じぶん銀行住宅ローンの公式サイト

【銀行員が解説】住宅ローン返済が苦しいなら「リスケ」の検討を!メリット・デメリットと、必要な条件を解説

【第7回】2022年11月27日公開(2022年11月28日更新)
加藤隆二:金融ライター(現役銀行員)

住宅ローン返済に困ったとき、どうすればいいのか。その方法はいくつかあり、選択も人それぞれ。しかし、銀行員として最善と思えるのは、返済条件を変更する「リスケ」です。だからこそ、現場でも実際に「リスケ」を取り扱ってきました。この記事では、リスケの内容と、メリット・デメリット、リスケに必要な条件などについて詳しく説明していきます。住宅ローン返済に困ったときは、ぜひ参考にしてみてください。(金融ライター・加藤隆二、現役銀行員)

住宅ローン返済に困ったときの3つの選択肢

住宅ローン返済に困ったときの3つの選択肢
住宅ローンの返済に困った場合は、まずはリスケを考えよう(出典:PIXTA)

 住宅ローン返済に困ったとき、選べる道は3つあります。

<住宅ローン返済に困ったときの選択肢>

  • 1.自己破産など
  • 2.任意売却
  • 3.リスケ

 リスケについては後ほど詳しく説明しますので、まずはその他の選択肢について簡単にまとめます。

選択肢1. 自己破産など

 「自己破産」「個人版の民事再生法」など債務を整理するための法的な手段は「債務整理」と呼ばれています。

 「自己破産」は、財産と負債のすべてを手放すことで債務を免除される法的整理です(一部財産など、特例的に残せるものもあります)。

 「個人版の民事再生法」もあります。住宅などの財産を維持したまま、借金を大幅にカットしてもらったり、返済を猶予してもらったりできます。ただし、住宅以外の財産はほとんど手放す必要があります。

 自己破産の場合、借金は免除される代わりに、家も財産もほとんど手放すことになるのが原則です。一方で個人版の民事再生法の場合、債権者との交渉によっては自宅に住み続けることが可能な場合もあります。

 債務整理の記録は「異動」情報と呼ばれ、個人信用情報に大きく悪影響を及ぼすことがあります。

 ネット上では「自己破産の記録は個人情報から10年たてば消えるから大丈夫」といった記事もありますが、個人信用情報はさまざまな形で連携しているので、単純にそうとは言い切れません。

 債務整理を選ぶと、「私は借金しても返せない(返さない)人間です」と公言しているようなものだと銀行は受け取りますので、二度とその銀行で取引はできないと考えるべきでしょう。

債務整理を紹介する記事は、司法書士や弁護士事務所のサイトに誘導するために書かれているものが多いので、その分、割り引いて考える必要があります。

 なお、債務整理は弁護士や司法書士などの専門家に依頼するのが一般的で、原則として金融機関などと本人との接触は禁じられ、事務的に手続きが進みます。

選択肢2.任意売却

 前のパートで触れた「任意売却」について、注意すべき点があるので、詳しく見ていきましょう。

 住宅ローンを滞納すると強制的な競売になる場合もありますが、競売はかなり割安になってしまい、多額の借金が残りやすいです。そこで、競売に至る前に、一般的な売買に近い「任意売却」を行えば、競売よりも高く売却できる可能性があります。

 ただし、任意売却は債権者(銀行)の許可が必要で、原則として売れてもローンが残るなら、銀行から任意売却を認めてもらえません。

 ここで注意したいのが、任意売却をすすめているのは誰かということです。任意売却を扱う業者は、司法書士、弁護士事務所だけでなく、不動産業者というケースもあります。

 不動産業者が主導する任意売却の場合、銀行は敬遠しがちです。

 なぜなら、住宅ローンの取引内容などは個人情報であり、たとえ本人から依頼があったとしても、いきなり業者だけが銀行に売買交渉に来ても、守秘義務がある銀行は対処に困るからです。また、銀行と相談せず任意売却を勝手に決めてしまい、業者を寄越したと受け止められたなら、そのあとの話もスムーズには進まないでしょう(実際に私の窓口に任意売却で業者だけがいきなり来ても、応対しません)。

 住宅ローン返済で困っている人は、任意売却を扱う業者にとって格好の的です。そのため、危機感をあおる記事などで任意売却がベストな選択肢という結論に持っていき、業者の売却サイトに誘導するものが多いと感じています。あくまで選択はその人次第なので、慎重に検討することが重要です。

選択肢3.リスケ

 そして、3つ目の選択肢が「リスケ」です。このリスケこそが、銀行員としてもっともおすすめしたい手段となります。

 詳しく解説していきましょう。

住宅ローンのリスケとは?

