じぶん銀行住宅ローンの公式サイト

介護・バリアフリーリフォーム費用相場と目安の工期は? 注意すべきポイントやリフォーム業者の選び方も解説!

介護・バリアフリーリフォーム費用相場と目安の工期は? 注意すべきポイントやリフォーム業者の選び方も解説!
2022年8月18日公開(2022年9月28日更新)
ダイヤモンド不動産研究所
監修者: 高橋みちる アールイーデザイン一級建築士事務所 代表

介護が必要になった家族のためや、老後に備えるために、自宅をバリアフリー化するリフォームを検討しているなら、まずは「費用相場」や「一般的な工期」について確認することが大切だ。また、介護・バリアフリーリフォームで注意すべきポイントや、失敗しない業者の選び方について解説する。

介護・バリアフリーリフォームの費用相場と工事期間

  まずは、介護のためのバリアフリーリフォームにかかる費用の相場と、工期について確認しよう。

室内のバリアフリーリフォーム 費用の目安、工期

 室内においては、「手すりの取り付け」「ドアを引き戸に変更」「和室を洋室に変更」などが主なバリアフリーリフォームになる。

 それぞれの費用相場や、一般的な工期について確認していこう。

室内手すりの取り付け

リフォーム内容 費用(目安) 工期(目安)
I型手すり

1万円~/本

0.5~1日

L型手すり 1.7万円~/本

下地の補強(必要な場合)

+7700円~/㎡

階段手すり取り付け

リフォーム内容 費用(目安) 工期(目安)
木製手すり取り付け

7万円~/本

0.5日~1日

下地の補強(必要な場合)

+7700円~/㎡
手すり バリアフリー
左がL型手すり、右の2つがI型手すり(資料:株式会社内外WEBカタログ)

 

室内ドアを引き戸に変更

リフォーム内容 費用(目安) 工期(目安)
アウトセット引き戸

8.5万円~/個所

0.5~1日

折戸 10万円~/個所

上吊り戸

15万円~/個所

 

アウトセット引き戸
アウトセット引き戸とは、壁面の外にレールを取り付けるもの。扉を格納するスペースが不要で取り付けやすい。(資料;住友林業クレストWEBサイトから編集部作成)
アウトセット引き戸 リフォーム
※上吊引戸は、壁面内の上枠に取り付ける。(資料:LIXIL WEBサイト

和室を洋室に変更(6畳)

リフォーム内容 費用(目安) 工期(目安)
畳を複合フローリングに変更

40万円〜

5〜7日

壁クロス張り(押入れ付き・ビニールクロス) 8万円~

天井調整+クロス張り(ビニールクロス)

8万円~
ふすま撤去+引き違い戸・クローゼット扉設置 35万円〜
押し入れをクローゼットに改装 20万円〜
コルク床材の重ね張り 33万円〜

+1日〜

浴室のバリアフリーリフォーム 目安の費用と工期

 次に、浴室のバリアフリーリフォームにかかる費用を確認していこう。

 浴室では、「滑りにくい素材のユニットバスへの変更」や、「介助スペースを確保するための浴室スペース拡張」「手すりの設置」などが、主な工事となる。

バリアフリー仕様の浴室に変更

リフォーム内容 費用(目安) 工期(目安)

在来浴室(タイル貼り)からシステムバスへの変更

100万円~

5〜7日

システムバスを新調

80万円~

2〜3日

浴室スペースをバリアフリー仕様に拡張

(洗面所スペースの一部を浴室に変更)

130万円~

6~7日

在来浴室の浴槽をまたぎやすい高さに変更

25万円~

2〜3日

浴室への手すり設置(I型手すり)

2万円〜/本

0.5~1日

浴室への手すり設置(L型手すり)

3万円〜/本

トイレのバリアフリーリフォーム 目安の費用と工期

 トイレでは、「和式から洋式への変更」「手すりの設置」が、代表的なバリアフリーリフォームとなる。

和式トイレから洋式トイレに変更

リフォーム内容 費用(目安) 工期(目安)
段差解消+トイレ(温水洗浄便座付き)の設置

33万円~

2〜4日

壁クロス張り(ビニールクロス) 3.5万円~

0.5~1日

木製I型・L型手すり取り付け

2.7万~/本

0.5~1日

洋風便器のかさ上げ
(既存便器の下に木製の台座を設置)
3.5万円〜

1日〜

玄関周りのバリアフリーリフォーム 目安の費用と工期

 玄関周りにもバリアフリーリフォームが可能だ。「段差の解消」「手すりの設置」が主な工事になる。

玄関周り

リフォーム内容 費用(目安) 工期(目安)
上がりかまちに式台を設置(木製)

