じぶん銀行住宅ローンの公式サイト

【銀行員が解説】メガバンク?地方銀行?ネット銀行?地方で住宅ローンを借りる際の銀行・金融機関の選び方を3つのポイントから徹底解説!

【第6回】2022年11月26日公開(2022年11月24日更新)
加藤隆二:金融ライター(現役銀行員)

住宅ローンを借りる際、悩みのタネになるのが銀行・金融機関選びでしょう。特に地方在住の人は、メガバンク、ネット銀行のほかに地方銀行という選択肢もあります。そこで、勤続30年以上の銀行員である私が、地方における銀行・金融機関の選び方を3つのポイントから解説します。(金融ライター・加藤隆二、現役銀行員)

銀行選びのポイントは3つある

銀行選びのポイントは3つある
地方における、住宅ローンの銀行選びは難しい(出典:PIXTA)

 住宅ローンを借りる銀行選びのために公式サイトを見ても、選び方のポイントを知らなければ正確な比較は困難です。なぜなら、各行にとって住宅ローンの融資は「商売」のため、どのサイトを見ても「わが社が一番」と自社商品の優位性を強調しているからです。そこで、こうした“商売っ気”を一切排除した、銀行選びのポイントを3つ紹介します。

<地方における銀行の選び方3か条>

  • 1.店舗の「格」で選ぶ
  • 2.住宅ローンへの「熱量」で選ぶ
  • 3.返済に困ったときの「やさしさ」で選ぶ

 では、それぞれ解説していきます。

選び方その1.店舗の「格」で選ぶ

 実は、銀行内部で支店にも「格」、つまり上下関係があります。

 たとえば、地銀や信金の場合、支店の規模や立地などではっきりとランクが分かれています。なかでも、地域の中心となる大規模店は「中核店」「基幹店」と呼ばれ、融資金額や審査の決裁などで、「小さな銀行」と言えるほどの権限があります。これが「本店」ともなれば、さらに権限は大きくなります。

 一方でメガバンクの場合、あくまで本店は東京にあり、地方でも中核と位置づけるのは大都市圏(大阪、横浜、名古屋など)だけ。それ以外は、たとえ県庁所在地でも「地方の支店」とされ、支店の「格」は下がります。

 つまり、メガバンクでは大都市圏以外はすべて「田舎の支店」ということになり、融資の取り扱いや決裁権などが制限されます。

 では、地銀や信金で権限の大きい「格上の店」と、メガバンクの「田舎の支店」のどちらを選べばいいか?

 私なら地銀や信金の「格上の店」を選びたいです。

 融資金額や審査の決裁などを支店独自で持っていれば、本来だったら審査に通らなかった人が住宅ローンを借りられる可能性があります。また、希望する借入額が満額認められなくて困っている場合も、「担保を追加したり、保証人を追加したりすれば満額借りられますよ」などといった柔軟な対応も可能です。

 ぜひ、格上の店を探してみてください。住宅ローン相談を専門に取り扱っている住宅ローンセンターがある場合は、それでもいいでしょう。

選び方その2.住宅ローンへの「熱量」で選ぶ

選び方その2.住宅ローンへの「熱量」で選ぶ
銀行によって、金利の引き下げに対する態度は大きく違う(出典:PIXTA)

 銀行選びの次の「ものさし」は、住宅ローンへの「熱量」です。「熱量」と言っても分からないと思うので、ここは「すでに住宅ローンを借りている人が自行に金利引き下げを要望したときの対応」から「熱量」を推し量りたいと思います。

 そもそも住宅ローン金利は人によって違うため、自分が利用している住宅ローンの金利が高いと感じたなら、ほかの銀行で借り換えるのはよくある方法です。

 しかし、その前に現在取引している銀行と金利の引き下げ交渉をしてみると、住宅ローンへの「熱量」が分かります。実際にみなさんが金利の引き下げ交渉をできるわけではないので、各金融機関がどんな対応をするかを解説していきます。そこから「熱量」を推し量ってください。

メガバンクの場合

 メガバンクの基本姿勢は、「来る者は拒まず、去るものは追わず」です。

 なぜなら、メガバンクは人気が高く、少しくらい他行に借り換えられたとしても代わりがいくらでもいるからです。そのため、「金利の引き下げ交渉に時間とお金を費やすより、新規ローンを獲得したほうが効率がいい」というスタンスでいることが少なくありません(*あくまで、銀行員としての経験をもとにした筆者の個人的見解です)。

