コロナ禍の資産バブルで中古マンションは空前の売り手市場に! 
過熱相場でもなくならない、売主軽視の違法行為に注意を

2021年5月21日公開(2021年5月20日更新)
ダイヤモンド不動産研究所

長引くコロナ禍で、首都圏の中古住宅売買市場が過熱している。中古マンションや中古戸建ての売買仲介会社では、「とにかく売り物件がない」という会話がされており、かつてないほどの異常事態に見舞われている。ゆえに、違法な「囲い込み」などが蔓延する懸念も指摘されている。

売買が活況する中古マンション市場

中古マンションの在庫が減少している(出所:PIXTA)

 中古不動産市場が大変な活況となっている。中古マンション価格は値上がりし、在庫が底をつきそうな勢いだ。

 中古不動産の業者間物件ネットワークである、東日本不動産流通機構が4月12日に発表した、「2021年3月の不動産流通市場動向」によると、首都圏の中古マンション成約(売買成立)件数は4,228件で、前年同月比で+16.1%の増加となった。

 一方で、中古マンションの在庫数は減り続けている。2021年3月の首都圏の中古マンション在庫数は34,701件。前年の同月比で▲24.9%と、大幅減になった。2019年12月から16カ月連続で前年の在庫数を下回っており、2021年2月に比べても、▲4.5%も減少している。

 「これまでなら、売り出してから成約するまで3カ月はかかっていたマンションが、1カ月で売れていく」(都内不動産会社)といい、物件の枯渇が続いている。

中古マンション価格はコロナ禍でも上がり続けている

 つられるように物件価格も上昇中だ。中古マンションの成約㎡単価は59.02万円/㎡と前年同月比で9.2%も上昇している。前年同月を上回るのは11カ月連続となり、コロナ禍が続く間であるのに、不動産価格は約10%も上昇した

 この状況に、長年、不動産市場を見てきた関係者も驚いている。「15年ほど前に売り出された当時、1億円だった新宿区内のマンションが、今年に入ってから1億9000万円で売りに出されていた。さすがに強気過ぎると思っていたら、しばらくして1億7000万円で成約したと聞いて驚いた。私自身はせいぜい1億2000万円くらいだと思っていたから、相場がバグった状態。予想できない市場になっている」

 別の不動産会社経営者は、「あまりに高値で売れていくので、自分が住んでいるマンションを相場よりだいぶ高く売りに出した(笑)。もし、本当に売れてしまったら、次に買える物件は無いかもしれないけど、それならしばらく賃貸に住めばいいやというくらいの気持ち」というから、不動産業界の人々さえも浮き足立つほど相場は熱狂している。

 中古マンションだけでなく、中古戸建て住宅市場も同様の枯渇状態で、先述した東日本不動産流通機構の発表では、3月の首都圏の中古戸建て住宅の成約件数は1,629件で、前年に比べ+25.8%と大幅に増加している。

 一方で新規登録件数は、4,462件で前年に比べ ▲26.3%の大幅減。前年の同じ月を下回るのは、13カ月連続。同時に在庫数は15,586 件で、前年に比べ ▲31.0%の大幅減となっている。

 こうした過熱市場の原因はいうまでもなく、世界的な金融緩和による資産バブルだ。暗号通貨や高級時計のロレックスなど現物資産と同様に、住宅市場にも大量のマネーが注がれて、価格が高騰している。 投資家が前のめりになる一方で、生活者レベルではコロナ禍での住み替えに不安があり、売り控える人が多いという声もある。需要と供給のバランスはしばらく「狂ったまま」になりそうだ。

過熱市場を背景に、違法な手数料を要求してくる不動産仲介会社も

 完全な売り手市場のなかで、売れる物件を持つ不動産仲介会社の立場は強くなっている。

 ダイヤモンド不動産研究所でも何度か問題視してきた「囲い込み」(売り物件を市場に出さず、自社で買い手を見つけて仲介手数料を稼ぐ手法)が横行しているのかと思いきや、何カ月も囲い込む前に物件が売れていくので、悪質な囲い込みをする前に物件が売れてしまうという状況だという。
【関連記事はこちら】>>大手不動産仲介は「囲い込み」が蔓延?! 不動産売却時は「両手比率」が高い会社に注意を

