リビングリフォームの費用相場と目安の工期は? 注意すべきポイントやリフォーム業者の選び方も解説!

リビングリフォームの費用相場と目安の工期は? 注意すべきポイントやリフォーム業者の選び方も解説!
2022年10月10日公開(2022年11月10日更新)
ダイヤモンド不動産研究所

リビングリフォームを検討しているなら、まずは「リビングリフォーム工事の費用相場」や「一般的な工事期間」について確認することが大切だ。また、工事を行う際に注意するべきポイントや、失敗しない業者の選び方について解説する。

【種類別】リビングリフォームの相場金額・工事期間

 リビングリフォーム工事の費用相場は、内装リフォームだけであれば50万円以内に収まることもあれば、大規模なリフォーム・リノベーション工事となると200万を超える事例もある。木造一戸建て・マンションの場合のリフォーム工事ごとの費用相場と工期は概ね下記のような金額になる。

内装工事(1室10畳程度として概算)

リフォーム内容 費用(目安) 工期(目安)
天井・壁のクロス張り替え 6万〜15万円 1〜2日
フローリングの張り替え 12万〜20万円 1〜3日
フローリングの重ね張り 7万〜13万円 1〜3日
照明工事 5〜15万円 1〜2日

間取りの変更などの工事(金額は1カ所あたり)

リフォーム内容 費用(目安) 工期(目安)
既存の壁の撤去 5万〜20万円 1日
間仕切り壁の新設 10万〜25万円 1〜3日
可動間仕切り(パーティション)設置 25〜50万円 1日
ドア・ドア枠交換 10〜20万円

造作工事

リフォーム内容 費用(目安) 工期(目安)
壁面収納(オーダー品)の設置 30万〜60万円 1日
小上がり和室の設置 20万〜60万円 3〜5日
可動式間仕切り(パーティション)の設置 25万〜50万円 1日

 リビングのリフォームプランごとの工事費用の目安は下記の通り。

プラン例①:リビングの内装のみのリフォーム工事

リフォーム内容 費用(目安)
天井・壁のクロス工事 10万〜15万円
フローリング張り替え工事(複合フローリング) 15万〜20万円
ドア交換工事 約10万円
合計  35万〜45万円

プラン例②:独立していたリビングとダイニングをつなげるリフォーム工事

リフォーム内容 費用(目安)
間仕切り壁の撤去と補修工事 15万〜20万円
天井・壁のクロス工事 20万〜25万円
フローリング張り替え工事(複合フローリング) 25万〜30万円
ドア交換工事 約10万円
合計  70万〜85万円

プラン例③:リビングと隣接する和室をつなげてリビングを拡張するリフォーム工事

リフォーム内容 費用(目安)
建具・壁の撤去工事 約5万円
和室とリビングの天井をフラットにする工事 約15万円
押入をクローゼットに変更 約15万円
天井・壁のクロス工事 20万〜25万円
フローリング工事 30万〜40万円
建具・窓サッシ等の交換工事 15万〜20万円
合計  100万〜120万円

リビングリフォームの種類

 リビングリフォームには主に下記のような工事が含まれる。

内装工事(フローリング・壁紙、など)

 リビングリフォームの内装工事で主に行われるのはフローリンングの張り替え、壁や天井のクロス張り替えなどが場合によってはドア・窓の交換などを行うこともある。

 リビングの雰囲気を大きくリニューアルすることができるが、フローリング・クロスのリフォームだけであればさほど高額になることはないだろう。ただし、フローリングを無垢材にしたり、壁材を珪藻土やウッドパネルなど値段の高い建材にすれば費用は50万を優に超えることもある。

間取りの変更工事(間仕切りの撤去・設置、など)

 リビングリフォームの間取り変更では、ダイニングキッチンとつなげる工事や、隣接する和室などとつなげてリビングを広くする工事を行う。

 ほとんどの場合、間仕切り壁(耐力壁ではない壁)を撤去して空間を広げる工事がほとんどだが、間仕切り壁を追加して空間を区切ることもある。

 なるべく広い空間を確保しておきたいが状況に応じてプライバシーを保てる空間も欲しい、またはリビングから目の届く範囲に子供部屋のような一角が欲しい、という場合には、引き戸のようにスライドさせて使う可動式の間仕切り(パーテーション)も有用だ。

リノベーション工事(和モダンな和室に改修など)

