じぶん銀行住宅ローンの公式サイト
おすすめ住宅ローンは?500商品の金利を比較!
2017年11月3日公開(2019年6月5日更新)
ダイヤモンド不動産研究所
ダイヤモンド不動産研究所

100年以上の歴史をもつ出版社・ダイヤモンド社が運営する、不動産メディア「ダイヤモンド不動産研究所」の編集部です。徹底した消費者目線で、誰にでも分かりやすく、不動産について分析・解説します。

»バックナンバー一覧
バックナンバー

働けないリスクに備えるベストな保険をチャートで
チェック!「疾病保障付き団体信用保険」に入れる、
おすすめの住宅ローンと、借り換え時の注意点は?

あなたが病気やケガなどで長期間働けなくなったときに、助けてくれるベストな保険はどれか、チャートでチェック!

ダイヤモンド・ザイの特集「”働けない”を助ける保険!」では、一家の大黒柱の「長期の自宅療養」で家計が窮地に陥るケースを回避するために知っておきたい制度や、役立つ保険、ケース別にどんな備えが必要か、専門家のアドバイスを掲載している。

今回は、その中から「働けなくなるリスク」に自分で備えようというとき、どんな保険を選ぶべきかがわかるチャートを紹介! また、最近注目されている「疾病保障付き団信」に、借り換えで加入するときの注意点や、おすすめの住宅ローンも挙げているので、参考にしてみてほしい。

自分が頼るべき保険をチャートでチェックしてみよう!

 「働けないリスク」に備える制度は公的制度にも用意されているが、ここでは自分で選んで、準備する保険について紹介する。会社員か自営業か。住宅ローンを返済しているか、返済していないか……など、人それぞれ状況次第で備え方は変わってくる。

 そこで、まずは以下のチャートから、自分がどれに当てはまるかチェックしてみてほしい。

 まず最初の分岐は、「会社員(公務員)」と「自営業」、自分がどちらのグループに属するかだ。有給休暇や傷病手当金がある会社員と違い、自営業者は闘病開始直後から収入が激減、またはなくなるというのが最大の相違点だ。

 「自営業者だと、月30万円の生活費として1年半程度、つまり500万円の余裕資金は必要」と言うのは、FPの平野さんだ。それが確保ができていない間は、短い免責期間で素早く補償が始まる「所得補償保険」が、有効な選択肢になる。

 一方、立場に限らず、闘病期間の重荷になるのが「住宅ローン」だろう。他の生活費は、節約や見直しなどで抑えることができても、住宅ローンは、毎月決まった額を返済しなければならない。事情があるとはいえ、返済の減額や猶予は容易ではない。

 そんなリスクに備えられるのが、「住宅ローンの新しいタイプの団体信用保険(団信)」。所定の病気や状態になると、それ以降の返済が免除になる。ただし、すでに借りているローンに後から付加はできないところがほとんどなので、借り換えが必須だ。金利や手数料等の条件を見比べて検討しよう。

【関連記事はコチラ!】
⇒無料の疾病保障団信がついた住宅ローンを徹底比較!住信SBIネット銀行、じぶん銀行のどちらが有利?

 また、「傷病手当金」や「所得補償保険」で、闘病の初期はしのげても、療養が長期にわたる可能性も。そのリスクを助けるのが、「就業不能保険」だ。不安な人は加入の検討をしよう。

【関連記事はコチラ!】
就業不能保険など「働けなくなったとき」に頼れる6つの制度や保険を紹介! 自営業者と会社員で大きく異なる、働けない期間の生活費を賄う方法とは?

「疾病保障付き団信」に加入する際の注意点やおすすめの銀行は?

