じぶん銀行住宅ローンの公式サイト
新築マンションランキング[2019年]
2019年8月27日公開(2019年8月27日更新)
櫻井幸雄
櫻井幸雄

櫻井幸雄(さくらい・ゆきお)氏:新築マンションに詳しい住宅ジャーナリスト。櫻井幸雄氏が新築マンションの最新の価格動向、人気物件について解説します。

»バックナンバー一覧
バックナンバー

長崎県の「新築マンション人気ランキング」
諫早、長崎、佐世保、大村など
注目エリアのおすすめ物件は?【2019年8月版】

長崎県で人気の高い新築マンションが分かる、「新築マンション人気ランキング(モデルルーム公開前・公開中)」を作成した。諫早、長崎、佐世保、大村といったエリアが人気だ。長年、全国のマンションを取材してきた住宅評論家の櫻井幸雄氏が、マンションデベロッパー33社に直接ヒアリングした生のデータなので、新築マンション選びの参考にしてほしい。

新幹線延伸計画で市街地のマンション価格は上昇
周辺エリアも注目度アップ

 長崎には、新幹線が延伸する計画があり、開通は2022年の予定だ。それに合わせ、長崎駅周辺約19.2ヘクタールでは、新しい街づくりが進んでいる。

 長崎市は、今、まさに生まれ変わろうとしている。

 その長崎市は、「日本三大夜景」のひとつと数える人がいるほど、夜景の美しさが有名。特に、稲佐山に上がって眺める夜景が最高だとされる。港を中心に建物が集まり、市街地を囲む丘陵地帯にも住宅やマンション、病院などが広がる。それらが織りなす光の景色が美しい。

 この夜景を重視すれば、港を見下ろす高台が最高の住宅地と思われがち。ところが、長崎に住む人たちの意識は異なる。高台よりも、かつて長崎奉行や日本で唯一外国との貿易が許された「出島(現在は埋め立てにより、内陸に所在)」のある市街地に憧れる人が多いのだ。理由は、長崎の坂が急勾配であるから。

 坂のある住宅地でも、車での上り下りができる場所はまだよい。が、長崎では勾配が急で、幅の狭い道も多いために「家の前まで、車で行くことができない」というケースが少なくない。

 一方で、長崎港周辺の平らな市街地は面積が狭い。長崎市全域の13%に過ぎず、そこに長崎市の人口の8割近くの人が住む、という特殊な状況が生まれている。

 新幹線開通を間近にした現在、長崎の市街地では新築マンション価格が上昇。憧れる人が多いものの、それを購入できる人は限られる。その状況から、長崎市を囲む周辺エリアの注目度が上がっている。長崎県では、新幹線効果によって、住宅エリアが周辺に広がりをみせている。

長崎県の新築マンション人気ランキングを掲載

 「新築マンション人気ランキング」は、「モデルルーム公開前」「モデルルーム公開中」の新築マンションについて、「パンフレットなどの資料請求」と、「販売センターでのモデルルーム見学や商談」が、総戸数に比べてどのくらい多いかを「人気倍率」として計算し、ランキングにしたものなので、参考にしよう。

【2019年8月】[長崎県]
人気倍率で比較!
新築マンション人気ランキング
※主要売主33社の人気上位物件をランキングしているため、対象物件数の少ないエリアは、1位のみなど掲載物件数の少ない場合があります。人気倍率の計算方法はこちら
【モデルルーム公開前】の人気新築マンション
1位

人気
倍率
7.1倍
◆ライオンズ諫早ステーションスクエア(モデルルーム公開前)
価格 未定 完成時期 2021年3月17日(予定)
交通 長崎本線「諫早」駅下車徒歩2分 他 所在地 長崎県諫早市永昌東町21-1他
間取り 1LDK,3LDK,4LDK 専有面積 63.31~86.55㎡
総戸数 105戸 資料請求 749件
売主 株式会社大京 施工会社 穴吹工務店・吉次工業共同企業体
ライオンズ諫早ステーションスクエア詳細はこちら
※データは2019年7月20日時点。最新情報は公式サイトをご確認ください。
TOP