ヤフオクで2億円稼ぎ、競売で不動産投資を行う若き不動産投資家(竹内かなとさん)

【第5回】2012年5月11日公開(2012年5月13日更新)
ザイ編集部

 「最初がこんな感じでしたから、味をしめてポンポン落札していったんです。最初の物件から〝競合しなければ最低価格で買える〟ということを学んだので、あえて敬遠されがちな難物件や、参加者の少なそうな郊外の裁判所扱いの物件を選ぶようにしました」

 難物件とは、例えばいわゆるゴミ屋敷。当然ながら売却基準価額(最低落札価格)は破格の安さだが、誰も欲しくないので競合しない。しかし、クリーニングをして、それ以上の利益を生むのなら、それは「割安物件」だ。

 「資料に書かれてある事以上に〝難〟がある場合もありますが、自己責任のもと、入札してます。10軒目の物件も競合なしで落札したんですよ」

次のページ

竹内式の競売物件落札マニュアルを紹介!

  • RSS最新記事

手数料発生は、借り換え成功時だけ!
安心して借り換え先を探せる

モゲチェック

不動産投資の「借入可能額」が
6つの質問に答えると分かる!

renosy
TOP