じぶん銀行住宅ローンの公式サイト
不動産を高値で売却する方法[2019年]
2018年10月24日公開(2018年11月6日更新)
ダイヤモンド不動産研究所
ダイヤモンド不動産研究所

100年以上の歴史をもつ出版社・ダイヤモンド社が運営する、不動産メディア「ダイヤモンド不動産研究所」の編集部です。徹底した消費者目線で、誰にでも分かりやすく、不動産について分析・解説します。

»バックナンバー一覧
バックナンバー

不動産を売るなら、スーモとライフルどっちがいい?
物件数や独自評価システムを徹底比較!

今や中古物件探しは、インターネット検索が主流。依頼先の不動産仲介会社がどの不動産検索ポータルサイトを使っているかによって、内覧希望者数は大きく違ってくる。ひいては売却期間や売却価格にも影響を与える重要な問題だ。林立するポータルサイトの違いを知り、不動産仲介会社選びで失敗しないようにしよう。

中古といえば、スーモとライフルホームズが〝2強〟の理由

 中古物件の不動産検索ポータルサイトとして、よく知られているのは、「SUUMO(スーモ)」「LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)」「AtHome(アットホーム)」「Yahoo!不動産(ヤフー不動産)」「O-uccino(オウチーノ)」といったあたりだろう。下表は、それらの不動産検索ポータルサイトの掲載物件数をまとめたものだ(編集部調べ。2018年9月現在)。

◆ 主要不動産検索ポータルサイトの掲載物件数(単位:件数)
  中古 小計 新築
(一戸建て+マンション)
賃貸 掲載総数
一戸建て マンション
 スーモ 61,093 89,462 150,555 114,617 5,830,735 6,095,907
 ライフルホームズ 57,331 83,758 141,089 41,868 6,121,293 6,304,250
 アットホーム 84,422 98,432 182,854 129,348 1,208,224 1,520,426
 オウチーノ 46,865 97,088 143,953 116,545 2,309,692 2,570,190
 ヤフー不動産 40,002 48,765 88,767 89,610 2,903,879 3,082,256
※ 各サイトの表示物件数を編集部で集計(2018年9月26日現在)

 ご覧のとおり、中古物件の掲載数では、アットホームが約18万件と頭一つ抜けている。続いてスーモが約15万件、オウチーノとライフルホームズが約14万件となっている。しかし、業界関係者の経験値として広告効果が最も高い、すなわち内覧の問い合わせが多く、成約率が高いといわれているのは、スーモとライフルホームズだ

 「スーモやライフルホームズは賃貸物件の掲載数で圧倒していて、購入希望者の利用も多いのです。そのため、馴染みがあり、将来の見込み客の獲得につながっています。また、中古物件の検索方法にも独自の工夫があって、使い勝手に差があります」(価値住宅・高橋正典氏)

 賃貸も含めた掲載総数では、スーモとライフルホームズが60万件台なのに対し、アットホームは約15万、オウチーノが約25万と、2~4倍の開きがある。その結果、スーモとライフルホームズとそのほかのポータルサイトでは、アクセス数に大きな開きがあるのだ。

【関連記事はこちら!】
>> マンションを売るのに「ホームステージング」は効果があるのか、編集部員が試した結果は?

アクセス数の差を生む、スーモとライフルホームズの工夫

 高橋氏が指摘するように、スーモとライフルホームズはサイト自体のつくりも随所に工夫が見られる。不動産ポータルサイトの利用者からすれば、掲載されている中古物件の数も重要だが、購入する物件は一つ。自分の条件にフィットした物件をどれだけ探しやすいかが大きなポイントとなる。

 その点、一般のポータルサイトでは、エリアや路線、価格、間取りなど、賃貸物件の検索条件とほぼ同レベルのものしか用意されていないのに対し、スーモやホームズでは、中古物件を選ぶ人の立場に立った独自の検索機能が用意されていて、いろいろな角度から物件探しを行えるようになっている

 では、スーモやホームズにどんな特徴があるのか具体的に見ていこう。

お買い得な優良物件を埋もれさせない「SUUMOのオススメ検索」

suumoのオススメ検索suumoのオススメ検索機能

 スーモを運営するのは、株式会社リクルート住まいカンパニー。同じリクルート系列に「じゃらん」「ホットペッパービューティー」「ゼクシィ」など有名サイトが多く、信頼度でアドバンテージを持つ。CMでの露出も多く、知名度ではナンバー1だろう。将来的な見込み客を多く抱えている。