2.5万円〜

0.5〜1日

外スロープの新設
踊り場2箇所の全長10mのスロープ設
45万円〜

5〜8日

屋外階段への手すり取り付け
(アルミ製樹脂被覆・2本)

6万円〜

1日

 これらのリフォーム工事費用と工期は、目安として知っておいた方がいいだろう。もちろん、各住戸において必要な工事は異なるので、まずは、複数のリフォーム業者で現地調査と見積もりを取るのがおすすめだ。

介護・バリアフリーリフォームの種類とは?

  介護に備える「バリアフリーリフォーム」は、主に以下の3種類に分類される。

①手すりの設置
②段差の解消
③車椅子対応

 順番に説明していこう。

①手すりの設置

バリアフリーリフォーム 手すり
転倒防止のためにも、階段の手すりは重要だ(出典:PIXTA)

 高齢になると足腰の筋力が衰え、バランスを取りにくくなる。とくに段差を乗り越えるときや、姿勢を変えるときに手すりがあると、バランスを崩して転倒する危険を軽減できる。

 具体的には、「階段」「浴室」「トイレ」「玄関周り」を優先して手すりを設置すると良いだろう。

【階段】の手すり

 2000年以降に建築された家には、階段の手すり設置が義務付けられている。それ以前に建てられた住宅で、手すりが未設置の場合は必ず取り付けようあわせてノンスリップタイルを設置すると、さらに安全性が高められる。
【浴室・トイレ】の手すり

 浴室やトイレの手すりは、実際に使う人の動きにあわせ、適切な場所に設置することが重要だ。普段どのような動きをしているのかを実際に見せて、設置する場所を決めるのがいいだろう。
【玄関周り】の手すり

 玄関ポーチや玄関内にある上がりかまちの段差は、家の中に汚れを持ち込まないために設けられている。そのため玄関の段差は解消しないのが一般的だ。そのため、手すりを設置することで、少しでも安全性を高めるのが目的だ。

 なお、不要な手すりはかえって邪魔になることもあるため、取りつける場所については、ケアマネージャーなど介護のプロと相談しながら決めよう。  

②段差の解消

バリアフリーリフォーム 玄関 スロープ 段差
玄関の段差解消には、スロープ設置が有効だ(出典:PIXTA)

 室内の床の段差解消も、バリアフリーリフォームの重要な要素だ。

 足腰が弱ってくると、歩くときに膝が上がりにくくなり、すり足になってしまう。そのためほんのわずかな床の段差でも、つまずいて転倒してしまう可能性があるため、できる限り解消を試みよう。

 具体的には、「和室と洋室の段差」「トイレ」「浴室」「玄関の上がりかまち」の段差を解消すると良い。

【和室と洋室】の間の段差解消

 近年はマンションを中心に、バリアフリーを意識したフラットな和室も増えているが、本来和室は敷居の分だけ高くなっているのが一般的だ。

 

 スロープをつけるのも良いが、基本的には将来車椅子になることを想定し、洋室へとリフォームするのにあわせて、段差を解消しておこう。

【トイレ・浴室】の段差解消

 とくに戸建て住宅では、清掃性を考慮してタイル1枚分程度の段差をつけているのが珍しくない。ユニットバスに変更する、洋風便器をかさ上げするといったバリアフリーリフォームをするのと同時に、段差を解消しておくと良いだろう。

【玄関周り】の段差解消

 玄関の上がりかまちは、国土交通省において「110mm(設置階では18mm)以下」が推奨されていることから、近年はそれほど段差が高い住宅は見られない。
 

 しかし古い戸建て住宅では、上がりかまちの高さが30cm程度ある家も多い。そういった家では、式台を設置して段差を小さくするのがバリアフリー対策として有効だ。


(資料:国土交通省「高齢者が居住する住宅の設計にかかる指針」)

③車椅子対応

バリアフリーリフォーム 車椅子
出入り口は、車椅子が通れる幅を確保しよう(出典:PIXTA)

