自分で修繕!DIYリフォームにかかる費用と確認すべきポイント

自分で修繕!DIYリフォームにかかる費用と確認すべきポイント
2022年10月10日公開(2022年11月16日更新)
ダイヤモンド不動産研究所

DIYリフォームを検討しているなら、まずは「費用」や「DIYリフォーム可能な場所」について確認することが大切だ。また、DIYリフォームで注意したいポイントや、業者に任せるべき場所について解説する。

DIYリフォームのメリット・デメリット

 趣味の一つとして人気の高い「DIY」。家具作りや修繕などからさらに進んで、自分でリフォームやリノベーションを行うことにも注目が集まっている。ここでは、実際にDIYリフォームを行う前に知っておきたい、メリットとデメリットを紹介する。

DIYリフォームのメリット

・費用を抑えられる

 リフォームを業者に依頼すると、材料費のほかに人件費や設計費などがかかる。DIYリフォームなら材料費や必要な工具の費用のみで済むため、業者に依頼するよりもコストを抑えてリフォームすることができる。

・デザイン性や作業時間の自由度が高い

 リフォームを業者に依頼した場合、自分の思い描くイメージを正確に伝えられず、仕上がりが思っていたのと違うということも起こりうる。DIYリフォームなら、自分の描くイメージを自らの手で反映することができる。

 工期にも縛られず、朝から晩まで集中して作業することも、空いている時間に少しずつ進めることも可能だ。

・知識や技術が身に付く

 実際にDIYリフォームを行う中で、工具や材料に関する知識・技術を身に付けることができる。

 その後新たにリフォームしたい箇所が出てきた際に、自分でリフォームを行ったり、業者に依頼する場合でも得た知識や技術を役立てたりすることができるだろう。

DIYリフォームのデメリット

 DIYは手軽に始められる反面、デメリットもある。

・時間と労力がかかる

 DIYリフォームは自分のペースで進めることができるが、思ったよりも長く時間がかかったり、重いものを運んだり無理な姿勢が続いたりするなど、労力がかかる場合も多い。

 自分がDIYにかけられる時間と体力を考慮してプランを練ることが必要だ。

・仕上がりのクオリティーが落ちる

 DIYリフォームは人を介さずに自分のイメージを形にすることができるが、仕上がりの美しさはプロにはかなわない場合も多い。DIY初心者の場合は特に、目立たない場所や小さな箇所から手がけるようにしたい。

・家にトラブルが起こる可能性がある

 難易度が高い作業や、家の構造に影響するリフォームをDIYで行う場合、住まいに不具合が起こる可能性がある。

 それらを直すために業者に依頼することになれば、時間も費用も余計にかかってしまう。リフォーム検討段階で難しいと感じたら無理はせず、プロに任せるようにしたい。

DIYリフォームにかかる費用

 DIYリフォームは、材料と工具の費用のみで行うことができるのが魅力の一つだ。ここでは、DIYリフォームにかかる材料費の目安を紹介する。

リフォーム内容 費用(目安)
壁・天井クロスの貼り替え(6畳) 5000円〜2万円程度
壁・天井の塗装(6畳) 4万円程度
壁・床用シート 2000円〜/枚
フローリング張り替え(6畳) 10万円程度
クッションフロア張り替え(6畳) 1万円〜
壁面収納 3000円〜5万円程度
つり戸棚 8000円〜1.5万円程度

DIYリフォームできる箇所

 ここでは、初心者にも比較的挑戦しやすい、DIYリフォームにおすすめの箇所を紹介する。

壁・天井

壁紙を替えるだけで部屋の雰囲気が大きく変わる(出典:PIXTA)
壁紙を替えるだけで部屋の雰囲気が大きく変わる(出典:PIXTA)

 面積の大きい壁や天井は住まいの雰囲気に大きく影響するため、リフォームしがいのある場所といえるだろう。

 壁紙を貼り替えるほか、人気の漆喰(しっくい)や珪藻土(けいそうど)を使って壁を塗り替えることもDIYで可能だ。キッチンなど、一部にタイルやタイルシートを貼るだけでも手軽にイメージチェンジができる。

 床も面積が広く、リフォームすることで住まいの印象を大きく変えることができる。既存の床の上に床材シートやフローリングを敷く、フローリングにオイル塗装するなどは、比較的挑戦しやすいだろう。