 サイトの機能で最も特徴的なのは、スピーディーに物件が絞り込めるように、「SUUMOのオススメ検索」という独自の検索キーを用意していることだ。一般的な検索項目に加えて、以下の3つのキーで絞り込みが行えるようになっている。

(1)新・旧耐震を問わず、一定の耐震性がある
→耐震基準適合、住宅性能評価、長期優良住宅など、いずれかを満たす。
(2)築25年以上でも住宅ローン控除が使える可能性あり
→築25年以上で、耐震基準適合、住宅性能評価、瑕疵保険のいずれかを取得。
(3)内外装が綺麗で保証もついている
→直近5年内にリフォーム、リノベーション済みで瑕疵保険付き。

 いずれも築年数の経った物件でも、状態のいいものを埋もれさせない検索項目となっている。買い手側からすれば、同検索を行うことで、掘り出し物の優良物件を見つけやすくなるだろう。

 試しに、さいたま市の中古マンションを無条件で検索してみたところ、原稿作成時点で1910件が登録されていた。そこから(3)の「内外装が綺麗で保証もついている」という条件で検索したところ、27件にまで絞り込まれた。

 このように、条件を満たす物件を所有している売主からすれば、競合物件を一気に減らす嬉しい機能となっている。もし売却予定物件が耐震工事やインスペクション(建物検査)済みであったり、売却前に実施の予定があったりするのであれば、不動産仲介会社に相談して、「SUUMOのオススメ検索」で確実にヒットするように動いてもらうといいだろう。

 また、前出の5つのポータルサイトの中で30秒~3分程度の「室内動画」をアップできるのもスーモだけとなっている。

「住宅評価」を軸に展開するライフルホームズ独自の検索システム

 ライフルホームズの運営は、東証1部上場企業の株式会社LIFULL。同ポータルサイトに物件広告を掲載している不動産仲介会社数は約2万社(新築や賃貸を含む)となっていて、スーモの約1万7000社を上回る(2018年9月現在)。広告料金等の違いもあるが、広告効果や業界関係者からの信頼の高い証しといえるだろう。

 ライフルホームズの最大の特徴は「LIFULL HOME’S 住宅評価」を軸に、サイトを展開していることだ。同住宅評価を簡単に説明すると、売主の希望に応じて(別途費用は発生)ライフルホームズと提携する第三者機関が国土交通省の推奨基準に沿ったインスペクションを行い、検査結果を物件情報とともに公開するものだ。

 具体的には、「価格査定」「建物検査」「設備検査」「シロアリ検査(一戸建てのみ)」の4項目について検査を行う。その結果、たとえば、「価格査定」であれば、その根拠となった建物の評価価格(国交省が推奨する価格査定マニュアルに沿って算定した価格)を見られる。「建物検査」であれば、建物の状態一覧と建物に付けられた瑕疵保険の保証期間および保証金額を公開する。さらに、評価の結果、もしどこかに不具合があった場合は、補修が必要な箇所を明示してくれる。

ライフルホームズの評価書付き物件ライフルホームズの評価書付き物件

 住宅評価を受けた物件は、ひと目で識別できるように、サイト上にアイコンが表示される。また、先の4項目(マンションは3項目)すべてをクリアした優良物件については、アイコンとともに、「LIFULL HOME’S 認定物件」の文字が表示される

 実際に、買い手が「LIFULL HOME’S 認定物件」を検索する場合、全国の同住宅評価の付きの物件を集めたページからエリアで絞り込んでいくことができる。さらに、エリアから物件を検索した場合も、同住宅評価の高い物件から上位に表示されるようになっているため、無評価の物件よりも強くアピールできるようになっている。

 昨今は中古住宅についての知識も広まり、安心して住めることを第一に物件を選ぶ人が増えている。そうしたニーズをとらえた同サービスにより、購入希望者からのアクセスや成約率が急増しているようだ。

不動産仲介会社は「2強+1」サイトへの広告掲載を必須に選ぶ

 このように不動産検索ポータルサイトの双璧をなす、スーモとライフルホームズ。早期売却、高値売却をめざすならば、両サイトへの掲載は必須だ。前出の表で見たとおり、他にも掲載物件数の多いポータルサイトはあるが、肝心なのはアクセス数だ。閲覧者が多ければ、確率的に内覧者数が増え、成約率も高くなる。

