じぶん銀行住宅ローンの公式サイト

引越しを安く済ませる方法7選と引越し料金の内訳を解説! お得な引越しを実現しよう!

2021年5月15日公開(2022年8月17日更新)
椎名前太 住宅・不動産ライター

引越し費用を安く済ませるには、どうしたらいいだろうか? 今回、引越し費用を安くする7つの方法を紹介する。費用相場を把握するのに、知っておくべき引越し料金の内訳や料金体系についても解説。引越し準備に役立てていこう。(住宅・不動産ライター 椎名前太)

引越し費用を節約する7つのコツ
引越し費用を節約するには?(出所:PIXTA)

 引越しをする際、相場がいくらなのか分からないという人は多い。引越し業者の言い値に惑わされずに、引越し費用を安く抑えるためにも、どのような内容の料金がかかっているのか、内訳を知っておくことが肝要だ。

 そこで、あまり詳しく知られていない引越し費用の内訳と、引越し費用を安くするための7つのコツを紹介する。

引越し費用の内訳はどうなっている?

 近畿運輸局が提唱する「引越料金のしくみ」によると、引越し費用は「基準運賃」「料金」「実費」「附帯サービス料」で構成されている。

【基準運賃】移動距離や、移動時間に応じて発生する料金。準備するトラックの重量によっても変わる。
・100km以内での移動 →時間制(4時間もしくは8時間単位。4時間なら、1日に2件こなせるので料金が安くなる)
 例)4時間(2トン車まで)13,580〜20,360円
   4時間(4トン車まで)16,000〜24,000円
   4時間(6トン車まで)17,940〜26,900円


・100kmを超える移動 →距離制(県をまたぐような長距離の引越しは、距離制が多い)
※基準運賃は、国土交通省の「標準引越運送約款」に則って、引越し業者各社が定めた運賃表をもとに算出される。
 例)100km超〜110kmまで(2トン車まで)25,040〜37,560円
   190km超〜200kmまで(2トン車まで)34,480〜51,720円
   480km超〜500kmまで(2トン車まで)62,080〜93,120円


【料金】休日、深夜・早朝の割り増し料金など。
 例)休日は2割増し、深夜・早朝は3割増し。

【実費荷役】荷造りを依頼した場合の人件費、有料道路の料金など
 例)荷造り作業員費1人あたり15,000円

【附帯サービス料】エアコンの取り付け、ピアノ輸送、アンテナの取り付け・取外し、消毒、包装紙の提供、家具保護材の使用など。申込者の要望により行う、追加の業務
 例)エアコン取り外し 5,000円~10,000円
   エアコン取り付け 10,000円~15,000円
   オーディオ設置 3,000円~5,000円
   家具保護材(4トン用) 4,000円

(出所:近畿運輸局「引越料金の仕組み」)

 上記が、引越し費用の内訳だ。料金がかかる部分を理解していれば、節約のイメージもしやすいだろう。

 引越し費用の相場は、いくつかのWEBサイトを参照すれば簡単に調べることができる。また、「引越し侍」「SUUMO引越し見積もり」などの一括見積サイトでは、家具家電の個数や、段ボールの個数、引越し予定日を入力すると、より詳細に各社の概算料金を確認できるので参考になる。

引越し侍
一括見積もりサイトでは、各社の概算見積もりが確認できる(出所:引越し侍

 7月の閑散期の相場だと、以下のようなデータもある。

・単身者・同一県内(50km未満)で、30,000円前後
・4人家族・同一県内(50km未満)で、55,000円前後

(出所:引越し業者見積もり一括比較サイト 引越し侍

 もちろん、各社によって値段に差があることもある。そのため、該当時期の相場を知るためにも複数の会社に見積もりを取るのが原則だ。引越し一括見積もりサービスを使うと、効率的に見積もりが取れて便利。また、見積もりがあまりに高額である場合は、内訳をきちんと確認しよう。 

 また、各社はその時の受注量などに応じて、値引きをしてくれる。この値引額が結構大きいため、引っ越し費用は分かりにくいといわれる。こればかりは実際に訪問見積もりをしてもらわないと分からない。複数の会社から見積もりをすることで、割安な会社が見つかる可能性が高まる。


「一括見積もりサイト」で、最安値の引越し業者を探そう!

