じぶん銀行住宅ローンの公式サイト

認知症の人が相続関係者の中にいた場合、相続の手続きはどうなる? 生前の被相続人や、相続人の中の誰かが認知症の場合に起こる問題&対処法について解説!

2020年11月21日公開(2020年12月1日更新)
古井一匡

古井一匡(ふるい・かずただ)氏:1960年富山県生まれ。1983年京都大学文学部卒。編集プロダクションを経てフリーに。住宅・不動産を中心に投資、金融、経営などお金とビジネス系の書籍、雑誌記事、ネットコンテンツなどの企画・編集・ライティングを手がける。著書に『矛盾の経営』(英治出版)、『住宅脳クイズ100問』(共著、住宅新報社)、『地震に強い新・住宅の条件―阪神・淡路大震災からの教訓』(共著、メディアファクトリー)などがある。

»バックナンバー一覧
バックナンバー

社会の高齢化が進むにつれて深刻になっているのが認知症の問題です。認知症になると法律上の責任能力が認められなくなり、被相続人(生前)であれば生前贈与や遺言の作成、相続人であれば遺産分割協議や資産の売却などが難しくなります。もし、相続関係者の中に認知症の人がいた場合、手続きなどはどうなるのでしょうか。(協力・監修:税理士法人 弓家田・富山事務所 弓家田良彦氏)

認知症の人は2025年には730万人、
65歳以上の「5人に1人」との推計も

 認知症とは、アルツハイマー症や脳出血、脳梗塞などによって正常な認知機能が低下し、日常生活などに支障をきたすようになった状態を指します。

 2012年時点の厚生労働省の推計によると、65歳以上の高齢者において、認知症患者の数は約462万人とされていました。

 また、高齢になるにつれて認知症の割合は増加する傾向があり、下の図表のように85歳以上では55%以上が認知症になるともいわれます。

図表 認知症にかかっている人の割合(年齢別) 出典:「日本における認知症の高齢者人口の将来推計に関する研究」(平成26年度厚生労働科学研究費補助金特別研究事業)より算出
図表 認知症にかかっている人の割合(年齢別)
出典:「日本における認知症の高齢者人口の将来推計に関する研究」(平成26年度厚生労働科学研究費補助金特別研究事業)より算出

 今後も社会の高齢化が進む日本において認知症の人が増えていくことは確実で、2025年には730万人、65歳以上の人口の約20%が認知症になると推定されています。

図表 各年齢の認知症有病率が上昇する場合の将来推計 ※認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)~認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて~の概要(厚生労働省)
図表 各年齢の認知症有病率が上昇する場合の将来推計
出典:認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)~認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて~の概要(厚生労働省)

 認知症になると、物を覚えられない、今までできていたことができなくなる、意味もなく徘徊するといった日常生活の問題だけでなく、民法上、「意思能力のない者」として扱われます。

「意思能力」とは、各種契約など自分が行う法律行為の結果を判断することができる精神的能力のことで、「意思能力がない者」が行った法律行為は無効となります。

被相続人(生前)に、認知症の疑いがある場合は
医師の診断書を取る

 遺産を残す被相続人(生前)が認知症になると、「不動産の売買」「遺言書の作成」「生前贈与」など相続に関係した法律行為が行えなくなります。

 ただ、認知症かどうか、またその進行状況は人によって差があり、普段は普通に会話ができるけれど、ちょっと難しい話になると理解できているかどうか分からないといったことがあります。

 そのため、認知症の疑いがある被相続人(生前)が作成した遺言書や生前贈与について、後から有効性が裁判で争われるケースが実際にあります。

 親が高齢でどうも言動が怪しくなってきたというとき、将来の相続に備えて「不動産の売買」「遺言書の作成」「生前贈与」などを行うのであれば、事前に医師の診断書を取ったりするなど、慎重を期すべきでしょう。

