じぶん銀行住宅ローンの公式サイト
新築マンション比較[2019年]
2018年11月14日公開(2019年5月30日更新)
櫻井 幸雄
櫻井 幸雄
»バックナンバー一覧
バックナンバー

【HARUMI FLAG(ハルミフラッグ)】
坪300万円もありうる、五輪選手村のリノベ物件
最多の85㎡が8000万円弱なら、お買い得!?

東京五輪の選手村を再開発するプロジェクト 「HARUMI FLAG(ハルミフラッグ)」が始動し、インターネットサイトにHPが開設された。マンション部分の販売は、来年2019年5月末から、とされているのだが、HPには早くもアクセスが殺到。多くの人が関心を示している。この「HARUMI FLAG」とは、どんなマンションなのか。そして、買いかどうか。今分かっている情報と私の予測を基に解説したい。

「HARUMI FLAG」はリノベ物件なので割安?

 「HARUMI FLAG(ハルミフラッグ)」とは、晴海に建設される東京五輪選手村を中心にした大規模開発プロジェクトの名称。東京五輪の最中は選手村として使われ、厳重なセキュリティで守られる。当然、部外者は立ち入り禁止だ。

 この選手村エリアは、五輪後に開放され、新しい街として開発される。選手村は分譲マンションと賃貸マンションに作り替えられ、公園や商業施設、公立の小中学校もつくられる。湾岸の晴海エリアに新しい街区が誕生するわけだ。

 分譲マンションとして50階程度の超高層マンションが2棟建設される計画だが、この2棟は東京五輪後に着工、分譲される。その時期、内容等はまったく公表されていない。

 「来年5月末から分譲が始まる」とされているのは、東京五輪で選手村として使われた建物をマンション住戸に大幅変更する、いわばリノベ住宅である。リノベとはいえ、中古扱いとなるため、価格が抑えられるだろうとの期待もあり、多くの人が販売開始の半年前から熱い視線を送っているわけだ。

HARUMI FLAG完成予想CGHARUMI FLAG完成予想CG
HARUMI FLAG(ハルミフラッグ)(販売前)
価格 未定 入居時期 2023年3月下旬
交通 【4街区】都営大江戸線「勝どき」駅(A3b出口利用)下車徒歩17分(E棟)・18分(D棟)・19分(C棟)・20分(B棟)・21分(A棟) 他 所在地 東京都中央区晴海5丁目502番、503番、504番
間取り 【4街区】3LDK~4LDK
【5街区第一工区】2LDK~4LDK
【6街区第一工区】2LDK~4LDK
専有面積 【4街区】一般販売住戸:85.37㎡~152.10㎡(トランクルーム面積0.42㎡~1.58㎡含む) 
【5街区第一工区】一般販売戸:61.06㎡~116.58㎡
【6街区第一工区】一般販売戸:66.59㎡~108.31㎡
総戸数 【4街区】686戸
【5街区第一工区】1089戸
【6街区第一工区】915戸
売主 三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、野村不動産、住友不動産、住友商事、東急不動産社、東京建物八重洲分室、NTT都市開発、新日鉄興和不動産、大和ハウス工業
※データは2018年11月14日時点。最新情報は公式サイトをご確認ください。

【関連記事はこちら】>>価格大公開!【HARUMI FLAG(晴海フラッグ)】事前案内会スタート! 潜入レポートで、5000万円台の部屋を発見

「HARUMI FLAG」の住戸は広い。その分、値段は高め?

 「HARUMI FLAG」の概要は以下の通り。

 分譲される住戸は4145戸。60㎡台から150㎡台までの広さとなり、最も数が多いのは85㎡台の広さで、220戸が供給される。分譲予定価格は未定。この概要とともに、代表的な間取りもいくつか公開されている。

 以上のデータから、いくつものことが見えてくる。

 まず、「HARUMI FLAG」で分譲される住戸は、広い。選手村として使用する一人部屋を2つ以上つなげて1住戸にするようなことが行われるようなので、大きな住戸になってしまうのだろう。

 五輪選手は基本的に大柄なので、選手村として世界に恥ずかしくない一人部屋をつくろうとすると、40㎡以上の広さは必要。それを2つつなげただけで85㎡程度の住戸ができてしまう。

 だから、HPで公開されている代表的間取りは、90㎡以上や100㎡以上のものが並んでいる。90㎡を超える住戸は浴室も大きい。一般的な分譲3LDKの浴室が1418(1.4m×1.8m)であるのに対し、ふたまわりくらい大きな1620(1.6m×2m)サイズのものが採用され、なかには1822(1.8m×2.2m)という、高級マンションでもなかなかお目にかかれないサイズの浴室付き住戸もあった。

