不動産一括査定サイトおすすめ比較[2019年]

 不動産一括査定サイトは、一度に複数の不動産仲介会社に対して、売却したい不動産の査定を依頼できるサービスだ。不動産の価格には定価というものがなく、相場はあるものの、近隣で似た不動産が大量に売りに出ていれば高額での売却は難しいなど、需給状況も関係してくる。複数の不動産仲介会社に査定してもらって、相場、需給状況を確認するのは、非常に役に立つ。

 また、高値で不動産を売却するには、熱心に売却の相談に乗ってくれ、売却のための戦略を立ててくれる不動産仲介会社、営業担当者に依頼することが不可欠だ。ところが不動産仲介会社の中には、自社の利益を優先して、売り手を軽視する不動産会社や営業担当者もおり、大手の不動産仲介会社だからといって安心というわけでない。複数の不動産仲介会社と接触して、熱心な不動産仲介会社や営業担当者を探すためにも、不動産一括査定サイトは便利なサービスと言えるだろう。

 ただし不動産一括査定サイトは多数あり、迷ってしまう人も多い。そこで、得意な不動産の種類、営業エリア、提携する不動産会社数、主な提携不動産仲介会社、運営会社などについて、徹底して比較した。あなたのニーズに合ったサイトを見つけてほしい。

最新記事はこちら

注目記事>> 一括査定サイト"主要12社"を比較!
注目記事>> 営業電話がない一括査定サイト「ハウマ」は信頼できる?
注目記事>> 査定サイト「HOME4U」で、記者が実際に査定した結果は?

注目記事>> 査定サイト「イエウール」で、記者が実際に査定した結果は?
注目記事>> 「手数料割引」の不動産仲介会社は大丈夫?

主な一括査定サイト・不動産会社14社の特徴は?
HOME4U(上場企業運営)
イエウール(店舗、農地も対応)
LIFULL HOME'S(掲載1700社超)
リビンマッチ(賃貸、買取も対応)
イエイ(お断り代行あり)

マンションナビ(マンション特化)
イエシル(即時に相場を表示)
ハウマ(営業電話がない)
スモーラ(売却・賃貸に対応)
リガイド(最大10社査定)
いえカツLIFE(訳あり物件に対応)

マンションマーケット(手数料定額)
REDS(手数料値引き)
カウル(手数料値引き)
【注目の記事はこちら】
【業者選び売却のプロが教える、「不動産会社の選び方・7カ条」
【査定相場を知るのに便利な、一括査定サイト"主要12社"を比較
【査定不動産一括査定サイトのメリット・デメリットを紹介
【業界動向大手不動産会社は両手取引が蔓延!? 「両手比率」を試算!
【ノウハウ知っておきたい「物件情報を拡散させる方法」
「一括査定サイト」を記者が覆面調査してみた!
HOME4U
イエウール
LIFULL HOME'S
リビンマッチ
イエイ

マンションナビ
■相場を知るのに、おすすめの「不動産一括査定サイト」はこちら!
◆HOME4U(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、ビル、アパート、店舗・事務所
掲載する不動産会社数 900社 不動産一括査定サイト「HOME4U」の公式サイトはこちら
サービス開始 2001年
運営会社 NTTデータ・スマートソーシング(東証一部子会社)
紹介会社数 最大6社
【ポイント】 強みは、日本初の一括査定サービスであり、運営会社はNTTデータグループで安心感がある点。弱点は、提携会社数がやや少なめであること。
HOME4U公式サイトはこちら
◆イエウール(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、投資用物件、ビル、店舗、工場、倉庫、農地
掲載する不動産会社数 1400社以上 不動産一括査定サイト「イエウール」の公式サイトはこちら
サービス開始 2014年
運営会社 Speee
紹介会社数 最大6社
【ポイント】 強みは、掲載する会社数が多く、掲載企業の一覧も掲載しており、各社のアピールポイントなども見られる点。弱点は、サービスを開始してまだ日が浅い点。
イエウール公式サイトはこちら
◆LIFULL HOME'S(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、倉庫・工場、投資用物件
掲載する不動産会社数 1692社(2018年8月)
サービス開始 2008年
運営会社 LIFULL(東証一部)
紹介会社数 最大6社
【ポイント】強みは、匿名査定も可能で安心であるほか、日本最大級の不動産ポータルサイト「LIFULL HOME'S」が運営している点。弱点は大手の不動産仲介会社が多くはないこと。
LIFULL HOME'S公式サイトはこちら
◆リビンマッチ(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、投資用物件、ビル、店舗、工場、倉庫
掲載する不動産会社数 1400社 不動産一括査定サイト「スマイスター」の公式サイトはこちら
サービス開始 2006年
運営会社 リビン・テクノロジーズ
紹介会社数 最大6社(売却6社、賃貸、買取)
【ポイント】強みは、掲載している不動産仲介会社数が多く、マンション、戸建て、土地以外の工場、倉庫、農地も取り扱いがある点。弱点は、運営会社が広告代理店で上場していないこと。
スマイスター公式サイトはこちら
◆イエイ(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、投資用物件、ビル、店舗、工場、倉庫、農地
掲載する不動産会社数 1000社 不動産一括査定サイト「イエイ」の公式サイトはこちら
サービス開始 2007年
運営会社 セカイエ
紹介会社数 最大6社
【ポイント】 強みは、サービス開始から10年以上という実績があるほか、対象となる不動産の種類も多い。「お断り代行」という他社にないサービスもある。弱点は、経営母体の規模が小さいこと。
イエイ公式サイトはこちら
◆マンションナビ(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション
掲載する不動産会社数 900社超、2500店舗 不動産一括査定サイト「マンションナビ」の公式サイトはこちら
サービス開始 2011年
運営会社 マンションリサーチ
紹介会社数 最大9社(売却・買取6社、賃貸3社)
【ポイント】 強みは、マンションに特化しており、マンション売却査定は6社まで、賃貸に出す場合の査定3社まで対応している点。弱点は、比較的サービス開始から日が浅く、取扱い物件がマンションしかない点。
マンションナビ公式サイトはこちら

不動産一括査定サイトおすすめ比較[2019年]の記事一覧