断熱リフォームの費用相場、工期の目安は? 注意すべきポイントやリフォーム業者の選び方も解説!

断熱リフォームの費用相場、工期の目安は? 注意すべきポイントやリフォーム業者の選び方も解説!<br />
2022年10月10日公開(2022年11月28日更新)
ダイヤモンド不動産研究所

断熱リフォームを検討しているなら、まずは「断熱リフォーム工事の費用相場」や「一般的な工事期間」について確認することが大切だ。また、工事を行う際に注意すべきポイントや、失敗しない業者の選び方について解説する。

断熱リフォームの費用相場と工事期間

 断熱リフォームは小規模な工事であれば20万〜30万円、開口部や外壁などまで含めた大々的な工事になると300万円を超えることもある。

 断熱リフォーム(リノベーション)工事の種類ごとの費用や工期は下記の通り。

開口部(窓・サッシ)の断熱リフォーム

リフォーム内容 費用(目安) 工期(目安)
内窓の設置 5万〜10万円(1窓あたり) 1〜2日
断熱ガラスに交換 6万〜15万円(1窓あたり) 1〜2日
断熱サッシに交換 15万円〜(1窓あたり) 1〜5日
断熱玄関ドアに交換(カバー工法) 40万円〜 1日

屋根・天井の断熱リフォーム

リフォーム内容 費用(目安) 工期(目安)
天井断熱工事(断熱材敷き込み) 8万〜15万円 1日
屋根断熱工事(断熱材吹き付け) 25万〜40万円 1〜2日

外壁の断熱リフォーム

リフォーム内容 費用(目安) 工期(目安)
外壁内側の断熱材充填 100万円〜 外壁工事+1週間〜
外壁に外張り断熱材の設置 100万円〜 外壁工事+1週間〜

床の断熱リフォーム

リフォーム内容 費用(目安) 工期(目安)
床下に断熱材を充填 30万円〜 1日

断熱リフォームに必要なその他の工事

リフォーム内容 費用(目安) 工期(目安)
熱交換型換気システム設置 60万円〜 1週間〜
家の断熱・気密性能の測定 10万〜15万円 1日〜
気密工事 15万〜25万円 1日〜

断熱リフォームの種類

 外気との熱の出入りを少なくして「夏は涼しく、冬は暖かく」するのが断熱リフォームの主な目的だ。断熱性能が高いほど、年間を通して少ない消費エネルギーで快適な住環境を保て、光熱費も節約できる。

 さらに、住まいの断熱性能が上がると、冬になると多い結露を減らすか、なくすことができる。そのため結露によるカビの発生が抑えられ、気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎、アレルギー性の症状などに改善が見られるというデータもある。室内の温度も変動しにくくなり、過ごしやすくなる。断熱性能は快適さだけでなく健康にも影響するのだ。

 断熱リフォームをする前に、どの部分を重点的に断熱すべきか確認しよう。一般的な住宅においては、開口部(窓や玄関など)から多くの熱が出入りしている。

住まい 熱の出入り
出典:環境省「エコジン

 そのほか、換気・外壁・屋根・床から熱の出入りがある。上記の部分から熱を逃さないよう、断熱性能を向上させる工事を行おう。

開口部(主に窓・サッシ)

 開口部とは、窓・サッシ・玄関など、外部と内部のつながりを作る部分。

 開口部は住居内で最も熱が逃げやすく、それゆえ断熱リフォームの効果が最も出やすい部分だ。ただし、交換する上での制限も多く、全面的な交換だと、かなり高額になってしまう。

 断熱リフォームにおいて、メインになるのは「窓」のリフォームだ。

↓作業中(元の表)

1. 内窓の追加 既存の窓サッシをそのまま残し、室内側に窓・窓枠を追設する。
2. ガラス部分(障子)の交換 窓のガラス部分(障子)だけ断熱ガラスに交換する。
3. カバー工法 既存のサッシを撤去せずに新しいサッシを被せ、既存のものより一回り小型のガラス(障子)をはめ込む。
4. 交換工事 窓サッシを全面的に交換する。

