不動産が売れないのは、不動産会社が問題?
「レインズに登録」「詳細な報告があるか」など、
販売活動をチェックする4つのポイントを紹介

2018年1月10日公開(2021年10月12日更新)
ダイヤモンド不動産研究所
監修者 高橋正典:価値住宅株式会社 代表取締役

家やマンションなどの不動産を売り出しているが、なかなか売れない…。その原因は、不動産仲介会社の販売活動に問題があるかもしれない。不動産売買に詳しい価値住宅の高橋正典氏に不動産会社の販売活動が適切であるかをチェックする方法を聞いてみた(監修:高橋正典・不動産コンサルタント)。

 「いざ家を売り出したものの、問い合わせも内覧申し込みもない……」

 そんな状況が続けば、誰しも焦りが募る。住み替えが決まっていれば、なおさらだ。焦って値下げをすれば、損をすることにもなりかねない。

 「信頼できる不動産仲介会社と媒介契約を結んだとしても、その後の販売活動が適切に行われる保証はありません。正しい販売活動が行われているか、売り手自身がきちんと確かめることが重要です」。不動産売買に詳しい不動産コンサルタントの高橋氏はそうアドバイスする。

 とはいえ、不動産の素人である売り手がプロの不動産会社の販売活動をチェックするにはどうしたらいいか。ポイントを4つにまとめたので、参考にしてほしい。

(1)レインズに物件情報をきちんと登録しているか

 まずチェックしたいのは、登録が義務化されている「レインズ」(不動産流通標準情報システム)に売却物件の情報がきちんと登録されているかどうか。レインズは不動産仲介会社が利用する物件検索システムで、買い手側代理人の不動産仲介会社もレインズを利用して候補物件を探している。

 ただし、不動産仲介会社に売却の代理を頼む際の媒介契約は、

(1)専属専任媒介契約 
(2)専任媒介契約 
(3)一般媒介契約 

 の3種類があるが、それぞれ対応が違っている。

 (1)専属専任媒介契約 は売り手が1社とだけ契約を結び、他の不動産仲介会社には代理を依頼できないというもので、売り手が自ら買い手を見つけても直接は契約できず、依頼している不動産会社を通じて契約を結ばなければならない。こちらは、媒介契約締結の日から5日以内にレインズに登録する義務がある。

 (2)専任媒介契約 は売り手が1社とだけ契約を結び、売り手が自ら買い手を探してもいいというもの。媒介契約締結の日から7日以内にレインズに登録する義務がある。大半の契約はこの「専任媒介」だ。

 (3)一般媒介契約 は、売り手が複数の不動産仲介会社に代理を依頼することができるもので、法令上はレインズへの登録義務はないが、任意で登録できる。

契約方法 (1)専属専任媒介契約 (2)専任媒介契約 (3)一般媒介契約
 レインズへの登録 義務
(媒介契約締結の日から5日以内)
義務
(媒介契約締結の日から7日以内)
法令上の義務なし
(任意で登録できる)

 レインズは従来、プロしか利用できないシステムだ。そのため、売り手と媒介契約を結んだ不動産会社がわざと物件情報を登録しなかったり、登録していても物件の写真やチラシ(マイソク、販売図面ともいう)もない不十分な情報で買い手が付かないようにする例もあった。これは不動産会社が自分で買い手を見つけ、そちらからも仲介手数料を取りたいがために行う、意図的な隠蔽工作である。

 そうした行為を防ぐため、国土交通省が主導して2016年1月から取引状況を登録し、売却依頼主(売り手)が自分の物件に限り、登録内容を確認できる制度が導入された。

 例えば、売り手と「専任媒介契約」を結んだ不動産仲介会社は、契約締結から7日以内にレインズに物件情報を登録する義務がある。登録が終わると登録証が発行されるので、売り手は不動産仲介会社からその登録証をもらう。

 登録証に記載されたIDとパスワードを入力すると、売り手は売却物件の登録情報を確認できる。写真やチラシを含めて情報がきちんと登録されているか、他の不動産仲介会社がその物件を広告してもいい「広告可」となっているかなどを確かめよう。