違法行為を行う不動産仲介会社も(出所:PIXTA)

 それとは別に、過熱市場を背景に、小ずるく手数料をせびってくる銀行系の不動産仲介会社も出てきたという。

 「マンションを探しているお客様の依頼で、ある物件に買いの申し込みを入れたところ、当社のお客様が購入した場合に受け取る仲介手数料3%のうち、1%をバックしてくれるなら紹介すると言ってきた」という。

 つまり、自社で決めて両手仲介(手数料6%)したいが、このケースでは実際には買い手が見つかっていないので、せめて自社の手数料3%+客付け不動産会社からのバックリベート(賄賂)1%で、合計4%分の手数料を確保したいということなのだ。

 一部の不動産仲介会社ではよく行っている方法だが、もちろんこれは違法だ。 通常、銀行系の不動産仲介会社はコンプライアンス重視のため、違法な囲い込みやバックリベートを求めることはなかったが、過熱する市場の中でバックリベートを取れると見たためか、こんなせこい取引を持ちかけてくるようになったという。

違法行為を行う不動産会社を避ける術を知っておく

 不動産を売買する個人にとっては関係のない話のように聞こえるが、こんな違法行為がまかり通る業者では、「もっと高く売りたい」「もっと安く売るよう交渉してほしい」という個人の要望など聞くはずもない。結局、こうした違法な取引をしている不動産仲介会社を使うと、売買する個人は損することになる。

 草食系と言われる、銀行系の不動産仲介会社までもが、小ずるくキックバックをせびる超過熱市場。住宅所有者にとっては、空前の売り場と言えるかもしれないが、業者選びを間違えば、本来はもっと高値で売れたはずなのにその機会を逸するなど、損をするかもしれない。違法な囲い込みやバックリベートをこっそり取っている不動産仲介会社には気をつけたほうがいい。

 そのためにも、物件情報がきちんと業者間ネットワーク「レインズ」に正しく登録されているか確認したり、複数の不動産会社に売却を依頼できる「一般媒介」を利用するようにしたいところだ。

【関連記事はこちら】>>不動産が売れないのは、不動産会社が問題? 「レインズに登録」「詳細な報告があるか」など、販売活動をチェックする4つのポイントを紹介

  • RSS最新記事

<不動産売却の基礎知識>
相場を知るために、まずは「一括査定」を活用!

 不動産の売却に先駆けて、まずは相場を知っておきたいという人は多いが、それには多数の不動産仲介会社に査定をしてもらうのがいい

 そのために便利なのが「不動産一括査定サイト」だ。一括査定サイトで売却する予定の不動産情報と個人情報を一度入力すれば、複数社から査定してもらうことができる。査定額を比較できるので、不動産の相場観が分かるだけでなく、きちんと売却してくれるパートナーである不動産会社を見つけられる可能性が高まるだろう。

 以下が主な「不動産一括査定サイト」なので上手に活用しよう。

おすすめの「不動産一括査定サイト」はこちら!

