じぶん銀行住宅ローンの公式サイト

「マンション標準管理委託契約書」で、マンション管理の基本を知ろう中古マンション購入前の注意点(4)

2021年10月29日公開(2022年3月30日更新)
高田七穂

マンション管理は、資産価値を左右する大きな要素です。ただ、自分たちのマンションが管理会社とどんな内容の契約を結んでいるのか、それは妥当な契約かを把握している所有者は少ないようです。そこで、ぜひ知っておいてほしいのが、国土交通省が作成した雛形である「マンション標準管理委託契約書」。自分のマンションの契約書と比較してみましょう。(不動産・住生活ライター・高田七穂)

マンションの管理は、「業務委託方式」が一般的

共有部などの清掃などは、通常管理会社に委託している
共有部などの清掃は、管理会社に委託しているマンションが多い(出典:PIXTA)

 マンションが分譲されると、区分所有者(購入者)により「管理組合」が構成されます。マンションの管理は、廊下やエントランスなどの共用部分の清掃、設備のメンテナンスなど管理全般を管理組合が管理会社に委託する「業務委託方式」が一般的です。

 管理組合と管理会社は、共用部の管理について業務範囲を定めた業務契約を締結します。そして、その内容は「マンション管理委託契約書」に従って行われます

 管理内容はそれぞれのマンションで異なります。このため、たとえば、隣のマンションでは管理員が毎日清掃に来ているのに、うちのマンションでは、週に3日しか来ないということがありますが、これは決して、手抜きをしているわけではありません。契約書の内容が異なる、ということです。

「マンション管理委託契約書」によって変わる管理内容

 新築マンション購入時には、管理規約、使用細則と一緒に「マンション管理委託契約書(案)」という冊子が渡されます。これは、マンションの管理会社が管理組合から委託を受けて実施する業務を示した契約書です。

 管理組合が設立総会を開催後、管理会社からの重要事項説明を受け、管理会社と正式に管理委託契約を結びます。基本的に管理会社は、契約書に示されている業務しか行いません。

 ただし、これは契約ですから、それぞれの項目で、お互いが納得してから締結します。ですから、管理内容がマンションごとに異なるのは当たり前と言えます。たとえば、管理員が週に何日、何時から何時までマンションに来て、どんな業務を行うかは、契約書に「管理員(管理人)業務」とある項目に内容が細かく記されています。

 中には管理員が清掃を行わないところもありますし、管理員の派遣がないマンションもあります。また、大規模マンションでは管理員が24時間常駐する場合もあります。ですから、週3日しか清掃のないマンションでは、「マンション管理委託契約書」で、「日常清掃は、週3回、指定業者が行う」と明記されているのです。

【関連記事はこちら】>>「管理組合」と「管理会社」の違いや役割を、マンション購入前に知っておこう!

「マンション標準管理委託契約書」とマンションの契約書を比較する

標準管理委託契約書
写真を拡大 「標準管理委託契約書」を確認しよう

 管理の内容を示した契約書は、国土交通省がモデルとして作成している「マンション標準管理委託契約書」に準拠していることが大半です。

「マンション標準管理委託契約書」の内容とマンションの「管理委託契約書」と照らし合わせてみましょう。大きな違いがないかどうか確認してみます。ただ、こうした標準的なモデル型をベースとしながらも、そのマンションにしかない設備などがあることから、独自の管理方法も明記されているはずです。

 そして、「マンション標準管理委託契約書」はすべての業務内容を明確に示しているわけではありません。

 たとえば、「理事会の開催、運営支援」として「管理組合の求めに応じた理事会や総会議事に係る助言」という項目があります。通常、理事会や総会の際には、管理会社の社員が立ち会うのが一般的です。その際、よくアドバイスをしてくれたり、多くの資料を準備してくれたりする担当者がいます。

 一方で、どんな担当者でも、そのようにかゆいところまで手が届くような対応をしてくれるとは限りません。「助言」の範囲があいまいだからです。管理組合にとっては「以前の担当者はここまでやってくれたのに」という不満がたまってしまうことがあります。

管理会社の対応に不満なら、管理会社の変更もあり!

 では、管理を委託する管理会社の対応に不満を持った場合、どうすればよいのでしょうか?