 車椅子対応にするバリアフリーリフォームには「和室を洋室にする」「入口の間口を広げる引き戸にする」「スロープを設置する」などがある。

 高齢にならなくても、家族の誰かが不慮の事故などにより突然車椅子生活になることも考えられるため、備えておくことが大切だ。

【和室を洋室にする】

 畳が敷かれた和室は、車椅子には適していない。車椅子で和室に乗り上げてしまうと、畳が激しく損傷してしまうためである。
 

 フローリングやクッションンフロアを敷いた洋室にリフォームすれば、床の傷みを気にせず車椅子を使える。また、布団ではなくベッドに変えれば、車椅子からの移動も楽になる。

【入口の間口を広げる】

 

 車椅子の幅は手動で630mm以下、電動で700mm以下とJIS規格にて決められている。これにあわせて、各部屋の入り口を、車椅子が通れる幅に広げよう。国土交通省では、出入り口の基本幅を78cm以上、推奨幅を80cm以上と定めている。
 

 出入り口は、可能な限り幅80cmを確保し、出入りしやすいようにしよう。

(資料:国土交通省「高齢者が居住する住宅の設計にかかる指針」)

【引き戸にする】
 

 バリアフリーリフォームでは、入口の扉をできる限り引き戸にすることも大切だ。引き戸は、開き戸と異なり、「ドアノブを握って回転させる」「身体をひねって出入りする」といった複雑な動作を必要とせず、楽に出入りができる。

 
 また、先述したように、可能な限り「幅80cm」を確保することも大切だ。

【スロープの設置】

 

 車椅子の使用を想定するなら、出入り口にスロープを設置しよう。
 

 スロープの勾配は、車椅子で自走するなら傾斜角度5度以下が望ましいとされており、段差が30cmの場合で3.6mの長さが必要になる。直線での設置が困難な場合は「回りスロープ」を検討しよう。


 また、玄関だけではなく、掃き出し窓から外に出られるようにするといいだろう。災害時には玄関を利用できない可能性があるため、玄関以外に安全な退避路を確保するのも重要だ。

介護・バリアフリーリフォームの工事費用を
予算内に抑えるためのポイント

 バリアフリーリフォームにかかる工事費用を、予算内に抑えるためにできる工夫は4つある。

①安価な設備・部材を選ぶ
②介護保険を活用する
③自治体の補助金制度をチェックする
④長期優良住宅化リフォーム推進事業を活用する

①安価な設備・部材を選ぶ

 バリアフリー化するときに使用する設備や部材は、多くのメーカーがさまざまな種類を提供している。

 たとえばユニットバスであれば、同じサイズであってもメーカーやシリーズ、グレードによって価格は大きく異なる。安価な普及タイプなら40万円前後、高級タイプだと250万円を超える。

 バリアフリーリフォームの費用を抑えたければ、本当に必要な機能は何なのかをよく考えて、条件を満たす設備や部材を選ぶことが大切だ。

②介護保険を活用する

 要支援・要介護認定を受けている家族のためのバリアフリーリフォームであれば、介護保険を活用しよう。

 介護保険が適用されると、支給限度基準額20万円のうち、9割(18万円)を上限として補助を受けられる。

 介護保険の対象となるバリアフリーリフォームの種類は、以下のとおり。

【介護保険の対象となるリフォーム工事】


・手すりの取り付け
・段差の解消
・滑りの防止や移動の円滑化などのための床や通路面の材料の変更
・引き戸などへの扉の取り替え洋式便器などへの便器の取り替え
・その他上に上げた住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

 介護保険によるバリアフリーリフォームへの補助は、「ひとりにつき生涯20万円まで」と決められている。ただし、要介護状態の区分が3段階以上上昇したときや、転居した場合には、再度支給限度基準額が設定される。

③自治体の補助金制度をチェックする

 自治体によっては、バリアフリーリフォームに対して独自で補助金制度を用意しているところもある。

 たとえば東京都文京区では、65歳の要介護・要支援認定を受けた方を対象に、以下のような給付をおこなっている。

【自治体によるバリアフリーリフォームの補助金(文京区)】


・浅い浴槽への取り替え 37.9万円
・洋式トイレへの取り替え 10.6万円
・車椅子対応の流し・洗面台の取り替え 15.6万円


参照:文京区「高齢者住宅設備等改造事業(設備改造)

