副都心線で住むべき駅ランキング!
明治神宮前駅は中古マンション価格が22%上昇!路線全体では人気は下落傾向か【完全版】

2020年12月24日公開(2020年12月18日更新)
ダイヤモンド不動産研究所

副都心線に住むなら、マンションを買うべき駅はどこ? こんな疑問に答えるために、中古マンションの騰落率と総合利回りのランキング【完全版】を作成した。マンション価格の値上がり・値下がり、賃料を含めた総合利回りなどで、魅力ある駅を探り出してみたので、マンション購入時の参考にしよう。(データ提供:マンション情報サイト「マンションレビュー」

都内最後の地下鉄「副都心線」は
利便性を追求した路線

副都心線
副都心線の車両(出典:PIXTA)

 副都心線は、東京メトロが運行する、小竹向原駅(東京都練馬区)から渋谷駅(東京都渋谷区)までの11駅、11.9kmを結ぶ鉄道路線である。小竹向原駅から和光市駅については、有楽町線の線路を使用しているため、副都心線単体での運行は小竹向原駅までだが、和光市駅~小竹向原駅間も含めて「副都心線」と呼ぶことが多い。

 副都心線は1972年から計画されていたが、全線開通したのは2008年のことである。東京メトロのなかでは最も新しい路線であり、今後も新路線の開業予定はないことから、都内最後の地下鉄とも呼ばれる。

 11.9Kmと非常に短い路線だが、東武線、西武線、東京メトロ、東急東横線・みなとみらい線および横浜高速鉄道の5路線間で相互直通運転されている。そのため、相互直通運転の分も含めると、埼玉県西部方面から神奈川県横浜市まですべてを含めた場合、150.4kmにも及ぶ長大な路線になる。副都心線が開通したことで、横浜から都内を通って埼玉までの移動が乗り換えなしで可能となり、双方向でのアクセスが格段に向上した。

 また、「渋谷駅」「池袋駅」と、新宿駅近辺にできた「新宿三丁目駅」によって、三大副都心が一本で繋がったことによる影響も非常に大きい。これまで、この3駅間の移動には、おもにJR山手線や埼京線が担っていたが、副都心線ができたことで混雑緩和に寄与している。

上昇率が高いのは、都心部にある駅のみ

 まずは、副都心線における中古マンション価格の騰落率ランキングを見てみよう。

 上昇率のランキングでは、明治神宮前駅が22%でトップとなった。池袋と北参道は10%の上昇。トップ5にランクインしている東新宿は、1%の上昇となった。

副都心線の駅別「中古マンション騰落率ベスト5」
順位 駅名 副都心線以外の路線名 騰落率
(10年前比)
中古価格
(70㎡)
ライフルホームズで
新築・中古を見る
1 明治神宮前 JR山手線/東京メトロ千代田線 22% 1億601万円
2 池袋 JR山手線/東武東上線/西武池袋線/他 10% 6,694万円
3 北参道 10% 7,114万円
4 要町 東京メトロ有楽町線 4% 5,759万円
5 東新宿 都営大江戸線 1% 6,985万円

※「騰落率」は、2008年、2009年、2010年築のマンションについて、新築時分譲価格に対して、直近の中古マンション売り出し価格の騰落率を計算したもの(小数点第1位以下は四捨五入)。駅から徒歩15分以内の物件が対象で、ネット上の公開情報を元にマンション情報サイト「マンションレビュー」が調査した。「ー」は対象データなし。データは2019年9月時点。

北参道駅周辺の中古マンションは、10%の上昇!

北参道駅付近にある明治神宮(画像:PIXTA)
北参道駅付近にある明治神宮(画像:PIXTA)

 後述する、総合利回りランキングでは1位となっているのが「北参道駅」だ。住所は東京都渋谷区で、渋谷駅まで約4分、池袋駅まで約13分の上、JR代々木駅にも徒歩でアクセスできるという恵まれた立地である。

 北参道駅の西側には明治神宮が、北側には新宿御苑、東側には明治神宮外苑が広がっており、都心としては珍しく閑静で自然の多い地域でもある。「北参道駅」という名称は、明治神宮の北参道に由来している。

 言うまでもなくこの一帯は高級住宅地であり、静かで治安の良い地域でもある。スーパーマーケットなどの生活用品や食料品を扱う店こそ少ないが、コンビニなどは点在している。加えて、JR代々木駅周辺には多くの商業施設があり、生活利便性は低くない。