 このように、メガバンクは基本的に金利の引き下げには消極姿勢なので、希望してもどこまで取り合うかは正直疑問です。

 もちろん、金利引き下げに応じてくれる場合もありますが、地方銀行や信用金庫ほど必死ではないので、それなりの対応になる可能性があります。

ネット銀行の場合

 ネット銀行は非対面、ネット完結で人件費などの経費を抑えることで、住宅ローンの低金利を実現しています。

 だから、とまでは言い切れませんが、「借りたあとに何かを変更する」のも原則としてネットを通じて自分で操作します。しかし、ネットでの操作メニューには「金利引き下げ」の文字はありません。

 具体的に金利引き下げを交渉するには、メールか電話で「金利が高いから、なんとかしてよ」と相談することが考えられますが、冒頭の通り対面の手続きを省略するのがネット銀行なので、銀行員と向き合わなければできない「交渉」に関することについては積極的には応じてくれない可能性があります。

地方銀行の場合

 地方銀行と信用金庫は、金利引き下げに真剣に対応してくれる、というより必死につなぎ留めようとします。「一度付き合ったお客様は、最後まで放したくない」というのが本音です。

 なぜなら、地方銀行は地域間で競争が激しいから。再編の真っただ中にいる地方銀行であればなおさらです。

 ただし、地方銀行の場合はただ金利を下げてと言ってもあまり効果はなく「材料」が必要になります。金利を引き下げることは、銀行にとっては当然損失であるからです。

 たとえば、他行から提案を受けた「提案書」を持参すれば効果は絶大です。それがなくても、現在取引している銀行より低金利な銀行を探してきて、「こっちの方が低いんだけど……」とサイトを見せるだけでも効果があります。

信金・信組の場合

 信金・信組になると、必死度はさらに高まります。

 私のお客様を通じて聞いた話ですが、信金・信組ではエビデンスすら不要で、「下げて!」と言えば金利をすぐに引き下げようと動いてくれるようです。

 住宅ローンの新築案件や借り換えなどを獲得するには、銀行・金融機関同士の競争だけでなく、営業努力も非常に重要です。規模が小さいほど新規案件獲得のハードルは高くなるので、今の顧客を離したくないという思いが一番強いのが、信金・信組というわけです。

「熱量」で選ぶなら、地銀か信用金庫

 メガバンクと違って、地方銀行や信用金庫は「去るものは追わず」などとは言っていられない競争状態なので、金利引き下げへの感度、つまり顧客を手放したくない熱量が高いです。

 また、新規に借りる場合も親身に相談に乗ってくれるだけでなく、「将来、金利が下がっているので、借り換えようかな」と考えた場合に、金利引き下げに応じてくれる可能性が高いです。住宅ローンへの「熱量」という観点で選ぶなら、地方銀行か信用金庫となります。

【コラム】金利交渉は明文化されていない

  •  ちなみに、銀行で住宅ローンを利用中に金利を引き下げるのは可能ですが、それを公表しているところはまずありません。

     理由は単純で、わざわざ「うちは利用中の住宅ローン金利を下げられます!」と手の内を明かすのは損だからです。

     では、なぜ金利引き下げに応じてくれるのか。それは、金利に不満な顧客が借り換えで他行に移られてしまったら困るからです。顧客をつなぎとめるために、仕方なく金利を引き下げているというのが実態です。

     そして、金利引き下げに対する金融機関の違いは、どこまで頑張れるか?という「熱量」の差になります。

     なお、金利引き下げの対応をしてもらえるのは、正常に返済できている人だけです。収入が減ったり転職したりなどで、返済が遅れている人は金利引き下げには応じてもらえないのが原則です。

    【関連記事はこちら】>>銀行が住宅ローン借り換えに必死なのは、他行のシェアを奪える「倍返し」施策だから!