 畳やフローリングの張り替え、畳からフローリングに変更およびその逆は、下地からの施工が必要なため業者への依頼をおすすめする。

室内のドア

玄関ドアの交換はプロに任せるのが無難(出典:PIXTA)
玄関ドアの交換はプロに任せるのが無難(出典:PIXTA)

 ドアの塗り替えやドアノブの交換は、比較的簡単に行えるDIYリフォームだ。

 ドアの交換も可能だが、サイズや取り付け方法などを慎重に確認して行うようにしよう。玄関ドアは防犯機能にも関わるので、リフォームしたい場合は業者に依頼した方がよい。

 防犯や防災、断熱のためのフィルムを貼る、網戸の張り替えなどがDIYで可能だ。

押し入れ・収納棚

 押し入れの中棚を外し、クローゼットや作業スペースにリフォームするのも初心者におすすめのDIYリフォームだ。

 中棚は、道具がそろえば比較的簡単に外すことができる。収納棚の作成も可能だ。初心者の場合は、洗面所やトイレなど、小さなスペースから挑戦してみるとよいだろう。

浴室

 シートやタイルを壁面や床に張ることで、簡単にイメージチェンジができる。シートやタイル用の接着剤などは、浴室に使えるかどうかよく確認して選ぶようにしたい。

トイレ

 トイレはスペースが狭いため、時間や労力をそれほどかけなくても大きく印象を変えることができる。壁や床に好みのシートやタイルを貼る、収納棚を作るといったことが挑戦しやすいだろう。

DIYが難しく業者への依頼が必要な箇所

 DIYリフォームのできる箇所は多くあるが、専門業者に依頼が必要な箇所もある。以下のようなリフォームを行いたい場合は、業者に相談しよう。

水道・電気・ガス系統

 水道・電気・ガス系統の工事にはそれぞれ専門の資格が必要で、無資格者が工事を行うことは禁じられている。トイレの移動やコンセント増設、キッチンの入れ替えなどは専門業者に任せよう。

間取り変更など家の構造にかかわるもの

 大幅な間取り変更などの場合には壁や柱を撤去する必要があるが、戸建ての場合は壁や柱それぞれに家の構造を支える役目があることが多い。

 それを知らずに撤去してしまうと、家の耐震性や強度に大きな問題が発生するおそれがある。間取り変更など家の構造にかかわるリフォームを行いたい場合は、必ず業者に相談しよう。

初めてでも取り組めるDIYリフォームの例

 ここでは、初心者にも気軽に取り組みやすいDIYリフォームの例を紹介する。

壁紙を張り替える

 現在では裏面がシールになっている壁紙も多く出回っており、初心者でも簡単にチャレンジできる。

床をフローリングにする

フローリングシートはホームセンターなどで購入できる(出典:PIXTA)
フローリングシートはホームセンターなどで購入できる(出典:PIXTA)

 家具をすべてどかす必要がある点は少々大変だが、既存の床の上にフローリングを張るのはそれほど難しい作業ではなく、初心者でも気軽に取り組める。はめ込むだけのフロアタイルなら、なお手軽だ。

押し入れをクローゼットにする

 押し入れの中棚は、道具さえそろっていれば簡単に外すことが可能だ。外したあとにポールを取り付ければクローゼットとして活用できる。

壁面収納・つり戸棚の取り付け

 棚板と金具、そして工具があれば、壁面に収納棚を取り付けることが可能だ。また、洗面所やトイレに設置するつり戸棚は既製品が多く出回っているので、好みの商品を選んで取り付ければ、手軽に便利な収納スペースを設けることができる。

DIYリフォームで注意するポイント

 DIYリフォームで失敗しないためには、事前の準備が重要だ。DIYリフォームで注意すべき点を紹介する。

工程を理解しておく

 DIYリフォームの場所と内容が決まったら、書籍やWeb、動画などで工程や作業内容を事前にしっかりと理解しておこう。注意点やきれいに行うコツなども頭に入れておけば、作業をスムーズに進めやすい。

必要な材料・道具をそろえておく

 作業を始める前に、必要な材料や道具はすべてそろえておこう。途中で「あれがない、これが足りない」となってしまうと、余分に時間もかかり、想定通りに仕上がらなくなるおそれもある。DIYリフォームに必要となる大抵のものは、ホームセンターやWebショップで入手可能だ。

養生を丁寧に行う

 養生とは、作業する以外の場所を傷つけたり汚したりしないように保護すること。DIYリフォームの作業そのものに目が行きがちだが、せっかく住まいをより良くしようとしているのに、傷や汚れが増えてしまったら本末転倒だ。マスキングテープやマスカー(養生シート)を使い、丁寧に養生を行うようにしよう

住まいを守るためにも、難易度の高い箇所のリフォームは業者に任せよう!