 まず、「管理委託契約書」をもう一度よく読んでみましょう。契約内容に沿っていても、管理会社の対応に問題があると感じたら、問題点を指摘して対応を待ちましょう。しばらくしても、対応が変わらないようであれば、まずは担当者の変更などで是正を求めます。しかし、何度指摘しても変化がない時は、管理会社を変更した方がよいこともあります。

 管理会社との契約をやめるには、契約期間の終了時に更新しないという方法があります。契約期間の終了とともに、新しい管理会社に委託先を変更することが可能です。

良い管理会社選びと適正な管理を

 管理内容を充実させれば、管理への満足度は高まる可能性が期待できます。しかし、例えば近隣のマンションと比較して同じような管理を期待し、「管理員のいる時間を増やす」といった変更をすると、毎月管理会社へ支払う委託費用は高くなってしまいます。最終的には、毎月支払う管理費を値上げせざるを得なくなる可能性があるのです。ですから、自分たちのマンションに合った管理というものを考えていくことが大切です。

 近年、「管理委託費が高い」「管理会社の業務が怠慢」などという理由から、居住後に管理会社を変更する事例が増加しています。一方で、管理人の人材確保ができないなどの人手不足や、あまりにも強いコストダウンの要求から、管理会社の側から「もう管理は受けられません」と契約を更新しない例もみられるようになっています。

 そうなると、次の引き受け手を見つけるのが大変で、結果的に支払う金額が増えたり、管理の質は以前と変わらない、あるいは悪くなってしまった、などというケースも出てきています。あまり安易にさまざまな要求をすることはおすすめできません。

 管理の主体はあくまでもマンション所有者ですから、管理会社を変更しさえすれば、よい管理が得られるというものではありません。お互いが、気持ちのよい依頼、仕事をして信頼関係を築いていくことがとても大切です。よいパートナーと納得のいく契約を結ぶことが重要になるでしょう。

  • RSS最新記事

中古マンションの購入なら
仲介手数料が最大無料になる不動産仲介会社がお得

 中古マンションの購入時には、さまざまな費用がかかる。中でも負担が大きのが「仲介手数料」だ。仲介手数料は最大で「物件価格×3%+6万円+消費税」となる。4000万円の物件なら最大で138万6000円も仲介手数料がかかる。

 不動産仲介会社の中には、この仲介手数料を割り引いたり無料にすると謳っている会社もある。しかし、こうした不動産会社の中には悪質な「両手取引」を行う会社もあるので注意が必要。不動産会社を選ぶ際には、仲介手数料を値引きしても両手取引を行わない会社を選ぶことが大切だ。

 以下で、中古マンションの仲介手数料が半額〜最大無料で、両手取引も行なっていない不動産仲介会社を2社紹介する。

中古マンション購入の「仲介手数料が最大無料」の不動産仲介会社
◆STARFOREST(スターフォレスト)
対応物件の種類 中古マンション、新築・中古一戸建て
仲介手数料 中古マンションは半額〜最大無料 STARFOREST(スターフォレスト)の公式サイトはこちら
運営会社 株式会社スターフォレスト
対応地域 東京・神奈川・千葉・埼玉
【ポイント】大手不動産ポータルサイトの掲載物件にも対応。価格交渉の経験豊富なスタッフが値下げ交渉に対応
STARFOREST(スターフォレスト)はこちら

中古マンションの売却に便利な
「不動産一括査定サイト」を比較! 

 今回紹介した、中古マンションのランキングは、集計を行った時点のものだ。当然、その後も売り出し価格の相場は変化し続けている点に留意してほしい。

 もし、自分が所有するマンションの「現在の売却価格の相場」を知りたい場合は、「不動産一括査定サイト」という無料サービスを利用する手がある。

 以下で主な「不動産一括査定サイト」をピックアップし、比較した。それぞれ特徴があるので、上手に活用してほしい。
【32社の比較はこちら】>>不動産一括査定サイト&査定業者32社で比較! おすすめの人やサービス内容などを徹底解説

売却価格を無料で査定できる「一括査定サイト」はこちら!

