じぶん銀行住宅ローンの公式サイト
マンション価格が値下がりしにくい勝ち組エリア[2019年]
2019年6月6日公開(2019年6月7日更新)
ダイヤモンド不動産研究所
ダイヤモンド不動産研究所

100年以上の歴史をもつ出版社・ダイヤモンド社が運営する、不動産メディア「ダイヤモンド不動産研究所」の編集部です。徹底した消費者目線で、誰にでも分かりやすく、不動産について分析・解説します。

»バックナンバー一覧
バックナンバー

立川(多摩地区)の物件は"買い"か? 住みやすさに加え、再開発で人気に拍車がかかる予感も

多摩地区で人気の高い「立川」の不動産は”買い”なのか? 立川駅を中心にルミネ、エキュート、伊勢丹、高島屋などの大型商業施設が集積しており、都心へ出かけなくても不便さを感じずにすむ。また、新宿駅まで最短26分で到着できるためアクセスも良い。今回は、そんな多摩地区ナンバーワンとも呼ばれる立川の不動産の魅力、将来性を分析してみたい。(フリージャーナリスト・福崎 剛)

街と自然のバランスが絶妙、住み心地の良い立川エリア

立川駅北口周辺
立川駅北口周辺

 立川が人気の高い理由は、自然環境と利便性のバランスの良さだ。都心に出なくても不便なく暮らせるほど商業施設が集まっており、大きな公共公園もある。ほどよく住宅街も広がっているため、“職住近接”の良さがあると言えるのが立川である。

 交通の利便性について確認しておくと、JR中央本線、青梅線、五日市線、南武線の4路線を利用できるほか、「多摩都市モノレール」の接続で玉川上水駅では西武・拝島線の乗換、高幡不動駅では京王線に乗り換えがスムーズになっている。これまで鉄道空白エリアだった地域を結ぶモノレールによって、立川を中心とした生活圏の街の範囲がより広がったのである。

住みたい街ランキング18位は、有望なのか?

 「住みたい街ランキング2019(関東)」(住宅情報サイトSUUMO調べ)によれば、立川は18位。この順位はどう評価すればいいのだろうか?

 トップ10は、1位:横浜、2位:恵比寿、3位:吉祥寺、以下は大宮や新宿、品川、目黒、浦和、武蔵小杉、鎌倉と続いている。こうした人気がある街では、すでに不動産価値が高くなっており、今後の上昇幅は大きくない。むしろ狙い目は11位以下の街。東京オリンピック後も再開発が続く渋谷が13位で、中野、東京、三鷹、二子玉川の後に、立川がランクインしている。11~20位にあたりのエリアは、不動産価値がまだ上がりきっていないため、これからも地価上昇が見込めるのだ。

2020年、新街区「GREEN SPRINGS」がオープン

 立川の大きな魅力のひとつが、ショッピングに便利だということだ。駅と直結したルミネやグランデュオ、エキュートなどがあり、伊勢丹や高島屋の大型デパート、家電量販店へのアクセスが非常に便利だ。駅から周辺の建物とはペデストリアンデッキで結ばれて、信号待ちに巻き込まれることもなく移動もスムーズにできる。都心へ出かける必要性がなく、ストレスが少ないことも子育て世代にとっては大きな魅力だ。 

GREEN SPRINGS
2020年4月完成予定の新街区「GREEN SPRINGS

 さらに2020年には立川駅北側、昭和記念公園の東側に隣接するエリアに約3.9万㎡の広大な街区「GREEN SPRINGS」が誕生する。ここは、多摩地区最大規模となる約2,500席のホールが建てられ、天然温泉を堀って作るスパやホテルといった商業施設とオフィスで構成される予定だ。この「GREEN SPRINGS」は、立川の新たな魅力となることは間違いなさそうだ。

立川の不動産価値は、これからも上昇する?