 住んでいる自治体で同様の支援がないか、まずは確認してみよう。

 なお、一般社団法人住宅リフォーム推進協議会では、「地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト」を提供している。各自治体のリフォームに対する補助金情報を検索できるので、利用してみよう。

④長期優良住宅化リフォーム推進事業を活用する

 バリアフリーリフォームは、国土交通省が提供している長期優良住宅化リフォーム推進事業も活用できる。

 長期優良住宅化リフォーム推進事業は、既存住宅の長寿命化や省エネ化など、性能を向上させる一定の条件を満たしたリフォームに対して、最大250万円の補助金を給付するものだ。

【長期優良住宅化リフォーム推進事業】
 

補助率:3分の1

補助限度額:
①長期優良住宅(増改築)認定を取得しないものの、一定の性能向上が認められる場合 100万円/戸(150万円/戸)
②長期優良住宅(増改築)認定を取得した場合 200万円/戸(250万円/戸) 

※( )内は、三世代同居対応改修工事を実施する場合、若者・子育て世帯または既存住宅の購入者が改修工事を実施する場合、一次エネルギー消費量を基準比▲20%(再エネを除く)とする場合

参照:令和4年度 長期優良住宅化リフォーム推進事業

 補助金を受けるには、リフォーム工事前にインスペクション(建築士など住宅の専門家による住宅診断)を受ける必要がある点には注意しよう。

 また、申請するには「事業者登録したリフォーム業者がおこなう」「リフォーム後に耐震性などの性能基準を満たす」といった一定の条件がある。

 住宅全体の改修や親との同居をきっかけにバリアフリー化したいときには、利用を検討すると良いだろう。

【関連記事】>>リフォームをするなら、減税・税制優遇・補助金制度を利用しよう! 

介護・バリアフリーリフォームの検討から施工完了までの流れ

 バリアフリーリフォームを検討してから施工完了までの流れを、5つのステップで解説する。

①必要なリフォーム内容を相談・検討

 今すぐにバリアフリー化する必要に迫られているのか、将来に備えるのかによって、バリアフリーリフォームの内容は異なる。

 要介護・要支援者がいる場合には、現在どのような点で困っているのか洗い出したうえで、まずはケアマネジャーに相談しよう。 そうでない場合には、バリアフリーリフォームを得意としているリフォーム業者に相談すると良いだろう。

 なお、バリアフリーリフォームに際し、「長期優良住宅化リフォーム推進事業」を利用する場合には、事業者登録された事業者が申請する必要がある。問い合わせる際に、対象事業者かを確認しよう。

②見積もり

 バリアフリーリフォームの依頼を検討している業者に連絡し、見積もりを取ろう。見積もり依頼は複数社に依頼する方が安心だ。

 不明な点は納得いくまで説明してもらおう。見積もりの際には、複数の業者に依頼し、提案内容や価格など、比較しておくことも重要だ。

③ リフォーム業者と契約

 見積もり金額に納得したら、リフォーム業者と契約を締結する。

 なお、バリアフリーリフォームに際し、介護保険や長期優良住宅化リフォーム推進事業を活用する場合は、「契約・着工前」に申請し、採択されることが適用条件とされている。 原則として事後申請は認められない点には注意しよう。

④ 施工・完成

 契約した内容どおりに施工されているか、よく確認しよう。

⑤ 支払・補助金の受け取り

 工事に不備がないことを確認したら、リフォーム業者に代金を支払う。

 介護保険や「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の補助金を利用する場合も、いったん全額を業者に支払う必要がある点には注意が必要だ。

 工事完了後、「申請通りに工事が行われたか」「基準を満たしているか」などが確認されたあとに、補助金を受け取る。

介護・バリアフリーリフォームでの注意点

 バリアフリーリフォームで失敗しないためには、使える補助金や制度を事前に調べることが大切だ。

 バリアフリーリフォームの多くは、介護保険の対象となる。 要介護・要支援者の生活の利便性を上げることを目的にバリアフリーリフォームを検討するときには、まずケアマネジャーに相談しよう。

 またバリアフリーリフォームに対しては、補助金を用意している自治体も多い。工事内容によっては、長期優良住宅化リフォーム推進事業を活用できる可能性もあるだろう。 ただしほとんどの事業は、工事後の申請を認めていない。