 ダイヤモンド・ザイの特集「”働けない”を助ける保険!」では、先のチャートに出てきた「GLTD(団体保険)」「疾病保障付き団信」「就業不能保険」「所得補償保険」について解説しているが、ここからは、「疾病保障付き団体信用生命保険(団信)」について抜粋して紹介しよう。

 住宅ローンの借入時に入る団信だが、所定の疾病や状態になると、ローンの残債が帳消しになるのは前述のとおり。新規でローンを借りる人は付帯を勧めるが、問題はすでにローンを借りている人だ。中途付帯はできないので借り換えが必須だが、返済額が増えてしまうのは困る。どうすればいいのだろうか。

 FPの平野さんは「変動金利の基準金利(※市場動向によって決定される金利)はここ10年ほど2.475%で変わりませんが、各行の優遇金利の幅に変化が見られます。10年前に1%程度だったものが、今や2%近くまで上昇。実質0.4~0.5%台で借りられるように」と言う。つまり、借入金利が下がっているので、見直しにより返済額が下がる可能性があるのだ。

 借り換えの目安は、以下の3点。

◎融資残高1000万円以上
◎借入残期間10年以上
◎借り入れ利率より0.5%以上低い利率

 該当しなくても、条件に近い人は損しない可能性があるので、銀行のサイト等で試算してみるといいだろう。  

 また、「疾病保障付き団信」がある、おすすめの住宅ローンは「住信SBIネット銀行」の「全疾病保障」や、「りそな銀行」の「団信革命」など。たとえば「りそな銀行」の「団信革命」は、付けると金利が+0.3%になる。最終的な金利と保障内容を見比べつつ、自分に合ったものを選ぼう。

(※関連記事はこちら!)
⇒【住宅ローン「実質金利」ランキング(変動金利)】借り換えで本当に得する最新商品を発表!

 
◆住宅ローン金利ランキング[新規借入] 借り換えはこちら

住宅ローン返済額シミュレーション 借入可能額シミュレーション

 

 最低水準の変動金利!ジャパンネット銀行の住宅ローン(スポンサーコンテンツ) 

