じぶん銀行住宅ローンの公式サイト
住宅ローン借り換え比較[2020年]
【第1回】2020年3月1日公開(2020年5月27日更新)
淡河範明

淡河範明(おごう・のりあき)氏:日本興業銀行(現・みずほ銀行)出身で、過去10年で延べ5000件の住宅ローン相談実績を誇っています。2006年に設立したホームローンドクターにて、「住宅ローン借り換えクリニック」を運営しており、住宅ローンの借り換え・新規借入に、様々な相談に対応しています。

■人気記事はこちら■
【読み物】東京の年収700万円台世帯は住宅ローン破綻必至!?
【金利】変動金利は、何%まで上昇すると考えればいい?
【審査】ローンの延滞歴がある人でも住宅ローンは借りられる?​
【相談】淡河氏に相談できる「「住宅ローン借り換えクリニック」とは?[Sponsored Contents]

 住宅ローン人気コンテンツ 
 

◆住宅ローン実質金利ランキング[新規借入]
◆住宅ローン実質金利ランキング[借り換え]
住宅ローン返済額シミュレーション 借入可能額シミュレーション
【金利動向】 【住宅ローンの基礎】
>> 【最新版】金利動向
>> 【翌月の金利】を予想
>> 2020年の金利動向
>> 変動金利の上昇時期は?
>> 基本「8カ条」
>> 「審査」の基本
>> 「借り換え」の基本
>> フラット35はどの銀行がいい?
【注目の記事はこちら】 (クリックで該当する情報へ移動します)
【金利】18銀行の住宅ローン金利動向をプロが解説(毎月更新)
【金利】変動金利が上がる時期を大胆予測!引き上げは2023年?
【読み物】東京の年収700万円台世帯は破綻必至!貯金は月2万円弱!
【借り換え】多くの人は「高い変動金利」が適用! 300万円もうかる人も
【諸費用】手数料・引越し代なども借りられる銀行は?18銀行で比較
【審査】「審査基準」を18銀行で比較! 年収100万円、勤続6カ月で大丈夫?
<Sponsored Content>じぶん銀行は、「がん+全疾病」の団信が無料付帯!
»バックナンバー一覧
バックナンバー

住宅ローン借り換えで、総支払額を500万円削減する人続出! マイナス金利でかつてないチャンスが到来!住宅ローン借り換えの注意点(1)

日銀のマイナス金利の導入以降、住宅ローン前例のないほどの低金利となり、借り換えのチャンスが到来しています。借り換えで金利差が1%あれば、500万円のメリットが発生することもあり、ぜひ借り換えを検討するのがいいでしょう。この連載では、住宅ローンアドバイザーの淡河範明さんが、借り換えの成功術について解説します。

借りてから5年未満でも、借り換えチャンスあり!

 2016年2月16日にマイナス金利が導入されるまで、借り換えで100万円以上トクする人は、2014年当時の住宅ローン利用者数、下記の条件に当てはまれば、借り換えで100万円以上のメリットが生まれると言われていました。

  • ・ローン残高が1000万円以上の人
  • ・残りの返済期間が10年以上の人
  • ・借り換え前と後の金利差が1%以上の人

 上記の条件にあたはまるのは、住宅ローン利用者約900万人のうち、200万人ト言われ、その人たちに借り換えでメリットがあったのです。

 ところが、2016年2月16日に日本の金融史上初のマイナス金利が導入されたことで金利が大きく下がり、これまで借り換えを検討することがなかった、下記の条件を満たす人でも100万円以上、得する可能性が出てきました。

  • ・現在の金利が1%以下の人
  • ・借りてから5年未満の人
  • ・変動金利で借りている人

 借り換えで得する人が大幅に増えて、前述の900万人のうち、約7割の600万人以上の人が、借り換えを実行するだけでトータルコスト(総返済額+諸費用)を100万円以上減らせるようになったとみられます。

 マイナス金利が導入されたからといって、住宅ローンの金利が直接マイナスになるわけではありませんが、簡単にいえば、金利を下げてでもお金を貸さないと、銀行は損をするようになりました。そのため、住宅ローンの金利が大幅に下げられ、こんなにも多くの人が借り換えによって得するようになったのです。

 そして、この絶好の借り換えチャンスがそろそろ終わりを迎えるかと思いきや、2020年になってもマイナス金利は継続しています。借り換えに乗り遅れていた人にはまだまだチャンスが続いています。

【関連記事はこちら】住宅ローン支払いが苦しいなら、借り換え検討を!金利引き下げ、返済期間の延長で、借入額3000万円なら、月3.7万円減額の可能性も!

