じぶん銀行住宅ローンの公式サイト
マンションを高く売る方法[2019年]
2018年8月11日公開(2019年3月20日更新)
ダイヤモンド不動産研究所
ダイヤモンド不動産研究所

100年以上の歴史をもつ出版社・ダイヤモンド社が運営する、不動産メディア「ダイヤモンド不動産研究所」の編集部です。徹底した消費者目線で、誰にでも分かりやすく、不動産について分析・解説します。

»バックナンバー一覧
バックナンバー

家やマンションを売るための魅力的なチラシを作る4つのポイントとは?

家やマンションなど不動産を高値かつ早期に売却するためには、チラシ(マイソク、販売図面ともいう)でライバル物件と差をつけたい。よいチラシ作りのポイントは、「写真の豊富さ・情報の正確さ・ターゲットに合わせたセールスポイント・キャッチコピー」の4点が、限られたスペースのなかでバランス良く掲載されているかどうかだ。

 不動産のチラシは、物件概要や価格、間取り図、地図、不動産会社の連絡先などが掲載されたもので、正式には「販売図面」といい、不動産用語で「マイソク」と呼ばれる。

 不動産会社の営業マンはチラシを使って顧客に物件を紹介したり、店頭・インターネット広告等に掲載する資料として用いたりする。よってチラシは、不動産の購入希望者に物件の魅力を伝えるための重要な役割を担っている。

 また、実際は不動産の購入希望者より先に、買い手側につく不動産会社の営業マンがチラシを目にする。一目で営業マンの販売意欲がわき、売却したくなるようなチラシを作成することができれば、より多くの人に物件を紹介してもらえるだろう。

 そのため、不動産を高額かつ早期に売却するためには、不動産会社の営業マンや不動産の購入希望者が魅力的に感じるチラシ作りが必要不可欠だ。

 しかし、チラシはある程度自由に作成できるため、不動産会社によって掲載内容は様々だ。そのため、なにをどのように掲載すればよいのか、かえって判断が難しい。

 そこで、魅力的なチラシ作りのポイントを4つにまとめた。

【関連記事はこちら!】
>> 家やマンションを売るのに効果的な不動産広告は?チラシ、ネット広告、看板、業者間情報公開システムのメリット・デメリットを紹介

魅力的なチラシ作りのポイント(1)
写真が豊富で、デザイン性に優れているか

 数あるライバル物件のなかから自分の物件を選んでもらうためには、まずは営業マンの目に留まらなければ始まらない。そこでポイントとなるのが、掲載する写真の数だ。パッと見て写真が豊富でデザイン性に優れたチラシは、文字だらけで白黒のチラシと比べると、営業マンや不動産購入希望者の目を引きやすい。

 また、できれば物件の外観だけでなく、室内の写真や近隣の商業施設などの写真まで網羅したい。たとえば、高層階で展望のよい物件なら、室内から見える景色を掲載するのもよいだろう。よりデザイン性を重視するのであれば、季節ごとの写真を掲載するなどの工夫も凝らせる。

 たとえまだ入居中でも、室内写真の有無によって物件の販売効果は大きく変わってくるので、面倒がらずに写真を撮っておこう。室内があまりに写真映えしないのであれば、周辺施設の写真を多めに入れるなどしてまかなおう。

ポイント(2)
記載されている情報は正確か

 当然ながら、チラシには正確な情報を記載しよう。

 実は、間違った情報が記載されているチラシは意外に多い。「マンションの階数を間違えていたり、ひどいときには角部屋じゃないのに角部屋と記載されていたりする」(都内不動産会社幹部)こともあるという。

 また、情報量も重要だ。物件概要や価格、間取り図、地図、不動産会社の連絡先などは必須情報。部屋の方角など購入希望者が気になる情報や、インスペクション(住宅診断)、瑕疵保険、アフターサービスなどの情報も漏れなく記載しよう。さらに、すでにリフォームした物件であれば、ただ「リフォーム済」と書くのではなく、いつ、どのようなリフォームをしたかなどの詳細を記しておこう。

 ただし、チラシに書けるスペースは限られているため、どの情報をどれだけ書くかは不動産会社と事前に話し合っておこう。限られたスペースを有効に活用するために、構造や建築年月など必要最低限の情報は小さな文字で表示するなどして工夫したい。