【金利動向】 【住宅ローンの基礎】
>>【最新版】金利動向
>>【翌月の金利】を予想
>> 2019年の金利動向
>> 変動金利の上昇時期は?
>> 基本「8カ条」
>>「審査」の基本
>>「借り換え」の基本
>> フラット35はどの銀行がいい?
【注目の記事はこちら】(クリックで該当する情報へ移動します)
【金利】18銀行の住宅ローン金利動向をプロが解説(毎月更新)
金利】変動金利が上がる時期を大胆予測! 2023年?
【読み物】東京の年収700万円台世帯は破綻必至!貯金は月2万円弱!
借換】多くの人は「高い変動金利」が適用!300万円もうかる人も
【諸費用】手数料・引越し代なども借りられる銀行は?14銀行で比較
【審査】「審査基準」を14銀行で比較!年収100万円、勤続6カ月で大丈夫?
【団信】じぶん銀行が住宅ローンの無料団信を拡充!<スポンサーコンテンツ><
【2019年11月最新版】競争が激しく、過去最低水準の低金利!
◆「変動金利」住宅ローン金利ランキング(新規借入)
※借入金額2500万円、借り入れ期間30年
順位 銀行名 <商品名>
実質金利
(費用等含む)
表面金利
(費用等除く)
保証料
(税込)
事務手数料
(税込)
1
◆ジャパンネット銀行 <全期間引下げプラン>
0.545%
0.415%
0円
借入額×2.2%
【ジャパンネット銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
ネット銀行のジャパンネット銀行は2019年7月末に住宅ローンの貸し出しをスタート。最大の特徴は、業界最低水準という低い金利で、特に「変動金利」「10年固定金利」に強みがある。オプションの団体信用生命保険も豊富に取りそろえる。
【関連記事】ジャパンネット銀行の住宅ローンの金利、手数料、ポイント、注意点は?
公式サイトはこちら
2
◆新生銀行 <変動金利半年型タイプ・変動フォーカス(新規借入)>
0.581%
0.450%
0円
借入額×2.2%
【新生銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
2019年7月の商品改訂に伴い、金利を大きく引き下げた。「変動フォーカス」は他の商品と違って、手数料は借入金額×2.2%と高めだが、金利が低いため、競争力がある。過去に繰り上げ返済で期間短縮した場合、入院時などにその期間だけ元本返済を止められるサービスもある。
【関連記事】新生銀行の住宅ローンの金利、手数料、ポイント、注意点は?
公式サイトはこちら
3
◆じぶん銀行 <全期間引下げプラン(新規借入)>
0.588%
全疾病+がん50%
0.457%
0円
借入額×2.2%
【じぶん銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
三菱UFJ銀行とKDDIが共同で立ち上げたネット銀行。変動金利の競争力が高く、業界トップクラスの低金利となっている。がんと診断されると住宅ローン残高が半分になる「がん50%保障団信」が無料付帯。ネットだけで契約を完了でき、仮審査は最短即日回答、契約は最短10日とい短期間での契約が可能だ。
【関連記事】じぶん銀行の住宅ローンの金利、手数料、ポイント、注意点は?
公式サイトはこちら
3
◆ソニー銀行 <変動セレクト住宅ローン(新規借入、頭金10%以上)>
0.588%
0.457%
0円
借入額×2.2%
【ソニー銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
外貨預金などで有名なソニーグループの銀行。「変動セレクトローン」は変動金利向けの商品で、手数料は借入額の2.2%かかるものの、表面金利が低いので、実質金利でも競争力がある。新規借入で頭金が10%以上あれば、借り換えよりも低い金利が適用される。
【関連記事】ソニー銀行の住宅ローンの金利、手数料、ポイント、注意点は?
ソニー銀行のお申し込みはこちら
3
◆住信SBIネット銀行 <通期引下げプラン(新規借入、ネット専用)>
0.588%
全疾病保障付き
0.457%
0円
借入額×2.2%
【住信SBIネット銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
三井住友信託銀行とSBIホールディングスが設立したネット銀行で、変動金利の低さではトップクラス。通常の団信に加えて、全疾病保障(8疾病+病気・ケガ)を無料で付帯しているので、おとくな商品と言える。女性には、がんと診断されると30万円が支給される保障も無料で付けている。三井住友信託銀行の口座を開設した場合、金利を0.01%引き下げる特典あり。
【関連記事】住信SBIネット銀行の住宅ローンの金利、手数料、ポイント、注意点は?
公式サイトはこちら
3位 ◆SBIマネープラザ <ミスター住宅ローンREAL・通期引下げプラン(新規借入)>
0.585%
全疾病保障付き
0.457% 0円 借入額×2.16%
【SBIマネープラザの住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
SBIマネープラザは、証券、保険、住宅ローンなどを取り扱う、SBIグループのマネー相談プラザ。「MR.住宅ローンREAL」は住信SBIネット銀行の商品で、銀行代理店業者として販売する。変動金利は低金利で競争力があり、全疾病保障(8疾病+病気・ケガ)を無料で付帯する。SBIマネープラザの支店で相談する、対面用の商品。
【関連記事】SBIマネープラザの住宅ローンの金利・手数料は?
SBIマネープラザの住宅ローンの公式サイトはこちら
※実質金利は、借入金額3000万円、借り入れ期間35年、団信加入、元利均等返済、ボーナス払いなし、最優遇金利を適用として、実質金利を計算。固定期間終了後は変動金利を選択(現在の水準が継続と仮定)。実質金利の計算法はこちら。諸費用は、事務手数料等、保証料とする。保証料は、大手銀行の一般的な保証料率を記載しているので、銀行によっては違う保証料率となる。主要18銀行・金融機関の主な商品を対象とし、ランキングに掲載するのは各銀行の商品の中で最も実質金利が低い商品のみとする。ホームローンドクター代表の淡河範明氏の協力で作成。

住宅ローンおすすめ比較

【じぶん銀行の住宅ローン】
がんと診断されるとローン残高が半分!
トップクラスの低金利も魅力⇒
関連記事はこちら

「8疾病+ケガ・病気」まで無料保障する
住信SBIネット銀行⇒関連記事はこちら

住信SBIネット銀行ネット銀行住宅ローンはこちら!

 

トータルでお得な新生銀行 ジャパンネット銀行は低金利! フラット35は楽天銀行がお得
新生銀行ネット銀行住宅ローンはこちら!
ジャパンネット銀行住宅ローンはこちら!
「楽天銀行」住宅ローンはこちら
介護保障保険が付帯など、6つの特典あり関連記事はコチラ 変動金利、10年固定金利はトップクラスの低金利!来店不要で便利 手数料が0.972%からと低く低金利も魅力関連記事はコチラ!
TOP