13年前に比べて大きく下がった金利
低金利の変動金利を選んだ人でさえチャンス

 住宅ローンを借りている人の多くは、「低金利と言っても、借り換えてメリットが出るほど金利が下がっていないでしょ」と考えるているようです。数年前でも、変動金利や固定期間選択型の金利はそれなりに安かったため、そう感じている方は多いでしょう。

 ただし、それはただの思い込みにすぎません。

 たとえば、みずほ銀行の、2007年7月の変動金利(最優遇金利適用後)は1.625%でした。当時は、35年固定金利が2.961%と高く、変動金利のほうが圧倒的に低金利だったため、金利上昇リスクにおびえながらも、総返済額を抑えるために変動金利を選択した人が多かったのです。

 ■13年前より、金利はこんなに下がっている!
  変動金利 10年固定 35年固定
13年前(2007年7月) 1.625% 2.350% 2.961%
現在(2020年3月) 0.525%
(1.100%下落)
0.650%
(1.700%下落)
0.990%
(1.971%下落)
 ※金利は、みずほ銀行のもの

 ところが、今は変動金利が0.525%(最優遇金利適用後)まで下がっているばかりか、35年固定金利が0.990%と、一昔前の変動金利よりも低い金利になっているのです。10年固定においては、変動金利より低い金利をつけている銀行・金融機関もあるほどです。

 マイナス金利の導入によって、低金利の変動金利を選んだ人でさえ、借り換えによって大きなメリットを得られるようになったのです。

 このチャンスを逃さない手はありません!

【関連記事はこちら】>> 住宅ローンの変動金利は、借り換えなければ、金利は下がらない! 多くの人は「高い変動金利」のままで、数百万円損している!

金利差1%なら、500万円のメリット発生も!
借り換えの手数料は数万〜100万円程度

 借り換えには、数万円~100万円程度の手数料がかかります。

 でも、そこだけを見て、借り換えでもたらされるメリットなんてたいしたことではないと、判断するのは早計です。

 残債3000万円、残りの返済期間が30年の場合、金利差1%で約500万円もの借り換えメリットが生じます。

 この場合、たとえ手数料を100万円払っても、400万円が戻ってくる計算になります。

 ■借り換え手数料と、金利下落メリットはどちらが重要?
(住宅ローン残高3000万年、残りの返済期間30年の、一般的なケースで試算)
借り換え手数料 +100万円
金利下落メリット(金利差1%) -500万円
合計(総支払額) -400万円

 100万円が惜しいからといって借り換えをしないのは、目の前に落ちている400万円を拾わないのと同じことです。

 でも、これが金利差0.1%なら、借り換えメリットは10分の1の50万円に減りますから、手数料の100万円を払ってまでやる必要はない、ということになります。

 つまり、手数料を支払ってまで借り換えするかどうかは、金利次第。最優先に検討すべきは金利であって、手数料ではないのです。こうした比較検討は、自分でしてもいいですし、住宅ローンの専門家に相談するのもいいでしょう。

【関連記事はこちら】>>「住宅ローン借り換えクリニック」なら、平均478万円も支払額を削減できる!

住宅ローンにまつわる手続きは劇的に簡素化!
「来店不要」の事前審査申し込みが当たり前

 借り換えのメリットが明らかになっても、面倒くさいからといって、手続きをしない人は少なからずいます。

 かつてマイホームを購入した際、「とにかく住宅ローンは手続きが面倒で大変!」と記憶している人が多いです。

 必要書類を揃えるために何度も役所に通ったり、膨大な書類に何度も同じ内容を記入したり、平日に会社を休んで銀行に足を運んだり……。

 過去の苦い経験から、借り換えたほうが得だとはわかっていても、忙しいからとついつい後回しにしてしまう、という気持ちもわかります。

 ところが、ここ数年で、インターネットバンキングによる「来店不要」の事前審査申し込みが当たり前となり、住宅ローンにまつわる手続きは劇的に簡単になっています。なかには、一度も店舗に出向かずに借り換えできてしまう銀行もあるほどです。

