不動産投資で借りた銀行金利は
下がるものではなく、下げるもの
レッド吉田 VS 石原博光 (3)

2013年9月6日公開(2017年1月30日更新)
TIMレッド吉田

借りられるときに借りておいて、あとから改善していけばいい

石原 4.0%から2.0%に下がったなら、キャッシュフローがだいぶ変わってくるんじゃないですか?

レッド 購入当初は8部屋中2部屋空いたらカツカツだったんですが、今は4部屋空いても大丈夫です。最初、4.5%で借りたという話をしたら、周りから「それはやばいんじゃ……」と言われてどうしようと不安だったんです。返済比率がかなり下がったので、今はホッとしています。

石原 レッドさんは、借りられるときに借りられるところから借りておいて、あとから改善していく方法もあるということを、身をもって体験されたわけですよね。僕はそういうやり方もあるということを声を大にして言いたいです。みんな、S銀行は金利が高いからと避けたりしますが、他で借りられないなら、金利が高いのを承知で借りて、あとでリカバリーするのも手だと思うんです。

レッド なるほど。僕もS銀行さんのおかげで大家デビューができたんで、S銀行さんにはすごく感謝しているんです。とっかかりとしてお世話になって、そのあとで次の策を考えるというのも、一つの方法ですよね。

(取材・文/加藤浩子 撮影/和田佳久)
 

  • RSS最新記事

手数料発生は、借り換え成功時だけ!
安心して借り換え先を探せる

モゲチェック

不動産投資の「借入可能額」が
6つの質問に答えると分かる!

renosy
TOP