じぶん銀行住宅ローンの公式サイト
TIMレッド吉田の目指せ!不動産投資キング!
2013年8月9日公開(2017年1月30日更新)
TIMレッド吉田
TIMレッド吉田
»バックナンバー一覧
バックナンバー

利回り20%を実現するカリスマ大家が
不動産投資を始めた理由
レッド吉田 VS 石原博光(1)

新米大家のレッド吉田さんが、百戦錬磨の先輩投資家から、賃貸経営の極意を学ぶ本連載。今回のゲストは、平均利回り20%という高利回り中古アパートへの投資を軸に、約3800万円の家賃収入を得る石原博光さんです。起業家、そして著述家としても活躍する石原さんに、叶えられない夢はない?! 石原さんの次の夢やお金を稼ぐためのゲン担ぎまで、幅広いお話をうかがいました。

リッチな同級生と自分との違いにショックを受けた子供時代

レッド吉田さん(以下、レッド) 石原さんは、20代の頃から会社を経営しているんですね。おまけに、不動産投資の本を3冊も出版されているなんて、すごいですね~。今はどのくらい物件を持っているんですか?

左:恵比寿のIさんこと石原博光さん。著書『まずはアパート1棟を買いなさい!』がベストセラーになるなど、高利回りアパート投資の第一人者。 右:TIM レッド吉田さん。芸人として第一線で活躍する一方で、安定した収益源としてアパート経営を始め、現在満室経営中。

石原博光さん(以下、石原) 2002年から不動産投資をはじめて7棟72室まで増やしましたが、去年資産の入れ替えを行い、今は5棟56室に落ち着いています。満室時の年間家賃収入は3800万円くらい。北関東の中古アパートがメインで、購入時の平均利回りは20%を超えています。

レッド え~。会社も持っていて、家賃収入もそんなにあるって、最強じゃないですか。きっと昔から、カッコいい少年だったんでしょうね。

石原 いえいえ、生まれは新宿ですが千葉県の野田市に育ち、すごく地味な暮らしをしていたんです。父親が公務員で贅沢をさせてもらえず、ホテル王の息子とか、リッチな同級生と我が家の暮らしの違いに、ショックを受ける子供時代でした。当然お小遣いなんてありませんでしたよ。そのときの悔しさが原因で、「将来は社長になってお金持ちになるぞ」と決心したんです。

レッド 野田というと、あのしょう油で有名な町ですね(笑)。それにしても石原さんは、お金持ちの道に目覚めるのが早かったんですね。大家さんになる前は、どんなお仕事をされていたんですか?

石原 大学はアメリカに留学して、帰国後に小さな商社に就職しました。その頃は自分が大家になれるなんて思わなかったので、起業を目標に、死に物狂いで働きましたね。結局、1年10カ月で退社して、自分の会社を立ち上げました。

「失敗しても死ぬわけじゃない」と覚悟を決めて起業

レッド すごいバイタリティですね。お金持ちになりたいと思っている人はたくさんいますが、実際に行動できる人って少数だと思うんですよ。決意が固かったんですね。

石原 最初、会社の人に退職のことを話したら「会社は5年はいるものだよ」と言われたんです。でも、そのあとに相談した母から、「失敗しても死ぬわけじゃないから、やってみたら」と言われて、腹が決まりました。

レッド 僕もお母さんの意見に賛成! 少し違うのは、僕はもし死んでも、それが運命だと思っているんです。自分に非がなくても、亡くなってしまう方っていますよね。それなら、一度きりの人生を楽しんで、やりたいことにチャレンジした方がいいなあって思っています。ところで、起業した会社はどんな業種ですか? 不動産?

石原さんのチャレンジ精神旺盛な生き方に興味津々にレッドさん

石原 それが違うんです。僕はへそまがりなところがあって、10人がコレいいよ、といったらやりたくないタイプ(笑)。それで、あえてニッチな分野を攻めていこうと、商社時代から注目していたアメリカ製の化粧品の利権を抑えて、日本で販売するという仕事を始めました。

レッド 利権を抑えるって、儲かりそうですね~(笑)。でも、起業するにはお金が必要ですよね。そのお金はどうやって貯めたんですか?

石原 最初はお金がなくて、6畳一間の自室で、友達から10万円で譲ってもらったマック1台を元手にスタートしたんです。有限会社を作る300万円も用意できず、個人事業主から始めたくらい貧乏でした。ただ、取引先の社長の協力もあって、月の売上げは1カ月目の8万円から、半年後は6000万円、1年後は1億円と順調に増えていきました。

飲み代を我慢して現金で恵比寿にビルを新築

レッド やるな~、石原さん。1億円といったら立派な会社ですよね。社員さんも、一杯いるんでしょうね。

石原 いいえ、社員は僕一人です。人を雇ったこともあるんですが、僕には人の能力を引き出す力がないみたいで、自分でやった方が早いと思ってしまって。経理や物流等のアウトソーシングできるところはすべて外注して、判断の部分だけを自分でやるスタイルでした。

レッド 1億円の売上で社員一人って、カッコいいなあ。それだけの仕組みを作ったっていうことですよね。それにしても、それだけ急にお金が入ると、かなり豪快な使い方もしたんじゃないですか?