 事前審査に必要な書類はスキャンして送信すればすむため、仕事が終わって帰宅したあとでも手続きができます。

 借り換えを成功させるには、複数の金融機関に申し込み、比較検討する必要がありますが、これもインターネットバンキングだからこそ可能になります。

 また、書類記入の手間もずいぶんと簡略化されました。

 三菱UFJ銀行では、本人確認のため店舗に出向く必要はあるものの、名刺、免許証、健康保険証を提出すれば、これらの情報をスキャンしてデータ化し、書類記入の手間を大幅に省力化できるようになっています。自分でやることは、日付、住所、氏名の記入だけ。ひと昔前、書類の束と格闘したのがウソのようです。

 他のメガバンクも追随する動きがあるため、今後、常識になっていく可能性が高いでしょう。

 ただ一つ、マイナンバー制度が定着するまでは、印鑑証明や住民税課税証明書などの書類を取りに行く手間は、どうしても省けません。

 ただ、これは家族に代わりに行ってもらうこともできます。また、費用はかかりますが司法書士などに頼むこともできます。もちろん、私のような住宅ローンの専門家に依頼するのも選択肢の一つです。わずかな出費を惜しみ、数百万円、ときには1000万円超になる借り換えメリットを失うのは、あまりにもバカげています。

 「手続きが面倒」「忙しいから無理」というのは、もはや過去の話。書類さえ集めてしまえば、インターネットでサクッと手続きできる時代が到来しているのだと、どうか頭を切り替えてください。

 どうですか? 住宅ローンの常識はすっかり様変わりしているのです。常識をアップデートし、思い込みを捨てることができたあなたは、もう借り換え成功への第一歩を踏み出しているのです。

【住宅ローン借り換えの注意点 リンク集】

◆基本編◆
(1)借りてから5年未満でも、チャンスあり
(2)借り換えでマイナス金利のメリットを享受
◆シミュレーション編◆
(3)「固定金利」から「固定金利」に借り換え
(4)「固定金利」から「期間固定」に借り換え
(5) リフォームなら、借り換え時がチャンス
(6)「5年固定」から「30年固定」に借り換え
(7)「10年固定」から「10年固定」に借り換え
(8)「変動金利」から「10年固定」に借り換え
(9)「変動金利」から「全期間固定」に借り換え
(10)「リバースモーゲージ」に借り換え
(11)「ミックスローン」から「ミックスローン」に借り換え
(12)「元金均等」から「元利均等」に借り換え
◆実行編◆
(13)「条件変更」と「借り換え」どちらがいいのか?
(14)変動、固定…。金利タイプは何にする?
(15)変動金利と全期間固定の金利差は1%以下!
(16)借り換え時の3つのタブーとは?
(17)おとくな商品の見分け方
(18)借り換え手続きでの4つの疑問点
 
 ◆住宅ローン金利ランキング[借り換え] ⇒ 新規借入はこちら
住宅ローン返済額シミュレーション 借入可能額シミュレーション

 

【金利動向】 【住宅ローンの基礎】
>> 【最新版】金利動向
>> 【翌月の金利】を予想
>> 2020年の金利動向
>> 変動金利の上昇時期は?
>> 基本「8カ条」
>> 「審査」の基本
>> 「借り換え」の基本
>> フラット35はどの銀行がいい?

【注目の記事はこちら】(クリックで該当する情報へ移動します)
【金利】18銀行の住宅ローン金利動向をプロが解説(毎月更新)
金利】変動金利が上がる時期を大胆予測! 2023年?
【読み物】東京の年収700万円台世帯は破綻必至!貯金は月2万円弱!
借換】多くの人は「高い変動金利」が適用!300万円もうかる人も
【諸費用】手数料・引越し代なども借りられる銀行は?18銀行で比較
【審査】「審査基準」を18銀行で比較!年収100万円、勤続6カ月で大丈夫?
 <Sponsored Content>じぶん銀行は、「がん+全疾病」の団信が無料付帯!