住宅ローンのリスケとは?
条件変更で、毎月の返済を減らせる(出典:PIXTA)

 リスケとは、リスケジュール(Reschedule)を略した造語です。

 最近では「スケジュールを組み立て直す」「計画の変更」などのビジネス用語として使われるようになっていますが、銀行におけるリスケは住宅ローンや事業資金融資の返済見直しを指します。返済期間などの条件を変え、返済が継続できる額に見直すところから、「条件変更」とも呼ばれます。

 元をただせば、平成21年(2009年)施行の「金融円滑化法」という法律で、住宅ローンの利用者から依頼を受けた場合、銀行は返済の見直しなど柔軟に対応しなければならないことになりました。

 金融円滑化法自体はすでに終了していますが、監督官庁である金融庁からは引き続き柔軟な対応を求められており、その住宅ローン返済の減額など債務者の支援策が「リスケ」というわけです。

リスケのメリット

 リスケをすれば、自宅にそのまま住み続けることができます。

 また、リスケでは「ローンを何とか返済していける額まで減らす」のが一般的なため、このときの住宅ローンの延滞履歴はリセットされることになります。当然ながら返済の督促もなくなるので、ひとまず生活を安定させることができるでしょう。

 債務整理などと違ってリスケをしていること自体は個人信用情報に登録されることはありませんので安心して相談できます(リスケしてもらうまでの期間に返済滞納があれば、こちらは個人信用情報に登録される)。

リスケのデメリット

 リスケのデメリットは、とにかく手続きしてもらうまでが大変ということです。その際に利息の清算や手数料といった費用も必要になるので注意が必要です。

 また、新たな借り入れはもうできません。キャッシングなどもご法度です。

 リスケをした金融機関の中では半永久的に記録が残るので、同じ銀行で新しいローンを借りることはできないのは当たり前です。万が一、ほかの金融機関でキャッシングなどの借り入れができたとしても、リスケしたあとの家計の定期的なチェックのときに発覚してしまいます。

 そうなると、リスケしている銀行の態度が硬化することはわかると思います。「自分のところのローン返済を猶予しているのに、内緒でほかのところから新しく借り入れした」とバレたなら、リスケは取りやめになる可能性すらありますので、絶対にしてはいけません。

リスケを断る場合がある

 法律や監督官庁からの指示はあっても、すべての人がリスケしてもらえるわけではありません。

 金融庁のガイドラインの中でも、リスケを断っていいケースが示されています。それが、「リスケを断る妥当性がある場合」と「リスケにより不公平が生じる場合」です。

リスケを断る妥当性がある場合

 たとえばギャンブルで借金を作ったなど、身勝手で同情できない場合は、リスケを断っても妥当性があるとされています。

 こういったケースでリスケ対応をしてしまうと、頑張って住宅ローンを返済している人は不公平に感じるでしょう。不公平という観点で、もうひとつ断っても良いケースがあります。

リスケにより不公平が生じる場合

 まじめに返済してきたとはいっても、やはり簡単にリスケをしたなら、どうしても不公平感は残ります。

 その「代償」ではないのですが、リスケするには徹底した家計の切り詰めが必要になります。

 「ローンが返済できないなら、生活費は当然切り詰めてるはずですよね?」という意味で、要は「痛みを伴わなければリスケはできない」ということになります。

 ですから、家計の切り詰めを拒否したら、リスケを断っていいとされています。

 銀行もホームページでこのガイドラインを引き続き順守していると公表しています。銀行の住宅ローンリスケに対する考え方、姿勢を端的に表していますので参考にしてください。

