外壁リフォームの費用相場と目安の工期は? 注意すべきポイントやリフォーム業者の選び方も解説!

外壁リフォームの費用相場と目安の工期は? 注意すべきポイントやリフォーム業者の選び方も解説!<br />
2022年10月10日公開(2022年11月10日更新)
ダイヤモンド不動産研究所

外壁リフォームを検討しているなら、まずは「外壁リフォーム工事の費用相場」や「一般的な工期」について確認することが大切だ。また、工事を行う際に注意するべきポイントや、失敗しない業者の選び方について解説する。

外壁リフォームの費用相場と工事期間

 外壁リフォームの費用相場を理解しておくことは、業者が提示してくる見積もり金額が適正かどうか、また次回の外壁リフォームのためにどのくらい積み立てておけばよいかを判断する上で大切だ。

 まずは大まかな外壁リフォームの費用相場をご紹介しよう。開口部をのぞく外壁の面積が150㎡程度となる大きさの戸建て住宅で、平均的なグレードの塗料・外壁材を使用する外壁リフォームでは、工事ごとの費用相場と工期はおおむね下記のようになる。

リフォーム内容 費用(目安) 工期(目安)
外壁塗装リフォーム 120万円〜 10日〜2週間
外壁の重ね張り(カバー工法)リフォーム 180万円〜 2〜3週間
外壁の張り替えリフォーム 200万円〜 3〜4週間

 上に紹介した3種類の外壁リフォーム工事の相場をさらに詳しく解説していこう。

 外壁塗装リフォーム工事の場合、費用の大まかな内訳は下記の通り。

リフォーム内容 費用(目安)
足場代 約20万円
シーリング工事費(打ち替え・撤去費込み) 約20〜25万円
下塗り塗料 約15万円(1,000円/㎡として計算)

 中塗り・上塗り塗料の選択肢としては以下のものがある。

リフォーム内容 費用(目安)
ウレタン系塗料 30〜34.5万円(2,000〜2,300円/㎡)
シリコン系塗料 35〜45万円(2,500〜3,000円/㎡)
フッ素塗料 43.5〜51万円(2,900〜3,400円/㎡)

 ここまでの工事費用をもっとも安い基準で合計すると、約85万円だ。ここにさらに付帯工事(養生・高圧洗浄・下地処理など)、付帯部の塗装(破風・軒天など)、諸経費などを加算すると総工費は120万円〜と想定できる。

 外壁材の重ね張り工事の場合は、以下の内容に諸経費を計上すると180万〜の総工費を想定できる。

リフォーム内容 費用(目安)
足場代 約20万円
金属系サイディング(施工費込み) 約150万円(10000円/㎡)

 外壁材の撤去まで行なう外壁張り替えリフォーム工事の場合、上記の重ね張り工事の費用に、以下の内容が加算され、200万〜の総工費を想定できるだろう。

リフォーム内容 費用(目安)
撤去費用 約20〜30万円

 当然ながら、建物の規模がより小さく外壁の面積が狭かったり、外壁の劣化が進んでいなかったり、外壁以外の付帯部分の塗装が不要だったりすれば総額は上記の試算よりも安くなる。その場合、外壁塗装工事だけなら費用は100万円以内に収まることもあるだろう。

外壁リフォームの種類

 外壁リフォームの選択肢は、外壁の劣化状況に応じて、下記の3種類から選択できる。

塗装リフォーム

 外壁の塗膜が劣化しているものの、下地となる外壁材はまだ十分な耐久性を保っているなら、外壁塗装リフォームを選択すべきだろう。

 外観のカラー・デザインを刷新したり、塗料によっては断熱・遮熱機能や壁面に汚れが付着しにくい光触媒機能などを外壁に付加したりすることもできる、もっともポピュラーな外壁リフォームだ。