選び方その3.返済に困ったときの「やさしさ」で選ぶ

選び方その3.返済に困ったときの「やさしさ」で選ぶ
住宅ローンの返済に困ったときの対応も、銀行によって大きく違う(出典:PIXTA)

 すべての銀行に共通して、住宅ローン返済に困った顧客のために、返済は柔軟に支援するという内容を公式ホームページで公表しています。

 住宅ローン返済に困った場合、各銀行の対応にどのような違いがあるか。その時の「やさしさ」の差がポイントとなります

メガバンクの場合

 メガバンクの対応は基本的にWEB、または電話です。直接店舗に出向く場合も、WEBや電話で事前予約を取ってからというのがスタンダードになりつつあります。

 地方銀行などでもこれは同じですが、メガバンクは電話での相談がかなり長く続き、なかなか面談して話を聞いてもらえない傾向にあるようです。

 メガバンクはどうしても動きが遅くなりがちなので、返済に困りそうなら早めに相談する方がいいでしょう。

ネット銀行の場合

 ネット銀行もメガバンクと同様、返済に困った場合の相談はWEBが基本です。そもそも、ネット銀行は非対面が大原則なので、当然でしょう。

 とはいえ、WEBの説明を見ると、メガバンク同様か、それよりも動きが遅いように感じてしまいますので、やはり早めに相談したほうがよさそうです。

 以下は、住信SBIネット銀行のサイトに記載されていた、Q&Aです。

Q.〔住宅ローン〈ネット専用〉〕 毎月の返済額を減らすために、返済期間を延ばすことはできますか。

A.返済期間の延長、返済額の減額はできません

出典:住信SBIネット銀行/よくあるご質問

地方銀行の場合

 地方銀行では、メガバンクやネット銀行と比べてもう少し顧客目線に立っているようです。

 「返済の期限を延長する」などの表現を明記している十六銀行の例を見ると、地方銀行なら具体的にサポートしてもらえそうです。

Q. 住宅ローンの返済額は減らせますか?

A. 返済額を減額したい場合は、繰上返済あるいは借入期間延長などの借入条件変更により取扱いできます。期間延長には所定の審査が必要となりますのでお取引店へご相談ください。別途手数料がかかる場合があります。

出典:十六銀行/よくあるご質問/住宅ローン

信金・信組

 さらに顧客目線の強い信金や信組は、より親身な対応になっているようです。

ご返済条件変更手続きについて お客さまのご事情に応じて、ご返済条件の変更(返済額の増減、お借入期間の短縮・延長)などのご相談を承っております。

例えば

ご返済用預金口座の変更
増額返済の一部または全部を毎月返済部分へ切替える
ご返済が困難となった場合:ご返済額の減額、お借入期間の延長
毎月のご返済日の変更
ライフイベントに合わせたご返済額の増額、お借入期間の短縮
繰上げ返済により短縮した返済期限を短縮した範囲で延長する

など

出典:湖東信用金庫/当行で住宅ローン契約中の皆様へ/ご返済条件変更手続きについて

 とりあえずの連絡先は店舗かフリーダイヤルですので、ハードルは低そうです。相談に乗ってもらえる内容も細かく説明されているので、これなら気軽に問い合わせできると感じます。

返済に困ったときの「やさしさ」で選ぶなら地銀、信用金庫

 月々の返済を減らすには、今の状況や家計の収支などを聞き、対応を考える必要があります。

 湖東信用金庫の例を見ればわかるように、ローン返済に困ったときの具体的な対処法まで示してくれているのは、「返済に困った人の話は前向きに聞く」という姿勢の表れと感じられます。

 銀行員から見ると、引用した湖東信金の内容は「ウチは返済に困ってもちゃんと対応しますので、困ったらいつでも相談にきてくださいね!」と言っているようなもので、思い切った対応だと感じ入っています。

 というのも、そもそも住宅ローン返済の相談や対応などは、利益を追求する銀行では積極的に取り組みたくはない、後ろ向きな業務だからです。

そう言った意味で、「やさしさ」を重視するなら、小規模な銀行・金融機関を選ぶといいでしょう。

まとめ

 今回は銀行・金融機関別に、地方在住ならどこを選ぶべきかについて語ってきました。

 いろいろ述べましたが、最終的にどの銀行・金融機関を選ぶかは、個人の自由です。

 メガバンクの知名度や安心感を選ぶのもよし、小回りが利いて親身に対応してもらえそうな地銀、信金・信組を選ぶのもよし。もちろん正解はありません。

 ただ、どれを選んだらいいかわからないときには、「メガバンクなら安心だろう」となんとなく決めるのではなく、長い目で見て「金利引き下げや返済など、もしなにかあった時にしっかりと向き合って対応してくれるか」という観点があることを覚えておいてください。

  • RSS最新記事
 
住宅ローン返済額シミュレーション
132銀行を比較◆住宅ローン実質金利ランキング[新規借入]
132銀行を比較◆住宅ローン実質金利ランキング[借り換え]
住宅ローン返済額シミュレーション 借入可能額シミュレーション