金融庁のガイドラインについて

 金融庁のガイドラインとは、金融円滑化法により、金融機関に対して貸付条件の変更:リスケに関して金融庁が指示した指針のことです。以下、住宅ローンの債務者に関する部分の抜粋です。

【参考出典】
II -1-2-1 債務者が中小企業者又は住宅資金借入者である場合
(1)債務者から貸付けの条件の変更等の申込みに関する相談を受けた場合には、当該相談に真摯に対応しているか。当該相談に係る貸付けの条件の変更等の申込みを妨げていないか。また、債務者から貸付けの条件の変更等の申込みがあった場合には、債務者の意思に反して当該申込みを取り下げさせていないか。
<筆者中略>
II -1-2-3 債務者が住宅資金借入者である場合
(1)債務者から貸付けの条件の変更等の申込みがあった場合には、当該債務者の将来にわたる無理のない返済に向けて、当該債務者の財産及び収入の状況を十分に勘案しつつ、きめ細かく相談に応じているか。

出典:金融庁/中小企業者等に対する金融の円滑化を図るための臨時措置に関する法律に基づく金融監督に関する指針(平成25年3月31日失効)

リスケの流れ

 リスケの流れは以下の通りです。

<リスケしてもらうまでの流れ>

  • 1.家計のヒアリング
  • 2.手続き
  • 3.6カ月ごとに再手続き

 それぞれの工程について説明しましょう。

1.家計のヒアリング

リスケの流れ
リスケでは、家計の見直しを行う(出典:PIXTA)

 リスケの相談をすると「普通に返済できていた時期の家計」と「返済できなくなってからの家計」について、銀行員に聞かれます。

 それぞれが実に細かく、光熱費から携帯電話料金、あるいは子供のおこづかいまで、文字通り家計のすべてをさらけ出さなければいけません。

 これは、銀行から金融庁に報告が義務づけられているからです。

 そして、ただ聞かれるだけではなく、家計をもう一度見直して無駄な出費を抑えるようにと銀行員から言われます。

例)
・車2台は不要、1台にしてください
・学校だけで十分なので、塾は辞めさせてください
・小学生に携帯電話は不要、解約すれば節約できます

 その家庭によって節約候補になる費用はまちまちですが、大事なのは「リスケするために家計を切り詰めさせた」という結果なのです。

 これらは顧客から銀行員が聴取して作る「ヒアリングシート」と呼ばれますが、これが金融庁への報告書類になるため、家計の見直しが行われているのです。

 このヒアリングシートに近い、「住宅ローン相談シート(横浜信用金庫)」を引用しましたので、気になる人は内容をご覧になってください。

 これは私が現場で聴取している内容に近く、参考になると思います。

横浜信用金庫「当金庫でご利用中のお客さまへ」

月々のご返済およびボーナス時のご返済にお困りの場合には、お取引店までご相談ください。

ご相談の際には、お手数ですが以下の【住宅ローン相談シート(1)】【住宅ローン相談シート(2)】を印刷いただき、必要事項をご記入のうえ、【住宅ローン相談シート(2)】記載の必要書類と一緒にご持参ください。

なお、ご利用いただいている住宅ローンの種類によっては、別途書類が必要となる場合がありますので、予めご了承ください。

また、契約内容の変更を行う際には、後日、別途契約書等の締結が必要となりますので予めご了承ください。

住宅ローン相談シート①

出所:横浜信用金庫「当金庫でご利用中のお客さまへ」住宅ローン相談シート①】【住宅ローン相談シート②

2.手続き

 次にリスケの手続きに入ります。住宅ローンの返済額を減らすやり方はいくつかあります。

返済期限を延長する

 期限延長=返済回数を増やすことで、毎月の返済額を減らすことができます。この際、主流なのは「毎月返済可能な額まで一時的に減額する」やり方です。

 ただし、問題があります。

 例えば、3,000万円・変動0.475%・ボーナス返済なし、毎月返済77,875円の人が3年後にリスケして毎月50,000円なら払える、というケースを考えてみましょう(返済額などは筆者が独自に計算)。

