「新築マンション」はデベロッパーから買い、
「中古」は不動産仲介会社で買う、不便な日本!
世界では、仲介会社でどちらも購入可能

【第4回】2018年1月4日公開(2020年6月10日更新)
風戸裕樹

日本では、実際に不動産物件を見て比較検討する際、「新築マンション、新築戸建て」なら不動産デベロッパーや住宅分譲会社、「中古住宅」なら不動産仲介会社と住み分けされていて、様々な不動産物件のなかから自分に最適な物件選びをサポートしてくれるエージェント(代理人)がいません。新築、中古を問わず仲介できるようにした方が、買い主のためになるのではないでしょうか。

シンガポールの不動産仲介は、新築も中古も扱う

 私が住むシンガポールでは、不動産仲介会社のエージェントは「新築マンション、新築戸建て」でも、「中古マンション、中古戸建て」でも、両方の物件を取り扱うことができます。不動産仲介会社はほとんど「中古」しか取り扱っていない日本とは大違いです。買い主が信頼できるエージェントを決めたら、エージェントは、新築、中古を含めて幅広い物件のなかから買い主に最適な物件を一緒に探してくれます。まさにエージェントは買い主の強い味方なのです。

 こうした取引慣習になっているのには理由があります。シンガポールと日本では、新築物件の販売方法は大きく違うのです。新築のコンドミニアム(日本の分譲マンション)を開発したデベロッパー(開発会社)は、竣工直後は直接販売することはありますが、1か月程度で国家資格を持つエージェントなら誰でも取り扱えるようにオープン化して販売します。そのためエージェントは、新築・中古の両方を幅広く取り扱うことができるようになります。

 シンガポールでは、中古の仲介手数料の上限が取引価格の1%と日本に比べて低く抑えられています。日本の不動産仲介会社なら「そんなに安い手数料で経営が成り立つのか?」と不思議かもしれません。重要事項説明などの業務は不動産仲介会社の業務には入っていないのである程度安くて当然なのですが、それでも安いと感じます。

 実は、シンガポールでは新築の仲介手数料も手に入れることで、収益を確保しているのです。新築でデベロッパーがエージェントに支払う販売手数料にはシンガポールも日本も規制がありません。シンガポールでは、新築の物件の仲介手数料としてデベロッパーが不動産仲介会社に物件価格の5%程度を支払っているケースが多いようです。

【関連記事はこちら】
>> 不動産売買手数料が一律「3%+6万円」は、なぜ世界からみて非常識なのか?

中古住宅の取引が増加してきた日本

 では日本の不動産仲介会社の置かれた状況はどうなっているでしょうか。不動産仲介会社が取り扱うのは「中古」が中心であり、「新築」は不動産デベロッパーや住宅分譲会社が直接販売していることが多いのが現状です。

 日本では、これまで消費者の多くは新築嗜好が強いと言われてきました。しかし、2016年の首都圏のマンション市場では、中古の売買成約件数が初めて新築を上回り、新築と中古が逆転しました。新築マンションの価格上昇が続いているために、値ごろ感のある中古の人気が高まっているためと言われています。消費者の嗜好も変化して、新築にこだわらずに中古も含めて物件選びをする人が日本でも増えてきているのでしょう。

 しかし、「中古」の存在感が強まってきたとはいえ、不動産仲介会社が取り扱いできる「新築」はあまりないので、新築との比較は買い主が自分で行うしかありません。「新築」「中古」を合わせた幅広い物件から最適な物件選びをサポートしてくれる買い主エージェントは、日本にはほとんど存在しないといっていいでしょう。

 一応、ポータルサイトやその運営者の行っている「◯◯カウンター」や「◯◯窓口」は、どちらの情報も掲載されており、最適な物件選びの窓口にはなりえます。しかしエージェント業ではないので契約書や価格交渉などのやり取りまではできません。

日本の大手デベロッパーは直販が基本

 日本では新築物件の販売は、不動産開発会社自らが行うケースがほとんどです。とくに三井不動産や野村不動産などの大手は直販が基本で、共同開発や地方などの限られた物件を、系列の不動産仲介会社に販売委託する程度です。他の不動産仲介会社が新築物件を自由に取り扱って、成約時に開発会社から販売手数料を得ることはできません。