 

【金利動向】おすすめ記事 【基礎】から知りたい人の記事
【今月の金利】
【来月の金利】
【2022年の金利動向】
【変動金利】上昇時期は?
【変動金利】何%上昇する?
【基礎の8カ条】
【審査】の基礎
【借り換え】の基礎
【フラット35】の基礎
【住宅ローン控除】の基礎
おすすめ記事はこちら 
【金利】132銀行の住宅ローン金利推移をプロが比較(毎月更新)
【金利】変動金利が上がる時期を予測!
【金利】変動金利は今後、何%上昇する?
【読み物】年収700万円台世帯は破綻必至!?
【借り換え】多くの人は「高い変動金利」で損している! 
【借り換え】メリット額が分かる返済額シミュレーション
【諸費用】手数料・引越し代も借りられる銀行は?(17銀行比較)
【審査】「審査基準」を17銀行で比較(年収、勤続年数)

新規借入2023年2月最新 主要銀行版

住宅ローン
変動金利ランキング

※借入金額3000万円、借入期間35年

au携帯&新電力契約で、金利▲0.1%
実質金利(手数料込)
0.418%
表面金利
0.289%
手数料(税込)
借入額×2.2%
保証料
0円
おすすめポイント

①「がん50%+全疾病+月次返済保障」が無料!
②au金利優遇ならダントツの低金利

2023/02/01現在の金利にau金利優遇割を適用した金利であり、実際の借入日の金利により変動する。審査の結果によっては保証付金利プランとなり、上記とは異なる金利になる。 保証付金利プランは固定金利特約が3年、5年、10年に限定され、審査の結果、保証会社を利用する場合は、保証料相当額を上乗せした金利が設定されるが、別途、保障料の支払いは不要。au金利優遇割は、au回線とじぶんでんきをセットで契約された場合に適用されるプラン。審査によっては、割引が適用されない場合がある。
口コミ・団信・審査基準などを表示

特徴・評判

諸費用

審査基準

団体信用
生命保険

  • 三菱UFJ銀行とKDDIが共同で立ち上げたネット銀行で、変動金利は業界トップクラスの低金利
  • 無料団信が充実しており、「がん50%保障団信」「全疾病保障」「月次返済保障」が無料で付帯
  • ネットだけで契約を完了でき、仮審査は最短当日回答、本審査は最短2~3営業日で回答など、審査スピードも速い

プロの評判・口コミ

淡河範明さん
住宅ローンアドバイザー
淡河範明さん

auじぶん銀行の魅力は、業界トップクラスの変動金利です。変動金利が大好きな人なら、最上位にすすめたいですね。最大2億円まで借りられるのも大きなポイントです。

審査に関しては、めちゃくちゃ早いです。申し込んでから基本的には1ヶ月以内に融資実行ができるので、急いでいる場合にはありがたい。「今月中に融資して欲しい」とアピールすれば、審査がスムーズに運びやすいです。

団信では「がん50%保障団信」が無料で付いているので、通常の団信より手厚いと言えます。通常、保障を厚くするのであれば、金利を上乗せする必要がありますが、無料でつくのは魅力です。