【リスケ前】返済額77,875円(元金66,335円+利息11,540円)
   ↓                 ↓
【リスケ後】返済額50,000円(元金38,460円+利息11,540円)

 このように、リスケをすることで毎月返済額が2.7万円以上少なくなる代わりに、元金返済も少なくなります。その分、返済期間は延長されることになります。

 つまり、リスケするということは、元金返済を棚上げ(元金猶予とも)するということなのです。

 これは単なる返済の先送りであり、決して「借金の棒引き」「借金を減らしてもらえる」というものではありません。

 それでも、足元の返済を延滞して、自宅を手放すよりはいいでしょう。

 他にも、以下のようなリスケの方法があります。

ボーナス返済を減らす

 ボーナスが打ち切られた人などで、ボーナス返済ができなくなる場合、毎月返済を増やすことで対応します。

金利だけ支払う

 返済が苦しい場合は、一定期間、金利だけを支払い、元本を支払わないことが認められることもあります。でもこれは、支払いが苦しいのは現在だけで将来、収入が増加することが確実などのケースに限られます。

3.6カ月ごとに再手続き

 一度、リスケをしても、それは原則として6カ月程度の暫定処置です。

 恒常的に返済を減らし続けるのではなく、あくまで一時的な救済措置という位置づけだからです。

 つまり6カ月したら、また銀行で、ヒアリング手続きをしなければいけないのです。

 これも監督官庁からの指示で、銀行は定期的に状況を観察し報告(モニタリングと呼びます)しなければいけません。

 半年などすぐにたってしまいますが、面倒だからと銀行からの呼び出しを無視したり、内緒で他から借金したりすると、次のリスケをしてもらえない恐れがあります。

まとめ〜それでも銀行員がリスケをおすすめするワケ

 リスケにはさまざまなメリット・デメリットがあり、また代償も必要となるわけですが、それでも銀行員としてはリスケをおすすめしたいと考えています。

 リスケをしてなんとか自宅を守れたなら、収入が回復して元通りの返済に戻せるかもしれません。

 リスケしたあとで、元通りの返済に戻ることを「リスケの卒業」と呼びます。卒業と言っても、決して卒業式のように感動的なシーンではありませんし、返済を軽減したことで元金の減るスピードも減るので、再開すると以前より返済が増える場合もあります。それでも、家があれば頑張れるエネルギー源にはなると思います。

 いつなんどき、何が起こるかわからない世の中で、この記事が役立つことはあまり望みたくありませんが、参考になれば幸いです。

【参考記事はこちら】>>大震災や自然災害によって自宅が崩壊して、住宅ローンだけが残ったらどうする?【第3回】災害の規模が大きいほど、後から支援策が出る?!

  • RSS最新記事
 
住宅ローン返済額シミュレーション
132銀行を比較◆住宅ローン実質金利ランキング[新規借入]
132銀行を比較◆住宅ローン実質金利ランキング[借り換え]
住宅ローン返済額シミュレーション 借入可能額シミュレーション

 

【金利動向】おすすめ記事 【基礎】から知りたい人の記事
【今月の金利】
【来月の金利】
【2022年の金利動向】
【変動金利】上昇時期は?
【変動金利】何%上昇する?
【基礎の8カ条】
【審査】の基礎
【借り換え】の基礎
【フラット35】の基礎
【住宅ローン控除】の基礎
おすすめ記事はこちら 
【金利】132銀行の住宅ローン金利推移をプロが比較(毎月更新)
【金利】変動金利が上がる時期を予測!
【金利】変動金利は今後、何%上昇する?
【読み物】年収700万円台世帯は破綻必至!?
【借り換え】多くの人は「高い変動金利」で損している! 
【借り換え】メリット額が分かる返済額シミュレーション
【諸費用】手数料・引越し代も借りられる銀行は?(17銀行比較)
【審査】「審査基準」を17銀行で比較(年収、勤続年数)

新規借入2023年2月最新 主要銀行版

住宅ローン
変動金利ランキング

※借入金額3000万円、借入期間35年

au携帯&新電力契約で、金利▲0.1%
実質金利(手数料込)
0.418%
表面金利
0.289%
手数料(税込)
借入額×2.2%
保証料
0円
おすすめポイント