1. 内窓の追加

 既存の窓サッシをそのまま残し、室内側に窓・窓枠を追設する。

2. ガラス部分(障子)の交換

 窓のガラス部分(障子)だけ断熱ガラスに交換する。

3. カバー工法

 既存のサッシを撤去せずに新しいサッシを被せ、既存のものより一回り小型のガラス(障子)をはめ込む。

4. 交換工事

 窓サッシを全面的に交換する。

 上記の窓のリフォーム方法は1から4にかけて高額になるが、高額なほど断熱性能も高くなっていく。3のカバー工法は、同様の方法で玄関ドアも断熱リフォームできる。その場合には、内部に断熱材としてウレタンが入っているドアを使用する。

外壁

 外壁の断熱リフォームには、次の2種類の方法がある。

1. 外壁内部に断熱材を充填する

 壁の室内側の仕上げ材を撤去し、内部に断熱材を充填する。結露を防ぐために外気側に防湿層を施工し、通気層も確保する必要がある。

2. 外壁に外張りの断熱材を貼り付ける

 外壁下地にボード上の断熱材を張り付け、その上に外壁材を張り付ける。外張り断熱材の素材にはフェノールフォームがよく使われ、断熱材の厚さには何種類かあるが、40mm程度の断熱材で十分な断熱性能を発揮する。難燃性で防火性能も高い。

 ただし、値段は高性能グラスウール(最もポピュラーな断熱材)の3倍ほどになる。

 床の断熱リフォームはフローリングをはがさずに床下から断熱材を吹き付ける方法で施工できる。このときには、床下と壁の内側が空間的につながっていれば気流止めを設置する工事も必要になる。

 床の断熱リフォームを行うときは防蟻処理(シロアリ対策)や床下換気のメンテナンスの必要性なども同時にチェックしたい。

換気

 現在の住宅には、換気扇を使った24時間換気が義務付けられている。住まいの換気には次の3種類がある。

第1種換気 排気も給気も機械で行う
第2種換気 機械で給気し、自然に排気する
第3種換気 機械で排気し、自然に給気する

 このうち、第2種、第3種だと断熱性能が下がってしまう。このような換気による熱の損失を避けるには、第1種換気にあたる「熱交換(省エネ型)換気システム」を設置する方法がある。ただし、この換気システムの設置には大掛かりな作業が必要になり、また換気システムの定期メンテナンスも必要になる。

天井・屋根

天井裏の断熱も効果的(出典:PIXTA)
天井裏の断熱も効果的(出典:PIXTA)

 天井を断熱リフォームする場合は、天井裏に断熱材を敷き込む作業に加えて天井裏と壁の空間がつながっていれば気流止めでふさぐ作業が必要になる。また、天井断熱だと夏場は天井裏にかなりの熱がこもってしまうので天井裏の換気も計画する。

 屋根の裏側に断熱材を吹き付ける工法であれば、天井裏を換気する必要はないが、屋根と断熱材の間に通気経路を確保しなければならない。屋根材の下にボード状の断熱材を張り付けるという方法もある。

気密工事

 気密工事とは、外気が建物に流れ込む隙間をふさぐ工事だ。断熱リフォームの効果を十分に発揮するためには、住まいの気密性を上げる工事が必要になることもある。畳の下の野地板の隙間や配線・配管まわりなどにある隙間を、気密テープ・シーリング・現場発泡断熱材などで丁寧にふさいでいく。

マンション(鉄筋コンクリート造)でできる工事

 鉄筋コンクリート造のマンションでも、戸建てより制限が多いものの断熱リフォームを行うことができる。たとえば、窓の交換、床下や壁の下地にボード状の断熱材を設置する工事などであればマンションでも可能なことが多く、断熱性能を高められる。ただし、マンションの規約上可能な工事かどうかはよく確認しておこう。