 立川市の不動産価値は、これからどうなるか。まずは現在の不動産価値を見てみよう。

立川市周辺の土地価格相場情報
立川市周辺の土地価格相場情報  

 近隣市町村と土地価格を比較すると、一橋大学のある国立市と国分寺市が坪あたり100万円超、小平市も85.9万円と、立川よりもやや相場が高い。立川市は主要ターミナル駅を抱えているにも関わらず、75.3万円/坪で、国立・国分寺・小平と比べると割安感がある

 地価は上昇しているのだろうか。2019年発表の地価公示では、立川市は前年と比べて駅中心部での地価上昇がはっきり見られた。これは「GREEN SPRINGS」をはじめとした再開発などの影響が大きいと考えられる。
 
 立川駅から160m離れた「曙町2丁目」は、昨年が約505万円/㎡だったのに対し、今年は520万円/㎡になっており、15万円も地価が上がっていた。駅から890m離れた「富士見町2丁目」は、昨年が330万円/㎡から今年343万円/㎡に13万円の上昇。駅周辺の土地だとかなりの地価上昇だ。

 では、駅から離れた土地だとどうなるだろうか。駅から2000m離れた「栄町4丁目」だと、昨年が26万円/㎡で今年が26.6万円/㎡と、6千円の上昇となっていた。駅から遠く離れるほど、地価上昇率が低くなっていることがうかがえる。

 今後、日本は少子高齢化から人口減少へ向かい、空き家も増える現状を考えると、郊外に建つ住宅の不動産価値は下がるだけだ。有望なのは、駅に近接する住宅やマンションになるだろう。実際、駅に近いほど不動産の上昇率は高く、今後の有望な不動産といえる。近隣の駅に比べると立川駅周辺は割安感があるので、駅から遠く離れた物件よりも、駅近物件を狙うのがオススメとなるだろう。

子育てファミリーに人気の街、立川

 立川の人口は約18万2000人(2018年)。この10年間で1万人ほど増加しており、まだ緩やかな増加傾向にある。立川市には、144人(平成29年4月)の待機児童がいる。これまで100人前後で推移してきた待機児童数だが、平成27年からは179人に、平成28年には200名弱と、ここ数年で急増。施設整備を進めるものの、想定以上に乳幼児が増えていることが理由のようだ。待機児童数を減らす取り組みには予算や人的確保など、ハードルの高い問題はあるが、立川市内に子育てファミリー世代が増加していることは間違いない。

 現在、立川市では緊急対策として訪問型保育事業を進めるなど、待機児童の解消を目指しているが、2019年10月からの「幼児教育・保育無償化」もあるため、待機児童の解消がどこまで進むかは未知数だ。

立川市内の待機児童数推移
立川市内の待機児童数推移  出典:立川市WEBサイト

 待機児童数はなかなかゼロにできないが、立川市には子どもを育てる上で魅力的な環境がある。例えば、駅から数分のところにある緑豊かな国営昭和記念公園だ。東京ドーム39個分の広さで、レインボープールや子供の森、レンタサイクルからドッグラン、ボートハウスに水鳥の池、フットサルコートまで、世代を超えてあらゆる人がくつろげるスペースと施設が用意されている。これほど充実した公園が近くにあるのは、子育てファミリーには魅力的だろう。 

国営昭和記念公園
広大な敷地をもつ国営昭和記念公園

 また、立川市では公共施設や公園に様々なアート作品を設置し、芸術作品を身近に触れられる機会をもうけている。その象徴的なものがパブリックアートの「ファーレ立川アート」になるだろう。109作品が町の中に設置されている。さらに、こうした作品を歩いて巡る「アートウォーキング」コースも用意され、暮らしの中でアートを楽しむこともできる。

 子育てに関する件で、興味深い施設が立川市の旧市役所跡にできた子ども未来センターだ。ここは、子育て、教育、文化芸術活動、市民活動を支援するユニークな複合施設で、館内には、子育てひろばのほかギャラリーやスタジオもあり、様々なワークショップやイベントも開催されている。有料の一時預かり保育のほか、子ども総合相談受付、発達相談、就学・教育相談なども気軽に利用でき、非常に便利だ。

