ソプラノ歌手になるために不動産投資を開始!
大工仕事もこなす秋田の美人投資家(ソプラノ大家さんこと菅原久美子さん)

【第6回】2012年6月1日公開(2019年10月30日更新)
ザイ編集部

 お金持ちだから、声楽家を目指して、不動産投資もしているんだ、と思われたら大間違いです。私には、声楽家になるために、不動産投資が必要だったのです。そして、今では、音楽と大家という大好きな2つのことを仕事にすることができました。

大工さんの学校に通い、技術と「チーム」を得ました!

1軒目の所有物件。秋田駅からバスで15分。2006年築。木造 1K 6部屋。土地面積304.64平方メートル 建物面積207.34平方メートル 年間収入400万円 ローン支払い:月24万円

 私の不動産投資のスタートは、築浅のアパートでした。手がかからないのですが、利回りはあまり高くありません。

 もっと利回りをアップさせたいと考え、「古い物件を自分でリフォームする」ことを考えました。そして、建築を深く理解するために、半年間職業訓練学校に通うことを決意しました。

 職業訓練学校は、大工さんの学校のような所。そのため生徒は、ほとんどが年上の男性ばかり。でもすぐにうち解けることができました。訓練では、作業着にヘルメットで、在来軸組工法の家を協力して建てました。

 ここでの一番の収穫は、建築の技術を学んだこともありますが、私のアパート経営の「チーム」を作ることができたことです。

  • RSS最新記事

手数料発生は、借り換え成功時だけ!
安心して借り換え先を探せる

モゲチェック

不動産投資の「借入可能額」が
6つの質問に答えると分かる!

renosy
TOP