 手軽にDIYリフォームができる場所は多くある。自分が描くイメージを形にしていく作業は楽しく、自分でリフォームした住まいには愛着も湧くだろう。

 しかし、安くできるからという理由だけでDIYリフォームを行おうとすると、思い通りに仕上がらなかったり、途中で挫折してしまったり、さらには住まいに不具合を起こしてしまったりなどで、結局は時間も費用も最初からプロに頼むより多くかかってしまったということにもなりかねない。

 「仕上がりにこだわりたい」「間取りや設備を大きく変更したい」という場合や、そもそも自分の知識や技術に不安がある場合は、リフォームの専門業者に任せる方がよい。業者それぞれの得意分野や施工事例なども業者のWebサイトや比較サイトなどで調べられるので、自分に合った業者を見つけて相談することから始めてみてはいかがだろうか。

  • RSS最新記事
一括見積もりサイト名 リショップナビロゴ ホームプロロゴ SUUMOリフォームロゴ タウンライフリフォームロゴ ハピすむロゴ リノコ ハウジングバザールロゴ リフォーム評価ナビロゴ リフォーム比較プロロゴ
おすすめポイント 入力項目が少なく、担当窓口と直接電話で相談できる。ネットでのやりとりが苦手な人におすすめ。 現地調査の前段階までマイページ内で匿名でのやり取りが可能。なるべく電話でのやり取りを減らしたい人におすすめ。 プロのアドバイザーによるリフォーム相談が何度でも無料。紹介された業者への断りも代行する。リフォーム初心者や、きめ細かいサービスが受けたい方におすすめ。 間取り図を添付すると、リフォーム提案書や企画書、見積書まで作成してくれる。一歩踏み込んだ提案が欲しい人向け。 東証プライム上場企業が運営。入力項目が少なく、見積もり依頼後すぐに担当から電話がかかってくる。まずは相談したいという人におすすめ。 登録業者の中から近隣の1社を紹介。定額制リフォームなので、全国どこでも料金は同じだ。 中堅規模の工務店が多く登録。詳細な情報を入力すると、リフォーム提案書なども受け取り可能。 財団法人が運営するリフォーム会社検索紹介サイト。クチコミや評価を参考にして業者を決めたいという人向け。 地域の工務店が多く登録。近隣のリフォーム業者を選びたい人に向いている。
提携業者数 約1500社 約1200社 約800社 約460社 約1000社 約300社 約300社 約980社 約500社
紹介会社数 最大5社 最大8社 3〜4社 3〜8社 最大3社 1社 2社〜 最大5社 3〜4社
電話連絡 あり なし あり あり あり あり あり なし あり
独自保証制度 リショップナビ安心保証(無料) 工事完成保証(無料) 完成あんしん保証(無料) なし なし 1年工事保証(無料)5年機器延長保証(有料)10年機器延長保証(有料) なし なし なし
対応業者一覧から口コミを確認 × × × × ×
相談窓口 あり なし あり あり あり あり あり なし あり
掲載事例件数 約9000件 約9万件 掲載多数 なし なし 約5000件 なし 掲載多数 なし
 

無料で見積もり(公式サイト)

無料で見積もり(公式サイト) 無料で相談する(公式サイト) 無料で見積もり(公式サイト) 無料で見積もり(公式サイト) 無料で見積もり(公式サイト) 無料で見積もり(公式サイト)

おすすめ記事はこちら 

【業者選び】おすすめ「リフォーム一括見積もりサイト」を徹底比較!

【業者選び】信頼できる業者を見抜く7つのポイント!

【税金】2022年度版 リフォームに使える減税制度・補助金を解説

【住宅ローン】リフォーム費用も低金利で借りられる銀行はどこ?

【住宅ローン】大規模リフォームするなら「住宅ローン借り換え」とセットがお得!