 北参道駅周辺のフラッグシップマンションとしては、
・シティハウス神宮北参道(70㎡換算で1億1,540万円、北参道駅徒歩3分)
・ジェントルエア神宮前(70㎡換算で1億312万円、北参道駅徒歩6分)
・ヴィークコート原宿Hills(70㎡換算で9,020万円、北参道駅徒歩5分)
 などが挙げられる。

【関連記事はこちら】>>渋谷区の「新築マンション人気ランキング」注目エリアのおすすめ物件は?​

副都心線の駅別騰落率一覧は?

 以下が副都心線の中古マンション騰落率の一覧だ。和光市駅から渋谷駅まで順番に並べている。

副都心線の駅別「中古マンション騰落率一覧」
駅番号 駅名 副都心線以外の路線名 騰落率
(10年前比)
中古価格
(70㎡)
ライフルホームズで
新築・中古を見る
01 和光市 東武東上線/東京メトロ有楽町線 -4% 3,907万円
02 地下鉄成増 東京メトロ有楽町線 0% 4,979万円
03 地下鉄赤塚 東京メトロ有楽町線 -10% 4,476万円
04 平和台 東京メトロ有楽町線 -11% 4,870万円
05 氷川台 東京メトロ有楽町線 -9% 4,806万円
06 小竹向原 西武有楽町線/東京メトロ有楽町線 -13% 5,033万円
07 千川 東京メトロ有楽町線 -2% 5,177万円
08 要町 東京メトロ有楽町線 4% 5,759万円
09 池袋 JR山手線/東武東上線/西武池袋線/他 10% 6,694万円
10 雑司が谷 都電荒川線 -12% 6,235万円
11 西早稲田 -4% 6,314万円
12 東新宿 都営大江戸線 1% 6,985万円
13 新宿三丁目 東京メトロ丸ノ内線/都営新宿線 -2% 7,344万円
14 北参道 10% 7,114万円
15 明治神宮前 JR山手線/東京メトロ千代田線 22% 1億601万円
16 渋谷 JR山手線/東急東横線/京王井の頭線/他 -1% 1億361万円

13%の下落となった小竹向原駅

副都心線
東京メトロ副都心線小竹向原駅周辺の様子(出典:PIXTA)

 副都心線沿線の中古マンション価格は、一部を除いておおむね下落傾向にある。なかでも、小竹向原駅周辺の物件は、13%の下落となった。

 小竹向原駅は、東京都練馬区と板橋区にまたがって位置している。副都心線のほか、東京メトロ有楽町線、西武有楽町線とも乗り入れしている駅でありアクセスは良好だ。にもかかわらず、都心から遠い和光市駅や地下鉄成増駅よりも、中古マンション価格の値下がり幅が大きい。

 というのも、都心に近いがゆえに、マンションの相場は都心とほとんど変わらない。さらに、飲食店などが少なく生活利便性が低い地域である。そのため、購入意欲をかき立てられないということが理由だろう。

総合利回りでは北参道駅がトップ、注目は要町駅

 次に、副都心線の各駅における、中古マンションの総合利回りランキングを見ていこう。

 総合利回りは、10年間での騰落率だけでなく、現在の賃料利回りも加味している指標で、投資利回りでもある。総合利回りが高いということは、自分で住む人だけでなく、投資家も注目する根強い人気がある駅ということになり、資産価値が高く、値崩れしにくい傾向があるとみていいだろう。

 総合利回りランキングの上位に入った駅は、騰落率ランキングと顔ぶれは変わらない。副都心線沿線においては、特定の駅に人気が偏っているといえるだろう。

副都心線の駅別「中古マンション総合利回りベスト5」
順位 駅名

騰落率
(10年前比)

賃料利回り 総合利回り
(年率)
中古価格
(70㎡)
ライフルホームズで
新築・中古を見る
1 北参道 10% 5.2% 7.4% 7,114万円
2 明治神宮前 22% 3.7% 7.1% 1億601万円
3 要町 4% 5.0% 6.3% 5,759万円
4 池袋 10% 4.3% 6.3% 6,694万円
5 東新宿 1% 4.9% 5.7% 6,985万円