 間取り図を見る限り、キッチンでは、通常のシステムキッチンとは別にカップボードも標準設置されるようだ。住戸内に柱形が入らないアウトポール設計を採用するなど、基本設計のレベルが高い。

 以上から推測されるのは、「中古扱いだから、大幅に安くなる」とは単純にいえないということ。日本を代表する不動産会社が集結してつくりあげ、リノベーションするマンション群なので、商品企画のレベルが高く、ある程度の販売価格になるのは仕方ないだろう。

 現在、湾岸エリアの新築マンションは3.3㎡あたり400万円を超える水準まで上がっている。これに対し、「HARUMI FLAG」は2割程度安い設定、3.3㎡あたり300万円かそれを少し超える程度になるのではないか。それが、現時点での予測価格となる。

せめて、70㎡3LDKが6000万円台だったら

HARUMI FLAGのCENTER CORE完成予想CGHARUMI FLAGのCENTER CORE完成予想CG

 3.3㎡あたりで300万円を少し超えたくらいの価格設定でも、「中央区内で、なんでもそろっている最先端の街である」というポテンシャルを考えると、割安だと判定される。しかし、問題は、3.3㎡単価ではなく、グロス価格つまり分譲価格がいくらになるか、だ。

 分譲価格を考えるとき、「広い住戸をそろえている」ことがアダになる。

 3.3㎡あたりの単価が低くても、85㎡、95㎡というような広い面積になると、分譲価格は高額になってしまう。3.3㎡あたり300万円として85㎡では7700万円。95㎡では、8600万円だ。

 そうなると、手が出ない、という人が多いだろう。地方に住む富裕層が都心の拠点として、また将来の資産形成を考えて都心のマンションを買う場合、1億円前後の価格は頃合いとなる。100㎡前後の広さもちょうどよい。だから、お金持ちにとって、「HARUMI FLAG」の住戸は魅力的に映るだろう。

 しかし、中堅サラリーマンにとっては、高すぎるし、広すぎる。せめて70㎡で6000万円台にしてほしかった、との恨み節が聞こえてきそうだ。

もし買えるなら、買っておきたい

 では、総合的に見て「HARUMI FLAG」は、買いか。

 3.3㎡あたり300万円程度になる、というのは私の予測で、どうなるかは分からない。正式価格がそれよりも安く設定されれば、あっという間に売り切れるだろう。その場合は、抽選に当たるかどうか、が大きな問題になる。

 3.3㎡あたり300万円程度、もしく300万円台前半の設定になると、購入できる人は限られる。それでも、間違いなく売れるはずだ。

 都心部では新築物件が少なくなっており、これから先も増えることは予想しづらい。そして、高額化した都心マンションは暴落することなく、高止まりしている。

 そんな状況のなか、「HARUMI FLAG」は、希少な中央区物件としての希少価値がある。だから、3.3㎡あたりで300万円を超えても買い、と判定したわけだ。

 冒頭に書いた、「HARUMI FLAG」内で東京五輪後に着工する2棟の超高層マンションは、ピカピカの新築マンションとして分譲、もしくは賃借される。その金額は、いったいどれくらいになるか、見当もつかない。分譲の場合、3.3㎡あたり400万円か、500万円か……。

 値段の高い新築分譲マンションの横で売られる、「選手村として使われたリノベ物件4125戸」は、やはり割安との評価が定着するだろう。

 これまで、日本では「必要以上に広い」と言われたマンションがいくつかある。千葉県の幕張ベイタウンや広尾ガーデンヒルズ、深沢ハウス……それらは、中古になっても人気が落ちず、むしろ人気が上がるケースが多い。

 「必要以上に広い」と言うのは、多くのは場合、投資家目線での評価。居住者にとって、広い住戸は「好ましい」以外のなにものでもない。

【関連記事はこちら】>>価格大公開!【HARUMI FLAG(晴海フラッグ)】事前案内会スタート! 潜入レポートで、5000万円台の部屋を発見

 「HARUMI FLAG」は、その広いマンション住戸を都心部につくろうとしている。その意義は大きいと評価される。もし、買えるのなら、買っておきたい。それが私の偽らざる気持ちである。