重ね張り(カバー工法)リフォーム

 塗膜の劣化に加えて、幅の広いクラックや破損など外壁材自体も劣化しているサインが広範に見られるなら、塗装でごまかすより外壁の重ね張りリフォームがおすすめだ。

 既存の外壁材を撤去せずに新しい外壁材を上から重ねて張り付けるリフォームで、「外壁カバー工法」という名称でもよく知られている。

 既存の外壁を残して工事を行うため、外壁の張り替え工事に比べて解体・撤去費用を節約できる。

 ただしほとんどの場合、重ね張りリフォームで使用できる外壁材は軽量な金属系サイディングや樹脂サイディングに限られるというのは確認しておきたいポイントだ。

張り替えリフォーム

 塗装も劣化しきっていて外壁材もボロボロ、という状態であれば外壁材を張り替えるリフォームが必要になる。

 外壁にカビ・コケ・藻が広く発生していたり、外壁のクラックや破損からくる雨漏りが何カ所もあったりするなら、それは外壁材の寿命が来ているサインだ。外壁は塗装リフォームでも重ね張りリフォームでも修繕できないレベルで劣化している可能性が高い。

 外壁材の張り替えは外壁リフォームの中でも最も高額な工事となってしまうが、断熱機能のある外壁材を使った省エネリフォームとして計画すれば、自治体による補助金を受けられる可能性もある。

外壁リフォーム工事費用を予算内に抑えるためのポイント

 外壁リフォームは、比較的安価で済ませられる塗装リフォームでも1度の工事で100万円ほどの費用が必要になる。

 この費用はなるべく安く済ませたいところではあるが、外壁リフォームでは「格安」などの宣伝文句に踊らされないようにしたいところだ。リフォーム工事費用が安く抑えられても、値引き分を手抜き工事に転嫁されては元も子もない。

 まず現実的な予算を組み、外壁リフォーム工事の工事をその予算内に抑えるためには、以下3つの大切なポイントがある。それぞれのポイントについてご紹介しよう。

  • ・長期的な目線で予算を考える
  • ・塗料や外壁材のグレードを賢く下げる
  • ・補助金制度を活用する

ポイント①:予算を長期的な目線で計算する

 今の家に今後も住み続ける予定なのであれば、外壁リフォームの予算は1回の工事のコストだけに注目するよりも、可能なら10年以上先のメンテナンスまで視野に入れてコストを考える方が賢明だ。

 例えば、『塗料のグレードを落とせば20万円の節約になるが、耐用年数は3年落ちる』という仮定で考えてみよう。

 『120万円で耐用年数10年』の塗装リフォーム工事を行えば120万÷10年=1年あたりのコストは約12万円となるが、『100万円で耐用年数7年』100万÷7年=1年あたりのコストは約14.3万円となる。この場合だと一回のリフォーム工事価格が下がるとはいえ、長い目で見ればあまりお得とは言えない。

 外壁リフォームでは工事一回あたりの予算は十分な額を用意し、長期的なメンテナンス予算を抑えられるよう賢く計画を進めたいところだ。

ポイント②:塗料や外壁材のグレードを賢く落とす

 使用する塗料・外壁材のグレードを落とせばリフォーム費用は下がる。ただし、外壁の長期的なメンテナンスコストを抑えたいのであれば「塗料・外壁材のグレードは落としても耐用年数は落とさない」という選択肢を探ることもできる。

 例えば、塗装に関してはセルフクリーニング機能や遮熱・断熱機能などの付加的な機能を諦めれば、耐用年数を落とさず外壁リフォーム費用を下げられる可能性がある。

 このように外壁リフォーム工事の費用面と耐用年数の適度なバランスを取るには、契約前の業者との打ち合わせで工事の予算をいくらぐらいに抑えたいかをしっかり伝えておくと良いだろう。

 外壁材に関してはグレードを落とせば著しく耐用年数が下がるということはない。もっとも一般的な外壁材である「窯業系サイディング」の場合、普及グレードのものでも期待耐用年数は40年ほどとされている。デザイン面で少し妥協を許せば、リフォーム費用はかなり抑えられるかもしれない。