ポイント(3)
ターゲットに合わせたセールスポイントがあるか

 物件情報にプラスアルファして、セールスポイントも記載しておこう。

 ポイントは小学校や病院など、売却したいターゲットに合わせたセールスポイントを掲載することだ。たとえば、近隣に有名な進学校などがあれば、子どものいるファミリー層の需要が高まるはず。どんな人がどんな目的で物件を購入するかを考え、アピールできるポイントがあればどんどんアピールしていこう。

 反対に、近隣に葬儀場や下水処理場といった嫌悪施設がある場合、不動産の購入者とのちにトラブルになるのを防ぐために、情報を掲載するかどうかは、不動産会社と話し合って慎重に取り決めを行うべきだ。

ポイント(4)
キャッチコピーは入っているか

 最後に、目を引くようなキャッチコピーで物件の長所を簡潔に表現しよう。

 物件情報をただ羅列しているだけでは、やや決め手に欠ける。不動産の購入希望者の心をつかむようなキャッチコピーを掲載しよう。不動産は定価のない商品だ。アピール次第で成約価格は大きく変わってくる。

 引きのある魅力的なキャッチコピー作りには、不動産を購入したときのパンフレットが非常に参考になる。

 不動産を新築で購入した人であれば、必ずパンフレットを持っているはず。そのパンフレットには、コピーライターが考えた物件の魅力があますことなく書かれていので、そのまま参考にしてしまうのがよい。

 物件情報や写真を淡々と載せているだけでは、ライバル物件との差別化は難しい。購入者に興味を持ってもらえるような引きのあるキャッチコピーについて、不動産仲介会社と相談して事前に方針を固めておこう。

【関連記事はこちら!】
>> マンションを高く売るならホームステージング!家具や生活雑貨をレンタルして置くだけで、売却期間が半減し、売却価格も高くなる!?

チラシの作り方まとめ
客観的に見て魅力的と思えるかが判断基準

 以上4つのポイントを踏まえて、魅力的なチラシの例を見てみよう。

いい販売図面魅力的なチラシの例

 まず目に飛び込んでくるの写真の豊富さだろう。室内のカラー写真が5枚も並び、それぞれにコメントまでついている。デザイン性にも優れ、背景には緑があしらわれており、清潔感がある。

 物件情報も見やすく、上部には「スーパー、コンビニ、ドラッグストア、保育園、小・中学校がすべて徒歩10分圏内で利便性の高い立地です。瑕疵保険、設備保証など充実の保証付。2014年1月大規模修繕工事実施済!」と具体的にセールスポイントが記載されており、なにがこの物件のウリか一目瞭然だ。

 売り主の立場ではなく、不動産の購入を検討している買い主の立場から見て、上記のチラシは魅力的に感じたのではないだろうか。

 もし、出来上がったチラシを見て、客観的に「買いたい」と思えなかった場合、すぐに不動産会社に修正希望を伝えよう。きちんと修正してもらえなかったり、何度修正しても満足ができなかったときは、ほかの不動産会社への切り替えを検討するとよいだろう。

【関連記事はこちら!】
>> マンションを売るのに「ホームステージング」は効果があるのか、編集部員が試した結果は?

【注目の記事はこちら】
【査定相場を知るのに便利な、一括査定サイト"主要12社"を比較
【業者選び売却のプロが教える、「不動産会社の選び方・7カ条」
【査定不動産一括査定サイトのメリット・デメリットを紹介
【業界動向大手不動産会社は両手取引が蔓延!? 「両手比率」を試算!
【ノウハウ知っておきたい「物件情報を拡散させる方法」

<不動産売却の基礎知識>
相場を知るために、まずは「一括査定」を活用!

 不動産の売却に先駆けて、まずは相場を知っておきたいという人は多いが、それには多数の不動産仲介会社に査定をしてもらうのがいい。

 そのために便利なのが「不動産一括査定サイト」だ。一括査定サイトで売却する予定の不動産情報と個人情報を入力すれば、最大6社程度から査定してもらうことができる。不動産の相場観が分かるだけでなく、きちんと売却してくれるパートナーである不動産会社を見つけられる可能性が高まるだろう。

 ただし、査定価格が高いからという理由だけでその不動産仲介会社を信用しないほうがいい。契約を取りたいがために、無理な高値を提示する不動産仲介会社が増加している。

 「大手に頼んでおけば安心」という人も多いが、不動産業界は大手企業であっても、売り手を無視した手数料稼ぎ(これを囲い込みという)に走りがちな企業がある。

 なので、一括査定で複数の不動産仲介会社と接触したら、査定価格ばかりを見るのではなく、「売り手の話を聞いてくれて誠実な対応をしているか」、「価格の根拠をきちんと話せるか」、「売却に向けたシナリオを話せるか」といったポイントをチェックするのがいいだろう。

