おすすめ住宅ローン・132銀行比較

【2022年11月版】おすすめの住宅ローン、銀行は? 毎月、132銀行、約1000商品の住宅ローンを調査・比較して、おすすめの実質金利ランキング(諸費用等込み)を作成。さらに、本当におとくな住宅ローンの選び方、審査や住宅ローン減税の活用法も解説します(監修:住宅ローンアドバイザー 淡河範明)。

132銀行を比較◆実質金利ランキング比較[新規借入]

132銀行を比較◆実質金利ランキング比較[借り換え]

住宅ローン返済額シミュレーション 借入可能額シミュレーション

「銀行はどこがいい」と考えない!

 住宅ローンを取り扱っている銀行・金融機関は全国に数百社ある。銀行、地方銀行、信用金庫、労働金庫だけでなく、住宅ローン販売に特化したモーゲージバンクも登場してる。そのため、安易に名前を聞いたことがあるメガバンクや地元の地方銀行で借りる人が多い。

比較してみると分かるが、実は銀行によって得意な「金利タイプ」が違う。住宅ローンは変動金利、5年固定金利、10年固定金利、35年固定金利(全期間固定、フラット35を含む)などの金利タイプがあり、期間によってそれぞれ金利が異なる。そして、大手銀行・ネット銀行を問わず、「この銀行は変動金利は低いけど、35年固定金利は高い」といったことが多い。「銀行を選ぶ」というのは間違った行為で、金利タイプ別に各銀行の商品を比較すべきなのだ。

実質金利で比較する

 実際に住宅ローンを探す際、各銀行の住宅ローンを比較するだろう。住宅ローンの金利比較サイトなどを見て、どの銀行の金利が一番低い(安い)のかを調べる人もいる。しかし、サイトに載っているそのままの金利(表面金利)だけで比較するのは間違いだ。

 なぜなら住宅ローンの返済には、保証料や手数料、団体信用生命保険(団信)の保険料といった諸費用が加わり、銀行によっては諸費用がかなり高額になるからだ。「金利は低いが、諸費用が高くて結局、割高だった」ということはよくある。

 そこでおすすめなのが「実質金利」で比較すること。

 実質金利とは、諸費用などを考慮した「本当の金利」のこと。ほぼ同じ指標となる「総支払額」で比較してもいい。当サイトでは132銀行、約1000商品を毎月調査、比較している。金利タイプごとの実質金利ランキングのほか、返済額シミュレーションも用意しているので参考にしよう。

132銀行を比較◆住宅ローン実質金利ランキング[新規借入]
実質金利で132銀行の金利を比較!
実質金利ランキングはこちら

審査に落ちた時に備えて、複数申し込みを

 一般に、最も審査が厳しいのは、ネット銀行であり、以下、大手銀行、地方銀行、信金、フラット35の順に審査が緩くなっていくと言われている。

 ネット銀行の審査が厳しいのは、書類のみで選考を行う銀行が多く、融通が利かないからだ。一方で、大手銀行や地方銀行などは金利が低いとはいえないものの、店頭において対面による相談にも対応し、柔軟な対応が可能。事情を説明すれば、本来は貸し出し対象ではない人に対しても、金利を上乗せすることで貸してくれるケースもある。最も審査がゆるいのはフラット35だ。

 審査基準は、各銀行によってかなり違う。銀行によっては必要な勤続年数、年収、融資可能な物件タイプなどを公開しているので確認しておこう。

 なお、実際に借りる際は、複数の銀行に仮審査を申し込むことをおすすめする。審査の結果、借りられなかったり、希望金額を満額で借りられな異ケースがあるかだら。はじめから複数の銀行に申し込んでおき、審査が通ったものの中から一番、メリットが大きい商品を選べばいい。

銀行ごとの「審査基準」を比較

団信は上乗せ金利込みで比較

 住宅ローンを借りる際は、団体信用生命保険の加入も検討しよう。

 最近は無料で「がん50%保障(がんと診断されると、住宅ローン残高が50%になる)」が人気だ。また、金利を上乗せすれば手厚いが受けられる「がん100%保障」「三大疾病保障」もラインアップが増えている。

 なお、上乗せ金利は銀行によって違うので、上乗せ金利込みでの実質金利で比較しよう。

「団信」をランキング比較

「がん50%保障団信が無料」のおすすめ住宅ローン

銀行名 PayPay銀行 ソニー銀行 auじぶん銀行 楽天銀行
おすすめポイント がん100%保障団信へのアップグレードが、わずか0.1%の上乗せ

・仮審査が最短60分

・本契約も印紙代不要の電子契約に対応

「がん50%」だけでなく、「全疾病」「月次返済保障」も無料付帯

・事務手数料が一律33万円と低額

変動金利 年0.380% 年0.397% 年0.289% 年0.537%
無料で付帯する団信 一般団信
(借入時年齢:65歳未満)
+一般団信プラス
(がん診断給付金100万円他。借入時年齢:51歳未満)
+がん50%保障団信
(借入時年齢:51歳未満)
一般団信
(借入時年齢:65歳以下)
+がん団信50
(借入時年齢:50歳未満)
一般団信
(借入時年齢:65歳以下)
+がん50%保障団信
(借入時年齢:50歳以下)
+全疾病保障団信
(借入時年齢:50歳以下)
+月次返済保障団信
(借入時年齢:50歳以下)
一般団信
(借入時年齢:65.5歳未満)
+がん50%保障特約
(借入時年齢:50歳以下)
+全疾病特約
(借入時年齢:51歳以上)
保証料 0円 0円 0円 0円
手数料(税込) 借入額×2.2% 借入額×2.2% 借入額×2.2% 33万円
  公式サイトはこちら(仮申込も可) 公式サイトはこちら(仮申込も可) 公式サイトはこちら(仮申込も可)

