寝室リフォームの費用相場、工期の目安は? 注意すべきポイントやリフォーム業者の選び方も解説!

寝室リフォームの費用相場、工期の目安は? 注意すべきポイントやリフォーム業者の選び方も解説!
2022年10月10日公開(2022年11月17日更新)
ダイヤモンド不動産研究所
監修者 高橋みちる:アールイーデザイン一級建築士事務所 代表

寝室リフォームを検討しているなら、まずは「費用相場」や「一般的な工期」について確認することが大切だ。また、寝室リフォームで注意すべきポイントや、事前に確認しておくべきこと、失敗しない業者の選び方について解説する。

寝室リフォームの費用相場と工事期間

 まずは、寝室リフォームにかかる費用の相場と、工期について確認しよう。

リフォーム内容 費用(目安) 工期(目安)
量産品 1,300円〜/㎡ 1〜3日
一般品 1,500円〜/㎡ 1〜3日
中級品 2,000円〜/㎡ 1〜3日
高級品 2,500円〜/㎡ 1〜3日
畳からフローリングに変更(6畳) 15万円〜 2〜3日
カーペットからフローリングへ張り替え 13万円〜 1〜2日
複合フローリングから無垢フローリングへ張り替え 35万円〜 2〜3日
室内ドアを引き戸に変更 8.5万円〜/箇所 1日
フットライトの設置 1万円〜/箇所 0.5〜1日
内窓取り付け 3万円〜/箇所 0.5〜1日
クローゼットの新設 50万円〜 5〜7日

寝室リフォームの種類

 寝室リフォームの種類は、大きく分けて以下の3種類に分かれる。

  • ①寝室の美観を回復するリフォーム
  • ②寝室をバリアフリー化するリフォーム
  • ③寝室の機能性を高めるリフォーム

 順番に説明しよう。

①寝室の美観を回復するリフォーム

 寝室の美観を回復するためには、以下のようなリフォームを実施しよう。

クロスやフローリングを張り替えると寝室の雰囲気は一新できる(出典:PIXTA)
クロスやフローリングを張り替えると寝室の雰囲気は一新できる(出典:PIXTA)
  • ・クロスの張り替え
  • ・床の張り替え

 寝室は、リビングルームや水回りなどと比較すると劣化は進みにくいのが一般的だ。それでも築年数が長くなると、クロスや床材の汚れや日焼け、傷などが気になってくる。

 そんなときには、既存の壁材や床材の張り替えリフォームを行おう。壁や床は室内でも面積が広いので、張り替えることで寝室のイメージを大きく変えることができる。

 なお、クロスと床は可能な限り同時に張り替えることをおすすめしたい。たとえば寝室の床だけを新しくした場合、それまで感じていなかった壁の汚れが急に気になり「やっぱり壁も張り替えたい」となるケースが少なくないためだ。両方を同時に刷新することで、新築時のような寝室によみがえらせることができるだろう。

②寝室をバリアフリー化するリフォーム

段差がない引き戸(出典:PIXTA)
段差がない引き戸(出典:PIXTA)

 高齢になっても不安なく寝室を使うためには、バリアフリー化するリフォームを検討しよう。寝室のバリアフリーリフォームとしては、以下のような内容が考えられる。

  • ・車椅子の使用に適した床材への変更と、段差の解消
  • ・開き戸から引き戸への変更

 とくに和室を寝室にしている場合は、畳をフローリングに変更しておきたい。

 畳は摩擦に弱いため、車椅子で乗り上げると急速にすり切れて傷んでしまう。寝室の畳をフローリングに変更してベッドを入れれば、寝起きの動作が楽になるうえ、布団の上げ下ろしが不要になる。床材を変更するのにあわせ、寝室と廊下と高さを合わせて段差を解消することも重要だ。

 さらに、寝室の出入り口が開き戸の場合は、引き戸に変更しておこう。

 普段意識していないが、開き戸はドアノブを回す握力がいるうえ、開いたドアを支えながら体をひねって出入りするという複雑な動作が必要だ。高齢になり握力が落ちたり、車椅子を使うようになったりすると、開き戸は不便で使いにくい。寝室の出入り口が引き戸であれば、車椅子でも1人で片手で操作して出入りできるので、ぜひリフォームしておこう。

【関連記事】>>介護・バリアフリーリフォームの費用相場・工期の目安は?