ポイント③:補助金制度を活用する

 自治体がリフォーム工事に適用できる補助金制度を用意しているなら活用できないか調べてみよう。

 リフォーム工事のための補助金制度は、屋根や外壁を断熱・遮熱塗料で塗装する工事、外壁の外張り断熱材を追加する工事など、省エネにつながるリフォーム工事のみを対象としている制度が多いが、リフォーム工事一般を広く対象とする自治体もある。

 例えば世田谷区が用意している「令和4年度 世田谷区環境配慮型住宅リノベーション推進事業補助金」という制度では、住宅の外壁改修工事経費の10%・上限20万円までを補助するとしている。

 このような制度は正式名称・対象範囲・申込み期間などが自治体ごとに大きく異なるので、自治体の用意するホームページで概要をしっかり確認しておこう。

外壁リフォームの検討から施工完了までの流れ

 外壁リフォームは検討から施工完了(引き渡し)まで、概ね下記のような流れで進められる。

  1. ①外壁のコンデションをセルフチェックし、工事の必要性を検討する
  2. ②リフォーム業者へ問い合わせ
  3. ③リフォーム業者による現地調査とヒアリング
  4. ④見積もりの提出
  5. ⑤見積もりを検討し、納得できればリフォーム工事の契約
  6. ⑥工事の日程や作業手順、注意点などについて打ち合わせ
  7. ⑦工事開始
  8. ⑧工事完了間際に、施主による仕上がりの確認
  9. ⑨施工完了(引き渡し)

 外壁リフォーム工事期間中は施主が在宅しておく必要はないが、工事が始まる前に家の周りに自動車・自転車や鉢植えなどがあれば、施主自身でできるだけ移動させておくよう依頼されることがある。

 また、もし外壁リフォーム工事終了後に手直しが必要になればさらに高所での作業が生じることもあるため、仕上がりに納得できるかどうか足場解体前に外壁全体をしっかり確認するようにしよう。

外壁リフォームで注意するポイント

 外壁リフォームは一度失敗してしまうとやり直しが困難な上に金銭的な損失も少なくない。

 失敗のリスクを極力避けるため、外壁リフォームを契約する前に確認しておきたい項目をあげておく。

  • ①保険
  • ②築年数
  • ③工事の完成イメージ

上記3つのポイントを順にご紹介しよう。

①工事を行う物件に適用される保険

 火災保険に加入しているなら、自然災害によって外壁が損傷したために必要となる外壁工事に関して、保険を適用できる可能性がある。

 住んでいる地域が台風・竜巻・豪雨などの風災・水害に見舞われたら、まずは外壁に限らず所有する物件が何らかの被害を受けていないかを確認しよう。

 保険の対象となる災害か、被害を受けた部分が保険の対象範囲か、補修のための工事金額が免責金額以上になるかなどを確認し、条件が当てはまるなら保険金の支払いを申請しよう。

②工事を行う物件の築年数

 もし外壁リフォーム工事を考えている理由が雨漏りなら、建物の築年数を確認しておくと良い。

 これは平成12年に施行された「住宅の品質確保の促進等に関する法律」により、新築物件の引渡しから10年未満に発生した雨漏りは物件の売主の責任で補償すべき重大な欠陥とされているからだ。(同法の第九十四条を参照)。

 つまり、築10年(正確には新築物件の引渡しから10年)以内の雨漏りは売主の責任による補修を求めることができる。

③工事の仕上がりを明確にイメージしておく

 外壁は建物のデザインを決定づける重要な部分ゆえに、塗料や外壁材の選定などを業者任せにすることは賢明でないし、外壁の完成像のイメージが曖昧なまま工事を進めるのも良くない。

 外壁リフォームの色や仕上がりに関する失敗談はよくあるが、塗装のカラーリングや外壁材の質感などがイメージと違っていたとしても、施行業者に落ち度はないので無償でやり直してもらうことはまず不可能だ。