 また、取引状況は「公開中」「書面による購入申込みあり」「売り主都合で一時紹介停止中」の3種類で登録される。「公開中」なのに内覧の申込みがまったくない場合は、販売戦略をどう立て直すのか営業担当者と話しあったほうがいいだろう。「書面による購入申込みあり」となっているのに、営業担当者から話がなにもない場合は「囲い込み」を行っている疑いがあるので、不動産仲介会社に説明を求めるとともに、ほかの会社への乗り換えも検討したほうがいい。

【関連記事はこちら!】
>> 家を高値で売りたいのなら、絶対に知っておきたい「売主のためのレインズ活用法」売主が損しても分かりにくい仕組みなので注意を!

(2)販売活動について詳細な報告があるか

 売り手と「専属専任媒介契約」を結んだ不動産仲介会社は1週間に1回以上、「専任媒介契約」では2週間に1回以上、どのような販売活動をしたか報告する義務がある。ちなみに、「一般媒介契約」だと法令上の義務はなく、任意で報告を求めることになっているので、契約時に必ず定期的な報告をもらうよう、交渉しよう。

 この最低限のルールを守れていないのなら、営業担当者失格だ。

契約方法 (1)専属専任媒介契約 (2)専任媒介契約 (3)一般媒介契約
 営業報告の義務 あり
(1週間に1回以上)
あり
(2週間に1回以上)
法令上の義務なし
(任意で報告を求めることができる)

 また、媒介業務報告書は書式は決まっていないが、業界団体が雛形を用意しているので、少なくともそれ以上の情報を報告してほしいところだ。次の画像は、愛知県宅建協会が公表している媒介業務報告書の雛形だ。

媒介業務報告書(愛知県宅建協会)媒介業務報告書の雛形(出所:愛知県宅建協会)

 この媒介業務報告書だと、問い合わせ電話の件数、訪問してきた顧客の件数、現地案内した顧客の件数などを報告してくれることになっている。さらに、追加項目として、登録している不動産ポータルサイトの名称、インターネットの閲覧数(PV)、レインズの販売図面の閲覧数なども報告してもらうといいだろう。

 媒介業務報告書をメールでや手紙で報告してくるが、いつも代わり映えのない内容だったり、一向に内覧者が増えなかったりする場合は、買い手を積極的に見つける努力を怠っていると考えられる。

 内覧があったらそのときの内覧者の反応はどうだったか、成約に至らなかったらその原因はなにか、そして、成約に結びつけるためにどんな手を打つのか。結果と対策をセットで報告するのが、営業担当者のあるべき姿だ。そういう視点で、報告を吟味しよう。

(3)「囲い込み」「干し」をしていないか

 「囲い込み」とは、不動産仲介会社が売り手の物件情報を意図的に隠し、独り占めする行為のこと。物件情報を独り占めし、自分で買い手を見つけてくれば、売り手と買い手の両方から仲介手数料を受け取ることができる。これを「両手取引」(両手仲介)と呼び、日本の不動産業界では効率よく稼ぐための常套手段として存在している。もし、真面目に物件情報を公開してしまうと、それを見たほかの不動産会社が買い手を見つけてきてしまう可能性があるため、物件情報をなるべく隠そうとするのだ。

 先述したように、買い手がレインズの登録情報を確認できるようなったことで、登録せずに情報を隠すことは難しくなった。しかし、登録された物件情報を見たほかの不動産会社から問い合わせがあっても、「あの物件はもう買い手が決まりました」とか、「ほかの購入希望者と交渉中です」などと嘘をついて内覧を断る悪質な「囲い込み」もある。

 もし、売り出してから何カ月も経つのにまったく問い合わせがない、内覧がないという場合は、まず「ほかの不動産仲介会社からの問い合わせが何件あったか」と率直に尋ねてみよう。それでも営業担当者が適当にごまかそうとする態度をとったり、回答が納得いかないようなら、不動産業界に勤めている友人などに援軍を頼もう。不動産業者を装って問い合わせてもらうのだ。

