火災保険の選び方[2020年]

火災保険は、あまり比較せずに加入する人も多いのですが、実は、保険会社によって保険料も補償内容も千差万別。ただし、専門用語が多く、商品内容も非常に細かいため、素人にとっては判断が難しい商品でもあります。ここでは、火災保険に関する基礎的な情報や、選び方のコツ、注意すべきポイントなどを紹介します。

最新記事はこちら

【注目の記事はこちら】
【火災保険】2021年1月の値上げに対抗する方法は?
【地震保険】2021年に最大14.7%値上げ!対策は?
【火災保険】火災保険・おすすめの選び方とは?
【台風】浸水被害には「水災補償」が必要
【水害】東京西エリアで、内水氾濫が起きやすいのは?
【注意】「リフォームがタダになる!」火災保険申請代行の罠
■無料の「火災保険一括見積もりサイト」はこちら!
◆保険の窓口インズウェブ (火災保険一括見積もりサイト)
特徴 一度入力すれば、数日中に、最大16社から見積もりをもらえる。
紹介する保険会社数 最大16社(セコム損保、セゾン自動車火災、SBI損保など)
運営会社 SBIホールディングス(東京都)
デメリット 希望とは異なる保険内容で見積もりが提供されることがある。
無料査定はこちら
◆住宅本舗 (火災保険一括見積もりサイト)
特徴 一度入力するだけで、最大16社から見積もりをもらえる。最短即日で、見積もりをもらうことができる。
紹介する保険会社数 最大16社(損保ジャパン日本興亜、東京海上日動、三井住友海上など)
運営会社 株式会社A2Z(東京都文京区)
デメリット 間に保険代理店が入っているため、契約までに最短でも6日以上かかることも。
無料査定はこちら
火災保険の窓口(火災保険一括見積もりサイト)
特徴 一度入力するだけで、最大9社から見積もりをもらえる。最短即日で、見積もりをもらうことができる。
紹介する保険会社数 最大9社(楽天損保、SBI損保、東京海上日動火災など)
運営会社 有限会社グットサポート(沖縄県うるま市)
火災保険の窓口トップページ
デメリット グットサポート自身が募集代理店なので対応が早い一方で、契約後は電話などでのサポートが中心となる。
無料査定はこちら
保険スクエアbang!(火災保険一括見積もりサイト)
特徴 一度入力するだけで、最大6社から見積もりをもらえる。最短即日で、見積もりをもらうことができる。
紹介する保険会社数 最大6社(損保ジャパン日本興亜、東京海上日動火災、AIG損保など)
運営会社 株式会社ウェブクルー(東京都世田谷区)
保険スクエアbang!トップページ
デメリット 提携先が6社しかないため、他のサイトに比べて見積もりをとれる社数が少ない。
無料査定はこちら

火災保険の選び方[2020年]の記事一覧