新築マンションで「ルーフバルコニー付き」や「メゾネットタイプ」を選ぶメリット・デメリットを解説!

2021年2月13日公開(2021年2月12日更新)
ダイヤモンド不動産研究所

「ルーフバルコニー付き」や「メゾネットタイプ」は、新築マンションでも賃貸マンションでも人気があります。おしゃれなイメージの「ルーフバルコニー付き」や「メゾネットタイプ」ですが、これらのタイプの新築マンションを選ぶ前に、それぞれのメリット・デメリットを知っておきましょう。

新築マンションで見かける「ルーフバルコニー付き」と「メゾネットタイプ」とは

 マンションの情報収集をしていると「ルーフバルコニー付き」という言葉を目にすることがありますが、ルーフバルコニーとはどのようなバルコニーなのでしょう。そもそもバルコニーとベランダはどう違うのかを知らない人も多いのではないでしょうか。

 ルーフバルコニーは、下の階の屋根(ルーフ)にあたる部分を利用したバルコニーです。下の階の屋根部分を利用しているため、一般的なベランダよりも広いスペースであることが特徴です

 また、「ベランダ」と「バルコニー」の違いは屋根の有無です。どちらも建物から外に張り出した部分を利用したスペースですが、ベランダには屋根があり、バルコニーには屋根がありません。

 ちなみに、1階住戸で建物から張り出した屋外スペースは「テラス」と呼ばれます。テラスは庭の一部にタイルやハードウッドを敷き詰めてテーブルなどを置いて利用されます。ルーフバルコニーは「ルーフテラス」とも呼ばれるので間違いやすいですね。

 ルーフバルコニーは最上階にあることがほとんどで、その住戸がメゾネットタイプの場合もあります。メゾネットというのは、階段がありツーフロア以上の階層があるマンションのことです。集合住宅でも戸建てのような雰囲気になり、空間利用ができるので人気があります。 

 ロフトを想像する人もいるかもしれませんが、メゾネットはロフトとは異なります。ロフトは天井が低く、収納や寝るだけのために使うスペースです。

ルーフバルコニーのメリット

ルーフバルコニー付きの新築マンション
ルーフバルコニーは開放的(出所:PIXTA)

 おしゃれなイメージのルーフバルコニーですが、具体的なメリット・デメリットはどのようなものがあるのでしょう。まずはルーフバルコニーのメリットを見てみましょう。

・眺めが良く開放的
 最上階にあり屋根がないため、眺めが良く開放的な空間であることが第一のメリットです。日当たりが良くスペースも十分にあるため、休みの日にまとめて布団や洗濯物を大量に干せます。それだけではなく、リビングとのつながりで部屋にいる時にも開放感があることもメリットです。

・広々とした空間
 一般的なベランダよりかなり広いルーフバルコニー。テーブルやいすを置いて休日のブランチに利用したり、夕日を見ながらワインを飲んだりと、優雅な時間を過ごせます。また、ガーデニングや家庭菜園を楽しむ人もいます。

・プライバシーが確保される
 最上階で外からの距離もあるため、部屋の中がのぞかれにくいというメリットがあります。また最上階はマンションの規定によって、セキュリティーがさらに強固になっている場合もあるため安心感を得られます。

ルーフバルコニーのデメリット

 もちろん、ルーフバルコニーにはメリットばかりではなく、デメリットもあります。

・メンテナンスが必要
 屋根がないため、ごみなどが飛んでくる可能性がベランダより高くなります。また、掃除をせずに放置すると排水溝が詰まりやすくなり、階下の雨漏り原因になるケースもあります。階下に雨漏りが起きると賠償問題などになるため、メンテナンスは欠かせません。

・天候の影響を受けやすい
 屋根がなく開放的であるということは、同時に雨や風の影響を受けやすいことでもあります。屋根のあるベランダなら、少し雨が降っても洗濯物が濡れることはありませんが、バルコニーの場合はあっという間に濡れてしまいます。また、風が強い日に洗濯物が飛ばされてしまうことも。風や雨の日が多い地域ですと、ほとんど利用しないという場合もあります。

・使い方に制約がある場合も
 ルーフバルコニーは、マンションの場合「専有部分」ではなく「共用部分」です。そのため、それぞれのマンションの約款で使い方が決まっているほか、居住者が勝手にリフォームすることはできません。また、バーベキューはニオイが広がってしまうので禁止、大勢で集まることができないなど、禁止事項があるマンションもあります。マンションによっては、毎月の使用料が必要な場合があるため、ルーフバルコニーの利用規約を購入前に確認することが必要です。

【関連記事はこちら】>>マンションの「専有部」「共用部」の違いを知っておかなければ、リフォーム時にトラブルになることもある!

