大田区の「新築マンション人気ランキング」
久が原、山王、石川台、馬込、蒲田など、注目エリアのおすすめ物件は?

2022年3月4日公開(2022年7月5日更新)
櫻井幸雄

東京・大田区で、人気の高い新築マンションが分かる、「新築マンション人気ランキング(モデルルーム公開前・公開中)」を作成した。大田区は落ち着いた住宅街が多く、久が原や山王といった高級住宅地もある。人気はあるが物件は少なく、稀に出る新築はすぐに売り切れてしまうエリアだ。これは、住宅評論家の櫻井幸雄氏が、ディベロッパー33社を調査して作ったランキングだ。マンション選びの参考にしよう。

割安でも物件が少ない大田区
まれに出る新築マンションは高倍率で売り切れる

 大田区は、現在、極めて新規物件が少ない。田園調布をはじめ、久が原や山王といった高級住宅エリアがある場所なのだが、今は「落ち着いた邸宅街」の注目度が低い。それで、不動産会社がマンション開発を控えているのか。もしくは、マンション用地の売り物がでないのか。いずれにせよ、新築物件が少なく、希に出る新築マンションは高倍率で売り切れてしまうケースが目立つ

 大田区には、「再開発」や「タワーマンション」のイメージはない。その分、落ち着いた住宅地の印象が強い場所で、元々の東京都民は、そのような場所を好む。低層で小規模のマンションも東京都民の好みだ。人気は落ちていないのだが、なんにせよ新築分譲マンションが少ない。

大田区の新築マンション人気ランキングをすべて掲載

 「新築マンション人気ランキング」は、「モデルルーム公開前」「モデルルーム公開中」の新築マンションについて、「パンフレットなどの資料請求」と、「販売センターでのモデルルーム見学や商談」が、総戸数に比べてどのくらい多いかを「人気倍率」として計算し、ランキングにしたものだ(大田区のエリア概況はこちら) 。

大田区の新築マンション人気ランキング

※主要売主33社の人気上位物件をランキングしているため、対象物件数の少ないエリアは、
1位のみなど掲載物件数の少ない場合があります。人気倍率の計算方法はこちら

販売中の人気新築マンション

1ザ・パークハウス 東雪谷フロント

人気倍率
5.7
価格
3,398万円~9,198万円
完成時期
2021年7月竣工済
  • 東京都大田区東雪谷2丁目151番2(地番)
  • 東急池上線「石川台」駅徒歩4分
間取り
1K~3LDK
専有面積
29.92〜76.58㎡
総戸数
51戸
来場者数
245人
売主
三菱地所レジデンス
施工会社
森本組

2ジオ馬込

人気倍率
1.9
価格
4,190万円〜6,280万円
完成時期
2021年12月(竣工済)
  • 東京都大田区南馬込2丁目905番1(地番)
  • 都営浅草線「馬込」駅徒歩11分他
間取り
1LDK・2LDK
専有面積
37.08〜56.92㎡
総戸数
46戸
来場者数
65人
売主
阪急阪神不動産
施工会社
新日本建設株式会社

