不動産投資で借りた銀行金利は
下がるものではなく、下げるもの
レッド吉田 VS 石原博光 (3)

2013年9月6日公開(2017年1月30日更新)
TIMレッド吉田

借換えるときに罪悪感を持つ必要はない

レッド 自分でもビックリしました。S銀行には5年以内に借り換えると2%の違約金を支払うというルールがあるんですよ。でも、トータルで見たら借り換えにメリットがあると判断して、信金さんにお願いすることにしました。

石原 あれ? レッドさん、その前に、S銀行さんに1.9%でお願いしてみないんですか?(笑)

レッド いやー、それは信金さんを裏切ることになるので、さすがにできません。借り換えることで、違約金が200万円、抵当権の登記関係や融資実行手数料等が90万円かかるんですが、長い目で見れば小さいですよね。それと信金さんには、自宅の借り換えも一緒にすすめられていて、こちらの金利も1.7%から1%以下に下がりました。

石原 アパートローンと自宅のローン、両方の金利が一気に下がるんですね。それはよかった。借り換えはスムーズにいきましたか?

レッド 実は、信金さんから提案があってすぐに借り換えるつもりだったんですが、S銀行さんに、10営業日より前に言ってくれないと困ると言われて、少し時間がかかりました。電話で借り換えの話をしたときも、微妙な空気が流れて、ドキドキしましたよ。

石原 S銀行さんにも、もう1000万円近く利息を払ったんですから、いいんですよ。罪悪感を持つ必要はないんです。

レッド そうですよね。元の自宅のローンを借りていたM銀行さんは、信金さんで借り換えることを伝えたら、「アパートローンの金利も下がったなら、よかったですね」と言ってくれました。表情もニコやかで、好感度が上がりました(笑)。

次のページ

それぞれの銀行のよさを生かそう!

  • RSS最新記事

手数料発生は、借り換え成功時だけ!
安心して借り換え先を探せる

モゲチェック

不動産投資の「借入可能額」が
6つの質問に答えると分かる!

renosy
TOP