①「がん50%+全疾病+月次返済保障」が無料!
②au金利優遇ならダントツの低金利

2023/02/01現在の金利にau金利優遇割を適用した金利であり、実際の借入日の金利により変動する。審査の結果によっては保証付金利プランとなり、上記とは異なる金利になる。 保証付金利プランは固定金利特約が3年、5年、10年に限定され、審査の結果、保証会社を利用する場合は、保証料相当額を上乗せした金利が設定されるが、別途、保障料の支払いは不要。au金利優遇割は、au回線とじぶんでんきをセットで契約された場合に適用されるプラン。審査によっては、割引が適用されない場合がある。
口コミ・団信・審査基準などを表示

特徴・評判

諸費用

審査基準

団体信用
生命保険

  • 三菱UFJ銀行とKDDIが共同で立ち上げたネット銀行で、変動金利は業界トップクラスの低金利
  • 無料団信が充実しており、「がん50%保障団信」「全疾病保障」「月次返済保障」が無料で付帯
  • ネットだけで契約を完了でき、仮審査は最短当日回答、本審査は最短2~3営業日で回答など、審査スピードも速い

プロの評判・口コミ

淡河範明さん
住宅ローンアドバイザー
淡河範明さん

auじぶん銀行の魅力は、業界トップクラスの変動金利です。変動金利が大好きな人なら、最上位にすすめたいですね。最大2億円まで借りられるのも大きなポイントです。

審査に関しては、めちゃくちゃ早いです。申し込んでから基本的には1ヶ月以内に融資実行ができるので、急いでいる場合にはありがたい。「今月中に融資して欲しい」とアピールすれば、審査がスムーズに運びやすいです。

団信では「がん50%保障団信」が無料で付いているので、通常の団信より手厚いと言えます。通常、保障を厚くするのであれば、金利を上乗せする必要がありますが、無料でつくのは魅力です。

関連記事 auじぶん銀行の金利推移、審査基準、注意点は?
手数料(税込)
融資額×2.20%(税込)
保証料
0円(審査の結果、保証会社を利用する場合があるが、保証料相当額は金利に含まれており、別途、保証料は発生しない)
繰上返済手数料(一部)
0円(1円以上1円単位)
繰上返済手数料(全額)
・変動金利/0円
・固定金利/3万3000円(税込)
借入額
500万円以上、2億円以下
借入期間
1年以上35年以内(1ヶ月単位)
融資を受けられるエリア
全国
使い道
本人または家族が住むための以下の資金
・戸建・マンション(中古物件含む)の購入資金
・戸建の新築資金
・他の金融機関で現在借入中の住宅ローンのお借換え(住宅ローンとリフォームローンの一括での借り換えを含む)資金
・上記に伴う諸費用
年収
(給与所得者)
200万円以上
勤続年数
(給与所得者)
年収
(個人事業主等)
200万円以上
事業年数
(個人事業主等)
年齢
(借入時)
満18歳以上〜満65歳未満
年齢
(完済時)
満80歳の誕生日まで
その他条件
無料の団信
一般団信(借入時年齢:65歳以下)
+がん50%保障団信(借入時年齢:50歳以下)
+全疾病保障団信(借入時年齢:50歳以下)
+月次返済保障団信(借入時年齢:50歳以下)
死亡・高度障害と診断された場合。または、すべてのけが・病気で入院が180日超の場合、ローン残高が0円。がんと診断された場合、ローン残高が半分)
オプション
(特約)の団信
がん100%保障団信(借入時年齢:50歳以下)
上乗せ金利年0.10%
死亡・高度障害状態、がんと診断された場合。または、すべてのけが・病気で入院が180日超の場合、ローン残高が0円※2022年5月2日以降借り入れの顧客が対象
11疾病保障団信(借入時年齢:50歳以下)
上乗せ金利年0.20%
死亡・高度障害、がんと診断された場合。または、10種類の生活習慣病で入院が180日超の場合、ローン残高が0円※2022年5月2日以降借り入れの顧客が対象
ワイド団信(借入時年齢:65歳未満)
上乗せ金利年0.30%
死亡・高度障害と診断された場合、ローン残高が0円
閉じる
自己資金が少ない人、短期返済の人におすすめ
実質金利(手数料込)
0.450%
表面金利
0.320%
手数料(税込)
借入額×2.2%
保証料
0円
おすすめポイント

