した。(実質金利についてはこちらを参照

 「変動金利」は、固定金利に比べてとにかく金利の低さが魅力だ。金融機関の競争が激しいこともあり、金利は1%を大きく割り込んでいる。借り換えのお客を増やすために、新規借入より金利を低く設定している銀行もある。「変動金利」での借り入れを考える人は、この「住宅ローン実質金利ランキング(変動金利)」の上位の金融機関に審査を依頼してみよう!

 ただし、「変動金利」は金利上昇リスクがあることも忘れないでほしい。それに、現在は史上最低水準の低金利状態。せっかく借り換えるのであれば、固定を金利を選択するのも手だ。最近は、「10年固定金利」「35年固定金利」の金利も非常に低いので、変動金利との金利差もチェックするのがいいだろう。

【注目の記事はこちら】 (クリックで該当する情報へ移動します)
>>【2019年最新版】住宅ローン金利動向を、借り換えのプロが解説! 18銀行を徹底比較
>>住宅ローン借り換えで今、得するのは「固定型」! 10年固定は競争激化で、異常な低金利
>>各種手数料・引越し代などの「諸費用」まで借りられる住宅ローンを15銀行で比較!
>>住宅ローンの「審査基準」を15銀行で比較! 年収100万円、勤続6カ月で借りられる銀行は?
 ◆住宅ローン金利ランキング[借り換え] ⇒ 新規借入はこちら

【2019年12月最新版】競争が激しく、過去最低水準の低金利!
◆「変動金利」住宅ローン金利ランキング(借り換え)
※借入金額2500万円、借り入れ期間30年(詳細な条件は表組の下に記載)