相続人の中に認知症の人がいる場合、
遺産分割協議ができない

 相続人の中に認知症の人がいる場合については、相続財産(遺産)をどのように分けるか相続人が話し合う遺産分割協議が問題になります。

 遺産分割協議が成立するには相続人全員の合意が必要です。一人でも認知症の人がいると遺産分割協議は不可能です。

 その場合、相続財産はどうなるのでしょうか。相続が発生すると、相続財産は基本的に相続人全員の共有になります。遺産分割協議ができなければずっと、未分割のまま共有の状態が続くことになるのです。

 未分割のまま共有が続くと、様々な不都合が出てきます。

 例えば、「小規模宅地等の特例」など相続税の負担を抑える制度は、条件を満たす相続人が相続しないと利用できません。結果的に、相続税の負担が増す可能性があります。
【関連記事はこちら】>>実家の相続で活用すべき「小規模宅地等の特例」を解説! 気をつけたい"3つの落とし穴"と、売却時の注意点は?

 あるいは、共有となった不動産の扱いが難しくなります。誰かに貸すのであれば、民法上「共有物の管理」として共有者の過半数が賛成すればできます。

 しかし、共有となった不動産を売却するとなると、民法上「共有物の変更」にあたり、共有者全員の同意が必要です。相続人の中に認知症の人がいると、その同意ができないのです。

 例えば、父親が亡くなり、認知症の母親と子が実家を相続したとしましょう。母親の介護費用に充てるため実家を売却しようとしても、売却できないのです。

 そのほか、相続人が亡くなると新たな相続が発生し、共有となった財産の共有者がどんどん増えていき、ますます扱いが難しくなりかねません。

 ただし、相続財産のうち、他人に貸したお金である金銭債権など「可分債権」は例外的に、相続と同時に法定相続分で各相続人が相続します。

 また、金銭債権でも金融機関の預貯金については例外の例外(金銭債権ではあるものの「不可分債権」)とされ、相続人の共有となりますが、一定額(預貯金の3分の1に権利行使者の法定相続分を掛けた額、または150万円が上限)については、遺産分割前でも引き出せます。
【関連記事はこちら】>>遺産分割の前でも「預貯金の引き出し」が柔軟に行えるように相続法を改正! これまでの問題点と新制度のメリットを解説

対策としては、成年後見制度や家族信託の利用も

 それでは、被相続人(生前)が認知症になったり、相続人の中に認知症の人がいる場合に備えて、どのような対応策が考えられるのでしょうか。

・「遺言」の利用

 まず検討したいのが、遺言の利用です。

 遺言で通常、よく用いられるのは「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」の2つです。

 このうち、遺言者が自分で自由に作成できる「自筆証書遺言」については、2019年の民法改正で作成条件が緩和されたり、新たに法務局での保管制度が設けられたりしました。
【関連記事はこちら】>>自筆証書遺言と公正証書遺言、おすすめはどっち? 法改正による要件緩和や保管制度のメリットを検証!

 しかし、遺言者が認知症になっていないかどうかの確認を含め、適切な内容の遺言を作成し、遺言者の意思の通りの遺産分割を確実に行うには、公証役場で公証人に作成してもらう「公正証書遺言」のほうが適しているでしょう。

 なお、当然ですが、遺言の作成は被相続人(生前)が認知症でないことが大前提となります。

 有効な遺言があれば、相続人の中に認知症の人がいて遺産分割協議ができなくても、基本的には遺言の内容に従って相続が行われます。

・「成年後見制度」の利用

 別の選択肢としては、「成年後見制度」を利用することが考えられます。

 これは民法改正により2004年4月から始まった制度で、本人の判断能力の度合いに応じて「後見」「保佐」「補助」という3つの種類があります。

 関係者が家庭裁判所に申し立て、成年後見人をつけることで、認知症になった本人の代わりに法律行為を行うことができます。

 ただし、被相続人(生前)が認知症の場合、遺言は本人しか行えない身分行為とされており、成年後見人が本人に代わって遺言を作成することはできません。

 相続人の中に認知症の人がいる場合であれば、成年後見人がつくことで、遺産分割協議に参加したり、不動産の売却にあたって本人の代わりに合意することも可能になります。

 ただし、成年後見人はあくまで本人のために判断し、行動することが求められ、他の相続人と考えが必ずしも一致するとは限りません。

 実際に利用されるケースも、あまり増えていないようです。成年後見人が誰になるのかは家庭裁判所が決めますが、これまでは外部の弁護士など専門職が選ばれることが多く、少なくとも毎月3万~4万円程度の報酬が必要になります。年間で数十万円の負担が何年も続く可能性があるのです。