①手数料5.5万円〜で、初期費用が少ない
②がん団信が金利上乗せ0.1%

口コミ・団信・審査基準などを表示

特徴・評判

諸費用

審査基準

団体信用
生命保険

  • 事務手数料11万円なら、要介護状態になると住宅ローン残高がゼロになる「安全保障付団信」が付く
  • 長期固定には「ステップダウン金利」と「長期固定金利」がある。ステップダウン金利タイプは、10年後以降、5年ごとに金利が当初金利の10%分ずつ下が理、長期で借りる人はお得

プロの評判・口コミ

淡河範明さん
住宅ローンアドバイザー
淡河範明さん

新生銀行の住宅ローンは、手数料が5.5万円からと非常に安いので、うまく使うとおとくになります。特に「借り換え」で利用される方が多く、「新規」であっても「借入金額が大きい」「期間が短い」といったケースでは魅力的な銀行となります。

 

10年固定、15年固定、20年固定といった金利が低いのも特徴的です。

商品も特徴的で、介護保障保険が付帯した商品や、長く借りていると金利が下がっていく「ステップダウン金利」があるのも主要銀行ではここだけです。

 

審査はオーソドックスに行なっている感じです。住宅ローン処理センターで集中審査しているので、窓口のかたの力量があまり問われず、公平に審査されるという印象です。

 

なお、相談から審査、契約の手続きまでネットで完結できるようになりました。不安な方には、ビデオ通話で自宅から気軽に相談ができるので、コロナ禍の現状では最適な方法が用意されているようです。

関連記事 SBI新生銀行の金利推移、審査基準、注意点は?
手数料(税込)
【通常商品】5万5000円~
【変動フォーカス】借入残高×2.2%
【ステップダウン金利】16万5000円
保証料
0円
繰上返済手数料(一部)
0円(1円以上1円単位)
繰上返済手数料(全額)
0円。電話にて連絡
(安心パックW(ダブル)の場合、借り入れ日から5年以内に完済すると、繰上返済手数料として完済時に別途165,000円必要)
借入額
500万円以上1億円以下
(ステップダウン金利タイプは、2000万円以上、1億円以下)
借入期間
5年以上35年以内
融資を受けられるエリア
全国
使い道
本人または家族が居住するための、
●戸建・マンション(中古物件を含む)の購入資金
●戸建住宅の新築資金
●戸建・マンションにかかる他の金融機関で現在借入中の住宅ローンの借換資金
●戸建・マンションのリフォーム資金
●上記にかかる諸費用
●延床面積で50平米以上(マンションの場合は専有面積30平米以上)
●住居専用、もしくは店舗や事務所との併用住宅(住居部分が延床面積の50%以上で、併用部分(店舗・事務所)は、自己使用であるものに限る)であるもの
年収
(給与所得者)
300万円以上
勤続年数
(給与所得者)
2年以上
年収
(個人事業主等)
300万円以上(2年平均)
事業年数
(個人事業主等)
2年以上
年齢
(借入時)
65歳以下
年齢
(完済時)
80歳未満
その他条件
無料の団信
一般団信(加入時年齢:65歳以下)
死亡・高度障害と診断された場合
オプション
(特約)の団信
安心保障付団信(加入時年齢:65歳以下)
11万円
要介護3以上。または、所定の状態が180日超と診断された場合、ローン残高が0円
がん保障(借入時年齢:50歳未満)
金利+0.10%
死亡・高度障害、がんと診断された場合、ローン残高が0円
閉じる
オンライン契約で、印紙代が0円
実質金利(手数料込)
0.479%
表面金利
0.349%
手数料(税込)
借入額×2.2%
保証料
0円
おすすめポイント