※データは2022年1月10日時点。最新情報は公式サイトをご確認ください。

おすすめ新築マンション

東京都大田区のおすすめ新築マンション

プレシスヴィアラ鵜の木
プレシスヴィアラ鵜の木価格2,800万円台~5,100万円台(予定)
完成時期2023年8月
交通東急多摩川線「鵜の木」駅 徒歩4分
所在地東京都大田区鵜の木2丁目310番3(地番)
間取り1LDK~2LDK
専有面積30.39㎡~47.93㎡
物件の特徴総戸数34戸
    施工株式会社明幸
    売主一建設株式会社
    プレシスヴィアラ鵜の木詳細はこちら
    グラサージュTOKYO CENTER PORT
    グラサージュTOKYO CENTER PORT価格2,990万円
    完成時期2022年2月
    交通京急空港線「天空橋」駅 徒歩8分、東京モノレール「天空橋」駅 徒歩9分、京急空港線「穴守稲荷」駅 徒歩10分
    所在地東京都大田区羽田6丁目15番9他(地番)
    間取り1LDK
    専有面積31.79㎡
    物件の特徴総戸数29戸
    • 「品川」駅12分、「浜松町」駅直通18分など都心にマルチアクセス可能。
    • 〔羽田大規模複合再開発による先進エリア〕×〔門前町の情緒が融合する閑静な住宅街〕
    • IoTにより、先進で安心のスマートライフを実現。スマートフォンで暮らしをより快適に。
    施工日成工事 株式会社
    売主株式会社ベルフラッツ
    グラサージュTOKYO CENTER PORT詳細はこちら
    GE大田区多摩川一丁目プロジェクト(仮称)
    GE大田区多摩川一丁目プロジェクト(仮称)価格未定
    完成時期2023年8月
    交通東急多摩川線「矢口渡」駅徒歩5分
    所在地東京都大田区多摩川一丁目
    間取り2K+C~1LDK+C
    専有面積32.17㎡~36.21㎡
    物件の特徴総戸数27戸
      施工未定
      売主株式会社グランイーグル
      GE大田区多摩川一丁目プロジェクト(仮称)詳細はこちら
      プラウド山王二丁目
      プラウド山王二丁目価格189,880,000円(1戸)
      完成時期2022年10月
      交通JR京浜東北線 「大森」駅 徒歩2分
      所在地東京都大田区山王二丁目2370番9(地番)
      間取り3LDK+WIC+N
      専有面積105.99㎡
      物件の特徴総戸数23戸
      • JR「大森」駅徒歩2分、八景天祖神社の杜に隣接する全23邸のプライベートレジデンス。
      • 駅徒歩2分、閑静な住宅街が広がる「山王二丁目」の高台に佇む、全23邸。
      • 物件エントリー受付中/〈予約制〉オンライン案内会 ご予約受付中
      施工
      売主野村不動産株式会社
      プラウド山王二丁目詳細はこちら

      総掲載物件数は約400万件!

      大田区の新築マンションを探す
      (ライフルホームズのサイトへ)

       

      【関連記事はこちら】>>東京都大田区で住むべき駅ランキング全26駅! 下丸子駅は中古マンション価格が大田区で唯一上昇、他の駅は苦戦

      ◆新築マンション人気ランキング

      大田区のエリア概況(人口、暮らし、治安)は?

      ◆大田区の基本データ(人口、暮らし)
      人口 73万2,618人 都内3位
      人口(2020年の推計) 72万8,773人 ※1
      人口(2030年の推計) 73万4,705人 ※1
      世帯数 39万4,754世帯 都内2位
      人口密度(人/㎢) 1万2,043人/㎢ 都内1位
      外国人人口 2万4,443人 都内7位
      子ども比率(未就学児童÷総人口) 5.3%
      平均所得 422万円 ※2 都内13位
      出所:大田区ホームページ、※1「大田区人口推計 平成27年国勢調査「人口等基本集計」等に基づく再計算 (地域別人口・産業関連人口推計) 平成30年6月>」、※2総務省「市町村税課税状況等の調

       大田区における人口は23区中3位、世帯数は2位になる。1km²当たりの人口密度は1位。外国人人口は2万4,443人で同区総人口の3.3%を占めている。また、人口に占める子どもの比率は5.3%となっている。

       大田区発表の「大田区人口推計 平成27年国勢調査「人口等基本集計」等に基づく再計算 (地域別人口・産業関連人口推計) <平成30年6月>」によると将来人口推計は、2020年に72万8,773人、2025年に73万4,879人でピークを迎え、2030年には73万4,705人となり減少に向かう。

       区民の一人当たり平均所得は23区中13位である。

      ◆大田区の治安
      犯罪件数 5,871件 都内19位
      犯罪発生率 8.0% 都内16位
      出所:警視庁「犯罪発生状況(平成29年)」の刑法犯認知件数、※犯罪発生率は、犯罪件数÷総人口×1000

       治安に関しては、警視庁が発表した2017年の23区中の犯罪件数(刑法犯認知件数)は19位で、犯罪発生率16位と都内ではやや低いほうである。

      大田区のマンション相場は?

       大田区のマンション相場はどれくらいなのか。大田区のマンションを築年数別でみると、平均価格(70m²換算)は以下のとおりとなっている。

      ◆大田区の中古マンション築年数別平均価格(70m²換算)
      1~3年以内
      3~5年以内
      5~10年以内 5,372万円
      10~15年以内 4,990万円
      15~20年以内 4,832万円
      20年以上 3,916万円
      ※出所:住宅情報サイト 「ライフルホームズ
      ーはデータなし。

       また、大田区と周辺の中古マンションの価格相場と比較すると、大田区(4,147万円)に対して、江東区(4,420万円)、品川区(5,278万円)、目黒区(6,162万円)、世田谷区(4,738万円)、渋谷区(7,347万円)、中野区(4,539万円)となっている。

      大田区の土地・地盤、交通は?