③寝室の機能性を高めるリフォーム

 寝室の機能性を高めるためには、以下のようなリフォームを行うとよいだろう。

  • ・内窓の取り付け
  • ・クローゼットの新設

 夏は暑くて寝苦しい、冬は冷え込んで布団を何枚重ねても寒いような場合には、寝室の窓に内窓を取りつけることを検討しよう。

 内窓とは、既存の窓の内側に、もう1枚別の窓を取りつけ二重窓にすることを指す。窓と窓の間にできる空気の層が断熱効果を発揮し、寝室内の空気を適温に保ちやすくなる。冷暖房の効率が良くなるので、光熱費を節約できるのもメリットだ。

簡易内窓セット ブラウン LW1800×H1400以内(出典:Amazon) 戸車付きフレームがセットになっている「二重窓作成キット」(出典:Amazon)

 また、寝室に収納が不足している場合は、クローゼットを新設しよう。

寝室 リフォーム クローゼット
寝室にクローゼットを追加することで家全体の収納力も高まる(出典:PIXTA)

 寝室に広々としたクローゼットを造作してもらうと、洋服や不要なものを扉内に収納できるので寝室をスッキリと片付けられるようになる。さらに寝室のコーナーやサイドテーブルなどに間接照明を設置すれば、ホテルのようにおしゃれな寝室を実現できるだろう。

寝室リフォームの工事費用を予算内に抑えるためのポイント

 寝室リフォームにかかる工事費用を抑えるためのポイントは3つある。

  • ①安価な素材を選ぶ
  • ②複数の工事を同時に行う
  • ③介護保険を利用する

 順番に解説しよう。

①安価な素材を選ぶ

 リフォームにかかる費用を抑えたいなら、使用する素材のコストを下げるのが鉄則だ。

 たとえば寝室のクロスを張り替える場合、量産品を選ぶと1㎡あたり1,300円程度ですむが、高級品だと2,500円程度となる。また、ビニールクロスではなく、ホテルで使用されているような布クロスを使うとなると、さらに高額になる。

床材の種類も予算に応じて検討しよう(出典:PIXTA)
床材の種類も予算に応じて検討しよう(出典:PIXTA)

 床材も同様で、フローリングなら合板フローリングを選ぶ、フローリングではなくクッションフロアを選ぶなどすれば、寝室リフォームの費用を安価に抑えることが可能だ。

 しかし安価な素材を選ぶことで、寝室リフォームの満足度が下がらないようにしたい。

 寝室は1日の3分の1もの長い時間を過ごす場所だ。安価な材料を選ぶことで安っぽい仕上がりになり、寝室に入るたびにガッカリするようなことがないよう、価格と満足度のバランスが取れる素材を選ぶことが大切だ。

②複数の工事を同時に行う

 リフォームにおいては、工事箇所が多いほど費用が割安になるのが一般的だ。そのため、寝室リフォームにおいても、できる工事はまとめて依頼するのが費用を抑えるポイントになる。

 たとえば今年はクロス、来年はフローリングと分けて工事をすれば、1度のリフォーム工事にかかる費用負担は減らせるだろう。しかしまとめて工事をしたほうが、一度に出ていく費用は大きくなるものの、トータルコストとしては安くなるのがメリットだ。

 また、寝室の床の張り替えをする際に、廊下との段差を合わせる工事をしておけば、将来再度バリアフリーリフォームをする必要がなくなる。

 寝室リフォームを検討するときには「今」だけを考えず、将来的なライフスタイルの変化も踏まえてリフォーム計画を立て、できる工事はできるだけ同時に済ませることを考えよう。