 あとから「知っていれば補助金を受けとれたのに…!」とならないよう、利用できる制度がないかよく調べるようにしよう。

介護・バリアフリーリフォーム業者の探し方

 バリアフリーリフォームの見積もりを取る方法を、助成金や補助金制度を利用する場合と、利用しない場合に分けて説明する。

【助成金・補助金制度を利用する場合】

 バリアフリーリフォームに際し、自治体や国の助成・補助金制度を利用するときには、要件として「事業者が指定されていないか」を確認することが重要だ。

 事業者が指定されている場合は、指定の条件に沿った形で、リフォーム業者を探そう。「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の場合は、WEBサイトから対象事業者を探す事ができるので活用しよう。

 介護保険や自治体の補助金事業などにおいては、自治体によって事業者をしているところ、していないところとさまざまだ。たとえば広島市では、市の実施する研修を受講した事業者であれば、一度、全額負担することなく、1〜3割の自己負担分のみを支払うだけで良いとしている。

【助成金・補助金制度を利用しない場合】

 バリアフリーリフォームに、助成金や補助金制度を利用しない場合は、自由にリフォーム業者を探していい。その場合、次の2つの方法が考えられる。

■リフォーム業者に直接見積もりを依頼する

 バリアフリーリフォームを依頼する業者に心当たりがあるなら、直接業者に依頼して見積もりを取ると良いだろう。その際には事前にインターネットなどで、バリアフリーリフォームの実績を確認しておくと安心だ。

■一括見積もりサイトを活用する

 バリアフリーリフォームに助成金や補助金制度を利用しない場合は、一括見積もりサイトを活用すると、簡単に複数の業者から見積もりを取れる。

 希望するリフォームの内容や物件情報などを1度入力するだけで良いので、複数の業者に何度も問い合わせる手間が省けるのがメリットだ。

信用できる、介護・バリアフリーリフォーム業者を見つけるポイント

 バリアフリーリフォーム業者探しで失敗しないためには、以下の3点に注意しよう。

・介護・バリアフリーリフォームの実績が多い業者を選ぶ
・地域密着型の業者を選ぶ
・複数の業者から見積もりを取る

 それでは、順番に解説していこう。

介護・バリアフリーリフォームの実績が多い業者を選ぶ

 介護・バリアフリーリフォームを依頼するときには、同様工事の実績が多く、知識と経験が豊富な業者を選ぶことが大切だ。バリアフリーリフォームは、通常のリフォームと違い、介護者やバリアフリーに関する深い知識が求められるためである。

 たとえば手すり1本にしても、ただ壁に取りつければ良いわけではない。利用する人の握りやすい太さ、動作しやすい高さや位置を十分考慮する必要がある。実際に現場を見るだけでなく、対象となる方の動きまで確認してくれるような業者なら、安心して任せられるだろう。

 また、バリアフリーリフォームに補助金や制度を利用する場合は、業者には多くの書類を用意してもらわなければならない。長期優良住宅化リフォーム推進事業のように、事業者が申請者となる制度もある。

 そういった制度に対する知識が豊富で慣れた事業者であれば、手続きをスムーズに進められるだろう。

地域密着型の業者を選ぶ

 バリアフリーリフォームを依頼するときには、地域密着型の業者を選ぶことも失敗しないためのポイントだ。

 バリアフリーリフォームは、一度で終わらず何度も繰り返す場合も多い。それは対象者の状況や、対象者自体が変わることがあるためだ。

 地域密着型で営業しているリフォーム会社であれば、一度工事をしてもらったあとは、気軽に相談できるホームドクターになってもらえる。また、困ったときには駆けつけてもらえるのも、地域密着型の業者を選ぶメリットだ。

複数のリフォーム業者から見積もりを取る

 バリアフリーリフォームを依頼する業者を探すときには、複数のリフォーム業者から見積もりを取ることも大切だ。

 バリアフリーリフォームに「定価」はないため、手すりを取りつけるだけであっても業者によって費用は異なる。一つの業者からしか見積もりを取らなければ、その費用が高いのか安いのかを判断するのは困難だ。

 ただし、費用だけで業者を選ぶのはおすすめできない。

 安くても対応が悪かったり、工事が雑であれば満足いくバリアフリーリフォームにはならないためだ。多少他社より費用が高くても、見積もりを依頼したときの対応の良さや、担当者との相性などを優先して選ぶようにしよう。