断熱リフォーム工事費用を予算内に抑えるためのポイント

 断熱リフォームを計画する際は、事前に下記のポイントを覚えておけば、費用を抑えられる。

リフォーム補助金制度を活用する

 断熱リフォームのように省エネ・社会の脱炭素化に関わるリフォーム工事は、下記のようなリフォーム補助金制度の対象となる可能性が高い。

既存住宅における断熱リフォーム支援事業

補助金額 最大120万円
対象となる工事 省エネ効果(15%以上)が見込まれる改修率を満たす高性能建材(断熱材・窓・ガラス)を用いた既存住宅の断熱リフォーム事業
公募期間 2022年6月3日にいったん締め切りとなるが、それ以降も数回の公募予定あり

こどもみらい住宅支援事業

補助金額 最大60万円
対象となる工事 開口部の断熱改修、外壁・屋根・天井・床の断熱改修、エコ住宅設備の設置工事が必須
公募期間 2023年3月末まで

各自治体の用意するリフォーム補助金制度

補助金額・対象となる工事の条件・公募期間 自治体により異なる

 これらのリフォーム補助金制度は用意された予算の限度額に達すれば終了となることが多いので、公募期間に余裕があっても早めに断熱リフォームの計画を進めることをおすすめしたい。

現在の家の断熱性能を把握する

 そもそも現在の家にどの程度の断熱性能があるのか、それを把握しておくことも大切だ。意外と高い断熱性能を持っているなら、部分的な断熱リフォームで十分かもしれない。

 家の断熱性能は、専門業者に依頼すれば赤外線サーモグラフィーや気密測定器などを使って把握することができる。行おうとしている断熱リフォーム工事にどれほどの効果があり、年間どのくらいの光熱費を節約できるかをシミュレーションしてもらえるプランもある。

 これらの測定は有料で、費用は10万〜15万円程度となることが多い。気軽に行える値段ではないが、行おうとしている断熱リフォームが300万円を超える規模であれば、測定を基にプランを練り直せば予算を10万円以上抑えられる可能性は十分にあるだろう。

他のメンテナンス工事と合わせて行う

 ところどころ断熱材が使用されていなかったり、外気が流れ込む隙間が多かったりするなど、元々の家の断熱性能が低ければ断熱リフォーム工事は大掛かりになるだろう。外壁や天井をはがすなどの解体作業が必要になるケースもある。

 断熱リフォームが大規模になるなら、他の工事と合わせて行うのがおすすめだ。屋根・外壁の張り替え工事やスケルトンリフォーム工事、耐震補強工事などを行う予定があれば、そのような工事と合わせて断熱リフォームも同時に行えないか検討してみよう。

 2種類の工事を同時に行えば、一度にかかるリフォーム費用は高くなるが、別々にリフォーム工事する合計よりは安く済むはずだ。また、断熱性能が向上すれば年間の光熱費も下がり、長期的な節約にもつながる。

断熱リフォームの検討から施工完了までの流れ

 断熱リフォーム工事は、工事の検討から施工完了まで概ね下記のような流れで進められる。

ステップ ① 断熱リフォームの工事内容を検討する

 まずは、どのような断熱リフォーム工事を行うのか内容を検討しよう。住まいの断熱性能を確認したい場合は、図面をもとに業者に相談するか、有料になるが断熱性能調査をしてもらうのがいいだろう。

ステップ ② 予算を決める

 次に、リフォームにかける予算を決めよう。希望するリフォーム内容の費用相場を把握し、手元の余裕資金で賄うか、ローンを使うかなど資金調達の方法を検討する。ローンを利用する場合は、金利や月々の返済額、返済期間を考慮し、無理のない計画を立てるようにしたい。

ステップ ③ リフォーム業者を探す

 リフォーム内容と予算を決めたら、依頼するリフォーム業者を探そう。ここで重要なのは、複数のリフォーム業者に同じ内容で見積もりを依頼すること。

 一社一社調べて連絡する方法もあるが、リフォーム業者比較サイトなどでのWeb一括見積もりサービスなら手間がかからず便利だ。

ステップ ④ 現場調査

 概算見積もりを出してもらったリフォーム業者からさらに候補を2、3社に絞り、現場調査を依頼しよう。現場調査により、希望するリフォームが可能かどうかを判断してもらい、正確な見積もりを出してもらうことができる。希望するリフォームのイメージ写真や要望リスト、家の図面があるとよりスムーズに話が進められるだろう