順位 銀行名 <商品名>
実質金利
(費用等含む)
表面金利
(費用等除く)
保証料
(税込)
事務手数料
(税込)
1
◆ジャパンネット銀行 <住宅ローン 全期間引下げプラン>
0.567%
0.415%
0円
借入額×2.2%
【ジャパンネット銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
ネット銀行のジャパンネット銀行は2019年7月末に住宅ローンの貸し出しをスタート。最大の特徴は、業界最低水準という低い金利で、特に「変動金利」「10年固定金利」に強みがある。オプションの団体信用生命保険も豊富に取りそろえる。
【関連記事】ジャパンネット銀行の住宅ローンの金利、手数料、ポイント、注意点は?
公式サイトはこちら
2
◆住信SBIネット銀行 <住宅ローン 通期引下げプラン(借り換え、ネット専用)>
0.580%
全疾病保障付き
0.428%
0円
借入額×2.2%
【住信SBIネット銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
三井住友信託銀行とSBIホールディングスが設立したネット銀行で、表面金利の低さではトップクラス。借り換えを重視しており、変動金利(通気引き下げプラン)は、新規借入よりも金利を低く設定している。また、通常の団信に加えて、全疾病保障(8疾病+病気・ケガ)を無料で付帯しているので、魅力的だ。女性には、がんと診断されると30万円が支給される保障も無料で付けている。三井住友信託銀行の口座を開設すると、金利0.01%優遇の特典あり。
【関連記事】住信SBIネット銀行の住宅ローンの金利、手数料、ポイント、注意点は?
公式サイトはこちら
2
◆SBIマネープラザ <ミスター住宅ローンREAL・通期引下げプラン(借り換え)>
0.580%
全疾病保障付き
0.428%
0円
借入額×2.2%
【SBIマネープラザの住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
SBIマネープラザは、証券、保険、住宅ローンなどを取り扱う、SBIグループのマネー相談プラザ。支店において対面で相談できるので、初心者でも安心だ。変動金利が低い「ミスター住宅ローンREAL」(住信SBIネット銀行の商品)と、全期間固定金利が低い「ARUHIのフラット35」を取り扱っているので、2種類の住宅ローンを比較して申し込みできる。
【関連記事】SBIマネープラザの住宅ローンの金利、手数料、ポイント、注意点は?
公式サイトはこちら
4
◆りそな銀行 <住宅ローン ずーっとお得!全期間型・WEB申込限定プラン(借り換え)>
0.590%
0.429%
0円
借入額×2.2%+33000円
【りそな銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
大手銀行の一角で住宅ローンの獲得に積極的。特に借り換えに力を入れており、変動金利でも新規借入より金利を低く設定している。WEB限定商品は、他の商品と違って諸経費が割高だが、それでも競争力がある。オプションとして、16の特定状態・所定の要介護状態を保障する新しいタイプの団体信用生命保険を提供している。
【関連記事】りそな銀行の住宅ローンの金利、手数料、ポイント、注意点は?
公式サイトはこちら
5
◆新生銀行 <住宅ローン 変動金利半年型タイプ・変動フォーカス(借り換え)>
0.602%
0.450%
0円
借入額×2.2%
【新生銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
2019年7月の商品改訂に伴い、金利を大きく引き下げた。「変動フォーカス」は他の商品と違って、手数料は借入金額×2.2%と高めだが、金利が低いため、競争力がある。過去に繰り上げ返済で期間短縮した場合、入院時などにその期間だけ元本返済を止められるサービスもある。
【関連記事】新生銀行の住宅ローンの金利、手数料、ポイント、注意点は?
公式サイトはこちら
順位 銀行名 <商品名>
実質金利
(費用等含む)
表面金利
(費用等除く)
保証料
(税込)
事務手数料
(税込)
6
◆じぶん銀行 <住宅ローン 全期間引下げプラン(借り換え)>
0.609%
全疾病+がん50%
0.457%
0円
借入額×2.2%
【じぶん銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
三菱UFJ銀行とKDDIが共同で立ち上げたネット銀行。変動金利の競争力が高く、業界トップクラスの低金利となっている。がんと診断されると住宅ローン残高が半分になる「がん50%保障団信」が無料付帯。
【関連記事】じぶん銀行の住宅ローンの金利、手数料、ポイント、注意点は?
公式サイトはこちら
6
◆au住宅ローン <住宅ローン 全期間引下げプラン>
0.609%
0.457%
0円
借入額×2.2%
【au住宅ローンの住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
携帯電話のauユーザーが、じぶん銀行が提供する「au住宅ローン」を借りると、毎月500円分キャッシュバック(チャージ)されるという特典が付いている。特典は最大3万円分(5年間)受け取れる。じぶん銀行の住宅ローンは変動金利の競争力があり、トップクラスの低金利だ。また、がんと診断されると住宅ローン残高が50%になる疾病保障「がん50%保障団信」が無料で付いているので安心感が高い。KDDIがじぶん銀行の代理店となり販売している。
公式サイトはこちら
8
◆楽天銀行 <住宅ローン・金利選択型(借り換え)>
0.618%
0.527%
0円
330000円
【楽天銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
事務手数料は一律33万円で、他のネット銀行の多くが採用する借入額×2.2%に比べると、借入金額が多いほど割安になる。また、諸費用の一部を借入金額に含めることもできる。事前審査の結果は最短で翌日、本審査は3~4日で回答する。店舗に行かず契約が可能。インターネットでの申込みで、通常の死亡・高度障害保障に加え、「全疾病就業不能保障」付きの団信保険料が無料で付けられる。
【関連記事】楽天銀行の住宅ローンの金利、手数料、ポイント、注意点は?
