じぶん銀行住宅ローンの公式サイト
TIMレッド吉田の目指せ!不動産投資キング!
2013年5月1日公開(2017年1月30日更新)
TIMレッド吉田
TIMレッド吉田
»バックナンバー一覧
バックナンバー

「東京でも激安不動産投資はできる」
レッド吉田vs激安アパート経営 加藤ひろゆき(2)

新米大家のレッド吉田さんが百戦錬磨の先輩大家に賃貸経営の極意を学ぶ本連載。今回のゲストは激安不動産投資家&随筆家としてマニアから熱狂的な支持を集 める加藤ひろゆきさんです。最新刊の「300万円で大家になって地方でブラブラ暮らす法」も好評の加藤さんに、高利回り物件の買い方を伺っているうち、互いの歩んできた仕事の話に…。

【第1回】「借金して遠くの高い不動産を買う意味がない!」

左:加藤ひろゆきさん。かつてはハリウッドで俳優業をしていた加藤さん、レッドさんとはなにかと共通点もあるようです。

不動産投資の物件を買うなら
ガールフレンドが住んでいる街がおすすめ

レッド吉田さん(以下、レッド) 僕も激安不動産投資に興味はあるんですが、東京に住んでいると難しいですよね。

加藤ひろゆきさん(以下、加藤) 東京は板が厚いんで値段が下がりにくいですね。レッドさん、ご実家はどちらですか?

レッド 京都です。

加藤 それなら、滋賀がおすすめです。滋賀は京都の人から田舎扱いされていますが、投資する人が少ないので物件が買いやすいんですよ。

レッド 滋賀か~。知らない地方に買うのは怖いな~。

加藤 確かに、知っている町の方がいいですね。自分が住んでいなくても、昔転勤で住んでいたとか、GF(ガールフレンド)がいる町とか、そういうところ。

レッド GFがいるところですか。いいですね。物件に行く楽しみが増えそうです(笑)それと今、京都の自宅を賃貸併用に建てなおそうと思っているんですよ。それについてはどう思いますか?

加藤 う~ん。いい人が入らなかった場合、トラブルになる可能性があるので、自分は自宅と貸家は分けたいタイプです。近所に安い家があれば、それを買って貸し出した方がいいですよ。

レッド なるほど。それもそうかもしれないな~。

加藤 私の本の読者の中には、東京で300万円くらいの古い家を買って利回り20%で回している男性もいますよ。それなりのスキルは必要ですが。

レッド そんなに安い家が東京にもあるんですか?

加藤 借地や再建築不可なら見つかります。再建築不可物件は出口がないから危ないと言う人がいますが、5年で回収できれば怖くないですよ。レッドさんもそういう家を買って、若手芸人のシェアハウスを経営されたらいいんじゃないですか?

レッド 芸人シェアハウス! いつかやってみたいですね。でも、あいつら絶対にお金払わないですよ~。本当に貧乏ですから。

芸人さんの収入は売れなければゼロ

加藤 芸人さんの収入ってどれくらいなんですか?

レッド 売れなければ、基本0円です。僕もそうでしたが、みんな、生活費はバイトでまかなっています。今はライブで受けても、テレビにちょっと出ても、上が詰まっているんで大きく跳ねるのはなかなか難しいですね。

加藤 なかなか大変な世界なんですね。テレビに出るときはオーディションを受けるんですか?

レッド ネタ見せというものがあります。基本は舞台を見に来てもらって、面白かったら声がかかるという感じです。

加藤 そうか~。そんな仕組みがあるなんて知りませんでした。そういえば、レッドさんが売れたきっかけはなんですか?

レッド ボキャブラ天国に出させてもらったことですね。今から20年前ですよ。最初は俳優になりたくて上京したんですが、相方のゴルゴと出会ってお笑いの世界に入りました。俳優をあきらめて別の道に入ったという点は加藤さんと一緒ですね。

加藤 いえいえ、私はハリウッドで挫折してノーマネーでフィニッシュですから。長く活躍されているレッドさんとは全然違いますよ。ところで、引っ越したアパートの隣の部屋にゴルゴさんが住んでいたって本当ですか? なんだか運命的ですね。

レッド そうなんですよ。僕ってすごく運がいいんです。デビューも29で遅かったですし、一度も大ブレークしていないのに、この仕事をずっと続けられていて、恵まれているなあといつも思います。いつまで続くかという不安は常にあるんですが…(笑)

加藤 レッドさんでも不安ですか?

レッド 不安ですよ~。今はたくさん仕事をいただけていますが、来年はゼロになるかもしれないっていつも思っています。不動産投資を始めたきっかけは、芸能界以外の安定した収入が欲しかったからなんです。

加藤 確かに。本業以外に安定した収入があると、生きるのがラクになりますよ。

不動産投資には、このやり方が絶対というものはない

レッド 加藤さんは店舗物件も持っているんですよね。

加藤 イエス。去年、国道沿いの土地を買ったんですが、そこを開拓して事務所をつくり、今年から店舗として借りてもらっています。

レッド 開拓って北海道っぽいですね。実際には、どんなことをやったんですか。

加藤 もともと森だったところを、知り合いの木こり太郎(仮名)と屯田兵たちがチェーンソーを使って更地にしてくれました。水道を引くのに100万円、事務所の内装にも数十万円かかりましたが、家賃が20万円で、利回りは38%あります。

レッド 利回り38%ですか? 3年で回収じゃないですか。

加藤 この店舗の隣にあるバイク屋もワタクシの物件で、ここの家賃が18万円なんです。二つ合わせると毎月38万円ですから、太いですよ。トータルの投資金額が1630万円ですから、いい投資でしたね。

レッド 加藤さんの話を聞いていると、すでにあるものをうまく使ってお金儲けする頭の良さがすごいですよね。僕は新築を選びましたが、準備段階での動きが足りなかったかもしれません…。

加藤 一棟物のキャッシュフローを利用して、次からは戸建を現金買いしていくのもいいんじゃないですか? 不動産投資には、このやり方が絶対というものはないんです。色々な成功スタイルがある中から、レッドさんのやり方を見つければいいんですよ。

レッド そういわれると元気が出ます。実は先月、ローンの金利が下がってキャッシュフローが増えたんです。家賃収入に手をつけなければ税引後でも数年で1000万円貯まるので、そうしたら次にチャレンジしたいですね。区分も欲しくて、ずっと探しています。

加藤 区分が買えたら、ゴルゴさんに貸したらどうですか?

レッド それはアリですね。知らない大家さんに家賃を払うくらいなら、オレに払えよって思いますよね。

⇒第3回に続く

(構成/加藤浩子 撮影/和田佳久)

 

TOP