ステップ ⑤ 詳細見積もりとプランの比較

 現場調査後1〜2週間ほどで、それぞれの会社からリフォームプランと見積もりが届く。各社を比較して、工事を依頼する会社を決めよう。提示されたプランと費用だけでなく、担当者の対応なども考慮して検討したい。

ステップ ⑥ リフォーム業者と契約

 依頼する会社を決め、リフォームプランが確定したら、契約を結ぶことになる。契約書にある契約内容や図面、費用の支払い方法と時期、アフターフォローについては特によく確認しよう。

ステップ ⑦ 工事開始

 契約を結んだら、いよいよ工事のスタートだ。工事の際は騒音や振動、工事車両の出入りなどで近所に迷惑をかける可能性がある。挨拶回りはリフォーム業者が行ってくれる場合もあるが、きちんと自分自身で着工前に近所への挨拶をしておこう。

ステップ ⑧ 施工完了・引き渡し

 工事が完了すると、引き渡し前にリフォーム業者による竣工検査が行われる。この際に業者任せにせず、自分の目でもしっかり確認しよう。問題がなければ工事完了確認書にサインをして、引き渡しとなる。万一、あとから不具合が見つかったときのために、保証やアフターフォローについても確認しておこう。

 断熱リフォームの設計プランは、断熱性能がどれほど向上するかをUA値(外皮平均熱寒流率w/(㎡・k))という数値にして評価する。たとえば、このUA値をもとにした断熱性能の基準値は下記のようになる。

UA値 地方
0.46 北海道の基準値
0.56 東北北部の基準値
0.75 東北・中部地方山間部の基準値
0.87 その他の地方の平野部の基準値

 UA値は数値が低いほど断熱性能が高い。断熱リフォームに精通した業者であれば、設計プランから算出したUA値も提示してくれるだろう。

 費用の支払い方法は工事の規模や業者ごとに異なるので、契約前に確認しておくとよい。リフォーム工事費用があまり高額にならなければ工事完了の1回払いとなることが多いが、費用が高額になると着工金と工事終了後の支払いの2回払い、着工金・中間金・工事終了後の3回払いをお願いされることもある。

断熱リフォームでの注意点

 断熱リフォームでありがちな失敗を避けるためには、工事を契約する前に下記のようなポイントをチェックしておきたい。

ヒートショックにつながる部屋間の温度差

 断熱リフォームによって、部屋間での温度差が大きくなるようなことはぜひ避けたい。暖かい場所から寒い場所へ移動すると人体は血圧を上げて温度差に対応しようとする。この現象がヒートショックにつながり、ヒートショックが原因で命を落とす人は年間2万人弱とする試算もある。

 この点を考えると、家の中の一部分だけ断熱したりせず、断熱リフォームは家全体の温度差を減らすことを目標にしよう。

カビを防ぐ換気・通気・防湿

冬の結露にも要注意(出典:PIXTA)
冬の結露にも要注意(出典:PIXTA)

 カビは気温20〜30℃/湿度80%程度の環境で繁殖しやすくなる。そのため、断熱リフォームでは熱を逃がさないと同時に、湿度が上がりすぎないように注意する必要がある。

 カビが繁殖する原因の一つは結露だ。暖かい空気が外気側の壁や窓際で冷やされると、空気中の水分が絞り出されるようにして水滴になり、結露が生じる。

 このようなカビ発生を抑えるには、高い断熱性能に加えて、住まいの見えない場所にも湿気がこもらないよう、適切な場所に通気経路を確保したり防湿シートを張ったりという工夫が必要になる。