③介護保険を利用する

寝室リフォームに介護保険を利用できる場合がある(出典:PIXTA)
寝室リフォームに介護保険を利用できる場合がある(出典:PIXTA)

 リフォームする家に要支援者や要介護者がいる場合、寝室リフォームの内容によっては介護保険を利用できる可能性がある。介護保険が適用されると、支給限度基準額20万円のうち、9割(18万円)を上限として補助を受けられるので検討しよう。

 介護保険の対象となるリフォームの種類は、以下のとおりだ。

  1. ・手すりの取り付け
  2. ・段差の解消
  3. ・滑りの防止や移動の円滑化などのための床や通路面の材料の変更
  4. ・引き戸などへの扉の取り替え
  5. ・洋式便器などへの便器の取り替え
  6. ・そのほか、上に挙げた住宅改修に付帯して必要となる住宅改修

 寝室リフォームであれば、段差の解消や車椅子に適した床材への変更、開き戸から引き戸への変更などが介護保険の対象になる可能性がある。寝室リフォームに介護保険の適用を検討する場合には、まずはケアマネジャーに相談しよう。

寝室リフォームの検討から施工完了までの流れ

 寝室リフォームを検討してから施工完了までの流れを、5つのステップで解説する。

ステップ① 寝室リフォームの内容を検討する

 まずは、どのような寝室リフォームを行うのか、内容を検討しよう。できる・できないにかかわらず、希望するリフォームの内容をすべてリストアップして、優先順位をつけていこう。なお要支援・要介護者のために寝室のバリアフリーリフォームを検討する場合には、ケアマネジャーに相談することが大切だ。

ステップ② 見積もりを取る

 寝室リフォームの内容をまとめたら、複数のリフォーム業者から見積もりを取ろう。すべてのリフォーム業者に同じ予算と希望の内容を伝え、予算内で実現できるリフォーム計画を提案してもらうと比較しやすくなる。

 なお、一度に複数社に見積もり依頼ができる「一括見積もりサイト」を利用するのもおすすめだ。

 見積もり書をもらったら内容を確認し、疑問点や不明点があれば納得いくまで説明してもらおう。

ステップ③ リフォーム業者と契約する

 寝室リフォームを依頼したいリフォーム業者が決まったら、リフォーム工事の請負契約書を交わそう。契約書の内容は隅々まで精査し、見積もりでもらった内容や打ち合わせの内容がきちんと反映されているかを確認することが大切だ。

<POINT! 介護保険を利用する場合は着工前に申請する>

 介護保険を利用し寝室リフォームを行う場合は、「契約・着工前」に申請する必要がある。原則として、事後申請は認められない点には注意しよう。

ステップ④ 施工・完成

 寝室リフォームが終了したら、契約したとおりに工事が行われたかを確認しよう。あわせてアフターサービスについて、きちんと説明してもらうことも大切だ。

ステップ⑤ 支払い・補助金の受け取り

 寝室リフォームの内容に問題がなければ、リフォーム業者に工事費用を支払おう。介護保険を利用した場合でも、リフォーム業者に直接費用が振り込まれるわけではない。工事の内容が確認されたあとに補助金を受け取ることになるので、リフォーム業者に対しては全額支払う必要がある点には注意しよう。

寝室リフォームでの注意点

 寝室リフォームで失敗しないために、あらかじめ確認しておきたいのは以下の2点だ。

  • ①壁紙や床材はサンプルをもらう
  • ②マンションの床リフォームは管理規約を確認する

 順番に説明しよう。

①壁紙や床材はサンプルをもらう

壁紙のサンプル(寝室リフォーム)
壁紙は必ずサンプルを取り寄せよう(出典:PIXTA)

 寝室リフォームで壁紙や床材を張り替えるときには、必ずサンプルをもらって色や質感を確かめることが大切だ。

 紙やWebのカタログで見る色や質感と、実物が大きく異なることは珍しくない。そのため、サンプルをもらわずカタログだけで決めてしまうと、「思ったのと違う」と後悔する可能性が高くなる。