①低金利の上、がん50%団信無料
②金利+0.1%で、がん100%団信も付帯OK

口コミ・団信・審査基準などを表示

特徴・評判

諸費用

審査基準

団体信用
生命保険

  • 割引サービスなどを併用しなくても、変動金利は業界最低水準
  • 審査結果によって金利が上がることがない、安心の一律金利
  • がん100%保障団信が、わずか0.1%の上乗せで加入できる

プロの評判・口コミ

淡河範明さん
住宅ローンアドバイザー
淡河範明さん

PayPay銀行の住宅ローンは、ネット銀行ならではの低金利が特徴です。がん50%団信も付帯するようになり、auじぶん銀行などと人気を分けています。

 

ネット銀行ならではの、お申込みから契約までネットでお手続きを完結できる点も魅力的です。


ただし、審査は厳しめです。個人事業主は対象外で、家族が経営する会社に勤務している場合も原則利用不可など厳しい基準があります。親族間売買や店舗併用の事業物件、借地物件なども融資対象外です。
 

条件のいい借り手に絞ることで低金利を実現しているものと思われます。当初の計画では、徐々に融資対象を拡大していくとしていましたが、今後どうするのか注目しています。

関連記事 PayPay銀行の金利推移、審査基準、注意点は?
手数料(税込)
借入金額×2.20%
保証料
0円
繰上返済手数料(一部)
ホームページでの手続き:無料
電話での手続き:5,500円(税込)
繰上返済手数料(全額)
手数料:33,000円(消費税含む)
PayPay銀行住宅ローンセンターに電話で申し込み
借入額
500万円以上2億円以下
借入期間
1年以上35年以内(1ヶ月単位)
融資を受けられるエリア
全国
使い道
本人が住む住宅に関する以下の資金
・戸建またはマンションの購入(中古物件を含む)
・戸建の新築・現在借入中の住宅ローンの借り換え
・上記に伴う諸費用
年収
(給与所得者)
200万円以上
勤続年数
(給与所得者)
年収
(個人事業主等)
原則、利用不可
事業年数
(個人事業主等)
年齢
(借入時)
65歳未満
年齢
(完済時)
80歳未満
その他条件
無料の団信
一般団信(借入時年齢:65歳未満)
+一般団信プラス(借入時年齢:51歳未満)
+がん50%保障団信(借入時年齢:51歳未満)
一般団信プラス(死亡・高度障害と診断された場合、ローン残高が0円。がんと診断された場合、100万円の給付金。または、がん先進医療を受けた場合は、通算1000万円まで給付金)
がん50%保障団信(死亡・高度障害と診断された場合、ローン残高が0円。また、がんと診断された場合、ローン残高が半分)
オプション
(特約)の団信
がん100%保障団信(借入時年齢:51歳未満)
金利+0.10%
死亡・高度障害、がんと診断された場合、ローン残高が0円。または、がんと診断された場合、100万円の給付金。上皮内がん・皮膚がんと診断された場合、50万円の給付金
11疾病保障団信(借入時年齢:51歳未満)
金利+0.30%
死亡・高度障害、がんと診断された場合。10種類の生活習慣病で入院が180日超の場合、ローン残高が0円。または、がんと診断された場合、100万円の給付金。上皮内がん・皮膚がんと診断された場合、50万円の給付金。病気やけがで入院が連続5日以上の場合、10万円の給付金
ワイド団信(借入時年齢:65歳未満)
金利+0.30%
死亡・高度障害と診断された場合、ローン残高が0円
閉じる
3大疾病の50%保障が無料付帯!
実質金利(手数料込)
0.505%
表面金利
0.375%
手数料(税込)
借入額×2.2%
保証料
0円
おすすめポイント

①店舗相談でも、低金利商品あり
②注文住宅で必要な「つなぎ融資」に対応!