 ある程度余裕のある予算でリビングを全面的にリフォームするなら、明確なデザインコンセプトのもとにリノベーション工事として計画するのもおすすめだ。

 人気のあるデザインコンセプトは「和モダン」「北欧モダン」「ホテルライク」などだ。これらのコンセプトをもとにインテリアを自分で選ぶのはなかなか難しいので、専門的な知識をもつリフォーム・リノベーション会社にインテリアコーディネートを依頼するのが理想的だ。

 リビングの広さに余裕があるなら、一段高い場所に畳を敷ける小上がり和室を設置するリフォームも検討できる。

リビングリフォーム工事費用を予算内に抑えるためのポイント

 リビングリフォームの費用をなるべく抑えるためには、下記のポイントを事前に確認しておくことをおすすめしたい。

既存部分を活用する

 内装工事では、床・床下の構造に問題がなければ、既存のフローリングを撤去せずに上から薄いフローリングを張る重ね張り工法であれば、少し費用を抑えられる。

 リビングと和室の一体化リフォームでは、既存のフローリング、天井、窓などを利用すれば撤去・手直しの作業を大幅に減らせるので費用はだいぶ抑えられる。ただし、フローリングや天井には元の区切りを感じさせる箇所が残るため、部屋全体の空間的な統一感は出しにくくなってしまう。

補助金制度の対象となるリフォーム工事にする

 リフォーム工事に適用できる補助金制度はいくつもあるが、リビングのみをリフォームするというケースでは、適用できる補助金制度はかなり少なくなってしまう。

 ただし、当初の計画ではリフォーム補助金制度の対象にならない工事でも、リフォームプランを一部変更すれば補助金の対象になる、という可能性はあるので、少し時間をとってリフォーム補助金制度について調べてみるとよいだろう。

 たとえば、リビングのリフォームに合わせて床・天井・窓などの断熱性能を上げる省エネリフォーム工事とし、なおかつ工事金額が100万円を超えるようほかの工事もついかすれば、「こどもみらい住宅支援事業」という補助金制度の対象となる可能性がある。

 または要支援・要介護認定を受けた人が暮らす家であれば、和室の床をフローリングにする、段差をなくす工事とすれば、介護保険から補助金をうけられる可能性がでてくる。

リビングリフォームの検討から施工完了までの流れ

 リビングリフォーム工事は、工事の検討から施工完了まで概ね下記のような流れで進められる。

  1. 1. リビングリフォームのイメージを固める
  2. 2. 費用を概算し、工事の範囲・予算を決める
  3. 3. 複数の業者を選び、打ち合わせる
  4. 4. 相見積もりを依頼し、検討する
  5. 5. 業者を選定する
  6. 6. より詳細な打ち合わせをする
  7. 7. 最終的な見積もり・支払い方法を確認する
  8. 8. リフォーム工事の契約
  9. 9. リフォーム工事の着工
  10. 10. リフォーム工事の竣工
  11. 11. 工事の最終確認に立ち会い、問題がなければ引き渡し

 支払い方法は工事の規模や業者ごとに異なるので、契約前に確認しておくとよいだろう。

 リフォーム工事費用があまり高額でなければ工事完了後の1回払いとなることが多いが、費用が高額になると着工金と工事終了後の支払いの2回払い、着工金・中間金・工事終了後の3回払いをお願いされることもある。

リビングリフォームで注意するポイント

 リビングは住まいの中でも家族が集まる団らんの中心となる部分だ。下記のようなポイントをおぼえておくと、リビングリフォームで失敗する可能性は低くなる。

家具・家電のサイズ感を考えておく

 ソファ、ローテーブル、収納家具、テレビ、TVボードなど、リビングに置きたい家具・家電は多いはずだ。さらにリビング・ダイニングであればダイニングテーブル一式もおかなければならないだろう。

 リビングのリフォーム工事が終わって、いざ家具を設置してみると思った以上に狭い、過ごしにくいと感じてしまうかもしれない。リビングのリフォームの間取りや広さを考えるときには、家具を配置しても余裕を感じられる広さ・間取りとしたい。

 たとえば、テレビと視聴する人の快適な距離は「テレビ画面の縦寸法×3」程度とされている。50インチ(62.3cm×110.7cm)のテレビを置くなら2m程度の距離を置いて座れる位置にソファを置く。さらにソファの背面から壁面まで1m程度あれば、人ひとりが余裕を持って歩けるスペースができる。