 なお、壁紙や床材の色を決めるときには、「色の面積効果」にも注意しよう。色の面積効果とは、同じ色であっても面積によって見え方が異なることを指す。具体的には以下のような効果がある。

明るい色 面積が広いほうがより明るく見える
暗い色 面積が広い方がより暗く見える

 面積効果を考慮せずに壁紙や床材の色を選ぶと、実際に寝室の壁や床に張ったときに、「明るすぎた」「暗すぎた」という結果になりやすい。そのため、明るい色を選ぶときには1トーン暗めのものを、暗い色を選ぶときには1トーン明るい色を選ぶようにすると、よりイメージに近くなる。

②マンションの床リフォームは管理規約を確認する

 寝室のリフォームを行うのがマンションの場合、必ず管理規約をチェックしよう。

 マンションは専有部分に関しては区分所有者が自由にリフォームできるとされているが、その内容については細かなルールが定められているケースがほとんどだ。

 とくに床については、騒音の観点から「カーペットや畳からフローリングへの変更は禁止」「フローリングにする場合は防音等級〇以上」などと決められていることが多い。近隣の住人とのトラブルを避けるためにも、寝室リフォームに際しては、管理規約を確認したうえで管理組合から許可を取るようにしよう。

失敗しない寝室リフォーム業者の選び方

 寝室リフォームを依頼する業者の探し方には、以下の2つがある。

  • ・近くにあるリフォーム業者を選ぶ
  • ・一括見積もりでは安さだけで業者を選ばない

 順番に見てみよう。

近くにあるリフォーム業者を選ぶ

 寝室リフォームを依頼する業者を選ぶときには、できるだけ近くに事務所を構える業者に依頼することをおすすめしたい。

 住宅は、家を建ててから何十年も住み続けるのが一般的だ。その間、内装や外装の劣化に合わせたメンテナンスや、家族構成・ライフスタイルの変化に応じたリフォームを繰り返す。そのたびにリフォーム業者を探すのは大変な手間と労力がかかってしまうだろう。

 寝室リフォームを近くにあるリフォーム業者に依頼し、そのまま良好な関係を築ければ、継続的にメンテナンスを依頼できるホームドクターとなってもらえる。ちょっとした不具合やトラブルが発生したときに、気軽に相談したり駆けつけてもらったりできる業者が近くにあると、大きな安心感を得られるだろう。

一括見積もりでは安さだけで業者を選ばない

 寝室リフォームを依頼するときには、「相見積もり」を取ることも重要だ。

 リフォームには「定価」がないため、同じ素材・同じ内容で見積もりを依頼しても出される費用は大きく異なるのが一般的だ。しかし1社からしか見積もりを取っていなければ、出された費用が適切なのかを判断するのは難しくなる。

 相見積もりを取ることで、業者の特徴を比較できるのもメリットだ。

 たとえば、いくら見積もり金額が安くても、他社と比較して見積もりを出すスピードが遅かったり、見積もり書の内容が大ざっぱだったりする業者は、仕事ぶりも期待できないだろう。適切な業者選びをするためには、できるだけ相見積もりを取るようにしよう。

 また、業者を探す場合、個別にメールなどで問い合わせてやり取りする必要がある。そのような手間ヒマを減らしたいなら、「一括見積もりサイト」を活用するのがおすすめだ。

 一括見積もりサイトとは、リフォームしたい内容や物件種別、物件がある場所などを1度入力するだけで、対応できる複数のリフォーム業者から一括で見積もりを取れるサービスを指す。依頼内容に応じて複数の業者を紹介してもらえるので、「個別に問い合わせるのは面倒」「最初の業者選びは任せたい」といったときには活用を検討するとよいだろう。