※こちらの商品は住信SBIネット銀行の住宅ローンです。
口コミ・団信・審査基準などを表示

特徴・評判

諸費用

審査基準

団体信用
生命保険

  • SBIマネープラザは、証券、保険、住宅ローンなどを取り扱う、SBIグループのマネー相談プラザ
  • 全国9支店において対面で相談できるので、初心者でも安心
  • 変動金利が低い「住宅ローン」(住信SBIネット銀行の商品)と、全期間固定金利が低い「フラット35」を取り扱っており、2種類の住宅ローンを比較して申し込める

プロの評判・口コミ

淡河範明さん
住宅ローンアドバイザー
淡河範明さん

SBIグループの企業ですが、同じグループの住信SBIネット銀行には提供していない「つなぎ融資」を利用できることです。

 

店舗販売専用の商品で、店舗で相談しながら手続き出来ます。ただし、住宅ローン相談窓口は全国に9店舗しかないため、居住地域によっては利用が困難です。

 

審査は住信SBIネット銀行と同じだと思っていいです。また、事務手続きに比較的時間がかかります。

関連記事 SBIマネープラザの金利推移、審査基準、注意点は?
手数料(税込)
■自社商品
融資額×2.20%
■フラット35
融資額×2.20%
保証料
■自社商品
0円
■フラット35
0円
繰上返済手数料(一部)
■自社商品
0円(1円以上1円単位)
■フラット35
0円(10万円以上)
繰上返済手数料(全額)
■自社商品
0円(固定金利特約期間中は3万3000円)
■フラット35
0円
借入額
■自社商品
500万円以上、2億円以下
■フラット35
100万円以上8,000万円以下
借入期間
■自社商品
1年以上35年以内
融資を受けられるエリア
■自社商品
日本国内全域。ただし、借地上・保留地・共有仮換地上の物件、離島にある物件については、取扱いできない
■フラット35
使い道
年収
(給与所得者)
■自社商品

■フラット35
総返済負担率が、
年収400万円未満は30%以下
年収400万円以上は35%以下
勤続年数
(給与所得者)
■自社商品

■フラット35
年収
(個人事業主等)
■自社商品

■フラット35
総返済負担率が、
年収400万円未満は30%以下
年収400万円以上は35%以下
事業年数
(個人事業主等)
■自社商品

■フラット35
年齢
(借入時)
■自社商品

■フラット35
70歳未満
年齢
(完済時)
■自社商品

■フラット35
80歳未満
その他条件
無料の団信
【40歳未満】
一般団信
+3大疾病50%保障
+就業不能保障
+全疾病保障
+先進医療特約

【40歳以上】
一般団信
+就業不能保障
+全疾病保障
+先進医療特約
一般団信(死亡・高度障害と診断された場合、ローン残高が0円)
3大疾病50%保障(がんと診断確定された場合、ローン残高が50%に。急性心筋梗塞、脳卒中で手術、または60日以上後遺症が継続するなどの状態でローン残高が50%に)
就業不能保障(就業不能状態なら毎月のローン返済を最大12カ月保障。8大疾病以外は24カ月保障、当初3カ月免責)
全疾病保障(8疾病で就業不能状態が12カ月超の場合。または、8疾病以外のすべてのけがや病気で就業不能状態が24カ月超の場合、ローン残高が0円 )
先進医療特約(通算1000万円まで)
オプション
(特約)の団信
3大疾病100%保障【40歳未満】
金利+年0.2%3大疾病50%保障【40歳以上】
金利+年0.25%3大疾病100%保障【40歳以上】
金利+年0.4%ワイド団信
金利+年0.3%
閉じる
※実質金利は、借入金額3000万円、借入期間35年、団信加入、元利均等返済、ボーナス払いなし、最優遇金利を適用として、実質金利を計算。変動金利は現在の水準が継続と仮定。実質金利の計算法はこちら。諸費用は、事務手数料等、保証料とする。保証料は、大手銀行の一般的な保証料率を記載しているので、銀行によっては違う保証料率となる。主要銀行・金融機関の主な商品を対象とし、ランキングに掲載するのは各銀行の商品の中で最も実質金利が低い商品のみとする。ホームローンドクター代表の淡河範明氏の監修で作成。変動金利ランキング完全版はこちら

住宅ローンおすすめ比較

 

 132銀行の住宅ローンを比較

>>返済額シミュレーションで、全銀行の金利を一気に比較・調査

※サイト内の金利はすべて年率で表示

TOP