リショップナビ(リフォーム一括見積もりサイト)
登録業者数 約1500社
資料請求 無料
運営会社 株式会社じげん(資本金25億5200万円)
住所 東京都港区
紹介会社数 最大5社
【おすすめポイント】
・入力項目が少なく、操作が簡単
・電話、WEBサイトどちらでも見積もり依頼が可能
・リショップナビ担当者と直接詳細を相談できる
・契約したリフォーム会社が倒産した場合に備える、独自の保証が付いている
一括見積もりはこちら(無料) >>
ホームプロ(リフォーム一括見積もりサイト)
登録業者数 約1200社
資料請求 無料
運営会社 株式会社ホームプロ(リクルートの100%子会社・資本金3億円)
住所 東京都港区
紹介会社数 最大8社
【おすすめポイント】
・商談の段階まで匿名でのやり取りが可能
・独自の工事完成保証制度がある
(着工前:支払い済みの手付金を返還、完成前:代替会社による工事の完成)
・リフォーム会社ごとの評価やクチコミを確認できる
一括見積もりはこちら(無料) >>
SUUMOリフォーム(リフォーム会社紹介サイト)
SUUMOリフォーム
登録業者数 約800社

資料請求

無料(相談料も無料)
運営会社 株式会社リクルート(東証プライム上場・資本金3億5000万円)
住所 東京都千代田区
紹介会社数 3〜4社

【おすすめポイント】
・SUUMOリフォーム担当者が中立的な立場から要望に合ったリフォーム会社を紹介
・予算の立て方、おすすめのリフォームプランも相談できる
・リフォーム会社への断りはSUUMO担当者が代行
・契約したリフォーム会社が倒産した場合に備える、独自の保証(完成あんしん保証)が付いている

会社紹介を申し込む(無料) >>
タウンライフリフォーム(リフォーム一括見積もりサイト)
登録業者数 460社以上
資料請求 無料
運営会社 タウンライフ株式会社(資本金2000万円)
住所 東京都新宿区
紹介会社数 3社〜8社程度

【おすすめポイント】
間取り図や詳細な情報を送付すると、最適なリフォーム計画書を提示してくれる
・電話、WEBサイトどちらからでも連絡可能
・専門アドバイザーへのリフォーム相談が可能

一括見積もりはこちら(無料) >>
 ハピすむ(リフォーム一括見積もりサイト)
ハピすむ
登録業者数 1000社以上
資料請求 無料
運営会社 株式会社エス・エム・エス(東証プライム上場・資本金23億1022万円)
住所 東京都港区
紹介会社数 最大3社
【おすすめポイント】
・運営元が東証プライム上場企業なので信頼感がある
・累計見積もり依頼件数20万件の実績
・登録業者は大手から中小まで幅広い
一括見積もりはこちら(無料) >>
 ハウジングバザール(リフォーム一括見積もりサイト)
ハウジングバザール
登録業者数 約300社
資料請求 無料
運営会社 G/REX JapaN株式会社(資本金100万円)
住所 千葉県市原市
紹介会社数 2社〜

【おすすめポイント】
・登録業者は公的証明書を取得している会社のみ

・一部の登録業者については、サイト内動画で会社の様子を確認できる
・相談窓口は建築業界経験者なので、専門的な質問にも対応可能
・詳細を入力すれば、見積書や提案書まで受け取れる

一括見積もりはこちら(無料) >>
 リフォーム比較プロ(リフォーム一括見積もりサイト)
リフォーム比較プロ
登録業者数 500社以上
資料請求 無料
運営会社 株式会社サフタ(資本金990万円)
住所 東京都品川区
紹介会社数 3〜4社
【おすすめポイント】
・加盟企業は地域工務店が多く、地域密着型の会社を探しやすい
・電話、WEBサイトどちらでも見積もり依頼が可能
・ユーザーからの評判が悪い業者は登録が削除されるので、評判のいい業者だけが残っている
一括見積もりはこちら(無料) >>
↓中古物件の購入・大規模リノベーションならこちら!↓
 リノベ不動産(不動産仲介+リノベーション会社)
リノベ不動産
対応サービス 中古物件の紹介、中古物件の大規模リノベーションなど
設立 2013年
運営会社 株式会社 WAKUWAKU

【おすすめポイント】
・中古物件探しから、設計・施工、住宅ローン選びまで一社で完結!
・それぞれの工程で、専門スタッフからサポートが受けられる
・全国200拠点(北海道から沖縄まで)で展開

資料請求はこちら(無料) >>

おすすめ記事はこちら 

【業者選び】おすすめ「リフォーム一括見積もりサイト」8社を徹底比較!

【業者選び】信頼できる業者を見抜く7つのポイント!

【税金】2022年度版 リフォームに使える減税制度・補助金を解説

【住宅ローン】リフォーム費用も低金利で借りられる銀行はどこ?

【住宅ローン】大規模リフォームするなら「住宅ローン借り換え」とセットがお得!

 
TOP