8月22日のDzサロンセミナーは家賃年収8000万円の大家さんが登場!

東京・世田谷に自宅併用アパートを新築。月々8万円の返済だけで自宅+賃貸1室をゲット!(中村義仁さん)

【第3回】2012年4月26日公開(2012年4月26日更新)
ザイ編集部
ザイ編集部
»バックナンバー一覧
バックナンバー

都心の人気住宅地の駅から近い場所に、戸建てのマイホームを建てる! そんな大きな夢を、自宅と賃貸併用の住宅で叶えたのが、中村義仁さんだ。その手法とは?

投資経験を積んで都心の人気エリアを狙う

中村義仁さん 東京都八王子市出身の現役サラリーマン。サラリーマン大家さんだった父の背中を見て育ち、自身も不動産投資をスタート。競売でマンションを落札して3年後に売却。中古アパートを購入し2年間運用した。いずれも着実に利益を出した。東京・世田谷の人気エリアにアパートを建てたうえに、マイホームを賃貸住宅併用という離れ業で実現した。http://ameblo.jp/kasegerujitaku/

 中村さんが指さす物件は、東急田園都市線駒沢大学駅から徒歩5分という好立地のマイホームだ。

 住環境に定評ある垂涎の地に、普通のサラリーマンがマイホームを建てた。しかも、住宅ローンの返済の半分以上は家賃でまかなえる! こんなウマイ話を実現できたのは、緻密な計画と地道な取組みの成果だ。

 とはいえ、道は険しかった。

 マンションの1室を競売で落札して大家となったが、地方中古アパートは苦労の連続。

 だが、転んでもタダでは起きず、都心に狙いを定めて不動産投資戦略を変更した。これがマイホームへの第一歩となった。

半分強を自宅にして住宅ローンを利用

 人気住宅地の世田谷で、しかも駅から徒歩圏となれば、もちろん地価は高い。「でも、割安な土地が存在するんです」と中村さんは明かす。目を付けたのは“ワケあり地”だ。

 「クルマの通れる公道に面した部分が狭い旗竿地や傾斜地、行き止まりの土地(どんつき)、イレギュラーな形状の土地などは、坪単価がかなり低くなります。そんな土地でも、家は建つんだから利用の仕方次第です」と、割り切った考え方を教えてくれた。

 確かに、駒沢の物件も前面の私道は坂道で、行き止まりになっている。段差もあって、もちろんクルマは通れない。でも、大通りからはたったの20歩。言われてみなければ、不便さなど感じない。

次のページ

住宅ローンを使える賃貸物件とは?

8月22日のDzサロンセミナーは家賃年収8000万円の大家さんが登場!

2代続けて銀行員で元メガバンク大家さん、東京大家の会代表の岡元公夫さんが登場。元銀行員で現在、専業大家の立場からコロナ禍での不動産賃貸業の今後、銀行融資の変化、銀行に融資したいと思わせる決算書の作り方について伝授してもらいます。
※本セミナーはオンラインでの開催です。



【コロナ禍で銀行融資はどう変わったか?融資の仕組みを知って借りやすい大家になろう!!】

開催日時:2020年8月22日(土)14:00
講師:二代目元メガバンク銀行員 岡元公夫さん ※オンライン配信URLはDzサロン会員の方のみに後日共有します。
※無料での参加はセミナー当日までにサロン会員の方が対象となります。

Dzサロンの会員登録はこちら

 

手数料発生は、借り換え成功時だけ!
安心して借り換え先を探せる
オークション形式の独自販売方法で
早期、高値での売却を目指す
TOP