関連記事 auじぶん銀行の金利推移、審査基準、注意点は?
手数料(税込)
融資額×2.20%(税込)
保証料
0円(審査の結果、保証会社を利用する場合があるが、保証料相当額は金利に含まれており、別途、保証料は発生しない)
繰上返済手数料(一部)
0円(1円以上1円単位)
繰上返済手数料(全額)
・変動金利/0円
・固定金利/3万3000円(税込)
借入額
500万円以上、2億円以下
借入期間
1年以上35年以内(1ヶ月単位)
融資を受けられるエリア
全国
使い道
本人または家族が住むための以下の資金
・戸建・マンション(中古物件含む)の購入資金
・戸建の新築資金
・他の金融機関で現在借入中の住宅ローンのお借換え(住宅ローンとリフォームローンの一括での借り換えを含む)資金
・上記に伴う諸費用
年収
(給与所得者)
200万円以上
勤続年数
(給与所得者)
年収
(個人事業主等)
200万円以上
事業年数
(個人事業主等)
年齢
(借入時)
満18歳以上〜満65歳未満
年齢
(完済時)
満80歳の誕生日まで
その他条件
無料の団信
一般団信(借入時年齢:65歳以下)
+がん50%保障団信(借入時年齢:50歳以下)
+全疾病保障団信(借入時年齢:50歳以下)
+月次返済保障団信(借入時年齢:50歳以下)
死亡・高度障害と診断された場合。または、すべてのけが・病気で入院が180日超の場合、ローン残高が0円。がんと診断された場合、ローン残高が半分)
オプション
(特約)の団信
がん100%保障団信(借入時年齢:50歳以下)
上乗せ金利年0.10%
死亡・高度障害状態、がんと診断された場合。または、すべてのけが・病気で入院が180日超の場合、ローン残高が0円※2022年5月2日以降借り入れの顧客が対象
11疾病保障団信(借入時年齢:50歳以下)
上乗せ金利年0.20%
死亡・高度障害、がんと診断された場合。または、10種類の生活習慣病で入院が180日超の場合、ローン残高が0円※2022年5月2日以降借り入れの顧客が対象
ワイド団信(借入時年齢:65歳未満)
上乗せ金利年0.30%
死亡・高度障害と診断された場合、ローン残高が0円
閉じる
自己資金が少ない人、短期返済の人におすすめ
実質金利(手数料込)
0.450%
表面金利
0.320%
手数料(税込)
借入額×2.2%
保証料
0円
おすすめポイント

①手数料5.5万円〜で、初期費用が少ない
②がん団信が金利上乗せ0.1%

口コミ・団信・審査基準などを表示

特徴・評判

諸費用

審査基準

団体信用
生命保険

  • 事務手数料11万円なら、要介護状態になると住宅ローン残高がゼロになる「安全保障付団信」が付く
  • 長期固定には「ステップダウン金利」と「長期固定金利」がある。ステップダウン金利タイプは、10年後以降、5年ごとに金利が当初金利の10%分ずつ下が理、長期で借りる人はお得

プロの評判・口コミ

淡河範明さん
住宅ローンアドバイザー
淡河範明さん

新生銀行の住宅ローンは、手数料が5.5万円からと非常に安いので、うまく使うとおとくになります。特に「借り換え」で利用される方が多く、「新規」であっても「借入金額が大きい」「期間が短い」といったケースでは魅力的な銀行となります。

 

10年固定、15年固定、20年固定といった金利が低いのも特徴的です。

商品も特徴的で、介護保障保険が付帯した商品や、長く借りていると金利が下がっていく「ステップダウン金利」があるのも主要銀行ではここだけです。

 

審査はオーソドックスに行なっている感じです。住宅ローン処理センターで集中審査しているので、窓口のかたの力量があまり問われず、公平に審査されるという印象です。

 

なお、相談から審査、契約の手続きまでネットで完結できるようになりました。不安な方には、ビデオ通話で自宅から気軽に相談ができるので、コロナ禍の現状では最適な方法が用意されているようです。

関連記事 SBI新生銀行の金利推移、審査基準、注意点は?
手数料(税込)
【通常商品】5万5000円~
【変動フォーカス】借入残高×2.2%
【ステップダウン金利】16万5000円
保証料
0円
繰上返済手数料(一部)
0円(1円以上1円単位)
繰上返済手数料(全額)
0円。電話にて連絡
(安心パックW(ダブル)の場合、借り入れ日から5年以内に完済すると、繰上返済手数料として完済時に別途165,000円必要)
借入額
500万円以上1億円以下
(ステップダウン金利タイプは、2000万円以上、1億円以下)
借入期間
5年以上35年以内
融資を受けられるエリア
全国
使い道
本人または家族が居住するための、
●戸建・マンション(中古物件を含む)の購入資金
●戸建住宅の新築資金
●戸建・マンションにかかる他の金融機関で現在借入中の住宅ローンの借換資金
●戸建・マンションのリフォーム資金
●上記にかかる諸費用
●延床面積で50平米以上(マンションの場合は専有面積30平米以上)
●住居専用、もしくは店舗や事務所との併用住宅(住居部分が延床面積の50%以上で、併用部分(店舗・事務所)は、自己使用であるものに限る)であるもの
年収
(給与所得者)
300万円以上
勤続年数
(給与所得者)
2年以上
年収
(個人事業主等)
300万円以上(2年平均)
事業年数
(個人事業主等)
2年以上
年齢
(借入時)
65歳以下
年齢
(完済時)
80歳未満
その他条件
無料の団信
一般団信(加入時年齢:65歳以下)
死亡・高度障害と診断された場合
オプション
(特約)の団信
安心保障付団信(加入時年齢:65歳以下)
11万円
要介護3以上。または、所定の状態が180日超と診断された場合、ローン残高が0円
がん保障(借入時年齢:50歳未満)
金利+0.10%
死亡・高度障害、がんと診断された場合、ローン残高が0円
閉じる
オンライン契約で、印紙代が0円
実質金利(手数料込)
0.479%
表面金利
0.349%
手数料(税込)
借入額×2.2%
保証料
0円
おすすめポイント