まとめ 立川は駅徒歩15分以内の駅近物件がおすすめ

 住環境の良さ、子育て世代からの人気、2020年に向けた市街地開発が進行中ということを考えると、立川は今後も人気が高まっていくだろう。

 2014年、立川駅直結のマンション「プラウドタワー立川」が売り出された。坪単価が300万円超、総額 1億円を超えた物件だったため、当時話題になっていた。この物件は中古でも価格が高い。プラウドタワー立川のように駅直結でなくとも、駅近マンションは人気が出てきており、物件価格が上がっている

 今後、空き家も増えることを考えると、郊外に建つ住宅の不動産価値は下がるだけだ。有望なのは、主要ターミナル駅に近接する住宅やマンションになるだろう。それは立川も同様だ。駅から徒歩15分以上離れると将来、売却しにくいことも考えられるので、立川なら駅近物件を狙うのをおすすめする。

【関連記事はこちら】
>>東京都下の「新築マンション人気ランキング」吉祥寺、町田、狛江、三鷹、武蔵小金井など注目エリアのおすすめ物件は?【2019年3月版】

注目記事>>HARUMI FLAGは、五輪選手村のリノベ物件で、坪300万円も!
注目記事>>最新の新築マンション最新市況は? 価格動向、人気物件を解説
注目記事>>新築マンションを値引きする会社はどこ?デベロッパーごとに解説

【注目の大規模物件】 【新築マンションの基礎】
TOKYOキラリスナPROJECT(南砂町)
パークシティ武蔵小山ザタワー
プラウドタワー東池袋

グランドメゾン品川シーサイドの杜
幕張ベイパーククロスタワー&レジデンス
最新の市況と注目物件は?
値引きをする会社はどこ?