 たとえば、外張り断熱材と屋根・外壁材の間の通気層、天井断熱の室内側の防湿シートなどだ。断熱性能を損なわない計画的な換気も断熱リフォームの設計に組み込みたい。

【関連記事】>>結露」が引き起こす、住宅と健康への被害とは?!結露ができる原因と対策を紹介

遮熱機能との違いを理解する

 断熱機能と遮熱機能は混同しがちな性能だが、別物だ。断熱が熱の移動を抑える機能であるのに対し、遮熱は日光を跳ね返し熱が生まれないようにする機能だ。

 つまり、断熱機能は夏場・冬場の冷暖房の効率化に有効だが、遮熱機能は夏場の暑さ対策のみに有効だ。その遮熱機能も、そもそも断熱性能が低い家では効果を実感しにくい。遮熱機能のあるカーテンや屋根・外壁塗料などは、住まいの断熱機能の補助的な役割と理解しておこう。

失敗しない断熱リフォーム業者の選び方

 断熱リフォームの成否のカギを握るのが、リフォーム業者選びだ。しかし、数多くの会社の中から、どのように選んだらよいのか迷う人も多いだろう。ここでは、リフォーム業者選びに失敗しないために押さえておきたいポイントを説明する。

施工実績

 リフォーム業者には、それぞれ得意分野がある。まずは、自分たちが希望するリフォームと同じ分野での実績があるかどうかを確認しよう。施工実績は、リフォーム業者のWebサイトやパンフレット、リフォーム業者比較サイトなどで見ることが可能だ。

 断熱リフォームは、その他のリフォームよりも難易度が高いと言われている。断熱材を上手く設置できなければ、断熱材と壁の隙間に結露が発生するなど、トラブルが発生しやすいからだ。

 また、家の断熱性能がどれほど向上するかが大切なポイントになるが、感覚的にではなくデータによる客観的な効果が見える設計をしてくれる業者に依頼するのが望ましい。

コミュニケーション力と提案力

 要望を丁寧にくみ取るコミュニケーション力や、ヒアリングにもとづいて最適なプランを提示する提案力も重要だ。複数のリフォーム業者に現場調査・見積もり依頼をするとその違いがよく見えてくるだろう。担当者との相性や、話しやすさもチェックしておこう。

自宅からの近さ

 リフォーム業者とは、打ち合わせから実際の工事、竣工後のアフターフォローまで含めれば、それなりに長い間お付き合いをすることになる。なるべく自宅に近いエリアにある会社の方が、すぐに対応してもらえる安心感があり、心強い。

口コミなどの評判

 大手や施工実績が豊富な会社でも、施主からの評価が高いとは限らない。Googleやリフォーム業者比較サイトなどの口コミも参考にするとよいだろう。

保証とアフターサービス

 リフォーム完了後に不具合が出た場合などは、保証やアフターサービスが重要となる。契約前にその点もよく確認したい。リフォーム瑕疵(かし)保険に加入している会社なら、工事中や工事完了後に第三者からの検査を受けることができ、工事完了後に欠陥が見つかった場合に無償で対応してもらうことができる。

一括見積もりなどを使い、複数業者から比較する

 断熱リフォームに限らず、リフォームを依頼する業者を探すときには、複数のリフォーム業者から見積もりを取ることも大切だ。

 リフォームには「定価」がないため、とっても同じ製品に交換する場合ですら、業者によって費用は異なる。しかし1ヶ所からしか見積もりを取らなければ、その費用が高いのか安いのかを判断するのは困難だ。

 なお、「一括見積もりサイト」などを活用すると、簡単に複数の業者から見積もりを取れるので便利だ。希望するリフォームの内容や物件情報などを一度入力するだけで良いので、複数の業者に何度も問い合わせる手間が省けるのがメリットとなる。