 ただし、通常、売主が物件を掲載するポータルサイトを選ぶことはできない。不動産仲介会社によって、登録しているサイトが決まっているからだ。そのため、不動産仲介会社を選ぶにあたっては、どのポータルサイトに掲載されるかの確認が大切になる。資金力のない不動産仲介会社になると、掲載料の負担が大きいため、どちらか一方のサイトとしか付き合いのないところもあるからだ。

 基本的には、スーモ、ライフルホームズのほか、押さえとして少なくとももう1社掲載してもらえるところを選ぶようにしよう。先ほど取り上げたアットホーム、オウチーノ、ヤフー不動産などが理想だ。ポータルサイトへの掲載料は仲介手数料でまかなわれるため、掲載先が多いからといって、売主の負担が増えるわけではない。見方を変えれば、同じ仲介料をとられるなら、多くのポータルサイトに掲載してくれる不動産仲介会社のほうがおトクということだ。

 また、地域性も考慮したほうがいいこともある。都会ではスーモ、ホームズが強いが、地方都市では、この2強サイトが利用されておらず、アットホームの方が一般的に利用されているということもあるので、地方であればアットホームにも掲載しておきたいところだ。

【関連情報はこちら!】
>> 家やマンションを売るのに効果的な不動産広告は? チラシ、ネット広告、看板、業者間情報公開システムのメリット・デメリットを紹介

不動産検索ポータルサイトへの広告掲載後は、売主自身もチェック

 最後に、不動産検索ポータルサイトに広告が掲載されたら、内容に不備がないか、売主自身が必ずチェックしよう。万が一、情報に致命的な間違いがあれば、掲載した意味がなくなってしまう。掲載するデータをまとめるのは不動産仲介会社の営業担当者や事務員が行うため、ミスがないとも限らない。

 また、掲載後に思うような成果が得られなかった場合の対策も、事前に考えておきたい。不動産検索ポータルサイトへの広告掲載は、広いエリアから集客できるのが魅力だが、遠方の購入希望者は休日にしか内覧に来られないことが多い。

 そこで、できれば、不動産仲介会社に新聞の折り込み広告やポスティングチラシなどの展開も働きかけたい。近隣エリアの人もほうが、気軽に足をはこんでもらいやすいからだ。手間がかかるため、近年は看板を立てて内覧会を開く数は減っているが、内覧会に訪れる人の購買意欲は高く、成約率は高い。有効な販促活動であることを覚えておこう。

 いずれにしても、ポータルサイトに掲載して3週間~1カ月程度が過ぎても、反響が少ない場合は、なんらかの対応策を講じるのが賢明だ。

【関連記事はこちら!】
>> 家やマンションの売却時に、「ネット」と「チラシ」のどちらを重視して広告すれば、スムーズに売却できるのか?

【注目の記事はこちら】
【査定相場を知るのに便利な、一括査定サイト"主要12社"を比較
【業者選び売却のプロが教える、「不動産会社の選び方・7カ条」
【査定不動産一括査定サイトのメリット・デメリットを紹介
【業界動向大手不動産会社は両手取引が蔓延!? 「両手比率」を試算!
【ノウハウ知っておきたい「物件情報を拡散させる方法」

<不動産売却の基礎知識>
相場を知るために、まずは「一括査定」を活用!

 不動産の売却に先駆けて、まずは相場を知っておきたいという人は多いが、それには多数の不動産仲介会社に査定をしてもらうのがいい。

 そのために便利なのが「不動産一括査定サイト」だ。一括査定サイトで売却する予定の不動産情報と個人情報を入力すれば、最大6社程度から査定してもらうことができる。不動産の相場観が分かるだけでなく、きちんと売却してくれるパートナーである不動産会社を見つけられる可能性が高まるだろう。

 ただし、査定価格が高いからという理由だけでその不動産仲介会社を信用しないほうがいい。契約を取りたいがために、無理な高値を提示する不動産仲介会社が増加している。

 「大手に頼んでおけば安心」という人も多いが、不動産業界は大手企業であっても、売り手を無視した手数料稼ぎ(これを囲い込みという)に走りがちな企業がある。

 なので、一括査定で複数の不動産仲介会社と接触したら、査定価格ばかりを見るのではなく、「売り手の話を聞いてくれて誠実な対応をしているか」、「価格の根拠をきちんと話せるか」、「売却に向けたシナリオを話せるか」といったポイントをチェックするのがいいだろう。

