じぶん銀行住宅ローンの公式サイト
住宅ローンシミュレーション
2019年8月20日公開(2019年11月22日更新)
菱田 雅生
菱田 雅生

菱田雅生(ひしだまさお):特定の金融機関等(銀行、証券会社、保険会社など)との提携関係などが一切ない独立系のファイナンシャル・プランナーとして活躍。中立的な立場から役立つ情報を発信し、多くの人が幸せな生活を送っていけるようサポートする。住宅ローンだけでなく、資産運用、確定拠出年金(DC)、保険、税金、相続など、お金や家計に関する相談を受ける。ライフアセットコンサルティング代表。

»バックナンバー一覧
バックナンバー

【住宅ローン借入額をシミュレーション】
年収300万円4人家族は、妻のパート収入が期待できるなら1800万円まで大丈夫!?

不動産を購入する際、住宅ローンの借入額がいくらなら安心して返済できるのか? 今回は、子どもが生まれたばかりの27歳の夫婦。年収300万円の3人家族だ。住宅ローンの資金シミュレーションを行ったところ、妻のパート収入が期待できるとしても、近い将来2人目の子どもも検討するなら、物件価格は1800万円あたりが上限という試算結果が出た。それ以上の物件を買うとなると、妻がフルタイムで働くことも検討すべきだろう。(ファイナンシャル・プランナー 菱田雅生)

 今回は、27歳の島田さん夫婦(仮名)から相談がきたと想定して試算する。夫の年収は300万円で、妻は無職。昨年末に生まれた子どもが1人おり、2、3年後には2人目も欲しいと思っている。月々の家賃がもったいないと感じており、買える物件があるなら買いたいと考えている。

 シミュレーションでは、給料などの収入と、住宅ローン返済などの出費を推計して、毎年の「年間収支」と「貯蓄残高」を計算した。これで、住宅ローンを安心して支払いできるのか、老後にいくらのお金が貯まるのか、などをチェックする。細かい前提条件は下記を見てほしい。

■シミュレーションの前提条件(年間収支)■
【家族構成】
・夫27歳/年収300万円
(40歳までは年1.5%増加、50歳までは年1.0%増加、50歳以降は増減なし、61歳から半減)
・妻27歳、専業主婦(パート収入:第1子小学校入学後年間60万円、第1子中学入学後年間100万円)
・子ども1歳、2年後に第2子出産予定

【基本生活費】100万円(年1.0%で増加)
【住居費】84万円(購入前。月7万円)
【教育費】中学までが公立、高校以後は私立(大学は文系)で試算
【保険料】18万円
【その他出費】20万円(年1.0%で増加)
【貯蓄残高】200万円(期待運用利回り年0.5%)
【住宅ローンの詳細】1800万円(諸経費+72万円)のマンションを頭金100万円とローン1772万円(全期間固定金利1.5%、35年返済)で翌年購入。毎月返済額5.4万円。住宅ローン減税を考慮(消費税増税なしと仮定)

物件価格1800万円以内なら、老後資金の準備も問題なくできそうだという結果に

 前提条件が変わればシミュレーション結果も大きく違ってくる可能性はあるが、上記の前提条件で試算すると、1800万円以内の物件であれば、住宅ローンを支払いながら、2人の子どもの教育資金がかさむ時期も貯蓄が底をつくことなく、なんとか乗り切れそうだ。

 夫婦がともに52歳になるころには2人の子どもたちも巣立っていくはずなので、残り10年以上を老後資金の準備に充てられるのは、非常に大きなメリットと言えるだろう。試算では、56歳時点で830万円の貯蓄残高があり、年間収支もプラス150万円前後なので、60歳以降の収入が激減しない限り、65歳までには貯蓄残高も2000万円を超えているはずだ。

年収300万円なら、住宅ローン借入可能額は2400万円!? そこまで借りると教育資金にシワ寄せがいく可能性大

 ところで、年収300万円だといくらまで住宅ローンを組むことができるのかご存じだろうか?

 フラット35のローンシミュレーションを利用して、現在の年収から借入可能額を調べてみると、融資率9割超の金利(2019年7月)年1.62%、35年返済では、2403万円となった。だが、目一杯の金額を借りて2400万円の物件を購入するのはお勧めしない。

 確かに、年収と借入金利、返済期間で計算すれば、約2400万円は借りられるということなのだろう。しかし、このケースの島田さんが2400万円の物件を購入してしまうと、子どもが大学と高校に入学する18年後には貯蓄が底をつき、家計が破綻してしまう可能性が高いのである。

 シミュレーションの結果だと、以下のようになる。

  • ・18年後(第2子大学入学の年)、年間収支▲199万円と大ピンチ
  •  
  • ・24年後(第2子大学卒業の年)、貯蓄▲555万円と大ピンチ
    ※借金の金利はナシと仮定

 こうなると、子どもの学費を奨学金でまかなうか、消費者金融も含めた金融機関から借金をして、家計を回していかなくてはならない。

 そのような事態を回避するためには、早い段階から妻がフルタイムで働いたり、子どもの進学先を国公立の学校に限定したりするなど、収支状況の悪化が起きないように気をつけることが必要になってくるだろう。

住宅ローン返済可能額は、年収だけで判断できない!