       大田区は東京都内の最南端に位置し、面積は60.83km²で23区中1番の広さ。区の地質は北西部の高台(武蔵野台地)と南東部の低地、さらに臨海部の埋め立て地に大きく区分できる。1947年、当時の大森区と蒲田区の両区が合併し大田区が誕生した。

       江戸時代は農漁村で、海岸部では海苔の養殖が盛んであり、また東海道の街道筋にあたっており交通路の要でもあった。大正時代には南部低地を中心に工場が進出し京浜工業地帯の一角となり、関東大震災の復興を機に、北部高台の住宅地化が進み現在に至っている。 標高が高いところは田園調布付近が約42.5m、低地部で約5m、海岸線や埋め立て地は約1mである。

       大田内の道路は、北から、海岸通り、環八通り、環七通りが横断し、西から、中原街道、第二京浜、池上通り、東邦医大通り、第一京浜、湾岸道路が縦貫している。鉄道路はJR京浜東北線、京急本線・京急空港線、東急多摩川線・東急池上線・東急大井町線・東急東横線・東急目黒線、都営浅草線が区内を網羅するように走っている。

      大田区内の主要地域(大森、調布、蒲田など)の特徴・主要施設・町名

      桜と池上本門寺 出典:PIXTA

      ●大森地域(馬込、大森本町、池上など)

       大田区の中央北部に位置し、JR京浜東北線を挟んで、西側が高台(武蔵野台地の東端)に、東側は低地、さらに東端は東京湾に突き出す数々の人工島からなっている。

       高台側は、明治以降著名な文人が居を構えた緑豊かな住宅地が多く、重要な文化財が収蔵されている「池上本門寺」など歴史、文化に触れる街並みが広がっている。

       また、第一種低層住居専用地域の指定を受けた低層住宅地となっている。低地側には先端技術を担う町工場の数々と住宅が混在している。高台から域内を通って内川が東京湾へ向かって流れている。

       ほぼ中央を環七通りが横断し、これに交差するように西側から、中原街道、第二京浜、池上通り、東邦医大通り、第一京浜、湾岸道路が縦貫している。鉄道路は、西側から、東急池上線(長原駅)、都営浅草線(馬込駅・西馬込駅)、JR横須賀線(停車駅なし)、JR京浜東北線(大森駅)、京急本線(大森海岸駅・平和島駅・大森町駅)が走っている。
       
       上池台は、東急池上線の長原駅・洗足池駅(東雪谷)周辺から商店街が続いているが、域内には大規模な商業施設はほとんどなく、大半が住宅地である。北馬込、東馬込、中馬込、西馬込、南馬込は、環七通り、第二京浜など幹線道路沿いにビル、高層建築物が見られるが、都営浅草線馬込駅(北馬込)・西馬込駅(西馬込)周辺に商店などが見られるほかは住宅地として利用されている。

       山王は東端がJR京浜東北線大森駅(大森北)西口にあたり、大森駅西口再開発計画が進む池上通りなど幹線道路沿いにビルや商店が並んでいる。東端はJR京浜東北線が接し、中央は地内のほとんどが住宅地である。西端の台地部は明治・大正時代に著名人が居を構えた別荘地でもあった。
       
       池上本門寺の門前町として栄えてきた池上は、東急池上線池上駅があり、駅前から商店街がいくつもつながり、町中にも下町の風情を今に伝える界隈が残っている。幹線道路沿いにビルやマンションが立つ大森北は、北西部の大森駅の駅前ロータリーが整備され、北は高層ビルが並び南は繁華街が広がるが、少し離れると住宅地が広がり、東部には京急本線(大森海岸駅・平和島駅)が通り、各駅周辺には商店が並ぶが、域内の大半は住宅地となっている。

       海苔問屋が多く旧東海道沿いに商店街が広がる大森本町は、幹線道路沿いには高層ビルが並んでいるが、通りを離れると住宅地となっている。京急本線大森町駅周辺に商店などが見られる大森西は、住宅地と工業用地が混在している。戦前まで森ヶ崎鉱泉や海水浴場があり、保養地としてにぎわっていた大森南も、現在は住宅地がほとんどである。
       
       平和島運河を埋め立てて造られた平和の森公園の園内には、テニスコート、アーチェリー場などのスポーツ施設が広がっている。内川の河口部分を埋め立てて作られたふるさと浜辺公園は、人工の海浜や干潟で、磯遊びや水遊びが楽しめる。