一括見積もりサイトのおすすめはこちら >>

引越し費用を安くする7つのコツ

 だいたいの相場が分かったら、それよりも安く済ませたいというのが人情だろう。そのためは、次に紹介する7つの方法が比較的容易でおすすめめだ。

コツ①「閑散期に引越しをする」

 いくつかある引越し費用を決定付ける要因の中でも、特に影響が大きいのは「時期」だ。進学や就職、転勤の多い3月中旬~4月上旬は繁忙期となり、暑い上に人事異動などが少ない7~8月は閑散期となる。繁忙期と閑散期では、引越し費用が2倍近く違ってくることもあるのだ。もし、引越しをする時期を選択できるなら、3~4月の繁忙期は避けたが方が良い。

 引越し業者の閑散期は、先に述べた7月のほかに、進学や人事異動が少ない1月や6月も当てはまる。これに、後述する人気のない曜日や時間帯を組み合わせることで、引越し費用を節約することができる。

 例年、国土交通省は、最繁忙期の直前(3月1日ごろ)に、一般消費者に向けて「3・4月の引越予約状況と繁忙期の円滑な引越しのためのポイントやお願い」というアナウンスをしている。

 大手引越業者に電話インタビューをし、最も忙しいと思われる時期を推定。なるべく、その時期を避けて引越しをするように促したものだ。2019年であれば、3/1~4/7までは常時混雑しており、中でも最も忙しいのは3月下旬の週末、3/22~24と29~31であった。

 国土交通省では、少しでも引越しを円滑に進められるよう、こういった繁忙期をチェックし公表しながら、引越し時期を前倒し、もしくは後ろ倒しするよう促している。もちろん、この混雑した時期に引越すと費用は高くなってしまうし、下手をするとその時期に引っ越しできないかもしれない。※出所:国土交通省

コツ②「平日に引越しをする」

 多くの人は、土日・祝日に引越しをする。従って、当然ながらこれらの曜日の料金は高くなる。少しでも費用を抑えたいなら平日に引っ越すことをおすすめする。どの程度の差があるのか、金額差をシミュレーションしてみよう。

  • ■同条件で、曜日だけ変更した場合
    (単身者、同一県内、時間指定なし、同じ週で指定)
     
  • 8月某日(平日) 平均価格36,000円程度
  • 8月某日(土曜) 平均価格40,000円程度
  • 8月某日(日曜) 平均価格45,000円程度
    (出所:引越し侍 ネット見積もり。複数社へ一括見積をして平均値を試算)

 平日と日曜では平均価格が9,000円も違ってしまう。平日に時間がある人であれば、土日を避けて引越し日を設定した方が良いだろう。

コツ③「時間帯を“お任せ”にする」

 引越し業者の1日のスケジュールは常に埋まっているわけではない。例えば「午前中はA宅、17時からはB宅」といったスケジュールならば、その間の時間を埋めて稼ぎたいというのが本音だ。このような業者の都合に合わせて時間帯をお任せ(フリー便)にすれば、料金を安くできるケースがある。

 ちなみに、先ほどと同じ条件(単身者・同一県内・同一日)で、時間指定をした場合のシミュレーションをしたらどうなるか見てみよう。

  • ■同条件で、時間帯だけ変更した場合
    (単身者、同一県内、同日で指定)

     ・8月某日(平日、時間指定なし)平均価格36,000円程度
  •  ・8月某日(平日、午前指定)平均価格44,000円程度
  •  ・8月某日(平日、午後指定)平均価格40,000円程度
  • (出所:引越し侍 ネット見積もり。複数社へ一括見積をして平均値を試算)

 今回のシミュレーションでは、午前指定の方が高額だった。午前と午後でも金額に差が出るが、時間に余裕があるなら「お任せ」にした方がお得だ

コツ④「1ヵ月以上前に契約する」

 引越しの直前に契約をしようとすると、トラックや作業員の調整がしづらいため、価格交渉が難しくなりがちだ。できれば、引越しをする1カ月以上前に見積もりを依頼し、「今契約するから安くしてほしい」と、費用を交渉したい。