メールで簡易査定
電話番号は任意

◆SUUMO(スーモ)売却査定(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地
掲載する不動産会社数 約2000店舗 不動産一括査定サイト「SUUMO(スーモ)売却査定」の公式サイトはこちら
サービス開始 2009年
運営会社 株式会社リクルート住まいカンパニー(東証一部子会社)
紹介会社数 最大10社
【ポイント】 不動産サイトとして圧倒的な知名度を誇るSUUMO(スーモ)による、無料の一括査定サービス。主要大手不動産会社から、地元に強い不動産会社まで参加しており、査定額を比較できる。
SUUMO(スーモ)売却査定はこちら
◆HOME4U(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、ビル、アパート、店舗・事務所
掲載する不動産会社数 1500社 不動産一括査定サイト「HOME4U」の公式サイトはこちら
サービス開始 2001年
運営会社 NTTデータ・スマートソーシング(東証一部子会社)
紹介会社数 最大6社
【ポイント】 強みは、日本初の一括査定サービスであり、運営会社はNTTデータグループで安心感がある点提携会社数は競合サイトと比較するとトップではないが、厳選されている。
HOME4U無料査定はこちら
◆ズバット不動産売却(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、一棟マンション、一棟ビル
掲載する不動産会社数 厳選した不動産会社のみ 不動産一括査定サイト「ズバット不動産売却」の公式サイトはこちら
サービス開始 2020年
運営会社 ウェブクルー
紹介会社数 最大6社
【ポイント】 比較サイト運営歴20年以上の会社が運営しており、情報セキュリティマネジメントシステムの国際認証基準である「ISO27001」の認証を取得しているため信頼感がある。提携会社数は少ないが厳選されている。
ズバット不動産売却無料査定はこちら
◆イエウール(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、投資用物件、ビル、店舗、工場、倉庫、農地
掲載する不動産会社数 1600社以上 不動産一括査定サイト「イエウール」の公式サイトはこちら
サービス開始 2014年
運営会社 Speee
紹介会社数 最大6社
【ポイント】 強みは、掲載する会社数が多く、掲載企業の一覧も掲載しており、各社のアピールポイントなども見られる点。弱点は、サービスを開始してまだ日が浅い点。
イエウール無料査定はこちら
◆LIFULL HOME'S(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、倉庫・工場、投資用物件
掲載する不動産会社数 2399社
サービス開始 2008年
運営会社 LIFULL(東証一部)
紹介会社数 最大6社
【ポイント】強みは、匿名査定も可能で安心であるほか、日本最大級の不動産ポータルサイト「LIFULL HOME'S」が運営している点。弱点は大手の不動産仲介会社が多くはないこと。
LIFULL HOME'S無料査定はこちら
◆マンションナビ(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション
掲載する不動産会社数 900社超、2500店舗 不動産一括査定サイト「マンションナビ」の公式サイトはこちら
サービス開始 2011年
運営会社 マンションリサーチ
紹介会社数 最大9社(売却・買取6社、賃貸3社)
【ポイント】 強みは、マンションに特化しており、マンション売却査定は6社まで、賃貸に出す場合の査定は3社まで対応している点。弱点は、比較的サービス開始から日が浅く、取り扱い物件がマンションしかない点。
マンションナビ無料査定はこちら
◆おうちダイレクト「プロフェッショナル売却」(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、一棟マンション、一棟アパート、店舗、事務所
掲載する不動産会社数 9社 おうちダイレクトの一括査定依頼サービス「プロフェッショナル売却」の公式サイトはこちら
サービス開始 2015年
運営会社 ヤフー株式会社、SREホールディングス株式会社(ともに東証一部子会社)
紹介会社数 最大9社
【ポイント】ヤフーとソニーグループが共同運営する一括査定サイト。不動産会社に売却を依頼後も、ヤフーとおうちダイレクトのネットワークを使い、購入希望者への周知をサポートしてくれる。
おうちダイレクトの一括査定依頼サービス「プロフェッショナル売却」はこちら
◆いえカツLIFE(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 分譲マンション、一戸建て、土地、一棟アパート、一棟マンション、投資マンション(1R・1K)、一棟ビル、区分所有ビル(1室)、店舗、工場、倉庫、農地、再建築不可物件、借地権、底地権、その他(共有持分についても査定・売却対象)
掲載する不動産会社数 500社 いえカツLIFEの公式サイトはこちら
サービス開始 2012年
運営会社 サムライ・アドウェイズ(上場子会社)
紹介会社数 最大6社(売買2社、買取2社、リースバック2社)
【ポイント】再建築不可物件、借地権、底地権といった「訳あり物件」の査定にも対応している。共有持ち分でも相談に乗ってくれる査定サイトは少ないので、相談してみよう。
いえカツLIFEはこちら

 

一括査定サイトと合わせて利用したい査定サイトはこちら!
◆SRE不動産売却査定(不動産売却査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地(建物付きを含む)、その他
対応可能エリア 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県など 不動産査定サイト「SRE不動産売却」の公式サイトはこちら
サービス開始 2014年
運営会社 SREホールディングス株式会社
【ポイント】両手仲介・囲い込みを行わない。不動産ポータルサイトと不動産ネットワークシステムを活用した集客により早期売却を目指す。ソニーグループが運営しており信頼性がある。
SRE不動産売却はこちら
 
TOP