 このようにスペースと家具の大きさ、人の動線を合わせて計画しておけば、リフォーム後に手狭さを感じずにすむだろう。

デザインにこだわりがあるなら業者との相談・打ち合わせはより綿密に

 リビングリフォームのインテリアコーディーネートは施主と業者の間でギャップが生じやすい部分のひとつだ。

 たとえば「和モダン」をデザインコンセプトにしたいとしても「和モダン」という言葉に明確な定義は無く、日本の伝統的な意匠と近代的でおしゃれな雰囲気が合わさったもの、といった程度のあいまいなイメージしかないかもしれない。

 言葉で説明しにくいデザイン上のニュアンスは、画像であれば伝わりやすくなる。現代ではWEBサイトだけでなくインスタグラムなどに自社の施工事例を掲載している会社も多いので、それらの画像のなかから気に入ったものを参考にしたい実例としていくつもピックアップしておこう。

 画像をもとにリフォーム業者と相談・打ち合わせにのぞめば、リフォームの完成像をイメージに近づけやすくなるはずだ。

LDKを計画する際は「内装制限」に注意

 調理に火を使うキッチンは建築基準法上「火気使用室」と言われ、内装材は準不燃材以上の防火性能のもので仕上げる必要がある。これが「内装制限」だ。この内装制限は、LDKの間取りであればキッチンとつながっているリビング・ダイニング部分の内装にも適用される。

 ただしキッチンとリビング・ダイニングの間に間仕切り壁がなくても、天井に50cm以上の垂れ壁を設置すれば、リビング・ダイニング部分は内装制限を受けない。リビング・ダイニング・キッチンを一つの空間としてリフォームする場合にも、垂れ壁を設置すればリビングの内装材も制限なく自由に選べるようになる。

 リビングリフォームを計画する時には、この内装制限を頭に入れておこう。

リビングリフォームの見積もりの取り方

 リビングリフォーム工事も、他のリフォーム工事と同じように複数の相見積もりをとって最終的に工事をお願いする業者を選ぶことができる。ただし、見積もりをお願いする全ての業者に、リビングリフォームの予算や要望など、まったく同じ条件を伝えることが大切だ。業者に伝える条件がバラバラでは、見積もりを適正に比較できなくなってしまう。

 相見積もりを依頼する前に、前もってリビングリフォームの目的、予算、譲れないポイント、妥協できるポイントなどを明確にしておくと良いだろう。その方が業者との相談・打ち合わせもスムーズに進むはずだ。

 また、やみくもに相見積もりの業者を増やさないようにも注意しよう。見積もり業者が増えれば、見積書の比較検討にも余計な時間がかかるし、リフォーム業社を1社に絞って他のすべてをお断りする際にもかなり面倒になるだろう。

 リフォーム工事の相見積もりは、可能性がありそうなリフォーム業社について十分に事前調査し、3社前後に留めておくのが賢い方法だ。

失敗しないリビングリフォーム業者の選び方

 リビングリフォームの業者選びでは、などを念頭においてよく調べると、信頼できる業者を見つけやすくなるだろう。

  • ・リフォーム工事の実績の豊富さ
  • ・見積書の価格・内容の適正さ
  • ・打ち合わせ時の提案力や傾聴力
  • ・評判の良さ
  • ・アフターフォーロー体制の充実さ

 加えて、下記のポイントも頭に置いておけば、より失敗しないリフォーム業者選びができるはずだ。

確実なのは工事する物件を建てたメーカー

 基本的にどんなリフォーム工事も、工事する家を建てたハウスメーカーが有力候補になる。家の構造や仕様など、外側からは見えない建物の内部の構造や情報などに精通しているからだ。そのような情報は家の機能や強度を落とさないようにリフォームする上で非常に重要になる。

 特にツーバイフォー住宅の間取り・開口部のサイズを変更する工事では、構造強度を落とさずにリフォームするのは難しい。ツーバイフォー住宅は柱ではなく壁で建物全体を支えているため、壁に変更を加えると全体の強度のバランスが崩れてしまいかねないのだ。

費用と技術のバランスが良いのは「リフォーム専門店」や「工務店」

 リビングリフォームでは内装工事、木工事、電気工事など様々な工事の専門家が必要になる。リフォーム専門店や工務店では、リフォーム工事に必要とされる職人や有資格者が揃っている可能性が高い。また、大抵の場合、大手ハウスメーカーよりもリフォーム費用は安くなるし、工事する物件のあるエリアを営業エリアとする業者も見つけやすい。

