じぶん銀行住宅ローンの公式サイト
資産価値が下がらない新築マンション選び[2019年]
2018年1月24日公開(2018年1月24日更新)
ダイヤモンド不動産研究所
ダイヤモンド不動産研究所

100年以上の歴史をもつ出版社・ダイヤモンド社が運営する、不動産メディア「ダイヤモンド不動産研究所」の編集部です。徹底した消費者目線で、誰にでも分かりやすく、不動産について分析・解説します。

»バックナンバー一覧
バックナンバー

マンションの共用施設は「エレベーター」が大事!
適正な台数や仕様になっているか調べる方法とは?

マンションの共用設備で非常に重要でありながら、あまり注目されていないのがエレベーターだ。マンションの規模に合った適正な台数や仕様になっているか、新築マンションを購入する際は是非チェックしよう。

50戸に1台では足りない!?

 マンションのエレベーターの適正数は、建物の階数によって違いがあるが、よく言われるのは「50戸に1台」という割合だ。

 「しかし、140戸のマンションで2基(140÷50=2.8)あれば十分とはいえません。少なくとも総戸数を50で割って、小数点以下の数字を四捨五入するくらいでないと、不足気味でしょう」

 こう指摘するのは、長年分譲マンションの設計に携わり、現在はデベロッパー向けの設計監修、購入者向けの購入相談などを手掛けている一級建築士の碓井民朗氏だ。

 エレベーターの台数が少ないと、例えば朝の出勤時間帯、3階とか4階ではエレベーターがなかなか来ないか満員通過ばかりで、毎朝、階段を駆け下りなければならないことになる。

 「これからの高齢社会に備えて、少なくとも総戸数を50で割って、小数点以下の数字を『四捨五入』すべきでしょう。できれば『三捨四入』が望ましい。これなら120戸のマンションでもエレベーターは3基ということになります」(碓井氏)

エレベーターホールまで50m以内かどうか

 エレベーターは、建物内での位置も重要だ。

 ポイントは、各階の一番遠い住戸からエレベーターホールまで50ⅿ以内にあるかどうか。50ⅿというのは、女性が重い荷物を持って運ぶときの限界と言われている。それ以上離れた住戸があるなら、2基のエレベーターの位置を離して配置するのが配慮ある設計だ。

 碓井氏によると、理想を言えば、1フロアあたり2戸ないし3戸に1基のエレベーターがあるのが望ましい。いわゆる「2戸1エレベーター」「3戸1エレベーター」といわれるものだ。エレベーターが使いやすいだけでなく、住戸の独立性が高まり、間取りの設計にもいろいろ工夫できる。

「2戸1エレベーター」「3戸1エレベーター」の間取り例【2戸1エレベーターのメリット】
・住戸の真ん中あたりに玄関を設けた、センターイン型の間取りができる
・両面バルコニーで(隣家と接する壁が減って音漏れの心配も減り)、プライバシーが高まる
【3戸1エレベーターのメリット】
・両端はセンターイン型、中央はワイドスパンの間取りとなる
・両端の住戸は、両面バルコニーでプライバシーが高まる
・ワイドスパンの間取りは、玄関入ってすぐの左右に、外廊下からの通風を確保したキッチンや洋室を設置可能
拡大画像表示

 もちろん、エレベーターの台数を増やせばそれだけ導入コストが増す。しかし、以前に比べるとエレベーター本体の価格も、毎月の点検費も、かなり安くなってきている。

 無意味に豪華な共用施設をいろいろ付けるくらいなら、その分をエレベーターに回した方がいいというのは納得できる。

トランク付きエレベーターがあると便利

 なお、エレベーターについては、複数台ある場合でも、9人乗りのトランク付きのエレベーターが1台あると便利だ。

 これはエレベーター内の突き当たりの壁の下部分が観音開きになり、開けると長いものが乗せられるようになっているエレベーターだ。これがあると、救急車のストレッチャーで病人を搬送したりするときに大変役立つ。もし、ストレッチャーがエレベーターに乗らないとなると、非常階段を人手を使って運ぶしかない。

 もうひとつ、エレベーターの仕様で大事なのが、P波センサーと停電時の自動着床装置だ。

 大きな地震では、まずP波と呼ばれる縦揺れが伝わり、その後に大きな被害をもたらすS波(横波)が来る。P波センサーが付いていると、いちはやく地震を感知し、自動的にエレベーターを最寄り階で止めることができる(ただし、S波とP波がほぼ同時に到達する直下型地震ではあまり効果は期待できないといわれる)。

 また、最近は「自動診断・自動復旧システム」といって、大地震でエレベーターが止まった際、メンテナンスの担当者が来なくても自動的に異常がないか確認し、問題がなければ動き出すシステム(高さ60ⅿ=約18階建て以下の建物に対応)がある。

 マンションを選ぶ際、エレベーターのことを気にする人はほとんどいないだろうが、実はエレベーターがマンションでの生活に与える影響は、どんな共用施設よりも大きいことを肝に銘じておきたい。

(※関連記事はコチラ!)
⇒タワーマンション(超高層マンション)のデメリットは? 地震や子供の足音など、購入前に知っておくべき注意点

注目記事>>新築マンションで気になる「音」のトラブル! 壁や床の遮音性は、厚さと工法を確認
注目記事>>最新の新築マンション最新市況は? 価格動向、人気物件を解説
注目記事>>新築マンションを値引きする会社はどこ?デベロッパーごとに解説

【注目の大規模物件】 【新築マンションの基礎】
ブランズタワー豊洲
SINTO CITY
千住ザ・タワー
晴海フラッグ
シティタワーズ東京ベイ
最新の市況と注目物件は?
値引きをする会社はどこ?

壁や床の工法の違い
管理のチェックポイント
住み心地を決める「階高」
◆新築マンション人気ランキング
住宅ローン返済額シミュレーション 住宅ローン最新金利をチェック!主要18銀行からお得な商品を紹介
最短1分で回答! 住宅ローンの借入可能額が分かる
アルヒの「住宅ローンクイック事前審査」
取り扱い住宅ローン ARUHI(アルヒ)フラット35
料金 無料
運営会社 住宅ローン専門金融機関で国内最大手の「アルヒ株式会社」(東証一部上場)
会社設立 2000年
【ポイント】免許証のアップロードと簡単な個人情報入力で、住宅ローン借入可能額を算出。借入金額の目安を知ることで、予算に合った物件探しが可能になる。所要時間は、最短1分(平日9:00~20:30、土日祝日9:00~15:30の場合)。
無料審査に申し込む(公式サイト)
TOP