HARUMI FLAG(ハルミフラッグ)(販売前)
価格 未定 入居時期 【4街区】2023年3月下旬 【5街区第一工区】2023年3月下旬 【6街区第一工区】2023年3月下旬
交通 【4街区】都営大江戸線「勝どき」駅(A3b出口利用)下車徒歩17分(E棟)・18分(D棟)・19分(C棟)・20分(B棟)・21分(A棟) 他 所在地 東京都中央区晴海5丁目502番、503番、504番
間取り 【4街区】3LDK~4LDK
【5街区第一工区】2LDK~4LDK
【6街区第一工区】2LDK~4LDK
専有面積 【4街区】一般販売住戸:85.37㎡~152.10㎡(トランクルーム面積0.42㎡~1.58㎡含む) 
【5街区第一工区】一般販売戸:61.06㎡~116.58㎡
【6街区第一工区】一般販売戸:66.59㎡~108.31㎡
総戸数 【4街区】686戸
【5街区第一工区】1089戸
【6街区第一工区】915戸
売主 三井不動産レジデンシャル、三菱地所レジデンス、野村不動産、住友不動産、住友商事、東急不動産社、東京建物八重洲分室、NTT都市開発、新日鉄興和不動産、大和ハウス工業
※データは2018年11月14日時点。最新情報は公式サイトをご確認ください。

注目記事>>新築マンションで気になる「音」のトラブル! 壁や床の遮音性は、厚さと工法を確認
注目記事>>最新の新築マンション最新市況は? 価格動向、人気物件を解説
注目記事>>新築マンションを値引きする会社はどこ?デベロッパーごとに解説

【注目の大規模物件】 【新築マンションの基礎】
プラウドタワー武蔵小金井クロス
パークシティ武蔵小山ザタワー
千住ザ・タワー
グランドメゾン品川シーサイドの杜
シティタワーズ東京ベイ
最新の市況と注目物件は?
値引きをする会社はどこ?

壁や床の工法の違い
管理のチェックポイント
住み心地を決める「階高」
◆新築マンション人気ランキング
【注目の記事はこちら】 (クリックで該当する情報へ移動します)
【金利】18銀行の住宅ローン金利動向を借り換えのプロが解説(毎月更新)
【金利】変動金利が上がる時期を大胆予測!金利を引き上げは「2023年」?
【読み物】東京の年収700万円台世帯は破綻必至!貯金は月2万円弱!
【借り換え】多くの人が「高い変動金利」で借りている! 300万円もうかる人も
【諸費用】各種手数料・引越し代なども借りられるのは? 14銀行で比較
【審査】「審査基準」を14銀行で比較! 年収100万円、勤続6カ月で借りられる?
◆住宅ローン金利ランキング[新規借入]
【2019年8月最新版】競争が激しく、過去最低水準の低金利!
◆「変動金利」住宅ローン金利ランキング(新規借入)
※借入金額2500万円、借り入れ期間30年
順位 銀行名 <商品名>
実質金利
(費用等含む)
表面金利
(費用等除く)
保証料
(税込)
事務手数料
(税込)

