じぶん銀行住宅ローンの公式サイト
新築マンション比較[2019年]
2019年6月23日公開(2019年9月25日更新)
櫻井幸雄
櫻井幸雄

櫻井幸雄(さくらい・ゆきお)氏:新築マンションに詳しい住宅ジャーナリスト。櫻井幸雄氏が新築マンションの最新の価格動向、人気物件について解説します。

»バックナンバー一覧
バックナンバー

【SINTO CITY(シントシティ)】は“買い”? 気になる価格・スペックは?
地味なのになぜか大反響?!理由は総合力にあり 

新築マンション「SINTO CITY(シントシティ)」は埼玉県さいたま新都心の注目物件だが、本当に買いなのか、価格・スペック・立地を徹底的に調査してみた。久しぶりに登場したベットタウンのファミリー向け大型物件に、熱視線が集まる。東京駅まで30分という利便性も魅力だ。(住宅評論家・櫻井幸雄)

さいたま新都心から徒歩5分
ファミリー向けスター物件が登場!

 昨年10月、販売センターがオープンし、モデルルームの事前案内会が始まってからの資料請求数が約7000件、来場者数約2500組。今年1月に行われた第1期で350戸もの住戸を販売。「SINTO CITY(シントシティ)」は、今首都圏でひときわ大きな注目を集めているマンションである。

 といっても、「シントシティ」は、都心のマンションではない。埼玉県さいたま市内の郊外マンションだ。最寄り駅から徒歩5分なので便利な立地だが、駅への近さが際立つマンションでもない。そして、建物は地上15階建てなので、タワーや超高層マンション(地上60m以上、おおよそ20階建て以上)というわけでもない。

 気持ちを強く刺激する要素がないというのは、一部の人にとっては、残念な点になるかもしれない。もう少し駅に近ければよかったのに、遠くからでも目立つタワマンだったらよかったのに……というわけだ。

 しかし、子育てファミリー層にとっては、価格を含めた総合点が高く、満足感が高そうな物件だ。マイルドな高級感もある。それら穏当な長所を多く備えるのが「シントシティ」の特徴だと考えられる。

 刺激要素は少ないが、総合点は高い。これは、ファミリー向けマンションにとって好ましい性格といえる。が、近年は都心や駅近のタワマン人気ばかりが高く、総合点の高いファミリー向けマンションへの関心が低かった。そんな中、「シントシティ」は、久々に登場したファミリー向けマンションのスター物件となっている。

 では、その「総合点の高さ」について説明しよう。

コミュニティガーデンと名付けられる中庭
コミュニティガーデンと名付けられる中庭

都心まで30分というアクセス力&
大型商業施設や「さいたまスーパーアリーナ」に近接

 「シントシティ」の建設地は埼玉県さいたま市大宮区北袋町一丁目。JR上野東京ライン・京浜東北線が利用でき、浦和と大宮の間に位置するさいたま新都心駅から徒歩5の場所だ。同駅からは東京駅まで所要時間30分となり、都心各地へのアクセスもよい

 そして、建設地一帯は大規模な区画整理事業が行われ、新しい街区が形成されている。

 また、今や首都圏有数のコンサート会場、イベント会場となっている「さいたまスーパーアリーナ」や商業施設が集まる「コクーンシティ」があり、休日を中心に活気がある。

 そして、政府機関の出先機関(各省庁の地方支分部局)、ならびに甲信越地方を管轄する一部の出先機関が設置されているさいたま新都心都心合同庁舎もある。政府機関があるのは、地盤が安定しており、地震に強い場所である証拠だろう。

 一方で、同マンションの建設地は緑道や公園が多く、緑を身近に感じることができる環境だ。さいたま新都心駅から「シントシティ」建設地までの道は大きく育った街路樹が続き、雰囲気がよい。静かでもある。この環境のよさも、子育てファミリーにとって好ましい。

3LDKが5000万円台で買える!
ゆとりある広さ、ハイスペックな住宅設備、充実の共有施設

 計画総戸数は約1400戸。そのスケールメリットで、共用施設・サービスが充実する。住人専用のコンビニが設置され、ゲストルームは5つ。住人以外の立ち入りを制限する、安全な中庭があり、コンシェルジュサービス、24時間有人管理も採用される計画だ。24時間ゴミ出しができるゴミ置き場はマンション内に2箇所配置される。そして、敷地内に子育て支援施設が設けられる予定になっているのも、子育て世帯にはうれしいポイントだろう。

 住戸は、72㎡台のゆとりある3LDKタイプが中心となり、キッチンのディスポーザー(生ゴミ粉砕処理機)と食器洗い乾燥機を標準設置。キッチン、洗面所、浴室、トイレの水回りエリアを広く設計している。バルコニーも奥行2mとゆとりある広さだ。これだけバルコニーが広ければ、スロップシンク(外部水栓)も欲しくなるところだが、それを全室に付けると、分譲価格が上がる。価格を抑えるため、そこは我慢しなければならない点だろう。

 LD部分は下がり天井が少なく、収納スペースが多い。収納率は10%に達するので、現在の新築マンションの中では、かなり多めだ。

 分譲価格は、7月中旬販売予定の第2期2次で、3LDK、4LDKが4300万円台~7000万円台予定。最多価格が5400万円台の予定となっている。東京駅まで30分の所要時間で、駅から徒歩5分の大規模マンションの3LDK5000万円台で購入できるわけだ。住戸は72㎡台の広さが中心で、共用施設や住戸内設備のレベルも高い。それが、「総合点の高さ」の内容である。

 「シントシティ」では、これまでの分譲で角住戸タイプの4LDKが人気になっている。大型住戸となるため7000万円台の価格設定となるが、納得感が大きいと考えられているようだ。というのも、現在、浦和駅や大宮駅で、駅に近いマンションの3LDKは7000万円以上になっている。それも、70㎡程度の3LDKが、だ。それと同じ価格でゆとりある広さの4LDKが購入できるなら、こちらの方がよいと考える人が多いのだろう。

 投資目的ではなく、実需目的、つまり、このマンションで暮らし、子育てしたい、と考えるファミリー層が多い証拠だと考えられる。

 東京建物、住友不動産、野村不動産、近鉄不動産、住友商事、東急不動産の6社が力を合わせ、多くの家族の幸せを実現するマンションにしようとした成果が現れている。このようなマンションが人気を集めるのは、うれしい事でもある。

共用施設のカフェラウンジ
共用施設のカフェラウンジ
◆ SHINTO CITY(シントシティ)(販売中)
価格

4,403.9996万円~5,757.8329万円

*建物価格に消費税10%相当額を含みます

完成時期

2020年12月中旬予定(※1街区の建物竣工時期。2街区については、2021年12月中旬(予定))

交通 京浜東北・根岸線「さいたま新都心」駅徒歩5分 他 所在地 埼玉県さいたま市大宮区北袋町一丁目601番1(地番)
間取り 3LDK 専有面積 66.40㎡ ~ 76.03㎡
総戸数 1000戸 来場者数 _
売主 東京建物株式会社八重洲分室、住友不動産株式会社、野村不動産株式会社、近鉄不動産株式会社 首都圏事業本部、住友商事株式会社、東急不動産株式会社 施工会社 株式会社長谷工コーポレーション
SHINTO CITY(シントシティ)詳細はこちら
※データは2019年6月23日時点。最新情報は公式サイトをご確認ください。

【関連記事はこちら!】>>埼玉県の「新築マンション人気ランキング」川口、所沢、川越、朝霞など注目エリアのおすすめ物件は?【2019年3月版】

TOP