壁や床の工法の違い
管理のチェックポイント
住み心地を決める「階高」
◆新築マンション人気ランキング
【注目の記事はこちら】 (クリックで該当する情報へ移動します)
>>【2019年最新版】住宅ローン金利動向を、借り換えのプロが解説! 18銀行を徹底比較
>>住宅ローンの繰上返済を駆使して、10年、15年で返済するなら、どの銀行がお得?
>>各種手数料・引越し代などの「諸費用」まで借りられる住宅ローンを15銀行で比較!
>>住宅ローンの「審査基準」を15銀行で比較! 年収100万円、勤続6カ月で借りられる銀行は?
◆住宅ローン金利ランキング[新規借入]
【2019年6月最新版】競争が激しく、過去最低水準の低金利!
◆「変動金利」住宅ローン金利ランキング(新規借入)
※借入金額2500万円、借り入れ期間30年
順位 銀行名 <商品名>
実質金利
(費用等含む)
表面金利
(費用等除く)
保証料
(税込)
事務手数料
(税込)
1位 ◆じぶん銀行 <全期間引下げプラン 変動金利>
0.585%
がん50%保障付き
0.457% 0円 借入額×2.16%
【じぶん銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
三菱UFJ銀行とKDDIが共同で立ち上げたネット銀行。変動金利の競争力が高く、業界トップクラスの低金利となっている。がんと診断されると住宅ローン残高が半分になる「がん50%保障団信」が無料付帯
【関連記事】[じぶん銀行の住宅ローンの金利・手数料は?] 変動金利は業界トップクラスの低金利!がんになると住宅ローンが半減する団信が無料
じぶん銀行の住宅ローンの公式サイトはこちら
1位 ◆住信SBIネット銀行 <通期引下げプラン 変動金利>
0.585%
全疾病保障付き
0.457% 0円 借入額×2.16%
【住信SBIネット銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
三井住友信託銀行とSBIホールディングスが設立したネット銀行で、表面金利の低さではトップクラス。借り換えを重視しており、変動金利(通気引き下げプラン)は、新規借入よりも金利を低く設定している。また、通常の団信に加えて、全疾病保障(8疾病+病気・ケガ)を無料で付帯しているので、魅力的だ。女性には、がんと診断されると30万円が支給される保障も無料で付けている。
【関連記事】[住信SBIネット銀行の住宅ローンの金利・手数料は?] 変動金利・固定金利ともに低い金利水準!保証料や繰上返済だけでなく、全疾病保障も無料
住信SBIネット銀行の住宅ローンの公式サイトはこちら
1位 ◆ソニー銀行 <変動セレクト 頭金10%以上 変動金利>
0.585% 0.457% 0円 借入額×2.16%
【ソニー銀行の住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
外貨預金などで有名なソニーグループの銀行。「変動セレクトローン」は変動金利向けの商品で、手数料は借入額の2.16%かかるものの、表面金利が低いので、実質金利でも競争力がある。新規借入で頭金が10%以上あれば、借り換えよりも低い金利が適用される。
【関連記事】[ソニー銀行の住宅ローンの金利・手数料は?]業界トップクラスの低金利や安い諸経費が人気!来店不要で迅速な対応が売りで、対面相談も可能!
ソニー銀行のお申し込みはこちら
1位
◆au住宅ローン <KDDI 全期間引下げプラン 変動金利>
0.585%
がん50%保障付き
0.457%
0円
借入額×2.16%
【au住宅ローンのメリット・おすすめポイント
携帯電話のauユーザーが、じぶん銀行が提供する「au住宅ローン」を借りると、毎月500円分キャッシュバック(チャージ)されるという特典が付いている。特典は最大3万円分(5年間)受け取れる。じぶん銀行の住宅ローンは変動金利の競争力があり、トップクラスの低金利だ。また、がんと診断されると住宅ローン残高が50%になる疾病保障「がん50%保障団信」が無料で付いているので安心感が高い。KDDIがじぶん銀行の代理店となり販売している。
じぶん銀行の住宅ローンの公式サイトはこちら
1位 ◆SBIマネープラザ <店舗相談MR.住宅ローンREAL 頭金20%以上>
0.585%
全疾病保障付き
0.457% 0円 借入額×2.16%
【SBIマネープラザの住宅ローンのメリット・おすすめポイント】
SBIマネープラザは、証券、保険、住宅ローンなどを取り扱う、SBIグループのマネー相談プラザ。「MR.住宅ローンREAL」は住信SBIネット銀行の商品で、銀行代理店業者として販売する。変動金利は低金利で競争力があり、全疾病保障(8疾病+病気・ケガ)を無料で付帯する。SBIマネープラザの支店で相談する、対面用の商品。
【関連記事】[SBIマネープラザの住宅ローンの金利・手数料は?]窓口相談でも、ネット銀行並みの低金利を実現!さらに全疾病保障が無料という充実の保障体制
SBIマネープラザの住宅ローンの公式サイトはこちら

住宅ローンおすすめ比較

【じぶん銀行の住宅ローン】
がんと診断されるとローン残高が半分!
トップクラスの低金利も魅力⇒
関連記事はこちら

じぶん銀行の住宅ローン公式サイトはこちら!

「8疾病+ケガ・病気」まで無料保障する
住信SBIネット銀行⇒関連記事はこちら

住信SBIネット銀行 ネット銀行住宅ローンはこちら!

 

トータルでお得な新生銀行 ソニー銀行は手数料が安い フラット35は楽天銀行がお得
新生銀行 ネット銀行住宅ローンはこちら!
ソニー銀行の住宅ローンの詳細はこちら(公式サイトへ)
「楽天銀行」住宅ローンはこちら
当初固定金利タイプを最大0.2%引き下げ関連記事はコチラ 業界トップクラスの低金利が魅力で来店も不要関連記事はコチラ 手数料が0.972%からと低く低金利も魅力関連記事はコチラ!
TOP