 近隣で営業しているリフォーム業者なら、打ち合わせの進めやすさやアフターサービスの受けやすさの点でも便利だ。

センス重視なら「インテリアコーディネーターのいるリフォーム会社」

 リビングリフォームで、デザイン・センスを重視したい場合は、インテリアコーディネータが在籍するリフォーム会社を選ぶと良いかもしれない。インテリア有資格者なら専門的な知識も豊富にあるし、リフォーム・リノベーションにおける流行にも通じているだろう。「和モダン」や「北欧モダン」のように明確な定義がなく、ニュアンスで語られがちなデザインのイメージも、しっかり形にしてくれるはずだ。

  • RSS最新記事
一括見積もりサイト名 リショップナビロゴ ホームプロロゴ SUUMOリフォームロゴ タウンライフリフォームロゴ ハピすむロゴ リノコ ハウジングバザールロゴ リフォーム評価ナビロゴ リフォーム比較プロロゴ
おすすめポイント 入力項目が少なく、担当窓口と直接電話で相談できる。ネットでのやりとりが苦手な人におすすめ。 現地調査の前段階までマイページ内で匿名でのやり取りが可能。なるべく電話でのやり取りを減らしたい人におすすめ。 プロのアドバイザーによるリフォーム相談が何度でも無料。紹介された業者への断りも代行する。リフォーム初心者や、きめ細かいサービスが受けたい方におすすめ。 間取り図を添付すると、リフォーム提案書や企画書、見積書まで作成してくれる。一歩踏み込んだ提案が欲しい人向け。 東証プライム上場企業が運営。入力項目が少なく、見積もり依頼後すぐに担当から電話がかかってくる。まずは相談したいという人におすすめ。 登録業者の中から近隣の1社を紹介。定額制リフォームなので、全国どこでも料金は同じだ。 中堅規模の工務店が多く登録。詳細な情報を入力すると、リフォーム提案書なども受け取り可能。 財団法人が運営するリフォーム会社検索紹介サイト。クチコミや評価を参考にして業者を決めたいという人向け。 地域の工務店が多く登録。近隣のリフォーム業者を選びたい人に向いている。
提携業者数 約1500社 約1200社 約800社 約460社 約1000社 約300社 約300社 約980社 約500社
紹介会社数 最大5社 最大8社 3〜4社 3〜8社 最大3社 1社 2社〜 最大5社 3〜4社
電話連絡 あり なし あり あり あり あり あり なし あり
独自保証制度 リショップナビ安心保証(無料) 工事完成保証(無料) 完成あんしん保証(無料) なし なし 1年工事保証(無料)5年機器延長保証(有料)10年機器延長保証(有料) なし なし なし
対応業者一覧から口コミを確認 × × × × ×
相談窓口 あり なし あり あり あり あり あり なし あり
掲載事例件数 約9000件 約9万件 掲載多数 なし なし 約5000件 なし 掲載多数 なし
 

無料で見積もり(公式サイト)

無料で見積もり(公式サイト) 無料で相談する(公式サイト) 無料で見積もり(公式サイト) 無料で見積もり(公式サイト) 無料で見積もり(公式サイト) 無料で見積もり(公式サイト)

おすすめ記事はこちら 

【業者選び】おすすめ「リフォーム一括見積もりサイト」を徹底比較!

【業者選び】信頼できる業者を見抜く7つのポイント!

【税金】2022年度版 リフォームに使える減税制度・補助金を解説

【住宅ローン】リフォーム費用も低金利で借りられる銀行はどこ?

【住宅ローン】大規模リフォームするなら「住宅ローン借り換え」とセットがお得!