公式サイトはこちら
9
◆イオン銀行 <住宅ローン 金利プラン・定率型(借り換え)>
0.622%
0.470%
0円
借入額×2.2%
【イオン銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
イオンでの買い物が5年間、5%オフになる(買い物額で年間90万円まで)ので、合計で最大22.5万円分のメリットがある。金利を年0.1%アップすればガン保障特約、年0.3%アップすれば8大疾病保障をつけられる。契約時の事務手数料が11万円しかかからない「定額型」もあるが、金利を年0.2%アップするので、短期間で完済する人なら、「定額型」を選ぼう。
【関連記事】イオン銀行の住宅ローンの金利、手数料、ポイント、注意点は?
公式サイトはこちら
10
◆三井住友信託銀行 <住宅ローン 全期間一定金利引下げ・融資手数料型(借り換え)>
0.627%
0.475%
0円
借入額×2.2%
【三井住友信託銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
大手信託銀行の一つ。借り換え限定で、来店不要の「おうちで借り換え」サービスを展開中。女性向けに入院日額1000円を保障する医療保障(支払条件あり)を無料で付帯しているほか、「8大疾病保障」(金利0.4%上乗せ)、「3大疾病保障」(金利0.3%上乗せ)、「ガン保障」(金利0.2%上乗せ)も付帯できる。
順位 銀行名 <商品名>
実質金利
(費用等含む)
表面金利
(費用等除く)
保証料
(税込)
事務手数料
(税込)
11
◆ソニー銀行 <変動セレクト住宅ローン(借り換え)>
0.659%
0.507%
0円
借入額×2.2%
【ソニー銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
「変動セレクトローン」は変動金利向けの商品で、手数料は借入額の2.2%かかるものの、表面金利が低いので、実質金利でも競争力がある。諸費用を含めた借り換えもOK。借り換え後に変動金利から固定金利への変更がインターネットで簡単にできる。
【関連記事】ソニー銀行の住宅ローンの金利、手数料、ポイント、注意点は?
ソニー銀行のお申し込みはこちら
12
◆三菱UFJ銀行 <ネット専用住宅ローン・変動金利選択プラン(借り換え)>
0.667%
0.525%
借入額×1.91%
33000円
【三菱UFJ銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
民間金融機関の中で住宅ローン取扱残高ナンバーワンの実績を持っている。借り換えの相談については、インターネットで24時間受け付けている。7大疾病保障については、保険料が低くい、多くの金融機関と違って保険料を毎月支払うことができるので、いつでも中途解約ができて使い勝手がいい。
【関連記事】三菱UFJ銀行の住宅ローンの金利、手数料、ポイント、注意点は?
公式サイトはこちら
12
◆みずほ銀行 <住宅ローン 最後まで変わらずオトク!全期間重視プラン(ネット専用、借り換え)>
0.667%
0.525%
借入額×1.91%
33000円
【みずほ銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
3大メガバンクの一つで全国に支店があるほか、ネット住宅ローンをラインナップする。オプションである「8大疾病補償プラス」は、保険料が安く、途中解約可能で使い勝手がいい。返済期間は変えずに、一定期間返済額を増減額したり、借り入れ期間を延長したりできる「ライフステージ応援プラン」も用意する。
14
◆三菱UFJ信託銀行 <三菱UFJネット住宅ローン・三菱UFJ信託銀行専用・変動金利選択プラン>
0.677%
0.525%
0円
借入額×2.2%
【三菱UFJ信託銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
同じグループである三菱UFJ銀行の住宅ローン「三菱UFJ信託銀行専用住宅ローン」を販売する。ネット専用商品であるため、三菱UFJ銀行の住宅ローンよりも低金利となっているが、一方で手数料は2.2%かかる。事前審査はネットで完結し、正式審査もウェブまたは郵送で対応するので便利だ。
14
◆auカブコム証券 <三菱UFJネット住宅ローン・カブコム専用・変動金利選択プラン>
0.677%
0.525%
0円
借入額×2.2%
【auカブコム証券の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
同じグループである三菱UFJ銀行のauカブコム証券専用住宅ローンを販売する。変動金利は、ネット専用商品ならではの低金利を実現しており、実質金利は低い。ただし、借り入れ後の金利は市場金利に連動して毎月見直しされる。事前審査から契約まで窓口に行く手間がないのが便利。
順位 銀行名 <商品名>
実質金利
(費用等含む)
表面金利
(費用等除く)
保証料
(税込)
事務手数料
(税込)
16
◆三井住友銀行 <住宅ローン 最後までずーっと引き下げプラン>
0.767%
0.625%
借入額×1.91%
33000円
【三井住友銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
3大メガバンクのひとつ。変動金利の借り換えは新規借入より金利を高く設定している。夫婦のミックスローンでどちらかが亡くなった 場合に残高が消える「クロスサポート(金利0.18%上乗せ)」、地震、津波などの自然災害で被害に遭うと残高の50%が保険金で支払われる「自然災害時 返済一部免除特約(金利0.5%上乗せ)」など、オプションの保障が充実している。
※実質金利は、借入金額2500万円、借り入れ期間30年、団信加入、元利均等返済、ボーナス払いなし、最優遇金利を適用として、実質金利を計算。固定期間終了後は変動金利を選択(現在の水準が継続と仮定)。実質金利の計算法はこちら。諸費用は、事務手数料等、保証料とする。保証料は、大手銀行の一般的な保証料率を記載しているので、銀行によっては違う保証料率となる。主要18銀行・金融機関の主な商品を対象とし、ランキングに掲載するのは各銀行の商品の中で最も実質金利が低い商品のみとする。ホームローンドクター代表の淡河範明氏の協力で作成。