 デベロッパーが売り主の場合、買い主である消費者は不動産仲介手数料を支払う必要はありません。一見するとお得な印象がありますが、分譲マンションのブランドイメージ向上のための広告宣伝費、モデルルームや販売センターなどの販売費などの間接経費がすべて、物件価格に上乗せされているのです。

 デベロッパーとしては直販した方が買い主の生の声が聞けて、次の商品開発に生かせるのでメリットが大きいと言います。しかし、不動産仲介会社にも売ってもらうようにすれば、広告宣伝費などの販売費はかなりカットできる可能性があるのではないでしょうか。そうすれば、買い主も物件価格が低くなり、購入しやすくなります。

【関連記事はこちら!】
>> 不動産売却のプロが教えてくれた、正しい不動産会社・営業担当者の選び方とは? 騙されたくない人向けに「7カ条」を公開!

直販でも、間接販売でも、”安心度”は一緒

 日本で、シンガポールのエージェントのように新築・中古を含めて物件選びを相談できる不動産仲介会社はあるのでしょうか。個人不動産投資家や富裕層の中には、不動産コンサルタントを雇って不動産取引を相談している方はいるようですが、買い主が高額な不動産仲介手数料のほかにコンサルタントへの報酬を支払うのでは負担が重すぎます。

 新築不動産をデベロッパー自ら責任を持って直販する方が、買い主にとっては安心というイメージがありますが、本当にそうでしょうか。10年以上前に発覚した分譲マンションの耐震強度データ偽装事件を機に、新築住宅には瑕疵担保責任保険が義務付けられました。住宅性能に対する責任は、直販と間接販売とで違いはありません。

 日本の中古市場では、売り主から仲介を依頼された不動産仲介会社が、他社には物件紹介を行わせない“囲い込み問題”がクローズアップされてきましたが、新築の“囲い込み問題”はまったく注目されてきませんでした。日本でも買い主の立場になって物件選びしやすいよう、不動産仲介会社でも新築をもっと取り扱えるようにしていくべきではないでしょうか。

(編集協力=ジャーナリスト・千葉利宏)

【関連記事はこちら!】
>> 不動産売却時の注意点を業界のプロに聞いた! 「レインズに登録しない」「図面を載せない」など不動産仲介会社の悪質な「囲い込みテク」に注意を

  • RSS最新記事

<不動産売却の基礎知識>
相場を知るために、まずは「一括査定」を活用!

 不動産の売却に先駆けて、まずは相場を知っておきたいという人は多いが、それには多数の不動産仲介会社に査定をしてもらうのがいい

 そのために便利なのが「不動産一括査定サイト」だ。一括査定サイトで売却する予定の不動産情報と個人情報を一度入力すれば、複数社から査定してもらうことができる。査定額を比較できるので、不動産の相場観が分かるだけでなく、きちんと売却してくれるパートナーである不動産会社を見つけられる可能性が高まるだろう。

 以下が主な「不動産一括査定サイト」なので上手に活用しよう。

おすすめの「不動産一括査定サイト」はこちら!