 施主自身がカラーコーディネートの基礎知識を学んでみる、外壁のカラーシミュレーションを綿密に行う、工事する物件周辺の建物の外壁のデザインを参考としてよく観察するなどすれば、外壁リフォームはより満足のいく仕上がりになるだろう。

外壁リフォームの見積もりの取り方

 外壁リフォームの見積もりの作成はもちろん業者の仕事だが、施主の側でも工事する物件の図面を用意しておくことは助けになる。

 外壁リフォーム工事の見積もりに必ず図面が必要というわけではないが、図面一式があれば業者と見積もりの話をよりスムーズに進められる。また、業者が提出してきた見積もりの数量(塗装面積や外壁材の使用量)などが適正かどうかチェックするのにも役立つ。

 実際にリフォーム業者を呼んで見積もりを出してもらう段階では、複数の業者に見積もりを依頼する「相見積もり」を通して業者の最終的な選定をすることもできる。見積もりだけで費用を請求されることはない。ただし、あまり多くのリフォーム業者に相見積もりを依頼しても立ち合いや見積書の比較・検討などに時間を取られるばかりなので、相見積もりは3社程度に絞って依頼すると良い。

外壁リフォーム業者の探し方

 外壁リフォームを依頼できるのは主に「ホームメーカー」「工務店・リフォーム専門店」「地元の塗装専門店」の3つだ。それぞれの特徴を簡単に把握しておこう。

  • ①ホームメーカー
  • ②工務店・リフォーム専門店
  • ③地元の塗装専門店

①ホームメーカー

 外壁リフォームは、工事を行う家を建てたホームメーカーに依頼するのがもっとも信頼度の高い選択肢だ。また、家を建てたホームメーカー以外にリフォームを依頼すると、当初の長期保証の対象外になってしまうこともある。

 ただし、実際の施工には下請業者を使うことになるので、リフォーム工事金額は他の選択肢に比べると高額になる可能性が高い。

②工務店・リフォーム専門店

 工務店・リフォーム専門店の中には、大手ホームメーカーに匹敵する技術や実績を持つ業者もある。

 ただし工務店・リフォーム専門店ごとに得意分野は異なるため、外壁リフォーム工事の実績が多い業者か、また施工できる職人が自社に在籍しているか、下請を使うか、などが判断のポイントになる。

 主に下請を使って工事する場合、工事金額はやはり比較的高額になる可能性がある。

③地元の塗装専門店

 小規模な外壁塗装工事であれば、地元の外壁塗装専門店にも依頼できる。

 ただし下に記述するように、その業者が十分な技術・実績を持っているか、信頼できる保証・アフターサービス制度を用意しているかはしっかり確認しておこう。

 また、塗装専門店で外壁材の重ね張り・張り替えを請け負う業者もあるが、塗装工事以外は下請けに依頼するという業者もあるので、その場合費用がどのように加算されるかは十分にチェックしたいところだ。

外壁工事の十分な技術・実績を有しているかをチェックする

 建築業は新規参入が比較的多い業種だ。おそらく工事したい物件の近隣にも外壁リフォーム業者は多く見つかるだろう。

 外壁塗装リフォーム工事を行う場合、国家資格である塗装技能士が在籍しているかどうかは一つの判断基準になるだろう。

 1級塗装技能士の資格は塗装の実務経験が7年以上なければ受験できず、合格率も約50%と高くない。この資格を有しているなら、外壁塗装の技術は十分に信頼できる。

 外壁リフォーム工事を依頼する業者が、都道府県知事か国土交通大臣による『建設業許可』を受けているかどうかも一つの判断基準にできる。

 リフォーム工事の契約金額が1件あたり税込500万円未満の工事であれば建設業許可がなくても問題ないが、建設業登録がある業者なら、大きな工事を受注できる資格・技能がある=信頼度が高い、と判断できるだろう。

 この場合、同じ外壁リフォームでも「建築塗装工事」と「外壁材の重ね張り・張り替え工事」は認可の分類が違うので、どの分類の建築業許可を受けているかは確認しておきたいところだ。