メールで簡易査定
電話番号は任意

◆SUUMO(スーモ)売却査定(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地
掲載する不動産会社数 約2000店舗 不動産一括査定サイト「SUUMO(スーモ)売却査定」の公式サイトはこちら
サービス開始 2009年
運営会社 株式会社リクルート住まいカンパニー(東証一部子会社)
紹介会社数 最大10社
【ポイント】 不動産サイトとして圧倒的な知名度を誇るSUUMO(スーモ)による、無料の一括査定サービス。主要大手不動産会社から、地元に強い不動産会社まで参加しており、査定額を比較できる。
SUUMO(スーモ)売却査定はこちら
◆HOME4U(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、ビル、アパート、店舗・事務所
掲載する不動産会社数 1500社 不動産一括査定サイト「HOME4U」の公式サイトはこちら
サービス開始 2001年
運営会社 NTTデータ・スマートソーシング(東証一部子会社)
紹介会社数 最大6社
【ポイント】 強みは、日本初の一括査定サービスであり、運営会社はNTTデータグループで安心感がある点提携会社数は競合サイトと比較するとトップではないが、厳選されている。
HOME4U無料査定はこちら
◆ズバット不動産売却(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、一棟マンション、一棟ビル
掲載する不動産会社数 厳選した不動産会社のみ 不動産一括査定サイト「ズバット不動産売却」の公式サイトはこちら
サービス開始 2020年
運営会社 ウェブクルー
紹介会社数 最大6社
【ポイント】 比較サイト運営歴20年以上の会社が運営しており、情報セキュリティマネジメントシステムの国際認証基準である「ISO27001」の認証を取得しているため信頼感がある。提携会社数は少ないが厳選されている。
ズバット不動産売却無料査定はこちら
◆イエウール(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、投資用物件、ビル、店舗、工場、倉庫、農地
掲載する不動産会社数 1600社以上 不動産一括査定サイト「イエウール」の公式サイトはこちら
サービス開始 2014年
運営会社 Speee
紹介会社数 最大6社
【ポイント】 強みは、掲載する会社数が多く、掲載企業の一覧も掲載しており、各社のアピールポイントなども見られる点。弱点は、サービスを開始してまだ日が浅い点。
イエウール無料査定はこちら
◆LIFULL HOME'S(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、倉庫・工場、投資用物件
掲載する不動産会社数 1789社(2019年12月)
サービス開始 2008年
運営会社 LIFULL(東証一部)
紹介会社数 最大6社
【ポイント】強みは、匿名査定も可能で安心であるほか、日本最大級の不動産ポータルサイト「LIFULL HOME'S」が運営している点。弱点は大手の不動産仲介会社が多くはないこと。
LIFULL HOME'S無料査定はこちら
◆マンションナビ(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション
掲載する不動産会社数 900社超、2500店舗 不動産一括査定サイト「マンションナビ」の公式サイトはこちら
サービス開始 2011年
運営会社 マンションリサーチ
紹介会社数 最大9社(売却・買取6社、賃貸3社)
【ポイント】 強みは、マンションに特化しており、マンション売却査定は6社まで、賃貸に出す場合の査定3社まで対応している点。弱点は、比較的サービス開始から日が浅く、取扱い物件がマンションしかない点。
マンションナビ無料査定はこちら
◆おうちダイレクト「プロフェッショナル売却」(不動産一括査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地、一棟マンション、一棟アパート、店舗、事務所
掲載する不動産会社数 9社 おうちダイレクトの一括査定依頼サービス「プロフェッショナル売却」の公式サイトはこちら
サービス開始 2015年
運営会社 ヤフー株式会社、SREホールディングス株式会社(ともに東証一部子会社)
紹介会社数 最大9社
【ポイント】ヤフーとソニーグループが共同運営する一括査定サイト。不動産会社に売却を依頼後も、ヤフーとおうちダイレクトのネットワークを使い、購入希望者への周知をサポートしてくれる。
おうちダイレクトの一括査定依頼サービス「プロフェッショナル売却」はこちら
一括査定サイトと合わせて利用したい査定サイトはこちら!
◆SRE不動産売却査定(不動産売却査定サイト)
対応物件の種類 マンション、戸建て、土地(建物付きを含む)、その他
対応可能エリア 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県など 不動産査定サイト「SRE不動産売却」の公式サイトはこちら
サービス開始 2014年
運営会社 SREホールディングス株式会社
【ポイント】両手仲介・囲い込みを行わない。不動産ポータルサイトと不動産ネットワークシステムを活用した集客により早期売却を目指す。ソニーグループが運営しており信頼性がある。
SRE不動産売却はこちら
【注目の記事はこちら】
【査定相場を知るのに便利な、一括査定サイト&業者"25社"を比較
【業者選び売却のプロが教える、「不動産会社の選び方・7カ条」
【査定不動産一括査定サイトのメリット・デメリットを紹介
【業界動向大手不動産会社は両手取引が蔓延!? 「両手比率」を試算!
【ノウハウ知っておきたい「物件情報を拡散させる方法」
TOP