  • RSS最新記事
↓おすすめリフォーム一括見積もりサイトはこちら↓
リショップナビ(リフォーム一括見積もりサイト)
登録業者数 約1500社
資料請求 無料
運営会社 株式会社じげん(資本金25億5200万円)
住所 東京都港区
紹介会社数 最大5社
【おすすめポイント】
・入力項目が少なく、操作が簡単
・電話、WEBサイトどちらでも見積もり依頼が可能
・リショップナビ担当者と直接詳細を相談できる
・契約したリフォーム会社が倒産した場合に備える、独自の保証が付いている
一括見積もりはこちら(無料) >>
ホームプロ(リフォーム一括見積もりサイト)
登録業者数 約1200社
資料請求 無料
運営会社 株式会社ホームプロ(リクルートの100%子会社・資本金3億円)
住所 東京都港区
紹介会社数 最大8社
【ポイント】
・商談の段階まで匿名でのやり取りが可能
・独自の工事完成保証制度がある
(着工前:支払い済みの手付金を返還、完成前:代替会社による工事の完成)
・リフォーム会社ごとの評価やクチコミを確認できる
一括見積もりはこちら(無料) >>
タウンライフリフォーム(リフォーム一括見積もりサイト)
登録業者数 460社以上
資料請求 無料
運営会社 タウンライフ株式会社(資本金2000万円)
住所 東京都新宿区
紹介会社数 3社〜8社程度

【ポイント】
間取り図や詳細な情報を送付すると、最適なリフォーム計画書を提示してくれる
・電話、WEBサイトどちらからでも連絡可能
・専門アドバイザーへのリフォーム相談が可能

一括見積もりはこちら(無料) >>
 ハピすむ(リフォーム一括見積もりサイト)
ハピすむ
登録業者数 1000社以上
資料請求 無料
運営会社 株式会社エス・エム・エス(東証プライム上場・資本金23億1022万円)
住所 東京都港区
紹介会社数 最大3社
【おすすめポイント】
・運営元が東証プライム上場企業なので信頼感がある
・累計見積もり依頼件数20万件の実績
・登録業者は大手から中小まで幅広い
一括見積もりはこちら(無料) >>
 ハウジングバザール(リフォーム一括見積もりサイト)
ハウジングバザール
登録業者数 約300社
資料請求 無料
運営会社 G/REX JapaN株式会社(資本金100万円)
住所 千葉県市原市
紹介会社数 2社〜

【おすすめポイント】
・登録業者は公的証明書を取得している会社のみ

・一部の登録業者については、サイト内動画で会社の様子を確認できる
・相談窓口は建築業界経験者なので、専門的な質問にも対応可能
・詳細を入力すれば、見積書や提案書まで受け取れる

一括見積もりはこちら(無料) >>
 リフォーム比較プロ(リフォーム一括見積もりサイト)
リフォーム比較プロ
登録業者数 500社以上
資料請求 無料
運営会社 株式会社サフタ(資本金990万円)
住所 東京都品川区
紹介会社数 3〜4社
【おすすめポイント】
・加盟企業は地域工務店が多く、地域密着型の会社を探しやすい
・電話、WEBサイトどちらでも見積もり依頼が可能
・ユーザーからの評判が悪い業者は登録が削除されるので、評判のいい業者だけが残っている
一括見積もりはこちら(無料) >>
↓中古物件の購入・大規模リノベーションならこちら!↓
 リノベ不動産(不動産仲介+リノベーション会社)
リノベ不動産
対応サービス 中古物件の紹介、中古物件の大規模リノベーションなど
設立 2013年
運営会社 株式会社 WAKUWAKU

【おすすめポイント】
●中古物件探しから、設計・施工、住宅ローン選びまで一社で完結!
●それぞれの工程で、専門スタッフからサポートが受けられる
●全国200拠点(北海道から沖縄まで)で展開

資料請求はこちら(無料) >>

おすすめ記事はこちら 

【業者選び】おすすめ「リフォーム一括見積もりサイト」8社を徹底比較!

【業者選び】信頼できる業者を見抜く7つのポイント!

【税金】2022年度版 リフォームに使える減税制度・補助金を解説

【住宅ローン】リフォーム費用も低金利で借りられる銀行はどこ?

【住宅ローン】大規模リフォームするなら「住宅ローン借り換え」とセットがお得!

TOP