 以下が主な「不動産一括査定サイト」なので上手に活用しよう。

■相場を知るのに、おすすめの「不動産一括査定サイト」はこちら!
◆HOME4U(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、ビル、アパート、店舗・事務所
掲載する不動産会社数 900社 不動産一括査定サイト「HOME4U」の公式サイトはこちら
サービス開始 2001年
運営会社 NTTデータ・スマートソーシング(東証一部子会社)
紹介会社数 最大6社
【ポイント】 強みは、日本初の一括査定サービスであり、運営会社はNTTデータグループで安心感がある点。弱点は、提携会社数がやや少なめであること。
HOME4U無料査定はこちら
◆イエウール(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、投資用物件、ビル、店舗、工場、倉庫、農地
掲載する不動産会社数 1400社以上 不動産一括査定サイト「イエウール」の公式サイトはこちら
サービス開始 2014年
運営会社 Speee
紹介会社数 最大6社
【ポイント】 強みは、掲載する会社数が多く、掲載企業の一覧も掲載しており、各社のアピールポイントなども見られる点。弱点は、サービスを開始してまだ日が浅い点。
イエウール無料査定はこちら
◆LIFULL HOME'S(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、倉庫・工場、投資用物件
掲載する不動産会社数 1692社(2018年8月)
サービス開始 2008年
運営会社 LIFULL(東証一部)
紹介会社数 最大6社
【ポイント】強みは、匿名査定も可能で安心であるほか、日本最大級の不動産ポータルサイト「LIFULL HOME'S」が運営している点。弱点は大手の不動産仲介会社が多くはないこと。
LIFULL HOME'S無料査定はこちら
◆イエイ(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、投資用物件、ビル、店舗、工場、倉庫、農地
掲載する不動産会社数 1000社 不動産一括査定サイト「イエイ」の公式サイトはこちら
サービス開始 2007年
運営会社 セカイエ
紹介会社数 最大6社
【ポイント】 強みは、サービス開始から10年以上という実績があるほか、対象となる不動産の種類も多い。「お断り代行」という他社にないサービスもある。弱点は、経営母体の規模が小さいこと。
イエイ無料査定はこちら
◆マンションナビ(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション
掲載する不動産会社数 900社超、2500店舗 不動産一括査定サイト「マンションナビ」の公式サイトはこちら
サービス開始 2011年
運営会社 マンションリサーチ
紹介会社数 最大9社(売却・買取6社、賃貸3社)
【ポイント】 強みは、マンションに特化しており、マンション売却査定は6社まで、賃貸に出す場合の査定3社まで対応している点。弱点は、比較的サービス開始から日が浅く、取扱い物件がマンションしかない点。
マンションナビ無料査定はこちら
◆HowMaスマート不動産売却(一般媒介での一括査定)
対応物件の種類 マンション、戸建て(東京23区)
掲載する不動産会社数 10社(一般媒介) HowMaスマート不動産売却の公式サイトはこちら
サービス開始 2015年
運営会社 コラビット
紹介会社数 最大6社
【ポイント】不動産会社探しを支援してくれるサービスで、不動産を売却する際に、不動産会社と会わずに契約が可能。不動産会社との契約は一般媒介なので、不動産会社による違法な「囲い込み」も心配ない。
HowMaスマート不動産売却無料査定はこちら
◆いえカツLIFE(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 分譲マンション、一戸建て、土地、一棟アパート・一棟マンション、投資マンション(1R・1K)、一棟ビル、区分所有ビル(1室)、店舗・工場・倉庫、農地、再建築不可物件、借地権、底地権、その他(共有持分についても査定・売却対象)
営業エリア 東京、千葉、神奈川、埼玉 いえカツLIFEの公式サイトはこちら
サービス開始 2012年
運営会社 株式会社 サムライ・アドウェイズ
(東京マザーズ上場「アドウェイズ」の子会社)
紹介会社数 最大6社(売買2社、買取2社、リースバック2社)
【ポイント】 再建築不可物件、借地権、底地権といった「訳あり物件」の査定にも対応している。共有持ち分でも相談に乗ってくれる査定サイトは少ないので、相談してみよう
いえカツLIFE無料査定はこちら
TOP