◆ジャパンネット銀行 < 全期間引下げプラン >
0.543%
0.415%
0円
借入額×2.16%
【ジャパンネット銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
ネット銀行のジャパンネット銀行は2019年7月末に住宅ローンの貸し出しをスタート。最大の特徴は、業界最低水準という低い金利で、特に「変動金利」「10年固定金利」に強みがある。オプションの団体信用生命保険も豊富に取りそろえる。
ジャパンネット銀行の住宅ローンの公式サイトはこちら
2位 新生銀行 <変動金利(半年型) 変動フォーカス>
0.578% 0.450% 0円 借入額×2.16%
【新生銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
2019年7月の商品改訂に伴い、金利を大きく引き下げた。「変動フォーカス」は他の商品と違って、手数料は借入金額×2.16%と高めだが、金利が低いため、競争力がある。過去に繰り上げ返済で期間短縮した場合、入院時などにその期間だけ元本返済を止められるサービスもある。
【関連記事】[新生銀行の住宅ローンの金利・手数料は?]手数料が5.4万円からと安く、家事代行の特典も!変動型は表面金利と実質金利の差が大きいので注意
新生銀行の住宅ローンのの公式サイトはこちら
3位 ◆じぶん銀行 <全期間引下げプラン 変動金利>
0.585%
がん50%保障付き
0.457% 0円 借入額×2.16%
【じぶん銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
三菱UFJ銀行とKDDIが共同で立ち上げたネット銀行。変動金利の競争力が高く、業界トップクラスの低金利となっている。がんと診断されると住宅ローン残高が半分になる「がん50%保障団信」が無料付帯
【関連記事】[じぶん銀行の住宅ローンの金利・手数料は?] 変動金利は業界トップクラスの低金利!がんになると住宅ローンが半減する団信が無料
じぶん銀行の住宅ローンの公式サイトはこちら
3位 ◆住信SBIネット銀行 <通期引下げプラン 変動金利>
0.585%
全疾病保障付き
0.457% 0円 借入額×2.16%
【住信SBIネット銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
三井住友信託銀行とSBIホールディングスが設立したネット銀行で、表面金利の低さではトップクラス。借り換えを重視しており、変動金利(通気引き下げプラン)は、新規借入よりも金利を低く設定している。また、通常の団信に加えて、全疾病保障(8疾病+病気・ケガ)を無料で付帯しているので、魅力的だ。女性には、がんと診断されると30万円が支給される保障も無料で付けている。
【関連記事】[住信SBIネット銀行の住宅ローンの金利・手数料は?] 変動金利・固定金利ともに低い金利水準!保証料や繰上返済だけでなく、全疾病保障も無料
住信SBIネット銀行の住宅ローンの公式サイトはこちら
3位 ◆ソニー銀行 <変動セレクト 頭金10%以上 変動金利>
0.585% 0.457% 0円 借入額×2.16%
【ソニー銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
外貨預金などで有名なソニーグループの銀行。「変動セレクトローン」は変動金利向けの商品で、手数料は借入額の2.16%かかるものの、表面金利が低いので、実質金利でも競争力がある。新規借入で頭金が10%以上あれば、借り換えよりも低い金利が適用される。
【関連記事】[ソニー銀行の住宅ローンの金利・手数料は?]業界トップクラスの低金利や安い諸経費が人気!来店不要で迅速な対応が売りで、対面相談も可能!
ソニー銀行のお申し込みはこちら
3位
◆au住宅ローン <KDDI 全期間引下げプラン 変動金利>
0.585%
がん50%保障付き
0.457%
0円
借入額×2.16%
【au住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
携帯電話のauユーザーが、じぶん銀行が提供する「au住宅ローン」を借りると、毎月500円分キャッシュバック(チャージ)されるという特典が付いている。特典は最大3万円分(5年間)受け取れる。じぶん銀行の住宅ローンは変動金利の競争力があり、トップクラスの低金利だ。また、がんと診断されると住宅ローン残高が50%になる疾病保障「がん50%保障団信」が無料で付いているので安心感が高い。KDDIがじぶん銀行の代理店となり販売している。
au住宅ローンの住宅ローンの公式サイトはこちら
3位 ◆SBIマネープラザ <店舗相談MR.住宅ローンREAL 頭金20%以上>
0.585%
全疾病保障付き
0.457% 0円 借入額×2.16%
【SBIマネープラザの住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
SBIマネープラザは、証券、保険、住宅ローンなどを取り扱う、SBIグループのマネー相談プラザ。「MR.住宅ローンREAL」は住信SBIネット銀行の商品で、銀行代理店業者として販売する。変動金利は低金利で競争力があり、全疾病保障(8疾病+病気・ケガ)を無料で付帯する。SBIマネープラザの支店で相談する、対面用の商品。
【関連記事】[SBIマネープラザの住宅ローンの金利・手数料は?]窓口相談でも、ネット銀行並みの低金利を実現!さらに全疾病保障が無料という充実の保障体制
SBIマネープラザの住宅ローンの公式サイトはこちら

住宅ローンおすすめ比較

【じぶん銀行の住宅ローン】
がんと診断されるとローン残高が半分!
トップクラスの低金利も魅力⇒
関連記事はこちら

じぶん銀行の住宅ローン公式サイトはこちら!

「8疾病+ケガ・病気」まで無料保障する
住信SBIネット銀行⇒関連記事はこちら

住信SBIネット銀行 ネット銀行住宅ローンはこちら!

 

トータルでお得な新生銀行 ジャパンネット銀行は低金利! フラット35は楽天銀行がお得
新生銀行 ネット銀行住宅ローンはこちら!
ジャパンネット銀行住宅ローンはこちら!
「楽天銀行」住宅ローンはこちら
介護保障保険が付帯など、6つの特典あり関連記事はコチラ 変動金利、10年固定金利はトップクラスの低金利!来店不要で便利 手数料が0.972%からと低く低金利も魅力関連記事はコチラ!
TOP