※「賃料利回り」は、同じ広さのマンションを借りた場合の利回りを試算。「総合利回り」は、約10年前に購入し、現在の相場で売却し、さらにその間の周辺家賃相場の収入があったとして、実質利回り(年利、投資利回り)を試算したもの(小数点第2位以下は四捨五入)。駅から徒歩15分以内の物件が対象で、ネット上の公開情報を元にマンション情報サイト「マンションレビュー」が調査した。データは2019年9月時点。

注目したいのが要町駅、総合利回りも相場も安定

副都心線
要町駅近くの立教大学キャンパス(出典:PIXTA)

 要町駅は東京都豊島区に位置しており、東京メトロ有楽町線と副都心線が乗り入れている。池袋まで約3分、徒歩でも約12分でアクセスできる便利さは魅力的だ。1日の平均乗降人員数は、2019年度で41,969人と、緩やかな増加傾向にある(参照:東京メトロ「各駅の乗降人員ランキング」2019年度

 池袋でも治安が良くないとされる地域とは区画が一つ離れており、比較的閑静な住宅地域となっている。近くには立教大学のキャンパスもある。駅周辺にスーパーやコンビニ、商店街などもあり、生活利便性が高いことが人気を押し上げている。

 要町駅のフラッグシップマンションとしては、
・ダイレクトタワー池袋要町(70㎡換算で9,613万円、要町駅徒歩1分)
・プレミスト西池袋(70㎡換算で7,199万円、要町駅徒歩3分)
・シティタワー池袋ウエストゲート(70㎡換算で6,924万円、要町駅徒歩6分)
 などが挙げられる。

副都心線の駅別総合利回り一覧は?

 また、以下が副都心線の中古マンション総合利回りの一覧だ。和光市駅から渋谷駅まで順番に並べている。

副都心線の駅別「中古マンション総合利回り一覧」
駅番号 駅名 騰落率
(10年前比)
賃料利回り 総合利回り
(年率)
中古価格
(70㎡)
ライフルホームズで
新築・中古を見る
01 和光市 -4% 4.5% 4.6% 3,907万円
02 地下鉄成増 0% 4.1% 4.6% 4,979万円
03 地下鉄赤塚 -10% 4.6% 3.8% 4,476万円
04 平和台 -11% 4.3% 3.2% 4,870万円
05 氷川台 -9% 4.7% 4.0% 4,806万円
06 小竹向原 -13% 4.5% 3.1% 5,033万円
07 千川 -2% 4.8% 5.1% 5,177万円
08 要町 4% 5.0% 6.3% 5,759万円
09 池袋 10% 4.3% 6.3% 6,694万円
10 雑司が谷 -12% 4.6% 3.4% 6,235万円
11 西早稲田 -4% 5.0% 5.2% 6,314万円
12 東新宿 1% 4.9% 5.7% 6,985万円
13 新宿三丁目 -2% 4.9% 5.3% 7,344万円
14 北参道 10% 5.2% 7.4% 7,114万円
15 明治神宮前 22% 3.7% 7.1% 1億601万円
16 渋谷 -1% 3.7% 4.0% 1億361万円

 気になる駅はあっただろうか。マンションを購入する際の参考にしてほしい。

【関連記事はこちら】>>豊島区の「新築マンション人気ランキング」注目エリアのおすすめ物件は?

総掲載物件数は約400万件!

副都心線の新築マンションを探す
(ライフルホームズのサイトへ)

 

  • RSS最新記事

注目記事>>新築マンションで気になる「音」のトラブル! 壁や床の遮音性は、厚さと工法を確認
注目記事>>最新の新築マンション最新市況は? 価格動向、人気物件を解説
注目記事>>新築マンションを値引きする会社はどこ?デベロッパーごとに解説

【注目の大規模物件】 【新築マンションの基礎】
パークタワー勝どきミッド/サウス
シティテラス新小岩
名古屋ザ・タワー
レ・ジェイドつくば Station Front
パークホームズ千葉
Brillia Tower 聖蹟桜ヶ丘
最新の市況は?
首都圏の新築・中古マンション市況?
値引きをする会社はどこ?
壁や床の工法の違い
管理のチェックポイント
住み心地を決める「階高」
◆新築マンション人気ランキング
住宅ローン返済額シミュレーション 借入可能額シミュレーション
TOP