メールで簡易査定
電話番号は任意

◆SUUMO(スーモ)売却査定(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地
掲載する不動産会社数 約2000店舗 不動産一括査定サイト「SUUMO(スーモ)売却査定」の公式サイトはこちら
サービス開始 2009年
運営会社 株式会社リクルート住まいカンパニー(東証一部子会社)
紹介会社数 最大10社
【ポイント】 不動産サイトとして圧倒的な知名度を誇るSUUMO(スーモ)による、無料の一括査定サービス。主要大手不動産会社から、地元に強い不動産会社まで参加しており、査定額を比較できる。
SUUMO(スーモ)売却査定はこちら
◆HOME4U(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、ビル、アパート、店舗・事務所
掲載する不動産会社数 1500社 不動産一括査定サイト「HOME4U」の公式サイトはこちら
サービス開始 2001年
運営会社 NTTデータ・スマートソーシング(東証一部子会社)
紹介会社数 最大6社
【ポイント】 強みは、日本初の一括査定サービスであり、運営会社はNTTデータグループで安心感がある点提携会社数は競合サイトと比較するとトップではないが、厳選されている。
HOME4U無料査定はこちら
◆ズバット不動産売却(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、一棟マンション、一棟ビル
掲載する不動産会社数 厳選した不動産会社のみ 不動産一括査定サイト「ズバット不動産売却」の公式サイトはこちら
サービス開始 2020年
運営会社 ウェブクルー
紹介会社数 最大6社
【ポイント】 比較サイト運営歴20年以上の会社が運営しており、情報セキュリティマネジメントシステムの国際認証基準である「ISO27001」の認証を取得しているため信頼感がある。提携会社数は少ないが厳選されている。
ズバット不動産売却無料査定はこちら
◆イエウール(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、投資用物件、ビル、店舗、工場、倉庫、農地
掲載する不動産会社数 1600社以上 不動産一括査定サイト「イエウール」の公式サイトはこちら
サービス開始 2014年
運営会社 Speee
紹介会社数 最大6社
【ポイント】 強みは、掲載する会社数が多く、掲載企業の一覧も掲載しており、各社のアピールポイントなども見られる点。弱点は、サービスを開始してまだ日が浅い点。
イエウール無料査定はこちら
◆LIFULL HOME'S(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、倉庫・工場、投資用物件
掲載する不動産会社数 2399社
サービス開始 2008年
運営会社 LIFULL(東証一部)
紹介会社数 最大6社
【ポイント】強みは、匿名査定も可能で安心であるほか、日本最大級の不動産ポータルサイト「LIFULL HOME'S」が運営している点。弱点は大手の不動産仲介会社が多くはないこと。
LIFULL HOME'S無料査定はこちら
◆マンションナビ(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション
掲載する不動産会社数 900社超、2500店舗 不動産一括査定サイト「マンションナビ」の公式サイトはこちら
サービス開始 2011年
運営会社 マンションリサーチ
紹介会社数 最大9社(売却・買取6社、賃貸3社)
【ポイント】 強みは、マンションに特化しており、マンション売却査定は6社まで、賃貸に出す場合の査定は3社まで対応している点。弱点は、比較的サービス開始から日が浅く、取り扱い物件がマンションしかない点。
マンションナビ無料査定はこちら
◆おうちダイレクト「プロフェッショナル売却」(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、一棟マンション、一棟アパート、店舗、事務所
掲載する不動産会社数 9社 おうちダイレクトの一括査定依頼サービス「プロフェッショナル売却」の公式サイトはこちら
サービス開始 2015年
運営会社 ヤフー株式会社、SREホールディングス株式会社(ともに東証一部子会社)
紹介会社数 最大9社
【ポイント】ヤフーとソニーグループが共同運営する一括査定サイト。不動産会社に売却を依頼後も、ヤフーとおうちダイレクトのネットワークを使い、購入希望者への周知をサポートしてくれる。
おうちダイレクトの一括査定依頼サービス「プロフェッショナル売却」はこちら
◆いえカツLIFE(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 分譲マンション、一戸建て、土地、一棟アパート、一棟マンション、投資マンション(1R・1K)、一棟ビル、区分所有ビル(1室)、店舗、工場、倉庫、農地、再建築不可物件、借地権、底地権、その他(共有持分についても査定・売却対象)
掲載する不動産会社数 500社 いえカツLIFEの公式サイトはこちら
サービス開始 2012年
運営会社 サムライ・アドウェイズ(上場子会社)
紹介会社数 最大6社(売買2社、買取2社、リースバック2社)
【ポイント】再建築不可物件、借地権、底地権といった「訳あり物件」の査定にも対応している。共有持ち分でも相談に乗ってくれる査定サイトは少ないので、相談してみよう。
いえカツLIFEはこちら

 

一括査定サイトと合わせて利用したい査定サイトはこちら!
◆SRE不動産売却査定(不動産売却査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地(建物付きを含む)、その他
対応可能エリア 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県など 不動産査定サイト「SRE不動産売却」の公式サイトはこちら
サービス開始 2014年
運営会社 SREホールディングス株式会社
【ポイント】両手仲介・囲い込みを行わない。不動産ポータルサイトと不動産ネットワークシステムを活用した集客により早期売却を目指す。ソニーグループが運営しており信頼性がある。
SRE不動産売却はこちら
 
TOP