①低金利の上、がん50%団信無料
②金利+0.1%で、がん100%団信も付帯OK

口コミ・団信・審査基準などを表示

特徴・評判

諸費用

審査基準

団体信用
生命保険

  • 割引サービスなどを併用しなくても、変動金利は業界最低水準
  • 審査結果によって金利が上がることがない、安心の一律金利
  • がん100%保障団信が、わずか0.1%の上乗せで加入できる

プロの評判・口コミ

淡河範明さん
住宅ローンアドバイザー
淡河範明さん

PayPay銀行の住宅ローンは、ネット銀行ならではの低金利が特徴です。がん50%団信も付帯するようになり、auじぶん銀行などと人気を分けています。

 

ネット銀行ならではの、お申込みから契約までネットでお手続きを完結できる点も魅力的です。


ただし、審査は厳しめです。個人事業主は対象外で、家族が経営する会社に勤務している場合も原則利用不可など厳しい基準があります。親族間売買や店舗併用の事業物件、借地物件なども融資対象外です。
 

条件のいい借り手に絞ることで低金利を実現しているものと思われます。当初の計画では、徐々に融資対象を拡大していくとしていましたが、今後どうするのか注目しています。

関連記事 PayPay銀行の金利推移、審査基準、注意点は?
手数料(税込)
借入金額×2.20%
保証料
0円
繰上返済手数料(一部)
ホームページでの手続き:無料
電話での手続き:5,500円(税込)
繰上返済手数料(全額)
手数料:33,000円(消費税含む)
PayPay銀行住宅ローンセンターに電話で申し込み
借入額
500万円以上2億円以下
借入期間
1年以上35年以内(1ヶ月単位)
融資を受けられるエリア
全国
使い道
本人が住む住宅に関する以下の資金
・戸建またはマンションの購入(中古物件を含む)
・戸建の新築・現在借入中の住宅ローンの借り換え
・上記に伴う諸費用
年収
(給与所得者)
200万円以上
勤続年数
(給与所得者)
年収
(個人事業主等)
原則、利用不可
事業年数
(個人事業主等)
年齢
(借入時)
65歳未満
年齢
(完済時)
80歳未満
その他条件
無料の団信
一般団信(借入時年齢:65歳未満)
+一般団信プラス(借入時年齢:51歳未満)
+がん50%保障団信(借入時年齢:51歳未満)
一般団信プラス(死亡・高度障害と診断された場合、ローン残高が0円。がんと診断された場合、100万円の給付金。または、がん先進医療を受けた場合は、通算1000万円まで給付金)
がん50%保障団信(死亡・高度障害と診断された場合、ローン残高が0円。また、がんと診断された場合、ローン残高が半分)
オプション
(特約)の団信
がん100%保障団信(借入時年齢:51歳未満)
金利+0.10%
死亡・高度障害、がんと診断された場合、ローン残高が0円。または、がんと診断された場合、100万円の給付金。上皮内がん・皮膚がんと診断された場合、50万円の給付金
11疾病保障団信(借入時年齢:51歳未満)
金利+0.30%
死亡・高度障害、がんと診断された場合。10種類の生活習慣病で入院が180日超の場合、ローン残高が0円。または、がんと診断された場合、100万円の給付金。上皮内がん・皮膚がんと診断された場合、50万円の給付金。病気やけがで入院が連続5日以上の場合、10万円の給付金
ワイド団信(借入時年齢:65歳未満)
金利+0.30%
死亡・高度障害と診断された場合、ローン残高が0円
閉じる
3大疾病の50%保障が無料付帯!
実質金利(手数料込)
0.505%
表面金利
0.375%
手数料(税込)
借入額×2.2%
保証料
0円
おすすめポイント

①店舗相談でも、低金利商品あり
②注文住宅で必要な「つなぎ融資」に対応!