 一方、配偶者や子など親族が成年後見人になれば報酬は不要ですが、使い込みなどの不正が一定程度、発生しており、本人の資産額などによって裁判所が慎重に判断するとされます。

・「家族信託」の利用

 もうひとつの選択肢として、「家族信託」を利用することも考えられます。

 「家族信託」というのは一般的な呼び方で、2007年に改正された新しい信託法に基づき、親と子など家族の間で信託契約を結び、財産の管理等を任せるものです。

 例えば、父親が亡くなり、認知症の母親と子が実家を相続したとしましょう。父親が存命のうちに信託契約によって子に自宅の所有権を移転し、その管理や運用を任せます。父親が亡くなった後は母親のために自宅を管理、運用するよう信託契約で定めておけば、信託契約の範囲内で子の判断によって自宅を換金することも可能です。

 なお、子に自宅の所有権を移転するに当たり、自宅の登記簿には「信託目録」の項が設けられ、信託の目的や存続期間、受託者の権限などが記載され公示されます。

 ただ、「成年後見制度」と同じで、「家族信託」もまだまだ広く利用されるまでには至っていません。


 今後、相続における認知症の問題は、多くの人が直面すると思われます。その可能性を認識し、どのような対応を取るのか、関係者の間でよく考えておくべきでしょう。
【関連記事はこちら】>>「相続」で必要な書類、手続きのスケジュールを解説! 不動産を相続するときの基礎知識(1)

【注目の記事はこちら】
【査定相場を知るのに便利な、一括査定サイト&業者"25社"を比較
【業者選び売却のプロが教える、「不動産会社の選び方・7カ条」
【査定不動産一括査定サイトのメリット・デメリットを紹介
【業界動向大手不動産会社は両手取引が蔓延!? 「両手比率」を試算!
【ノウハウ知っておきたい「物件情報を拡散させる方法」

<不動産売却の基礎知識>
相場を知るために、まずは「一括査定」を活用!

 不動産の売却に先駆けて、まずは相場を知っておきたいという人は多いが、それには多数の不動産仲介会社に査定をしてもらうのがいい。

 そのために便利なのが「不動産一括査定サイト」だ。一括査定サイトで売却する予定の不動産情報と個人情報を一度入力すれば、複数社から査定してもらうことができる。査定額を比較できるので、不動産の相場観が分かるだけでなく、きちんと売却してくれるパートナーである不動産会社を見つけられる可能性が高まるだろう。

SUUMO(スーモ)売却査定
リクルートのSUUMO(スーモ)でも、無料で一括査定ができる

 ただし、査定価格が高いからという理由だけでその不動産仲介会社を信用しないほうがいい。契約を取りたいがために、無理な高値を提示する不動産仲介会社が増加している。

 「大手に頼んでおけば安心」という人も多いが、不動産業界は大手企業であっても、売り手を無視した手数料稼ぎ(これを囲い込みという)に走りがちな企業がある。

 なので、一括査定で複数の不動産仲介会社と接触したら、査定価格ばかりを見るのではなく、「売り手の話を聞いてくれて誠実な対応をしているか」、「価格の根拠をきちんと話せるか」、「売却に向けたシナリオを話せるか」といったポイントをチェックするのがいいだろう。