コツ⑤「自分で、荷造りと荷解きをする」

 当然ながら、荷造りや荷解きを業者に依頼すれば、それだけ料金がかかる。荷造りや荷解きをするために担当者の時間を拘束することになるので、人件費扱いとなり、これは引越し費用の内訳でいう「実費」にあたる。また、ダンボール費用も同様だ。依頼すると無料でダンボールをくれる会社もあれば、別途有料な会社もあるので、これも確認しよう。

 引越しを決めても、なかなか準備に身が入らず、あわてて荷造りをするという場面があるだろう。前日までに荷造りができていなくて、急きょ引越し業者に依頼した場合は、高額な費用が掛かってしまう。ちなみに、事前に依頼していた場合でも、4人家族程度で50,000円程度はかかる。

 食器など割れ物の梱包は手間だが、それも含めて全部自分で荷造りすれば料金を抑えることが可能だ。ただし、廊下など作業動線を保護する「養生」は、追加料金であってもプロに任せた方が無難だろう。

コツ⑥「不用品は自分で売却する」

 新居に運ばない不用品が出てきてしまった場合、どうしたらいいだろうか。一つには、引越し日当日に、引越し業者に引き取ってもらう方法がある。しかし、不用品を引越し業者に処分してもらおうとすると、これもまた料金がかかるのだ。そこで検討したいのは不用品の売却だ。

 ネットで検索すれば洋服、本、家具など、品物によって専門の買取り業者が見つかるので、それぞれに見積もりを依頼したい。多くは、直接店舗へ行かなくても宅配便での引き取りや出張査定を行っている。不用品が売却できれば、引越し費用が安くなるだけでなく、現金も手に入るので一石二鳥だ。ただし、短期間で売れるとは限らないので、引越し日ぎりぎりになってからではなく、1~2カ月ほど余裕をもって始めたい

 ちなみに、「メルカリ」「ジモティ」といった、買い手と直接やり取りができるサービスもある。大物家電や家具などは処分するのにお金がかかってしまうが、こうしたサービスを利用すれば無料で他人に譲ることもできるので、併せて利用したい。

コツ⑦「複数の引越し業者に、相見積もりをする」

 繰り返しになるが、引越し費用は業者によって異なる。そのため、できるだけ安く済ませるならば相見積もりを取ることが必須だ。「引越し 見積もり」といったワードで検索すれば、引越し業者の比較サイトが複数見つかるので、そこから見積り依頼する方法が簡単だろう。

 「何社も見積り依頼すると電話がたくさんかかって来るので困る」と考える人も多いが、これらのサイトの中には、電話ではなくメールでのやり取りのみで完結できるものもある。「SUUMO引越し見積もり」は、電話番号の登録が任意で、メールアドレスだけで見積もりが依頼できるサービスだ。

 メールや電話で業者とやり取りした後は、最終的に訪問見積もりを依頼する方が得策だ。なぜなら、実際に現場に業者が行ってみると「前面道路が狭くてトラックが建物に横づけできない」「荷物が自分で考えていたよりも多い」「エアコンの取り外しがあった」など追加料金がかかるケースがあるためだ。 

 そして、一番重要なのは、訪問見積り時が最も値引き交渉しやすいタイミングだということ。直接会って「○○社は◇万円だったから△万円にすれば今決める」といった交渉をすれば、最安値を引き出せる可能性がグンと上がる。とはいえ、あまりに多くの訪問見積りを受けるのは、労力がかかるので、メールや電話の段階で3社前後に絞り込んでおきたい。

価格だけでなく、サービス面も入念にチェック

 以上が、引越し費用を安く済ませる7つのコツだ。しかしながら、いくら安くてもサービス内容があまりにも悪ければ依頼する価値はないだろう。そのため、訪問見積りの際には、料金だけでなく、下記についても確認しておくと安心感が高まる。

  •  ・エアコンやステレオといった電気製品の配線まで行ってくれるのか
  •  ・廊下などにキズを付けないようにする養生はどのように行うのか
  •  ・キャンセルした際の費用
  •  ・荷物を壊した場合の補償(免責事項)