【2020年5月最新版】競争が激しく、過去最低水準の低金利!
◆「変動金利」住宅ローン金利ランキング(借り換え)
※借入金額2500万円、借り入れ期間30年(詳細な条件は表組の下に記載)
順位 銀行名 <商品名>
実質金利
(費用等含む)
表面金利
(費用等除く)
保証料
(税込)
事務手数料
(税込)
1
◆ジャパンネット銀行 <住宅ローン 全期間引下げプラン(自営業、市街化調整区域は不可)>
0.550%
0.399%
0円
借入額×2.2%
【ジャパンネット銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
ネット銀行のジャパンネット銀行は2019年7月末に住宅ローンの貸し出しをスタート。最大の特徴は、業界最低水準という低い金利で、特に「変動金利」「10年固定金利」に強みがある。オプションの団体信用生命保険も豊富に取りそろえる。
2
◆auじぶん銀行 <住宅ローン 全期間引下げプラン(借り換え)>
0.562%
全疾病+がん50%
0.410%
0円
借入額×2.2%
【auじぶん銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
三菱UFJ銀行とKDDIが共同で立ち上げたネット銀行。変動金利の競争力が高く、業界トップクラスの低金利となっている。がんと診断されると住宅ローン残高が半分になる「がん50%保障団信」が無料付帯。
【関連記事】auじぶん銀行の住宅ローンの金利、手数料、ポイント、注意点は?
公式サイトはこちら
2
◆SBIマネープラザ <ミスター住宅ローンREAL・通期引下げプラン(借り換え)>
0.562%
全疾病保障付き
0.410%
0円
借入額×2.2%
【SBIマネープラザの住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
SBIマネープラザは、証券、保険、住宅ローンなどを取り扱う、SBIグループのマネー相談プラザ。支店において対面で相談できるので、初心者でも安心だ。変動金利が低い「ミスター住宅ローンREAL」(住信SBIネット銀行の商品)と、全期間固定金利が低い「ARUHIのフラット35」を取り扱っているので、2種類の住宅ローンを比較して申し込みできる。
【関連記事】SBIマネープラザの住宅ローンの金利、手数料、ポイント、注意点は?
公式サイトはこちら
4
◆住信SBIネット銀行 <住宅ローン 通期引下げプラン(借り換え、ネット専用)>
0.580%
全疾病保障付き
0.428%
0円
借入額×2.2%
【住信SBIネット銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
三井住友信託銀行とSBIホールディングスが設立したネット銀行で、表面金利の低さではトップクラス。借り換えを重視しており、変動金利(通気引き下げプラン)は、新規借入よりも金利を低く設定している。また、通常の団信に加えて、全疾病保障(8疾病+病気・ケガ)を無料で付帯しているので、魅力的だ。女性には、がんと診断されると30万円が支給される保障も無料で付けている。審査結果によっては、表面金利に年0.1%を上乗せする。
【関連記事】住信SBIネット銀行の住宅ローンの金利、手数料、ポイント、注意点は?
公式サイトはこちら
※実質金利は、借入金額2500万円、借り入れ期間30年、団信加入、元利均等返済、ボーナス払いなし、最優遇金利を適用として、実質金利を計算。固定期間終了後は変動金利を選択(現在の水準が継続と仮定)。実質金利の計算法はこちら。諸費用は、事務手数料等、保証料とする。保証料は、大手銀行の一般的な保証料率を記載しているので、銀行によっては違う保証料率となる。主要18銀行・金融機関の主な商品を対象とし、ランキングに掲載するのは各銀行の商品の中で最も実質金利が低い商品のみとする。ホームローンドクター代表の淡河範明氏の協力で作成。

住宅ローンおすすめ比較

【auじぶん銀行の住宅ローン】
がんと診断されるとローン残高が半分!
トップクラスの低金利も魅力⇒
関連記事はこちら

「8疾病+ケガ・病気」まで無料保障する
住信SBIネット銀行⇒関連記事はこちら

住信SBIネット銀行 ネット銀行住宅ローンはこちら!

 

新生銀行は来店不要 アプリもある三井住友銀行 フラット35はアルヒがお得
新生銀行 ネット銀行住宅ローンはこちら!
三井住友銀行住宅ローンはこちら!
アルヒの詳細はこちら(公式サイトへ)
団信保険料・保証料が0円。トータルでおトク⇒関連記事はコチラ ネット銀行並みの低金利で、ウェブでも、スマホでも入力可能! 頭金を積むほど、金利が低くなる!関連記事はコチラ!
TOP