 以下が主な「不動産一括査定サイト」なので上手に活用しよう。

【注目の記事はこちら】
【業者選び売却のプロが教える、「不動産会社の選び方・7カ条」
【査定相場を知るのに便利な、一括査定サイト&業者"主要25社"を比較
【査定不動産一括査定サイトのメリット・デメリットを紹介
【業界動向大手不動産会社は両手取引が蔓延!? 「両手比率」を試算!
【ノウハウ知っておきたい「物件情報を拡散させる方法」
■相場を知るのに、おすすめの「不動産一括査定サイト」はこちら!
◆SUUMO(スーモ)売却査定(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地
掲載する不動産会社数 約2000店舗 不動産一括査定サイト「SUUMO(スーモ)売却査定」の公式サイトはこちら
サービス開始 2009年
運営会社 株式会社リクルート住まいカンパニー(東証一部子会社)
紹介会社数 最大6社
【ポイント】 不動産サイトとして圧倒的な知名度を誇るSUUMO(スーモ)による、無料の一括査定サービス。主要大手不動産会社から、地元に強い不動産会社まで参加しており、査定額を比較できる。
SUUMO(スーモ)売却査定はこちら
◆HOME4U(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、ビル、アパート、店舗・事務所
掲載する不動産会社数 1500社 不動産一括査定サイト「HOME4U」の公式サイトはこちら
サービス開始 2001年
運営会社 NTTデータ・スマートソーシング(東証一部子会社)
紹介会社数 最大6社
【ポイント】 強みは、日本初の一括査定サービスであり、運営会社はNTTデータグループで安心感がある点提携会社数は競合サイトと比較するとトップではないが、厳選されている。
HOME4U無料査定はこちら
◆イエウール(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、投資用物件、ビル、店舗、工場、倉庫、農地
掲載する不動産会社数 1600社以上 不動産一括査定サイト「イエウール」の公式サイトはこちら
サービス開始 2014年
運営会社 Speee
紹介会社数 最大6社
【ポイント】 強みは、掲載する会社数が多く、掲載企業の一覧も掲載しており、各社のアピールポイントなども見られる点。弱点は、サービスを開始してまだ日が浅い点。
イエウール無料査定はこちら
◆LIFULL HOME'S(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、倉庫・工場、投資用物件
掲載する不動産会社数 2399社
サービス開始 2008年
運営会社 LIFULL(東証一部)
紹介会社数 最大6社
【ポイント】強みは、匿名査定も可能で安心であるほか、日本最大級の不動産ポータルサイト「LIFULL HOME'S」が運営している点。弱点は大手の不動産仲介会社が多くはないこと。
LIFULL HOME'S無料査定はこちら
◆イエイ(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、投資用物件、ビル、店舗、工場、倉庫、農地
掲載する不動産会社数 1700社 不動産一括査定サイト「イエイ」の公式サイトはこちら
サービス開始 2007年
運営会社 セカイエ
紹介会社数 最大6社
【ポイント】 強みは、サービス開始から10年以上という実績があるほか、対象となる不動産の種類も多い。「お断り代行」という他社にないサービスもある。弱点は、経営母体の規模が小さいこと。
イエイ無料査定はこちら
◆マンションナビ(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション
掲載する不動産会社数 900社超、2500店舗 不動産一括査定サイト「マンションナビ」の公式サイトはこちら
サービス開始 2011年
運営会社 マンションリサーチ
紹介会社数 最大9社(売却・買取6社、賃貸3社)
【ポイント】 強みは、マンションに特化しており、マンション売却査定は6社まで、賃貸に出す場合の査定は3社まで対応している点。弱点は、比較的サービス開始から日が浅く、取り扱い物件がマンションしかない点。
マンションナビ無料査定はこちら
◆おうちダイレクト「プロフェッショナル売却」(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、一棟マンション、一棟アパート、店舗、事務所
掲載する不動産会社数 9社 おうちダイレクトの一括査定依頼サービス「プロフェッショナル売却」の公式サイトはこちら
サービス開始 2015年
運営会社 ヤフー株式会社、SREホールディングス株式会社(ともに東証一部子会社)
紹介会社数 最大9社
【ポイント】ヤフーとソニーグループが共同運営する一括査定サイト。不動産会社に売却を依頼後も、ヤフーとおうちダイレクトのネットワークを使い、購入希望者への周知をサポートしてくれる。
おうちダイレクトの一括査定依頼サービス「プロフェッショナル売却」はこちら
 
TOP