 物件情報はレインズだけでなく、その不動産仲介会社のサイトなどにも登録されている。その情報をもとに、不動産仲介会社を装って電話してもらうのだ。素人にはちょっとハードルが高いので、不動産業界に勤めている友人に頼むのがいいだろう。

 友人 「A不動産と申しますが、物件確認をお願いします。渋谷区のXマンション、5200万円です。今週の週末は内覧が可能でしょうか」

 聞くことはこれだけだ。その不動産仲介会社が「現在交渉中です」、「図面作成中です」などと断るようなら、囲い込みを行っていると見て間違いないだろう。

 また、売り出した物件価格が高すぎて、到底、売れないだろうと不動産仲介会社が考えている場合は、積極的な販売活動をしているかのようなパフォーマンスをしつつ、実際には売り主が価格を下げざるを得ないと理解するまで放置しておいて、いたずらに時間をかけることがある。こうした行為を不動産業界では「干す」という。

 「干される」のを避けるためには、次の項目の「(4)十分な広告を行っているか」などをチェックするのがいいだろう。

【関連記事はこちら!】
>> 不動産会社と会わずに、最大6社と売却契約ができる新サービス「ハウマ」のメリット・デメリットは? 一般媒介契約なので、囲い込みのトラブルもなし!

(4)十分な広告を行っているか

 物件情報はいまやインターネットで探す時代である。売却物件が不動産仲介会社の自社サイトで紹介されているか、不動産情報サイトやほかの不動産会社にも掲載されているか、定期的にチェックしよう。

 掲載内容によっても反応は大きく変わる。写真やセールスポイントを具体的にまとめたコメントなどがあれば、購入希望者の関心を引く可能性が上がる。写真点数は多ければ多いほどいい。写真枚数が2-3枚だったり、アピールポイントがなにも書かれていなかったりしたら、「ネットでも掲載しています」というアリバイづくりで掲載しているようなもので、多くの反響は期待できないだろう。

 インターネット以外にも新聞折り込み広告、チラシのポスティングなど昔ながらの方法もあり、こちらも一定の効果はある。営業手法としては「オープンハウス」と言って、営業担当者が週末などに物件に張り付いて、案内をするという方法もある。それらも含めて、充分な広告を行っているかを確認したい。

【関連記事はこちら!】
>> 不動産売却のチラシ(求む不動産)、DMが自宅の郵便受けに入っていたけど、信じても大丈夫? 「このエリアで、家を買いたいお客様がいます!」

~まとめ~
販売活動に問題があれば、他社への乗り換えの検討も

 以上、述べてきたように販売活動の内容をチェックして改善を促し、それでも成約に結びつかないようなら契約を見直すことも考えなくてはならない。

 「専任媒介契約」の場合、契約期間は3カ月以内と決まっている。営業担当者個人の資質に問題がありそうな場合は、早めに担当者を代えてもらう手もあるが、その不動産仲介会社自体が信用できないようであれば、ほかの会社への乗り換えも検討したほうがいい。

 ただ、不動産仲介会社も営業担当者も、売り手であるあなたに代わって物件の販売活動をしてくれるパートナーだということは忘れないほうがいい。はじめから疑ってかかったり、一方的な要求を突きつけたりするばかりでは、相手も本気であなたの物件を売ろうとは思わない。無条件に信頼する必要はないが、任せたからには一定の信頼を置いて、不動産仲介会社や営業担当者を味方につける。そういう姿勢も持っておいたほうがいいだろう。

【関連記事はこちら!】
>> 不動産売却のプロが教える、「正しい不動産会社・営業担当者の選び方」とは? 騙されたくない人向けに「7カ条」を公開!

  • RSS最新記事

<不動産売却の基礎知識>
相場を知るために、まずは「一括査定」を活用!