※こちらの商品は住信SBIネット銀行の住宅ローンです。
口コミ・団信・審査基準などを表示

特徴・評判

諸費用

審査基準

団体信用
生命保険

  • SBIマネープラザは、証券、保険、住宅ローンなどを取り扱う、SBIグループのマネー相談プラザ
  • 全国9支店において対面で相談できるので、初心者でも安心
  • 変動金利が低い「住宅ローン」(住信SBIネット銀行の商品)と、全期間固定金利が低い「フラット35」を取り扱っており、2種類の住宅ローンを比較して申し込める

プロの評判・口コミ

淡河範明さん
住宅ローンアドバイザー
淡河範明さん

SBIグループの企業ですが、同じグループの住信SBIネット銀行には提供していない「つなぎ融資」を利用できることです。

 

店舗販売専用の商品で、店舗で相談しながら手続き出来ます。ただし、住宅ローン相談窓口は全国に9店舗しかないため、居住地域によっては利用が困難です。

 

審査は住信SBIネット銀行と同じだと思っていいです。また、事務手続きに比較的時間がかかります。

関連記事 SBIマネープラザの金利推移、審査基準、注意点は?
手数料(税込)
■自社商品
融資額×2.20%
■フラット35
融資額×2.20%
保証料
■自社商品
0円
■フラット35
0円
繰上返済手数料(一部)
■自社商品
0円(1円以上1円単位)
■フラット35
0円(10万円以上)
繰上返済手数料(全額)
■自社商品
0円(固定金利特約期間中は3万3000円)
■フラット35
0円
借入額
■自社商品
500万円以上、2億円以下
■フラット35
100万円以上8,000万円以下
借入期間
■自社商品
1年以上35年以内
融資を受けられるエリア
■自社商品
日本国内全域。ただし、借地上・保留地・共有仮換地上の物件、離島にある物件については、取扱いできない
■フラット35
使い道
年収
(給与所得者)
■自社商品

■フラット35
総返済負担率が、
年収400万円未満は30%以下
年収400万円以上は35%以下
勤続年数
(給与所得者)
■自社商品

■フラット35
年収
(個人事業主等)
■自社商品

■フラット35
総返済負担率が、
年収400万円未満は30%以下
年収400万円以上は35%以下
事業年数
(個人事業主等)
■自社商品

■フラット35
年齢
(借入時)
■自社商品

■フラット35
70歳未満
年齢
(完済時)
■自社商品

■フラット35
80歳未満
その他条件
無料の団信
【40歳未満】
一般団信
+3大疾病50%保障
+就業不能保障
+全疾病保障
+先進医療特約

【40歳以上】
一般団信
+就業不能保障
+全疾病保障
+先進医療特約
一般団信(死亡・高度障害と診断された場合、ローン残高が0円)
3大疾病50%保障(がんと診断確定された場合、ローン残高が50%に。急性心筋梗塞、脳卒中で手術、または60日以上後遺症が継続するなどの状態でローン残高が50%に)
就業不能保障(就業不能状態なら毎月のローン返済を最大12カ月保障。8大疾病以外は24カ月保障、当初3カ月免責)
全疾病保障(8疾病で就業不能状態が12カ月超の場合。または、8疾病以外のすべてのけがや病気で就業不能状態が24カ月超の場合、ローン残高が0円 )
先進医療特約(通算1000万円まで)
オプション
(特約)の団信
3大疾病100%保障【40歳未満】
金利+年0.2%3大疾病50%保障【40歳以上】
金利+年0.25%3大疾病100%保障【40歳以上】
金利+年0.4%ワイド団信
金利+年0.3%
閉じる
※実質金利は、借入金額3000万円、借入期間35年、団信加入、元利均等返済、ボーナス払いなし、最優遇金利を適用として、実質金利を計算。変動金利は現在の水準が継続と仮定。実質金利の計算法はこちら。諸費用は、事務手数料等、保証料とする。保証料は、大手銀行の一般的な保証料率を記載しているので、銀行によっては違う保証料率となる。主要銀行・金融機関の主な商品を対象とし、ランキングに掲載するのは各銀行の商品の中で最も実質金利が低い商品のみとする。ホームローンドクター代表の淡河範明氏の監修で作成。変動金利ランキング完全版はこちら

住宅ローンおすすめ比較

 

 132銀行の住宅ローンを比較

>>返済額シミュレーションで、全銀行の金利を一気に比較・調査

※サイト内の金利はすべて年率で表示

TOP