 などの契約内容も忘れずにチェックしたい。

 各社が提供している割引プランなどがあれば、それも聞いておくべきだ。また、この時の営業担当の態度で、各引越し業者の丁寧さも確認することができるだろう。複数の引っ越し業者を比較することで、各社の特徴もわかってくるので、3社前後の見積もりをとるといいだろう。

 効率的に複数の業者の見積もりを取るなら、引越し一括見積もりサイトの利用が便利。編集部でおすすめの5サイトを比較したのが下の表だ。条件に合ったものをぜひ活用してほしい。

              

 

一括見積もりサイト名 SUUMO引越し見積もりロゴ 引っ越し侍ロゴ LIFULLロゴ 引越し価格ガイド ズバット引越し比較
おすすめポイント

電話番号登録なし、メールアドレスのみで見積もりが可能。業者からの電話を避けたい場合は最適。

条件に合った業者の見積もり概算や口コミを比較して選べる。安くて評判の良い業者が見つかりやすい。 対応可能な業者の単身・家族別の平均見積もり金額や特典サービスが確認できる。 引越し侍と同じエイチームが運営。最大10社に一括で見積もりする。効率的に交渉したいなら便利。 最大12社に一括見積もりを行う。多くの引越し業者と相見積もりを取りたい場合に適している。
提携業者数 約100社 約330社 約130社 約330社 約230社
口コミの数 約5万3900件 約7万9400件 約1万300件 約5万3900件 不明
電話番号入力 不要 必須 必須 必須 必須
依頼先の業者を選べる × × ×
対応業者一覧から口コミを確認 × × ×
 

無料で見積もり(公式サイト)

無料で見積もり(公式サイト) 無料で見積もり(公式サイト) 無料で見積もり(公式サイト) 無料で見積もり(公式サイト)

 

【関連記事はこちら】>>「引越し一括見積もりサイト」7社を徹底比較!おすすめのサイトはどこ?利用方法や注意点を解説

  • RSS最新記事

【注目の記事はこちら】
【一括見積もり】引越し一括見積もりサイト7社を徹底比較!
【一括見積もり】「引越し侍」で見積もりを依頼してみた
【相場】一人暮らしの引越し費用は?単身パックも比較!
【相場】引越しを安く済ませる7つのコツとは?
【手続き】何をいつまでに?引越し手続きを一覧で解説!

■無料の「引越し一括見積もりサイト」はこちら!
SUUMO引越し(引越し一括見積もりサイト)
特徴 ・電話番号の入力は任意
・入力内容が少なく、見積もりを取るのが簡単
・業者の評価やクチコミを参照できる
紹介する引越会社 約100社以上(サカイ引越センター、アート引越センター、アリさんマークの引越社、ハート引越センターなど。2022年4月時点)
サービス開始 2004年
運営会社 株式会社リクルート
デメリット 提携している引っ越し会社数は100社とそれほど多くないが、大手はほとんど網羅している
無料見積もりはこちら >>
引越し侍(引越し一括見積もりサイト)
特徴 ・業界最大手の引越し見積もりサイト
・引越し業者の評価やクチコミも参照できる
・「ネットで料金比較」を選択すると、契約までネットで完結
紹介する引越会社 約290社(アート引越センター、サカイ引越センター、アリさんマークの引越社、日本通運など。2022年4月時点)
サービス開始 2006年
運営会社 株式会社エイチーム引越し侍(東証プライムエイチームのグループ会社
デメリット 入力時に、荷物の数量などの情報を詳細に入力する必要がある
無料見積もりはこちら >>
LIFULL 引越し(引越し一括見積もりサイト)
特徴 ・表示された業者の中から、見積もり依頼する業者を自分で選べる
・業者の評価やクチコミを参照できる
・清掃サービスの内容や、各社の特典も同時にチェックできる
紹介する引越会社 約130社(アリさんマークの引越社、クロネコヤマト引越センター、サカイ引越センター、アート引越センターなど。2022年4月時点)
サービス開始 -
運営会社 株式会社LIFULL MOVE
デメリット 同時に申し込めるWi-Fi工事などのオプションに、デフォルトでチェックが入っている。他サイトでは入っていないので、同じだと勘違いする可能性がある
無料見積もりはこちら >>
 
TOP