 不動産の売却に先駆けて、まずは相場を知っておきたいという人は多いが、それには多数の不動産仲介会社に査定をしてもらうのがいい

 そのために便利なのが「不動産一括査定サイト」だ。一括査定サイトで売却する予定の不動産情報と個人情報を一度入力すれば、複数社から査定してもらうことができる。査定額を比較できるので、不動産の相場観が分かるだけでなく、きちんと売却してくれるパートナーである不動産会社を見つけられる可能性が高まるだろう。

 以下が主な「不動産一括査定サイト」なので上手に活用しよう。

↓おすすめ不動産一括査定サイトはこちら↓
◆SUUMO(スーモ)売却査定
特徴 圧倒的な知名度を誇るSUUMOによる一括査定サービス
・主要大手不動産会社から地元に強い不動産会社まで2000社以上が登録
対応物件 マンション、戸建て、土地
紹介会社数 10社(主要一括査定サイトで最多)※査定可能会社数は物件所在地によって異なります
運営会社 株式会社リクルート住まいカンパニー(東証プライム子会社)
>>SUUMO(スーモ)の詳細記事はこちら
SUUMO(スーモ)無料査定はこちら >>
◆HOME4U(ホームフォーユー)
特徴 悪質な不動産会社はパトロールにより排除している
・20年以上の運営歴があり信頼性が高い
・1800社の登録会社から最大6社の査定が無料で受け取れる
対応物件 マンション、戸建て、土地、ビル、アパート、店舗・事務所
紹介会社数 最大6社
運営会社 NTTデータ・スマートソーシング(東証プライム子会社)
>>HOME4Uの詳細記事はこちら
HOME4U無料査定はこちら >>
◆マンションナビ
特徴

マンションの売却に特化
900社以上の不動産会社と提携

対応物件 マンション
紹介会社数 最大9社(売却・買取6社、賃貸3社)
運営会社 マンションリサーチ
>>マンションナビの詳細記事はこちら
マンションナビ無料査定はこちら >>
◆いえカツLIFE
特徴

・対応可能な不動産の種類がトップクラス

共有持ち分でも相談可能
訳あり物件(再建築不可物件、借地権、底地権など)の査定も対応

対応物件 分譲マンション、一戸建て、土地、一棟アパート・マンション・ビル、投資マンション、区分所有ビル(1室)、店舗、工場、倉庫、農地、再建築不可物件、借地権、底地権
紹介会社数 最大6社(売買2社、買取2社、リースバック2社)
運営会社 サムライ・アドウェイズ(上場子会社)
>>いえカツLIFEの詳細記事はこちら
いえカツLIFE無料査定はこちら >>
◆ズバット不動産売却
特徴 厳選した不動産会社のみと提携
比較サイト運営歴20年以上の会社が運営
・情報セキュリティマネジメントシステムの国際認証基準である「ISO27001」の認証を取得しており安心感あり
対応物件 マンション、戸建て、土地、一棟マンション、一棟ビル
紹介会社数 最大6社
運営会社 ウェブクルー
ズバット不動産売却無料査定はこちら >>
◆イエウール
特徴

掲載企業一覧を掲載、各社のアピールポイントも閲覧可能
2000社以上の不動産会社と提携
・対応可能な不動産の種類が多い

対応物件 マンション、戸建て、土地、投資用物件、ビル、店舗、工場、倉庫、農地
紹介会社数 最大6社
運営会社 Speee
>>イエウールの詳細記事はこちら
イエウール無料査定はこちら >>
◆LIFULL HOME'S(ライフルホームズ)
特徴

日本最大級の不動産ポータルサイト「LIFULL HOME'S」が運営
2400社以上の不動産会社と提携
匿名査定も可能で安心

対応物件 マンション、戸建て、土地、倉庫・工場、投資用物件
紹介会社数 最大6社
運営会社 LIFULL(東証プライム)
>>LIFULL HOME'Sの詳細記事はこちら
LIFULL HOME'S無料査定はこちら >>

 

一括査定サイトと合わせて
利用したい査定サイト

◆ソニーグループの「SRE不動産」売却査定
特徴 ・両手仲介・囲い込みを行わない
・上場企業のソニーグループが運営
・売却専門の担当者がマンツーマンで高値売却を追求
対応物件 マンション、戸建て、土地(建物付きを含む)、収益用不動産
対応エリア 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、兵庫県、京都府、奈良県
運営会社 SREホールディングス株式会社(ソニーグループ)
>>SRE不動産の詳細記事はこちら
60秒で簡単入力!「囲い込み」を行わない不動産会社
 
TOP