 ただし、費用だけで業者を選ぶのはおすすめできない。安くても対応が悪かったり、工事が雑だったりすると満足いく窓リフォームにはならないためだ。

 多少、他社より費用が高くても、見積もりを依頼したときの対応の良さや、担当者との相性などを優先しよう。

【関連記事】>>リフォーム業者選びで注意すべき7つのポイントとは? 工事内容に合わせて、依頼するリフォーム業者を選択しよう

  • RSS最新記事
一括見積もりサイト名 リショップナビロゴ ホームプロロゴ SUUMOリフォームロゴ タウンライフリフォームロゴ ハピすむロゴ リノコ ハウジングバザールロゴ リフォーム評価ナビロゴ リフォーム比較プロロゴ
おすすめポイント 入力項目が少なく、担当窓口と直接電話で相談できる。ネットでのやりとりが苦手な人におすすめ。 現地調査の前段階までマイページ内で匿名でのやり取りが可能。なるべく電話でのやり取りを減らしたい人におすすめ。 プロのアドバイザーによるリフォーム相談が何度でも無料。紹介された業者への断りも代行する。リフォーム初心者や、きめ細かいサービスが受けたい方におすすめ。 間取り図を添付すると、リフォーム提案書や企画書、見積書まで作成してくれる。一歩踏み込んだ提案が欲しい人向け。 東証プライム上場企業が運営。入力項目が少なく、見積もり依頼後すぐに担当から電話がかかってくる。まずは相談したいという人におすすめ。 登録業者の中から近隣の1社を紹介。定額制リフォームなので、全国どこでも料金は同じだ。 中堅規模の工務店が多く登録。詳細な情報を入力すると、リフォーム提案書なども受け取り可能。 財団法人が運営するリフォーム会社検索紹介サイト。クチコミや評価を参考にして業者を決めたいという人向け。 地域の工務店が多く登録。近隣のリフォーム業者を選びたい人に向いている。
提携業者数 約1500社 約1200社 約800社 約460社 約1000社 約300社 約300社 約980社 約500社
紹介会社数 最大5社 最大8社 3〜4社 3〜8社 最大3社 1社 2社〜 最大5社 3〜4社
電話連絡 あり なし あり あり あり あり あり なし あり
独自保証制度 リショップナビ安心保証(無料) 工事完成保証(無料) 完成あんしん保証(無料) なし なし 1年工事保証(無料)5年機器延長保証(有料)10年機器延長保証(有料) なし なし なし
対応業者一覧から口コミを確認 × × × × ×
相談窓口 あり なし あり あり あり あり あり なし あり
掲載事例件数 約9000件 約9万件 掲載多数 なし なし 約5000件 なし 掲載多数 なし
 

無料で見積もり(公式サイト)

無料で見積もり(公式サイト) 無料で相談する(公式サイト) 無料で見積もり(公式サイト) 無料で見積もり(公式サイト) 無料で見積もり(公式サイト) 無料で見積もり(公式サイト)

おすすめ記事はこちら 

【業者選び】おすすめ「リフォーム一括見積もりサイト」を徹底比較!

【業者選び】信頼できる業者を見抜く7つのポイント!

【税金】2022年度版 リフォームに使える減税制度・補助金を解説

【住宅ローン】リフォーム費用も低金利で借りられる銀行はどこ?

【住宅ローン】大規模リフォームするなら「住宅ローン借り換え」とセットがお得!

リショップナビ(リフォーム一括見積もりサイト)
登録業者数 約1500社
資料請求 無料
運営会社 株式会社じげん(資本金25億5200万円)
住所 東京都港区
紹介会社数 最大5社
【おすすめポイント】
・入力項目が少なく、操作が簡単
・電話、WEBサイトどちらでも見積もり依頼が可能
・リショップナビ担当者と直接詳細を相談できる
・契約したリフォーム会社が倒産した場合に備える、独自の保証が付いている
一括見積もりはこちら(無料) >>
ホームプロ(リフォーム一括見積もりサイト)
登録業者数 約1200社
資料請求 無料
運営会社 株式会社ホームプロ(リクルートの100%子会社・資本金3億円)
住所 東京都港区
紹介会社数 最大8社
【おすすめポイント】
・商談の段階まで匿名でのやり取りが可能
・独自の工事完成保証制度がある
(着工前:支払い済みの手付金を返還、完成前:代替会社による工事の完成)
・リフォーム会社ごとの評価やクチコミを確認できる
一括見積もりはこちら(無料) >>
SUUMOリフォーム(リフォーム会社紹介サイト)
SUUMOリフォーム
登録業者数 約800社