 やはり、安心して返せる金額というのは年収だけでは判断できない。

 「いくらまで借りられるのか?」ということよりも、「いくらなら返せるのか?」ということを、利用者自らが冷静に見積もらなければならないのだ。

 なぜなら、いわゆる不動産業者(住宅販売業者やハウスメーカーなど)や住宅ローン取扱業者(銀行や信用金庫、住宅ローン専門会社など)は、慎重に考えてくれないからである。不動産業者は1軒でも多く売りたい、住宅ローン取扱業者は1円でも多く貸したい。それが本音だからだ。

 なお、慎重に見積もる際は、教育資金や老後資金をどの程度想定するかが非常に重要になってくる。特に教育資金については、高校大学を私立で想定するなど、多めに見積もっておくのが無難だろう。

【関連記事はこちら】
>>年収600万円3人家族なら3500万円がギリギリ!?妻のパート収入があれば資金計画も楽に

住宅ローン借入額シミュレーション【リンク集】

・年収300万円の4人家族の上限は1800万円⁉
・年収400万円の単身者の上限は2500万円!?
・年収450万円の4人家族の上限は2000万円⁉
・年収500万円の4人家族の上限は3000万円!?
・年収600万円の3人家族の上限は3500万円!?
・年収700万円の共働き夫婦の上限は5000万円!?
・年収800万円の3人家族の上限は4500万円!?
・年収1000万円の50代夫婦の上限は3000万円!?
↓↓↓返済額はいくらになる? 18銀行500商品をすべて試算↓↓↓

返済額シミュレーションはこちら

 
◆住宅ローン金利ランキング[新規借入] 借り換えはこちら

住宅ローン返済額シミュレーション 借入可能額シミュレーション

 

 最低水準の変動金利!ジャパンネット銀行の住宅ローン(スポンサーコンテンツ) 