住宅ローン控除を最大限活用する方法とは?

 住宅ローンを借りるのであれば、住宅ローン控除(減税)のメリット額をシミュテーションしておこう。年末の住宅ローン残高の0.7%が10年~13年に渡って減税される仕組みで、合計で最大455万円も税金が戻ってくる。

 ただし減税額を最大化するためには、「あえて繰り上げ返済しない」などのテクニックが必要なので、あらかじめ頭に叩き込んでおこう。

続きを見る

◆最短1分で借入の可能性が分かる! 【みずほ銀行の住宅ローン】
特徴

AI事前診断なら、最短1分で借入の可能性が判明申込みから契約まですべてネットで行える。

・ネット専用商品は業界トップクラスの低金利!
・返済が厳しい時は、
一定期間返済額を減額できる「ライフステージ応援プラン」も用意

無料団信

死亡・高度障害

オプション

がん団信(借入時年齢:46歳未満)
金利+0.10%
8大疾病補償(借入時年齢:56歳未満)
月払保険料1,156円から
※40歳、借入額3000万円、借入期間35年、全期間固定金利1.04%、元利均等返済の初回保険料

手数料 借入額×2.20%+33,000円(保証料を前払いしない方式の場合)
>>みずほ銀行の詳細記事はこちら
公式サイトはこちら(仮申込も可)

最新記事はこちら

住宅ローン返済額シミュレーション(新規借入) 住宅ローン返済額シミュレーション(借り換え)
住宅ローン金利の推移 借入可能額シミュレーション
132銀行を比較◆住宅ローン実質金利ランキング[新規借入]
132銀行を比較◆住宅ローン実質金利ランキング[借り換え]
【金利動向】おすすめ記事 【基礎】から知りたい人の記事
【今月の金利】
【来月の金利】
【2022年の金利動向】
【変動金利】上昇時期は?
【変動金利】何%上昇する?
【基礎の8カ条】
【審査】の基礎
【借り換え】の基礎
【フラット35】の基礎
【住宅ローン控除】の基礎
おすすめ記事はこちら 
【金利】132銀行の住宅ローン金利推移をプロが比較(毎月更新)
【金利】変動金利が上がる時期を予測!
【読み物】年収700万円台世帯は破綻必至!?
【借り換え】多くの人は「高い変動金利」で損している! 
【借り換え】メリット額が分かる返済額シミュレーション
【諸費用】手数料・引越し代も借りられる銀行は?(17銀行比較)
【審査】「審査基準」を17銀行で比較(年収、勤続年数)

住宅ローンおすすめ比較

【auじぶん銀行の住宅ローン】
がんと診断されるとローン残高が半分!
トップクラスの低金利も魅力⇒
関連記事はこちら

「8疾病+ケガ・病気」まで無料保障する
住信SBIネット銀行⇒関連記事はこちら

住信SBIネット銀行 ネット銀行住宅ローンはこちら!

 

auじぶん銀行の住宅ローン フラット35なら「アルヒ」 住信SBIネット銀行
三菱UFJ銀行の住宅ローンはこちら!
アルヒの住宅ローンはこちら!
三井住友銀行の住宅ローン
がん50%保障も無料付帯で、お得!⇒関連記事はコチラ フラット35の手数料・金利が安い関連記事はコチラ 8疾病+ケガ・病気を無料保障関連記記事はこちら

 

 132銀行の住宅ローンを比較

>>返済額シミュレーションで、全銀行の金利を一気に比較・調査

※サイト内の金利はすべて年率で表示 

住宅ローンを利用するおすすめの方法 質問 FAQ

Qどの銀行の住宅ローンが安い?
A

実は銀行によって、得意な「金利タイプ(変動金利、10年固定、全期間固定など)」が違う。なので、借りたい金利タイプを決めてから、本当に安い住宅ローンを探すべき。

Q住宅ローン選びで重要なのは「金利」?
A

確かに、金利(表面金利)の低さは重要だが、それだけで比較すると、損してしまう可能性がある。住宅ローンを借りる際は「諸費用」がかかる。また10年固定金利などは、固定期間終了後の金利も考慮しないと、本当にお得な住宅ローンは見つけられない。手数料等込みの「実質金利」や「総支払額」で比較しよう。
詳しくはこちら

おすすめ住宅ローン・132銀行比較の記事一覧