資料請求

無料(相談料も無料)
運営会社 株式会社リクルート(東証プライム上場・資本金3億5000万円)
住所 東京都千代田区
紹介会社数 3〜4社

【おすすめポイント】
・SUUMOリフォーム担当者が中立的な立場から要望に合ったリフォーム会社を紹介
・予算の立て方、おすすめのリフォームプランも相談できる
・リフォーム会社への断りはSUUMO担当者が代行
・契約したリフォーム会社が倒産した場合に備える、独自の保証(完成あんしん保証)が付いている

会社紹介を申し込む(無料) >>
タウンライフリフォーム(リフォーム一括見積もりサイト)
登録業者数 460社以上
資料請求 無料
運営会社 タウンライフ株式会社(資本金2000万円)
住所 東京都新宿区
紹介会社数 3社〜8社程度

【おすすめポイント】
間取り図や詳細な情報を送付すると、最適なリフォーム計画書を提示してくれる
・電話、WEBサイトどちらからでも連絡可能
・専門アドバイザーへのリフォーム相談が可能

一括見積もりはこちら(無料) >>
 ハピすむ(リフォーム一括見積もりサイト)
ハピすむ
登録業者数 1000社以上
資料請求 無料
運営会社 株式会社エス・エム・エス(東証プライム上場・資本金23億1022万円)
住所 東京都港区
紹介会社数 最大3社
【おすすめポイント】
・運営元が東証プライム上場企業なので信頼感がある
・累計見積もり依頼件数20万件の実績
・登録業者は大手から中小まで幅広い
一括見積もりはこちら(無料) >>
 ハウジングバザール(リフォーム一括見積もりサイト)
ハウジングバザール
登録業者数 約300社
資料請求 無料
運営会社 G/REX JapaN株式会社(資本金100万円)
住所 千葉県市原市
紹介会社数 2社〜

【おすすめポイント】
・登録業者は公的証明書を取得している会社のみ

・一部の登録業者については、サイト内動画で会社の様子を確認できる
・相談窓口は建築業界経験者なので、専門的な質問にも対応可能
・詳細を入力すれば、見積書や提案書まで受け取れる

一括見積もりはこちら(無料) >>
 リフォーム比較プロ(リフォーム一括見積もりサイト)
リフォーム比較プロ
登録業者数 500社以上
資料請求 無料
運営会社 株式会社サフタ(資本金990万円)
住所 東京都品川区
紹介会社数 3〜4社
【おすすめポイント】
・加盟企業は地域工務店が多く、地域密着型の会社を探しやすい
・電話、WEBサイトどちらでも見積もり依頼が可能
・ユーザーからの評判が悪い業者は登録が削除されるので、評判のいい業者だけが残っている
一括見積もりはこちら(無料) >>
↓中古物件の購入・大規模リノベーションならこちら!↓
 リノベ不動産(不動産仲介+リノベーション会社)
リノベ不動産
対応サービス 中古物件の紹介、中古物件の大規模リノベーションなど
設立 2013年
運営会社 株式会社 WAKUWAKU

【おすすめポイント】
・中古物件探しから、設計・施工、住宅ローン選びまで一社で完結!
・それぞれの工程で、専門スタッフからサポートが受けられる
・全国200拠点(北海道から沖縄まで)で展開

資料請求はこちら(無料) >>

おすすめ記事はこちら 

【業者選び】おすすめ「リフォーム一括見積もりサイト」8社を徹底比較!

【業者選び】信頼できる業者を見抜く7つのポイント!

【税金】2022年度版 リフォームに使える減税制度・補助金を解説

【住宅ローン】リフォーム費用も低金利で借りられる銀行はどこ?

【住宅ローン】大規模リフォームするなら「住宅ローン借り換え」とセットがお得!

 
TOP