【金利動向】 【住宅ローンの基礎】
>>【最新版】金利動向
>>【翌月の金利】を予想
>> 2019年の金利動向
>> 変動金利の上昇時期は?
>> 基本「8カ条」
>>「審査」の基本
>>「借り換え」の基本
>> フラット35はどの銀行がいい?
【注目の記事はこちら】(クリックで該当する情報へ移動します)
【金利】18銀行の住宅ローン金利動向をプロが解説(毎月更新)
金利】変動金利が上がる時期を大胆予測! 2023年?
【読み物】東京の年収700万円台世帯は破綻必至!貯金は月2万円弱!
借換】多くの人は「高い変動金利」が適用!300万円もうかる人も
【諸費用】手数料・引越し代なども借りられる銀行は?14銀行で比較
【審査】「審査基準」を14銀行で比較!年収100万円、勤続6カ月で大丈夫?
【団信】じぶん銀行が住宅ローンの無料団信を拡充!<スポンサーコンテンツ><
【2019年12月最新版】競争が激しく、過去最低水準の低金利!
◆「変動金利」住宅ローン金利ランキング(新規借入)
※借入金額2500万円、借り入れ期間30年
順位 銀行名 <商品名>
実質金利
(費用等含む)
表面金利
(費用等除く)
保証料
(税込)
事務手数料
(税込)
1
◆ジャパンネット銀行 <住宅ローン 全期間引下げプラン>
0.545%
0.415%
0円
借入額×2.2%
【ジャパンネット銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
ネット銀行のジャパンネット銀行は2019年7月末に住宅ローンの貸し出しをスタート。最大の特徴は、業界最低水準という低い金利で、特に「変動金利」「10年固定金利」に強みがある。オプションの団体信用生命保険も豊富に取りそろえる。
【関連記事】ジャパンネット銀行の住宅ローンの金利、手数料、ポイント、注意点は?
公式サイトはこちら
2
◆新生銀行 <住宅ローン 変動金利半年型タイプ・変動フォーカス(新規借入)>
0.581%
0.450%
0円
借入額×2.2%
【新生銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
2019年7月の商品改訂に伴い、金利を大きく引き下げた。「変動フォーカス」は他の商品と違って、手数料は借入金額×2.2%と高めだが、金利が低いため、競争力がある。過去に繰り上げ返済で期間短縮した場合、入院時などにその期間だけ元本返済を止められるサービスもある。
【関連記事】新生銀行の住宅ローンの金利、手数料、ポイント、注意点は?
公式サイトはこちら
3
◆じぶん銀行 <住宅ローン 全期間引下げプラン(新規借入)>
0.588%
全疾病+がん50%
0.457%
0円
借入額×2.2%
【じぶん銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
三菱UFJ銀行とKDDIが共同で立ち上げたネット銀行。変動金利の競争力が高く、業界トップクラスの低金利となっている。がんと診断されると住宅ローン残高が半分になる「がん50%保障団信」が無料付帯。ネットだけで契約を完了でき、仮審査は最短即日回答、契約は最短10日とい短期間での契約が可能だ。
【関連記事】じぶん銀行の住宅ローンの金利、手数料、ポイント、注意点は?
公式サイトはこちら
3
◆ソニー銀行 <変動セレクト住宅ローン(新規借入、頭金10%以上)>
0.588%
0.457%
0円
借入額×2.2%
【ソニー銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
外貨預金などで有名なソニーグループの銀行。「変動セレクトローン」は変動金利向けの商品で、手数料は借入額の2.2%かかるものの、表面金利が低いので、実質金利でも競争力がある。新規借入で頭金が10%以上あれば、借り換えよりも低い金利が適用される。
【関連記事】ソニー銀行の住宅ローンの金利、手数料、ポイント、注意点は?
ソニー銀行のお申し込みはこちら
3
◆住信SBIネット銀行 <住宅ローン 通期引下げプラン(新規借入、ネット専用)>
0.588%
全疾病保障付き
0.457%
0円
借入額×2.2%
【住信SBIネット銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
三井住友信託銀行とSBIホールディングスが設立したネット銀行で、変動金利の低さではトップクラス。通常の団信に加えて、全疾病保障(8疾病+病気・ケガ)を無料で付帯しているので、おとくな商品と言える。女性には、がんと診断されると30万円が支給される保障も無料で付けている。三井住友信託銀行の口座を開設した場合、金利を0.01%引き下げる特典あり。
【関連記事】住信SBIネット銀行の住宅ローンの金利、手数料、ポイント、注意点は?
公式サイトはこちら
順位 銀行名 <商品名>
実質金利
(費用等含む)
表面金利
(費用等除く)
保証料
(税込)
事務手数料
(税込)
3
◆SBIマネープラザ <ミスター住宅ローンREAL・通期引下げプラン(新規借入)>
0.588%
全疾病保障付き
0.457%
0円
借入額×2.2%
【SBIマネープラザの住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
SBIマネープラザは、証券、保険、住宅ローンなどを取り扱う、SBIグループのマネー相談プラザ。支店において対面で相談できるので、初心者でも安心だ。変動金利が低い「ミスター住宅ローンREAL」(住信SBIネット銀行の商品)と、全期間固定金利が低い「ARUHIのフラット35」を取り扱っているので、2種類の住宅ローンを比較して申し込みできる。
【関連記事】SBIマネープラザの住宅ローンの金利、手数料、ポイント、注意点は?
公式サイトはこちら
※実質金利は、借入金額3000万円、借り入れ期間35年、団信加入、元利均等返済、ボーナス払いなし、最優遇金利を適用として、実質金利を計算。固定期間終了後は変動金利を選択(現在の水準が継続と仮定)。実質金利の計算法はこちら。諸費用は、事務手数料等、保証料とする。保証料は、大手銀行の一般的な保証料率を記載しているので、銀行によっては違う保証料率となる。主要18銀行・金融機関の主な商品を対象とし、ランキングに掲載するのは各銀行の商品の中で最も実質金利が低い商品のみとする。ホームローンドクター代表の淡河範明氏の協力で作成。

住宅ローンおすすめ比較

【じぶん銀行の住宅ローン】
がんと診断されるとローン残高が半分!
トップクラスの低金利も魅力⇒
関連記事はこちら

「8疾病+ケガ・病気」まで無料保障する
住信SBIネット銀行⇒関連記事はこちら

住信SBIネット銀行ネット銀行住宅ローンはこちら!

 

トータルでお得な新生銀行 ジャパンネット銀行は低金利! フラット35は楽天銀行がお得
新生銀行ネット銀行住宅ローンはこちら!
ジャパンネット銀行住宅ローンはこちら!
「楽天銀行」住宅ローンはこちら
介護保障保険が付帯など、6つの特典あり関連記事はコチラ 変動金利、10年固定金利はトップクラスの低金利!来店不要で便利 手数料が0.972%からと低く低金利も魅力関連記事はコチラ!
TOP