石原 いや~、一時期は1カ月に300万円も飲み代に消えるような生活を送っていました。20代後半でイケイケだったこともあり、「お金を自分の体に通すのはいいことだ」なんて言って、夜の街に繰り出す日々でした(笑)

レッド あ~、やっちゃいましたね(笑)そのお金があれば、もう1棟買えたのに~。

石原 ハハハ。本当にそうですね。でも、あるとき、そんな生活を虚しく感じるようになって、お金を形にして残したいと思うようになったんです。それで、恵比寿に小さいながらも3階建の自宅併用の自社ビルを建てました。ここは飲み代を我慢して、現金で買いました。


レッド 恵比寿のビルを現金買いって、すごいですね~。それが石原さんにとっての初めての不動産なんですね。どんなビルなんですか? 詳しく教えてください。

石原 ビルと呼べる規模でもなくてお恥ずかしいのですが…1階が事務所で、2階と3階が住居仕様になっています。もし商売が傾いたら、自宅部分を貸しだして生活費にあてようと思い、わざわざ外階段をつけて、それぞれ入口も分けました。当時は不動産投資という意識はありませんでしたが、けっこうちゃんと考えていたんだなーと思います(笑)

本業以外に安定した収入を求めていた自分に
不動産投資はぴったりだった

レッド なるほど。頭いいですね~。不動産投資の勉強をちゃんと始めたのは、そのあとなんですか?

石原 たまたま入った本屋で、1999年に出版された「サラリーマンの私が3年で2億円。驚異のアパート投資法」という本を見たのがきっかけです。借金をして中古アパートを買い、資産を増やしていく方法が載っていて、「こんな投資法があるんだ」と興奮しました。当時は不動産投資の本が今のようになかったので、貴重な情報でした。もう、何度も読みましたね。

先輩の「会社は5年はいるものだ」というアドバイスをものともせず、起業でも成功した石原さんの言葉は重みがある

レッド でも、ビルが建つほど商売がうまくいっているなら、大家よりもビジネスの方がもうかるんじゃないですか? どうして、大家を目指したんでしょう?

石原 実は、その頃からインターネットが普及し始めて、商品の寿命が一気に短くなったんです。昔はいいものは10年以上売れ続けたので、ある程度、売上の見込みが立ったんですが、ネット時代に入ってからは、先が読めなくなりました。それが大きな要因ですね。

レッド なるほど。どんなに貯金があっても、自営業だと安定的な収入がないから、不安があるんですよね。すごくよくわかります。僕も同じ気持ちで、不動産投資を始めましたから。それにしても、1999年って『金持ち父さん 貧乏父さん』が出る前ですよね。そんな頃から勉強していたなんて、やっぱりデキる人って行動が早いな~。

石原 危機感があったので、情報に対しても貪欲だったんです。本業以外の安定した収入が欲しいという気持ちに、不動産投資がピタッとはまったんですよね。

⇒第2回につづく

(取材・文/加藤浩子 撮影/和田佳久)
 

【12月15日】第1回Dzサロン会員限定セミナー開催

11月1日に正式オープンしたザイ投資戦略メルマガ 不動産投資サロン Dzサロン。第1回のサロン会員限定セミナーを12月15日に開催。
屋根のない戸建をそのまま貸すなど、前代未聞のクレイジー手法などで話題のポール氏と、高卒製造業という低属性で27歳から不動産投資に目覚め、家賃年収2000万円を突破したふんどし王子が記念すべき第一回目の講師として登場!

開催日時:2019年12月15日(日)14:00~
場所:東京(会場は後日ご連絡します)
参加費:無料(※)
※ザイ投資戦略メルマガ不動産投資サロン(D'zサロン)のメンバーが参加できます。
懇親会には講師2人も参加。
サロン会員は当日のセミナーの様子をライブ放送で視聴可能です。
また会場では書籍、グッズの販売も予定しています。
セミナーの詳細・申込みはこちら!


・『手取り17万円の勤め人が「僕ちゃん天才」と言い始めたら年2400万円稼げた超成功法則』(ダイヤモンド社・2019年9月発行)

◆新築マンション人気ランキング
住宅ローン返済額シミュレーション 住宅ローン最新金利をチェック!主要18銀行からお得な商品を紹介
TOP