       人工島で、大半は工業用地である平和島は、豊富な幹線道路を利用して各企業の物流センター、トラックターミナル、倉庫、冷蔵倉庫などが多く集まっている。東京都中央卸売市場大田市場が置かれる東海は、東京湾岸の埋め立て地であり、工業用地や公園、公共施設、倉庫や物流センターなどが占めている。城南島・昭和島・京浜島は人工島であり、域内の大半は工業用地で、工業団地を形成している。

      ●調布地域(田園調布、久ヶ原、雪谷、石川町など)

       大田区の西部に位置し、武蔵野台地の東端の高台に当たる。域内の西端を多摩川が、東側を呑川が流れ、地域一帯は豊かな緑に恵まれた閑静な住宅街として知られる。

       田園調布は、大正時代に、実業家渋沢栄一が起業した田園都市株式会社が開発、分譲を行った地域と、これに合わせて周辺の地主が結成した土地区画整理組合が宅地造成した地域の二つからなり、日本の高級住宅街として名を馳せている。また、湧水や池、小川など自然に恵まれた環境を持ち、古墳や竪穴式住居などの史跡も数多く歴史を感じさせるエリアである。

       域内は中原街道が北東部で環七通りと、北西部で環八通りとそれぞれ交差している。鉄道路は北から、東急目黒線(大岡山駅)・東急大井町線(北千束駅・大岡山駅)・東急池上線(洗足池駅・石川台駅・雪が谷大塚駅・御嶽山駅・久が原駅・千鳥町駅)が走っている。
       
       域内に北千束駅(東急大井町線)、大岡山駅(東急目黒線・東急大井町線)と二つの鉄道駅を持つ北千束は、駅周辺は商店街でにぎわいを見せるが通りから離れると、閑静な住宅街が広がっている。

       南千束は域内の中央に住民の憩いの場となっている洗足池があり、その周辺は住宅地となっている。東急池上線石川台駅(東雪谷)がある石川町は、域内には東北部に東京工業大学や社宅団地やマンションがあり、その多くは閑静な住宅地となっている。

       東雪谷には東急池上線の洗足池駅と石川台駅が、南雪谷には東急池上線の雪が谷大塚駅があり、両域内ともに駅周辺は商店などでにぎわい、中原街道沿いにマンションが並ぶが、一戸建てが多い住宅地となっている
        
       田園調布・田園調布本町・田園調布南の大部分の地域が低層住居専用地域と風致地区に指定されており、田園調布には田園調布駅(東急東横線・東急目黒線)と多摩川駅(東急多摩川線)、田園調布本町には沼部駅(東急多摩川線)があり、駅前には大型の商業施設もなく、緑豊かで美しい街並みが広がる高級住宅街である。

       久が原は、濃緑に包まれた住環境で田園調布や山王と並ぶ高級住宅街として知られ、東急池上線久が原駅(南久が原)駅前から伸びる商店街には老舗の個人商店が多く、町中に入るとあちらこちらに下町の風情が残っている。
       
       北嶺町・東嶺町・西嶺町は域内を東急池上線が走っており、御嶽山駅(北嶺町)周辺は商店街でにぎわっているが、そのほとんどが住宅地となっている。仲池上はそのほとんどが住宅地となっており、域内の西部を流れる呑川に沿って工場や倉庫、低層階マンションなどが見られる。

       域内の西端を多摩川に接し中央を多摩堤通りと東急多摩川線(鵜の木駅)が並行して走る鵜の木は、町工場が点在した木造造りが残る住宅地で、駅前は複合商業施設「鵜の木ガーデン21」や鵜の木商店街でにぎわっている。域内を池上通りが東西に通る千鳥は、東急池上線千鳥町駅周辺や幹線道路沿いに商店やビルが目立つが、主に住宅地として利用される。

      ●蒲田地域(下丸子、矢口、仲六郷など)

       大田区の南西部に位置し、多摩川下流の三角州性低地にあたる。市街地となるJR京浜東北線の蒲田駅を中心に、商業地区が形成され多くの人でにぎわい、区役所などの官公庁舎や産業プラザなどが存在し、大田区の中心地域となっている。西端は多摩川に面し、緑豊かな自然が残される一方、事業所、工場、住宅地が混在している。域内中央を環八通りが横断、これに交差するように第一京浜、第二京浜が縦貫している。

       また、JR京浜東北線(蒲田駅)、東急池上線(蓮沼駅・蒲田駅)、東急多摩川線(下丸子駅・武蔵新田駅・矢口渡駅・蒲田駅)、京急本線(梅屋敷駅・蒲田駅・雑色駅・六郷土手駅)・京急空港線(蒲田駅)など鉄道路が張り巡らされている。
       