主要銀行の変動金利(借り換え)の推移

 以下に、主要な銀行の変動金利(借り換え)の推移をまとめたので、参考にして欲しい。変動金利は超低金利下の今でも、金利低下傾向があることが分かるだろう。

 各銀行とも、かなりの低金利を打ち出しているが、2019年7月に参入してきたジャパンネット銀行の金利を下回る商品は、いまのところ現れていない。

◆主要銀行の変動金利(借り換え)の推移

年月 ジャパンネット銀行
「全期間引き下げ」
住信SBIネット銀行
「通期引き下げ」
りそな銀行
「全期間型WEB限定」
2019年12月 0.415% 0.428% 0.429%
2019年11月 0.415% 0.428% 0.429%
2019年10月 0.415% 0.428% 0.429%
2019年9月 0.415% 0.428% 0.429%
2019年8月 0.415% 0.428% 0.429%
2019年7月 0.415% 0.428% 0.429%
2019年6月 0.428% 0.429%
2019年5月 0.428% 0.429%
2019年4月 0.428% 0.429%
2019年3月 0.428% 0.429%
2019年2月 0.428% 0.429%
2019年1月 0.428% 0.429%
2018年12月 0.428% 0.429%
2018年11月 0.428% 0.429%
2018年10月 0.428% 0.429%
2018年9月 0.428% 0.429%
2018年8月 0.428% 0.429%
2018年7月 0.428% 0.429%
2018年6月 0.428% 0.429%
2018年5月 0.428% 0.429%
2018年4月 0.439% 0.440%
2018年3月 0.439% 0.440%
2018年2月 0.439% 0.440%
2018年1月 0.439% 0.440%
2017年12月 0.439% 0.440%
2017年11月 0.447% 0.440%
2017年10月 0.447% 0.440%
2017年9月 0.447% 0.440%
2017年8月 0.444% 0.440%
2017年7月 0.444% 0.497%

【各社の商品名】
ジャパンネット銀行「住宅ローン 全期間引き下げプラン」

住信SBIネット銀行「住宅ローン 通期引き下げプラン(ネット専用)」

SBIマネープラザ「ミスター住宅ローンREAL 通期引下げプラン」

りそな銀行「住宅ローン ずーっとお得!全期間型 WEB申込限定プラン」

 最低水準の変動金利!ジャパンネット銀行の住宅ローン(sponsored content) 
 

◆住宅ローン金利ランキング[新規借入]
◆住宅ローン金利ランキング[借り換え]
住宅ローン返済額シミュレーション 借入可能額シミュレーション

 じぶん銀行が住宅ローンの無料団信を拡充!<Sponsored Content>

 

住宅ローンおすすめ比較

【じぶん銀行の住宅ローン】
がんと診断されるとローン残高が半分!
トップクラスの低金利も魅力⇒
関連記事はこちら

「8疾病+ケガ・病気」まで無料保障する
住信SBIネット銀行⇒関連記事はこちら

住信SBIネット銀行 ネット銀行住宅ローンはこちら!

 

トータルでお得な新生銀行 ジャパンネット銀行は低金利! フラット35は楽天銀行がお得
新生銀行 ネット銀行住宅ローンはこちら!
ジャパンネット銀行住宅ローンはこちら!
「楽天銀行」住宅ローンはこちら
介護保障保険が付帯など、6つの特典あり関連記事はコチラ 変動金利、10年固定金利はトップクラスの低金利!来店不要で便利 手数料が0.972%からと低く低金利も魅力関連記事はコチラ!
TOP