リショップナビ(リフォーム一括見積もりサイト)
登録業者数 約1500社
資料請求 無料
運営会社 株式会社じげん(資本金25億5200万円)
住所 東京都港区
紹介会社数 最大5社
【おすすめポイント】
・入力項目が少なく、操作が簡単
・電話、WEBサイトどちらでも見積もり依頼が可能
・リショップナビ担当者と直接詳細を相談できる
・契約したリフォーム会社が倒産した場合に備える、独自の保証が付いている
一括見積もりはこちら(無料) >>
ホームプロ(リフォーム一括見積もりサイト)
登録業者数 約1200社
資料請求 無料
運営会社 株式会社ホームプロ(リクルートの100%子会社・資本金3億円)
住所 東京都港区
紹介会社数 最大8社
【おすすめポイント】
・商談の段階まで匿名でのやり取りが可能
・独自の工事完成保証制度がある
(着工前:支払い済みの手付金を返還、完成前:代替会社による工事の完成)
・リフォーム会社ごとの評価やクチコミを確認できる
一括見積もりはこちら(無料) >>
SUUMOリフォーム(リフォーム会社紹介サイト)
SUUMOリフォーム
登録業者数 約800社

資料請求

無料(相談料も無料)
運営会社 株式会社リクルート(東証プライム上場・資本金3億5000万円)
住所 東京都千代田区
紹介会社数 3〜4社

【おすすめポイント】
・SUUMOリフォーム担当者が中立的な立場から要望に合ったリフォーム会社を紹介
・予算の立て方、おすすめのリフォームプランも相談できる
・リフォーム会社への断りはSUUMO担当者が代行
・契約したリフォーム会社が倒産した場合に備える、独自の保証(完成あんしん保証)が付いている

会社紹介を申し込む(無料) >>
タウンライフリフォーム(リフォーム一括見積もりサイト)
登録業者数 460社以上
資料請求 無料
運営会社 タウンライフ株式会社(資本金2000万円)
住所 東京都新宿区
紹介会社数 3社〜8社程度

【おすすめポイント】
間取り図や詳細な情報を送付すると、最適なリフォーム計画書を提示してくれる
・電話、WEBサイトどちらからでも連絡可能
・専門アドバイザーへのリフォーム相談が可能

一括見積もりはこちら(無料) >>
 ハピすむ(リフォーム一括見積もりサイト)
ハピすむ
登録業者数 1000社以上
資料請求 無料
運営会社 株式会社エス・エム・エス(東証プライム上場・資本金23億1022万円)
住所 東京都港区
紹介会社数 最大3社
【おすすめポイント】
・運営元が東証プライム上場企業なので信頼感がある
・累計見積もり依頼件数20万件の実績
・登録業者は大手から中小まで幅広い
一括見積もりはこちら(無料) >>
 ハウジングバザール(リフォーム一括見積もりサイト)
ハウジングバザール
登録業者数 約300社
資料請求 無料
運営会社 G/REX JapaN株式会社(資本金100万円)
住所 千葉県市原市
紹介会社数 2社〜

【おすすめポイント】
・登録業者は公的証明書を取得している会社のみ

・一部の登録業者については、サイト内動画で会社の様子を確認できる
・相談窓口は建築業界経験者なので、専門的な質問にも対応可能
・詳細を入力すれば、見積書や提案書まで受け取れる

一括見積もりはこちら(無料) >>
 リフォーム比較プロ(リフォーム一括見積もりサイト)
リフォーム比較プロ
登録業者数 500社以上
資料請求 無料
運営会社 株式会社サフタ(資本金990万円)
住所 東京都品川区
紹介会社数 3〜4社
【おすすめポイント】
・加盟企業は地域工務店が多く、地域密着型の会社を探しやすい
・電話、WEBサイトどちらでも見積もり依頼が可能
・ユーザーからの評判が悪い業者は登録が削除されるので、評判のいい業者だけが残っている
一括見積もりはこちら(無料) >>
↓中古物件の購入・大規模リノベーションならこちら!↓
 リノベ不動産(不動産仲介+リノベーション会社)
リノベ不動産
対応サービス 中古物件の紹介、中古物件の大規模リノベーションなど
設立 2013年
運営会社 株式会社 WAKUWAKU

【おすすめポイント】
・中古物件探しから、設計・施工、住宅ローン選びまで一社で完結!
・それぞれの工程で、専門スタッフからサポートが受けられる
・全国200拠点(北海道から沖縄まで)で展開

資料請求はこちら(無料) >>

おすすめ記事はこちら 

【業者選び】おすすめ「リフォーム一括見積もりサイト」8社を徹底比較!

【業者選び】信頼できる業者を見抜く7つのポイント!

【税金】2022年度版 リフォームに使える減税制度・補助金を解説

【住宅ローン】リフォーム費用も低金利で借りられる銀行はどこ?

【住宅ローン】大規模リフォームするなら「住宅ローン借り換え」とセットがお得!

 
TOP