       JR京浜東北線・京急本線・東急池上線の蒲田駅が集結する蒲田は、駅前周辺にアロマスクエア、蒲田東急プラザなどのランドマークが見られ、幹線道路沿いにも商業ビルが並んでいるが、商業地を離れると教育機関や東邦大学医療センター大森病院などの医療機関も多く、また緑豊かな風景も広がっている。

       西蒲田は南部にJR京浜東北線・東急池上線・東急多摩川線の蒲田駅があり、駅周辺は各種商業施設が集いにぎわいを見せるが、他は住宅地となっている。東蒲田・蒲田本町・新蒲田は幹線道路沿いにビルの姿はあるが、域内のほとんどは住宅地である。南蒲田は京急本線の蒲田駅に近い域内西端は大田区産業プラザや学校、病院などがあるが、そこを離れると商店街を挟んだアパート、マンションなどが目立つ住宅地になっている。

       下丸子は域内北部の東急多摩川線下丸子駅周辺には商店街が、その他は住宅や町工場が並ぶが、南部の多摩川沿いには高層マンションや大型の商業施設、産業施設が広がっている。

       矢口・東矢口・多摩川には東急多摩川線の武蔵新田駅(矢口)、矢口渡駅(多摩川)、池上線蓮沼駅(東矢口)があり、それぞれ駅周辺に商店が集まり、域内の大半は住宅と町工場が混在している。

       仲六郷・西六郷・東六郷・南六郷は、域内に京急本線の雑色駅・六郷土手駅(ともに仲六郷)があり、住宅、町工場、商業地が混在しており、多摩川沿いにはマンションなども見られる。

      ●糀谷・羽田地域

       大田区の東南部に位置し、多摩川下流の三角州性低地と東京湾岸の海岸低地および埋め立て地からなっている。域内西側の住宅と町工場が混在する糀谷エリアは近年の主要駅および幹線沿いでの再開発によりマンションやビルが目立つようになっている。

       羽田エリアはかつて漁業が盛んであったが、東端の羽田空港の開設により準工業地帯へと姿を変え、さらに近年は工場の撤退によりその跡地に高層住宅が急増している。域内の北端を新呑川、南端を多摩川、低地部と羽田空港の埋め立て地の間を海老取川が流れている。低地部の中央で産業道路と環八通りが交差しており、埋め立て地を湾岸道路が縦貫している。

       鉄道路は京急空港線(糀谷駅・大鳥居駅・穴守稲荷駅・天空橋駅・羽田空港国際線ターミナル駅 - 羽田空港国内線ターミナル駅)が横断し、羽田空港内を東京モノレールが走っている。

       西糀谷(こうじや)には京急空港線の糀谷駅・大鳥居駅があり駅前は商店街でにぎわい、 域内は住宅、町工場が密集し、駅周辺の改良工事に伴い高層マンションやビルが増えている。北糀谷・東糀谷は、低層住宅が目立つ住宅地と工場が混在している。萩中公園が大きな面積を占める萩中は、数多くの商店街が存在し町工場と住宅地が混在している。

       本羽田・羽田・羽田旭町は京急空港線の穴守稲荷駅(羽田)があり、駅周辺は商業地で、幹線道路沿いにビルやマンションが見られるほかは、主に住宅と工場が混在しているが、近年集合住宅の建設が急増している。町として人口0人の羽田空港は、西側に格納庫が並び、東側に東京国際空港(通称:羽田空港)が多くの敷地を占めている。

      • RSS最新記事

      注目記事>>新築マンションで気になる「音」のトラブル! 壁や床の遮音性は、厚さと工法を確認
      注目記事>>最新の新築マンション最新市況は? 価格動向、人気物件を解説
      注目記事>>新築マンションを値引きする会社はどこ?デベロッパーごとに解説

      【注目の大規模物件】 【新築マンションの基礎】
      パークタワー勝どきミッド/サウス
      シティテラス新小岩
      名古屋ザ・タワー
      レ・ジェイドつくば Station Front
      パークホームズ千葉
      Brillia Tower 聖蹟桜ヶ丘
      最新の市況は?
      首都圏の新築・中古マンション市況?
      値引きをする会社はどこ?
      壁や床の工法の違い
      管理のチェックポイント
      住み心地を決める「階高」
      ◆新築マンション人気ランキング
      住宅ローン返済額シミュレーション 借入可能額シミュレーション
      TOP