  • RSS最新記事
一括見積もりサイト名 リショップナビロゴ ホームプロロゴ SUUMOリフォームロゴ タウンライフリフォームロゴ ハピすむロゴ リノコ ハウジングバザールロゴ リフォーム評価ナビロゴ リフォーム比較プロロゴ
おすすめポイント 入力項目が少なく、担当窓口と直接電話で相談できる。ネットでのやりとりが苦手な人におすすめ。 現地調査の前段階までマイページ内で匿名でのやり取りが可能。なるべく電話でのやり取りを減らしたい人におすすめ。 プロのアドバイザーによるリフォーム相談が何度でも無料。紹介された業者への断りも代行する。リフォーム初心者や、きめ細かいサービスが受けたい方におすすめ。 間取り図を添付すると、リフォーム提案書や企画書、見積書まで作成してくれる。一歩踏み込んだ提案が欲しい人向け。 東証プライム上場企業が運営。入力項目が少なく、見積もり依頼後すぐに担当から電話がかかってくる。まずは相談したいという人におすすめ。 登録業者の中から近隣の1社を紹介。定額制リフォームなので、全国どこでも料金は同じだ。 中堅規模の工務店が多く登録。詳細な情報を入力すると、リフォーム提案書なども受け取り可能。 財団法人が運営するリフォーム会社検索紹介サイト。クチコミや評価を参考にして業者を決めたいという人向け。 地域の工務店が多く登録。近隣のリフォーム業者を選びたい人に向いている。
提携業者数 約1500社 約1200社 約800社 約460社 約1000社 約300社 約300社 約980社 約500社
紹介会社数 最大5社 最大8社 3〜4社 3〜8社 最大3社 1社 2社〜 最大5社 3〜4社
電話連絡 あり なし あり あり あり あり あり なし あり
独自保証制度 リショップナビ安心保証(無料) 工事完成保証(無料) 完成あんしん保証(無料) なし なし 1年工事保証(無料)5年機器延長保証(有料)10年機器延長保証(有料) なし なし なし
対応業者一覧から口コミを確認 × × × × ×
相談窓口 あり なし あり あり あり あり あり なし あり
掲載事例件数 約9000件 約9万件 掲載多数 なし なし 約5000件 なし 掲載多数 なし
 

無料で見積もり(公式サイト)

無料で見積もり(公式サイト) 無料で相談する(公式サイト) 無料で見積もり(公式サイト) 無料で見積もり(公式サイト) 無料で見積もり(公式サイト) 無料で見積もり(公式サイト)

おすすめ記事はこちら 

【業者選び】おすすめ「リフォーム一括見積もりサイト」を徹底比較!

【業者選び】信頼できる業者を見抜く7つのポイント!

【税金】2022年度版 リフォームに使える減税制度・補助金を解説

【住宅ローン】リフォーム費用も低金利で借りられる銀行はどこ?

【住宅ローン】大規模リフォームするなら「住宅ローン借り換え」とセットがお得!

リショップナビ(リフォーム一括見積もりサイト)
登録業者数 約1500社
資料請求 無料
運営会社 株式会社じげん(資本金25億5200万円)
住所 東京都港区
紹介会社数 最大5社
【おすすめポイント】
・入力項目が少なく、操作が簡単
・電話、WEBサイトどちらでも見積もり依頼が可能
・リショップナビ担当者と直接詳細を相談できる
・契約したリフォーム会社が倒産した場合に備える、独自の保証が付いている
一括見積もりはこちら(無料) >>
ホームプロ(リフォーム一括見積もりサイト)
登録業者数 約1200社
資料請求 無料
運営会社 株式会社ホームプロ(リクルートの100%子会社・資本金3億円)
住所 東京都港区
紹介会社数 最大8社
【おすすめポイント】
・商談の段階まで匿名でのやり取りが可能
・独自の工事完成保証制度がある
(着工前:支払い済みの手付金を返還、完成前:代替会社による工事の完成)
・リフォーム会社ごとの評価やクチコミを確認できる
一括見積もりはこちら(無料) >>
SUUMOリフォーム(リフォーム会社紹介サイト)
SUUMOリフォーム
登録業者数 約800社