 以下が主な「不動産一括査定サイト」なので上手に活用しよう。

■相場を知るのに、おすすめの「不動産一括査定サイト」はこちら!
◆HOME4U(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、ビル、アパート、店舗・事務所
掲載する不動産会社数 900社 不動産一括査定サイト「HOME4U」の公式サイトはこちら
サービス開始 2001年
運営会社 NTTデータ・スマートソーシング(東証一部子会社)
紹介会社数 最大6社
【ポイント】 強みは、日本初の一括査定サービスであり、運営会社はNTTデータグループで安心感がある点。弱点は、提携会社数がやや少なめであること。
HOME4U無料査定はこちら
◆イエウール(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、投資用物件、ビル、店舗、工場、倉庫、農地
掲載する不動産会社数 1400社以上 不動産一括査定サイト「イエウール」の公式サイトはこちら
サービス開始 2014年
運営会社 Speee
紹介会社数 最大6社
【ポイント】 強みは、掲載する会社数が多く、掲載企業の一覧も掲載しており、各社のアピールポイントなども見られる点。弱点は、サービスを開始してまだ日が浅い点。
イエウール無料査定はこちら
◆LIFULL HOME'S(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、倉庫・工場、投資用物件
掲載する不動産会社数 1692社(2018年8月)
サービス開始 2008年
運営会社 LIFULL(東証一部)
紹介会社数 最大6社
【ポイント】強みは、匿名査定も可能で安心であるほか、日本最大級の不動産ポータルサイト「LIFULL HOME'S」が運営している点。弱点は大手の不動産仲介会社が多くはないこと。
LIFULL HOME'S無料査定はこちら
◆イエイ(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、投資用物件、ビル、店舗、工場、倉庫、農地
掲載する不動産会社数 1000社 不動産一括査定サイト「イエイ」の公式サイトはこちら
サービス開始 2007年
運営会社 セカイエ
紹介会社数 最大6社
【ポイント】 強みは、サービス開始から10年以上という実績があるほか、対象となる不動産の種類も多い。「お断り代行」という他社にないサービスもある。弱点は、経営母体の規模が小さいこと。
イエイ無料査定はこちら
◆マンションナビ(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション
掲載する不動産会社数 900社超、2500店舗 不動産一括査定サイト「マンションナビ」の公式サイトはこちら
サービス開始 2011年
運営会社 マンションリサーチ
紹介会社数 最大9社(売却・買取6社、賃貸3社)
【ポイント】 強みは、マンションに特化しており、マンション売却査定は6社まで、賃貸に出す場合の査定3社まで対応している点。弱点は、比較的サービス開始から日が浅く、取扱い物件がマンションしかない点。
マンションナビ無料査定はこちら
◆HowMaスマート不動産売却(一般媒介での一括査定)
対応物件の種類 マンション、戸建て(東京23区)
掲載する不動産会社数 10社(一般媒介) HowMaスマート不動産売却の公式サイトはこちら
サービス開始 2015年
運営会社 コラビット
紹介会社数 最大6社
【ポイント】不動産会社探しを支援してくれるサービスで、不動産を売却する際に、不動産会社と会わずに契約が可能。不動産会社との契約は一般媒介なので、不動産会社による違法な「囲い込み」も心配ない。
HowMaスマート不動産売却無料査定はこちら
◆いえカツLIFE(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 分譲マンション、一戸建て、土地、一棟アパート・一棟マンション、投資マンション(1R・1K)、一棟ビル、区分所有ビル(1室)、店舗・工場・倉庫、農地、再建築不可物件、借地権、底地権、その他(共有持分についても査定・売却対象)
営業エリア 東京、千葉、神奈川、埼玉 いえカツLIFEの公式サイトはこちら
サービス開始 2012年
運営会社 株式会社 サムライ・アドウェイズ
(東京マザーズ上場「アドウェイズ」の子会社)
紹介会社数 最大6社(売買2社、買取2社、リースバック2社)
【ポイント】 再建築不可物件、借地権、底地権といった「訳あり物件」の査定にも対応している。共有持ち分でも相談に乗ってくれる査定サイトは少ないので、相談してみよう
いえカツLIFE無料査定はこちら
TOP