 ただし、費用だけで業者を選ぶのはおすすめできない。安くても対応が悪かったり、工事が雑であったりすれば、満足いくリフォームにはならないためだ。

 多少他社より費用が高くても、見積もりを依頼したときの対応の良さや、担当者との相性などを優先して選ぶのが、リフォームを成功させるポイントだ。

  • RSS最新記事
一括見積もりサイト名 リショップナビロゴ ホームプロロゴ SUUMOリフォームロゴ タウンライフリフォームロゴ ハピすむロゴ リノコ ハウジングバザールロゴ リフォーム評価ナビロゴ リフォーム比較プロロゴ
おすすめポイント 入力項目が少なく、担当窓口と直接電話で相談できる。ネットでのやりとりが苦手な人におすすめ。 現地調査の前段階までマイページ内で匿名でのやり取りが可能。なるべく電話でのやり取りを減らしたい人におすすめ。 プロのアドバイザーによるリフォーム相談が何度でも無料。紹介された業者への断りも代行する。リフォーム初心者や、きめ細かいサービスが受けたい方におすすめ。 間取り図を添付すると、リフォーム提案書や企画書、見積書まで作成してくれる。一歩踏み込んだ提案が欲しい人向け。 東証プライム上場企業が運営。入力項目が少なく、見積もり依頼後すぐに担当から電話がかかってくる。まずは相談したいという人におすすめ。 登録業者の中から近隣の1社を紹介。定額制リフォームなので、全国どこでも料金は同じだ。 中堅規模の工務店が多く登録。詳細な情報を入力すると、リフォーム提案書なども受け取り可能。 財団法人が運営するリフォーム会社検索紹介サイト。クチコミや評価を参考にして業者を決めたいという人向け。 地域の工務店が多く登録。近隣のリフォーム業者を選びたい人に向いている。
提携業者数 約1500社 約1200社 約800社 約460社 約1000社 約300社 約300社 約980社 約500社
紹介会社数 最大5社 最大8社 3〜4社 3〜8社 最大3社 1社 2社〜 最大5社 3〜4社
電話連絡 あり なし あり あり あり あり あり なし あり
独自保証制度 リショップナビ安心保証(無料) 工事完成保証(無料) 完成あんしん保証(無料) なし なし 1年工事保証(無料)5年機器延長保証(有料)10年機器延長保証(有料) なし なし なし
対応業者一覧から口コミを確認 × × × × ×
相談窓口 あり なし あり あり あり あり あり なし あり
掲載事例件数 約9000件 約9万件 掲載多数 なし なし 約5000件 なし 掲載多数 なし
 

無料で見積もり(公式サイト)

無料で見積もり(公式サイト) 無料で相談する(公式サイト) 無料で見積もり(公式サイト) 無料で見積もり(公式サイト) 無料で見積もり(公式サイト) 無料で見積もり(公式サイト)

おすすめ記事はこちら 

【業者選び】おすすめ「リフォーム一括見積もりサイト」を徹底比較!

【業者選び】信頼できる業者を見抜く7つのポイント!

【税金】2022年度版 リフォームに使える減税制度・補助金を解説

【住宅ローン】リフォーム費用も低金利で借りられる銀行はどこ?

【住宅ローン】大規模リフォームするなら「住宅ローン借り換え」とセットがお得!

リショップナビ(リフォーム一括見積もりサイト)
登録業者数 約1500社
資料請求 無料
運営会社 株式会社じげん(資本金25億5200万円)
住所 東京都港区
紹介会社数 最大5社
【おすすめポイント】
・入力項目が少なく、操作が簡単
・電話、WEBサイトどちらでも見積もり依頼が可能
・リショップナビ担当者と直接詳細を相談できる
・契約したリフォーム会社が倒産した場合に備える、独自の保証が付いている
一括見積もりはこちら(無料) >>
ホームプロ(リフォーム一括見積もりサイト)
登録業者数 約1200社
資料請求 無料
運営会社 株式会社ホームプロ(リクルートの100%子会社・資本金3億円)
住所 東京都港区
紹介会社数 最大8社
【おすすめポイント】
・商談の段階まで匿名でのやり取りが可能
・独自の工事完成保証制度がある
(着工前:支払い済みの手付金を返還、完成前:代替会社による工事の完成)
・リフォーム会社ごとの評価やクチコミを確認できる
一括見積もりはこちら(無料) >>
SUUMOリフォーム(リフォーム会社紹介サイト)
SUUMOリフォーム
登録業者数 約800社