ルーフバルコニーのある物件一覧
(ライフルホームズのサイトへ)

メゾネットタイプのメリット

メゾネットタイプの新築マンション
メゾネットタイプのマンション(出所:PIXTA)

 ここからは、メゾネットタイプのメリット・デメリットを見てみましょう。メゾネットタイプには以下のメリットがあります。

・プライベート空間を確保できる
 生活空間を1階と2階に分けられるため、プライベート空間をしっかりと確保できます。玄関と居間のあるフロアと寝室のフロアが別々なので、突然の来客訪問にも対応しやすいです。また、子ども部屋を上の階にすれば、走り回っても騒音が下の階にひびきにくい点もメリットです。

・おしゃれで開放的
 メゾネットタイプの住戸ではらせん階段を設置したり、階段部分を吹き抜けにしたりと開放的でおしゃれな空間のマンションも少なくありません。デザイン的にも洗練された住まいが実現できます。

メゾネットタイプのデメリット

 次にメゾネットタイプのデメリットを見てみましょう。

・家具の運搬が難しい
 らせん階段など少し細めの階段の場合、ダブルベッドを上の階に運ぶには外からつり上げるしかないかもしれません。上の階に大きな家具を入れることが少々困難になる可能性がありますから、階段スペースを測ってどのくらいの家具が入れられるかを確認しておくことが必要です。また、高齢になると掃除や移動が大変になり住みにくくなる可能性もあります

・冷暖房が効きにくい
 2階建ての一戸建て住宅同様に、冷暖房が効きにくいため光熱費が高くなる傾向があります。暖かい空気はどうしても上に登っていくので、下の階が寒く感じられるかもしれません。

・新築分譲マンションが少ない
 メゾネットタイプの物件自体が少ないため、新築で探そうとするとなかなか見つからないのがデメリット。どうしてもメゾネットタイプがよいという人は、中古物件も選択肢に入れて探すことをおすすめします。

メゾネットタイプの新築物件一覧
(ライフルホームズのサイトへ)

メゾネットタイプの中古物件一覧
(ライフルホームズのサイトへ)

それぞれのメリット・デメリットを考えて新築マンションを選ぼう

 開放的でおしゃれなルーフバルコニー付きマンションやメゾネットタイプのマンションについて紹介しました。新築マンションを購入する際には、それぞれのメリット・デメリットを考えて選択していきましょう。

 ルーフバルコニー付き住戸は、いつの時代にも人気があるため将来売却したり賃貸に出したりする際、有利になる場合があるということも付け加えておきます。

【関連記事はこちら】>>マンションの高層階と低層階のメリット・デメリットを解説! 人気のタワマン高層階は快適?

  • RSS最新記事
 

注目記事>>新築マンションで気になる「音」のトラブル! 壁や床の遮音性は、厚さと工法を確認
注目記事>>最新の新築マンション最新市況は? 価格動向、人気物件を解説
注目記事>>新築マンションを値引きする会社はどこ?デベロッパーごとに解説

【注目の大規模物件】 【新築マンションの基礎】
パークタワー勝どきミッド/サウス
シティテラス新小岩
NAGOYA the TOWER/名古屋ザ・タワー
レ・ジェイドつくば Station Front
パークホームズ千葉
Brillia Tower 聖蹟桜ヶ丘

最新の市況と注目物件は?

Withコロナ時代の住まい選び
値引きをする会社はどこ?

壁や床の工法の違い
管理のチェックポイント
住み心地を決める「階高」

◆新築マンション人気ランキング
住宅ローン返済額シミュレーション 借入可能額シミュレーション
TOP