資料請求

無料(相談料も無料)
運営会社 株式会社リクルート(東証プライム上場・資本金3億5000万円)
住所 東京都千代田区
紹介会社数 3〜4社

【おすすめポイント】
・SUUMOリフォーム担当者が中立的な立場から要望に合ったリフォーム会社を紹介
・予算の立て方、おすすめのリフォームプランも相談できる
・リフォーム会社への断りはSUUMO担当者が代行
・契約したリフォーム会社が倒産した場合に備える、独自の保証(完成あんしん保証)が付いている

会社紹介を申し込む(無料) >>
タウンライフリフォーム(リフォーム一括見積もりサイト)
登録業者数 460社以上
資料請求 無料
運営会社 タウンライフ株式会社(資本金2000万円)
住所 東京都新宿区
紹介会社数 3社〜8社程度

【おすすめポイント】
間取り図や詳細な情報を送付すると、最適なリフォーム計画書を提示してくれる
・電話、WEBサイトどちらからでも連絡可能
・専門アドバイザーへのリフォーム相談が可能

一括見積もりはこちら(無料) >>
 ハピすむ(リフォーム一括見積もりサイト)
ハピすむ
登録業者数 1000社以上
資料請求 無料
運営会社 株式会社エス・エム・エス(東証プライム上場・資本金23億1022万円)
住所 東京都港区
紹介会社数 最大3社
【おすすめポイント】
・運営元が東証プライム上場企業なので信頼感がある
・累計見積もり依頼件数20万件の実績
・登録業者は大手から中小まで幅広い
一括見積もりはこちら(無料) >>
 ハウジングバザール(リフォーム一括見積もりサイト)
ハウジングバザール
登録業者数 約300社
資料請求 無料
運営会社 G/REX JapaN株式会社(資本金100万円)
住所 千葉県市原市
紹介会社数 2社〜

【おすすめポイント】
・登録業者は公的証明書を取得している会社のみ

・一部の登録業者については、サイト内動画で会社の様子を確認できる
・相談窓口は建築業界経験者なので、専門的な質問にも対応可能
・詳細を入力すれば、見積書や提案書まで受け取れる

一括見積もりはこちら(無料) >>
 リフォーム比較プロ(リフォーム一括見積もりサイト)
リフォーム比較プロ
登録業者数 500社以上
資料請求 無料
運営会社 株式会社サフタ(資本金990万円)
住所 東京都品川区
紹介会社数 3〜4社
【おすすめポイント】
・加盟企業は地域工務店が多く、地域密着型の会社を探しやすい
・電話、WEBサイトどちらでも見積もり依頼が可能
・ユーザーからの評判が悪い業者は登録が削除されるので、評判のいい業者だけが残っている
一括見積もりはこちら(無料) >>
↓中古物件の購入・大規模リノベーションならこちら!↓
 リノベ不動産(不動産仲介+リノベーション会社)
リノベ不動産
対応サービス 中古物件の紹介、中古物件の大規模リノベーションなど
設立 2013年
運営会社 株式会社 WAKUWAKU

【おすすめポイント】
・中古物件探しから、設計・施工、住宅ローン選びまで一社で完結!
・それぞれの工程で、専門スタッフからサポートが受けられる
・全国200拠点(北海道から沖縄まで)で展開

資料請求はこちら(無料) >>

おすすめ記事はこちら 

【業者選び】おすすめ「リフォーム一括見積もりサイト」8社を徹底比較!

【業者選び】信頼できる業者を見抜く7つのポイント!

【税金】2022年度版 リフォームに使える減税制度・補助金を解説

【住宅ローン】リフォーム費用も低金利で借りられる銀行はどこ?

【住宅ローン】大規模リフォームするなら「住宅ローン借り換え」とセットがお得!

 
TOP