ソプラノ歌手になるために不動産投資を開始!
大工仕事もこなす秋田の美人投資家(ソプラノ大家さんこと菅原久美子さん)

【第6回】2012年6月1日公開(2019年10月30日更新)
ザイ編集部

 職業訓練学校を修了後、私は、築16年の物件を取得しました。

09年末に購入した築古トンカチ物件・秋田市 築年:1993年8月 木造1DK6戸 土地面積:231.08平方メートル 建物面積:227.33平方メートル 年間家賃収入:252万円 ローン支払い:月6万円 表面利回り:36%

 この物件の表面利回りは、何と35%以上でした。古い物件なので、リフォームも必要です。

 外装は専門の業者さんに発注。内装については、学校で知り合った大工さんに手伝ってもらい、自分でリフォームすることにしました。

 セルフリフォームっていいんですよ! 壁紙の貼り替えは、業者価格で1mあたり1200円のところ、自分で貼ると材料費200円で済みます。業者見積もり400万円以上のものを200万円以下でリフォームすることができました。

3棟(18室)続きのほぼ新築物件も所有。

 振り返ってみると、私の不動産投資はいつも周りの方の協力があります。物件の値引き交渉やセルフリフォームも友人たちに助けてもらいました。

 今では、本業である声楽と大家の仕事がつながり始め、不動産屋さんの集まりなどで歌を披露すると、入居付けを手伝ってもらえたりします。私のリサイタルには、建築訓練で知り合ったおじさんたちが、蝶ネクタイをして聴きに来てくれたんですよ。

 私は、声楽を続けていくために、不動産投資を始めました。未知の世界でしたが、今では、あの時に一歩を踏み出して本当に良かったと思っています。

 これからは、「古い物件を安く仕入れて、入居者さんに喜んでいただける物件にリフォームして貸し出していくこと」と「歌い手として実力を磨き、女性として輝いていくこと」を目標にしていきたいと思います。

*ダイヤモンド・ザイ2011年2月号、5月号から転載
 

  • RSS最新記事

手数料発生は、借り換え成功時だけ!
安心して借り換え先を探せる

モゲチェック

不動産投資の「借入可能額」が
6つの質問に答えると分かる!

renosy
TOP