資料請求

無料(相談料も無料)
運営会社 株式会社リクルート(東証プライム上場・資本金3億5000万円)
住所 東京都千代田区
紹介会社数 3〜4社

【おすすめポイント】
・SUUMOリフォーム担当者が中立的な立場から要望に合ったリフォーム会社を紹介
・予算の立て方、おすすめのリフォームプランも相談できる
・リフォーム会社への断りはSUUMO担当者が代行
・契約したリフォーム会社が倒産した場合に備える、独自の保証(完成あんしん保証)が付いている

会社紹介を申し込む(無料) >>
タウンライフリフォーム(リフォーム一括見積もりサイト)
登録業者数 460社以上
資料請求 無料
運営会社 タウンライフ株式会社(資本金2000万円)
住所 東京都新宿区
紹介会社数 3社〜8社程度

【おすすめポイント】
間取り図や詳細な情報を送付すると、最適なリフォーム計画書を提示してくれる
・電話、WEBサイトどちらからでも連絡可能
・専門アドバイザーへのリフォーム相談が可能

一括見積もりはこちら(無料) >>
 ハピすむ(リフォーム一括見積もりサイト)
ハピすむ
登録業者数 1000社以上
資料請求 無料
運営会社 株式会社エス・エム・エス(東証プライム上場・資本金23億1022万円)
住所 東京都港区
紹介会社数 最大3社
【おすすめポイント】
・運営元が東証プライム上場企業なので信頼感がある
・累計見積もり依頼件数20万件の実績
・登録業者は大手から中小まで幅広い
一括見積もりはこちら(無料) >>
 ハウジングバザール(リフォーム一括見積もりサイト)
ハウジングバザール
登録業者数 約300社
資料請求 無料
運営会社 G/REX JapaN株式会社(資本金100万円)
住所 千葉県市原市
紹介会社数 2社〜

【おすすめポイント】
・登録業者は公的証明書を取得している会社のみ

・一部の登録業者については、サイト内動画で会社の様子を確認できる
・相談窓口は建築業界経験者なので、専門的な質問にも対応可能
・詳細を入力すれば、見積書や提案書まで受け取れる

一括見積もりはこちら(無料) >>
 リフォーム比較プロ(リフォーム一括見積もりサイト)
リフォーム比較プロ
登録業者数 500社以上
資料請求 無料
運営会社 株式会社サフタ(資本金990万円)
住所 東京都品川区
紹介会社数 3〜4社
【おすすめポイント】
・加盟企業は地域工務店が多く、地域密着型の会社を探しやすい
・電話、WEBサイトどちらでも見積もり依頼が可能
・ユーザーからの評判が悪い業者は登録が削除されるので、評判のいい業者だけが残っている
一括見積もりはこちら(無料) >>
↓中古物件の購入・大規模リノベーションならこちら!↓
 リノベ不動産(不動産仲介+リノベーション会社)
リノベ不動産
対応サービス 中古物件の紹介、中古物件の大規模リノベーションなど
設立 2013年
運営会社 株式会社 WAKUWAKU

【おすすめポイント】
・中古物件探しから、設計・施工、住宅ローン選びまで一社で完結!
・それぞれの工程で、専門スタッフからサポートが受けられる
・全国200拠点(北海道から沖縄まで)で展開

資料請求はこちら(無料) >>

おすすめ記事はこちら 

【業者選び】おすすめ「リフォーム一括見積もりサイト」8社を徹底比較!

【業者選び】信頼できる業者を見抜く7つのポイント!

【税金】2022年度版 リフォームに使える減税制度・補助金を解説

【住宅ローン】リフォーム費用も低金利で借りられる銀行はどこ?

【住宅ローン】大規模リフォームするなら「住宅ローン借り換え」とセットがお得!

 
TOP